プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ローブシン - ポケモン育成論ORAS・XY

【環境メタ】物理殺しゴツメ武神【対メガガルーラ】

2014/02/12 10:03:17

投稿者 : ハッセー@漁師のせがれ(うp主) (@mecha1x)

ローブシン

HP  :HP 105

攻撃:攻撃 140

防御:防御 95

特攻:特攻 55

特防:特防 65

素早:素早 45

ブックマーク4.944.944.944.944.944.944.944.944.944.94閲覧:9776登録:76件評価:4.94(39人)

ローブシン  かくとう  【 ポケモン図鑑 】

性格
わんぱく(防御↑ 特攻↓)
特性
てつのこぶし
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 攻撃:52 / 防御:164 / 特防:44 / 素早:4
覚えさせる技
ドレインパンチ / マッハパンチ / ストーンエッジ / はたきおとす
持ち物
ゴツゴツメット

スポンサーリンク


このポケモンの役割
物理 / 受け
ルール
指定しない
登録タグ

考察

  • 指定がない限りお互いに6Vであるとします。
  • HP/攻撃/防御/特攻/特防/素早はH/A/B/C/D/Sという略称を用います。また、タイプのノーマル/電気/地面/格闘/エスパー/ゴースト/飛行/ドラゴン/フェアリーは無/電/地/格/超/霊/飛/竜/精という略称を用います。
  • 努力値の後の+-は性格補正を指します。
  • 技名の前の↑↓はランク補正を指します。

はじめに

はじめまして。『ハッセー@漁師のせがれ』と申します。
XYどころかシリーズ通しての初投稿となります。
至らぬところが多々あると思いますが温かい目でご覧になっていただけると幸いです。

ローブシンとは?

元々ローブシンは第5世代でトップメタを張っていた程の性能を誇るポケモンです。
第6世代に入って、新たなポケモンの登場。新タイプ「フェアリー」の登場。メガ進化の導入。
これら環境の変化により生まれた流行ポケモンのファイアロー・メガフシギバナ
2体がローブシンに絶対的な圧力をかけてレート環境から封殺してしまいました。
ローブシンは上位レートでは生き残っていたようです。無知をさらして申し訳ないです。

採用理由は?

新環境でのランダムレートが始まり、先述した3匹が流行しているのはもちろんですが、
それ以上に猛威を振るっているポケモンがメガガルーラです。
前世代までの絶対的王者ガブリアスに調整を余儀なくさせるほどの威圧感は脅威です。
今回はそのメガガルーラをどんな状態からでも確殺するためにローブシンを採用しました。

第6世代の格闘枠としてメガルカリオ・メガチャーレムといった突破力に秀でたポケモンも
いますが、メガ進化枠を消費する事と耐久力に難があることで採用を見送りました。
メガルカリオに関してはA252インファイトで図太いHBを確1ですが100%逃げられます。
その点ローブシンはおんがえし⇒ドレインパンチ⇒おんがえしで打ち勝てるので実践上、
ほとんどメガガルーラに逃げられることはありませんでした。

持ち物は?

今回は物理殺しということでゴツゴツメット一択です。

特性は?

てつのこぶしを採用します。
根性型はゴツゴツメットが持てない&ちからずく型はドレパン・マッパの威力不足のためです。

性格は?

物理防御確保のためわんぱく一択です。

努力値は?

性格 わんぱく
努力値 H244 A52 B164 D44 S4
実数値 211-167-149-×-91-66
調整先
HB A252+メガガルーラ親子愛ねこだまし⇒親子愛捨て身タックル 確定耐え
HD C252ウォッシュロトム10万ボルト 2発確定耐え
   C252+眼鏡ウォッシュロトムハイドロポンプ 確定耐え
A H252メガガルーラ ゴツゴツメット2回⇒ドレインパンチ 確定1発調整
受け出しから ゴツゴツメット2回⇒マッハパンチ⇒ゴツゴツメット2回 確定1発調整
S 端数

今回のターゲット「メガガルーラ」を意識したHB+A調整と、
ランダムレートの常連である「ウォッシュロトム」を意識したHD+A調整となっています。

技と与ダメージ計算

確定技
  • ドレインパンチ
メインウェポンかつ耐久確保のための必須技です。特性「てつのこぶし」により火力もUP。
A調整も全てはこの技を重点においた調整となっているので外せません。
H252メガガルーラ(HP212⇒ゴツゴツメット×2後HP142)144〜170 確定1発
H252メガハッサム(HP177)54〜64 乱数3発(ゴツゴツメット込みで実質確定3発)
H252B252+バンギラス(HP207)192〜228 乱数1発68.8%
H252B252+ウォッシュロトム(HP157)51〜60 乱数3発95%
 ⇒C4 10万ボルトがドレインパンチ回復量込で確定4発なので勝てます。ドロポンは無理。
H4ウォッシュロトム(HP126)67〜81 確定2発
 ⇒C252 10万ボルトが確定3発なので勝てます。眼鏡は無理です。
H252ヒードラン(HP198)134〜162 確定2発
H252B252+輝石ラッキー(HP357)182〜216 確定2発
H252B172+スイクン(HP207)51〜60 乱数4発99.45%

  • マッハパンチ
今回のテーマ「メガガルーラ」を後出しから確殺するためには必須です。
ねこだましorふいうちに合わせて交代できれば、次の攻撃も耐えるのでドレインパンチで大丈夫ですが、グロウパンチorおんがえしに出ていった場合、次のおんがえしを耐えないのでマッハパンチとゴツゴツメットのダメージで確定で落とすための調整です。
この型を採用するけど、メガガルーラは他でも見れるという方は外すのもありかもしれません。
H252メガガルーラ 上記の調整先に運用法と共に記載。受け出しの際に使用。
H252B252+バンギラス(HP207)100〜124 乱数2発99.61%
H4エレザード(HP138)126〜150 乱数1発56.3%

選択技
  • ストーンエッジ
ほぼ確定技と言ってもいいです。ローブシンを受けに出てくるファイアロー・リザードンを
返り討ちにすることができます。後述しますが、ファイアローの鉢巻以外のA252+ブレイブバードを1発耐える調整にもなっているので、入れて損はありません。
H252B252+ファイアロー(HP185)188〜224 確定1発(実際には見ないが参考値)
H252B100ファイアロー(HP185)244〜288 確定1発
 ⇒羽休め状態 122〜144 確定2発(急所で182〜216乱数1発)
 ⇒火傷状態   124〜148 確定2発(急所で184〜220乱数1発)
H252ファイアロー(HP185)276〜328 確定1発
H252メガリザードンY(HP185)256〜304 確定1発
H252メガリザードンX(HP185)96〜114 確定2発
H252B252+ボルトロス(HP186)94〜112 確定2発
H4ボルトロス(HP155)140〜166 乱数1発43.8%
H180トゲキッス(HP183)110〜130 確定2発

  • いわなだれ
ストーンエッジの命中不安を解消するならまだマシなこちらを採用しましょう。
威力は落ちるし、こちらも外れるときは外れる、鈍足だから怯みもほぼ意味なしと
ローブシンで採用しても悪いところばかり目立ちがちですが、それでもストーンエッジの
命中率と下記のダメージを見ると4倍弱点への交換読み用であればこちらで問題なしです。
H252B252+ファイアロー(HP185)140〜168 確定2発(実際には見ないが参考値)
H252B100ファイアロー(HP185)180〜216 乱数1発81.3%
 ⇒羽休め状態 90〜108 乱数2発95.7%
 ⇒火傷状態   92〜112 乱数2発99.61%
H252ファイアロー(HP185)208〜248 確定1発
H252メガリザードンY(HP185)192〜228 確定1発
H4メガリザードンX(HP154)72〜86 乱数2発73.4%
H252B252+ボルトロス(HP186)70〜84 確定3発
H4ボルトロス(HP155)104〜124 確定2発
H180トゲキッス(HP183)82〜98 乱数2発33.2%

  • 冷凍パンチ
メガガルーラの出現により、ガブリアスが耐久調整でなくAS特化が多くなっているため採用の余地ありです。他受けに来る飛行やドラゴンにも刺さります。
2倍弱点の飛行への遂行技としてもいわなだれより優秀です。
H4ガブリアス(HP184)200〜236 確定1発
H252ヌメルゴン(HP197)126〜150 確定2発
H252B252+ボルトロス(HP186)86〜102 乱数2発56.3%
H4ボルトロス(HP155)120〜150 確定2発
H180トゲキッス(HP183)100〜118 確定2発

  • 雷パンチ
ほぼギャラドスピンポイントですが、H252B252+の威嚇込でも確定2発です。
H252B252+ギャラドス(HP202)威嚇込108〜128 確定2発
H252メガギャラドス(HP202)威嚇込58〜70 乱数3発4.6%
 ⇒雷パンチ後のドレインパンチ+ゴツゴツメット+マッハパンチで勝てます。
 ⇒後出しからでも2発耐えてドレインパンチで勝てます。
H252B148ブルンゲル(HP207)104〜124 確定2発
H252B172+スイクン(HP207)68〜80 乱数3発98%

  • 炎のパンチ
コメントから追加です。メガハッサム・メガヘラクロスへの遂行技です。
H252メガハッサム(HP177)144〜172 確定2発(ゴツメ1回込で乱数87.5%)
H252メガヘラクロス(HP187)84〜100 乱数2発33.2%
 ⇒インファイト後B下降込(ゴツメ1回⇒HP156)126〜150 確定2発
 ⇒(残りHP6〜30)B下降込マッハパンチ 25〜30 となります。

  • はたきおとす
第6世代で威力が上昇した人気技のひとつ。相手の構築を壊す意味でもアイテムを
失わせることができるのは大きなメリットです。
主に受けに出てくるヤドラン・クレセリアのゴツゴツメットやグライオンのどくどくだまを叩きます。
相手がアイテム所持だと威力97.手ぶらだと65のため(所持/手ぶら)でダメージ表記します。
H252B252+ヤドラン(HP202)(66〜82 確定3発 / 46〜56 乱数4発76.75%)
H252B148+クレセリア(HP227)(70〜84乱数3発66.9% / 48〜58乱数4発27.51%)
H228B28グライオン(HP179)(41〜49乱数4発73.28% / 28〜33乱数6発)
H4メガゲンガー(HP136)122〜144 乱数1発37.5%
H252ギルガルド(ブレード)(HP167)168〜198 確定1発
H252ギルガルド(シールド)(HP167)72〜86 乱数2発5.1%(ゴツメ込み確2)

被ダメージは?

  • 物理耐久(実数値 HP211 B149)
メガガルーラ(親子愛2回攻撃)
A252+ ねこだまし45〜54 + 捨て身タックル131〜157 合計176〜211 確定耐え
 ⇒ゴツゴツメットダメージ×4回と返しのドレインパンチで確定1発
A252+ 捨て身タックル131〜157 確定耐え
 ⇒ゴツゴツメットダメージ×2回と返しのドレインパンチでH252メガガルーラ確定1発
A252+ 地震74〜88 + 恩返し113〜135 総ダメージ187〜223 2発乱数耐え70%
 ⇒後出しで地震を受けても次の恩返しを70%で耐えてドレインパンチで確定1発(ゴツメ込)

ガブリアス
A252+ 逆鱗91〜108 2発乱数耐え97.7%
A252珠 地震90〜107 2発乱数耐え98.8%

ファイアロー
A252+珠  ブレイブバード 174〜205 1発耐え
A252+鉢巻 ブレイブバード 200〜236 1発乱数耐え31.2%

メガギャラドス 通常 / 竜の舞1積後
A252+ たきのぼり 69〜82 乱数3発98.5% / 103〜123 乱数2発95.3%
A252+ 逆鱗 69〜82 乱数3発98.9% / 103〜123 乱数2発94.5%

メガバシャーモ
A252+ 跳び膝蹴り 115〜136 1耐え
 ⇒返しのドレインパンチからのマッハパンチで乱数。ゴツメ込で先に落ちるのは相手です。

  • 特殊耐久(実数値 HP212 D91)
ウォッシュロトム
C252 10万ボルト 88〜105 2発耐え
 ⇒H68ロトムまでドレインパンチで確定2発です。
     ハイドロポンプ 108〜127 1発耐え
 ⇒ドレインパンチの回復込みで2発耐えてドレインパンチ×2とマッハパンチが撃てます。
C252+ 眼鏡ハイドロポンプ 177〜208 1発耐え
 ⇒対ロトムに関しては鬼火・壁張りなどの危険もあり、役割破壊される恐れがあるため
   対戦序盤は後続に任せるのが賢明です。ただし上記の通りロトムの最大火力も
   耐える調整になっているので最後の最後一騎打ちの際には諦めるのはまだ早いです。

メガリザードンY
C252 エアスラッシュ 198〜234 1発乱数耐え43.7%
     日照り火炎放射 177〜208 1発耐え
     日照り大文字  217〜256 耐えられません。

トゲキッス
C252 エアスラッシュ 162〜192 1発耐え
     マジカルシャイン 170〜204 1発耐え

ウルガモス
C252 暴風  170〜202 1発耐え
     大文字 127〜151 1発耐え
     蝶の舞大文字 190〜225 1発乱数耐え62.5% 

メガゲンガー
C252+ マジカルシャイン 162〜192 1発耐え

相性の良いポケモンは?

ヌメルゴン
☆H252C156D100穏やか食べ残し型(実数値 HP197 C150 D201)
 H252C252+ロトム(HP157) 眼鏡めざめるパワー氷 56〜68 食べ残し込み3発耐え
  ⇒竜の波動 55〜66 確定3発
  ⇒ローブシンからの受け出しでトリックを受けた場合、竜の波動で確定2発
上記のようにトリックを受ける可能性があるため、突撃チョッキの採用は回避しました。
食べ残しであればスカーフトリックだった場合も88.3%で竜の波動3発で落とせます。
みなさんが気にしているように今回のローブシンはロトムが重いため、とりあえずロトム狩りの名手を簡単な調整で載せておきます。細かい調整は後ほど。
その他後日追記します。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。
初投稿という事もあり、無駄な考察、必要な考察の漏れ等あるかと思いますが、
ご指摘いただければ追加修正していきたいと思います。

この型のローブシンはランダムレートで安定して活躍しているので是非興味を持っていただきたいです。上記のダメージ計算の通り、特殊相手には1発耐えて殴り返すという程度しかできませんが、物理相手には弱点さえ突かれなければほぼ殴り勝てます。
きついのはHB調整型のメガヘラクロスやメガカイロス、メガクチートにメガチャーレムといったメガ進化物理組ですが、弱点を突かれる。弱点が突けない。上から殴られるといった条件がメガ進化組相手に発生すると厳しいのはどのポケモンでも同じなので仕方ないです。

今回メタを張ったメガガルーラは、その圧倒的な破壊力と汎用性で害悪だ!と言われていることが多々ありましたが、第5世代のキノガッサのような意味で害悪だと叫ばれている他のポケモン、メガフシギバナやビビヨンを狩るためのランクルスも投稿しようかと思ったのですが、今回の投稿で書き方のアドバイスをいただいてからにしようと思います。需要もないかもしれません。

それでは皆様どうかアドバイス等ご指摘いただけると嬉しいです。

投稿日時 : 2014/02/05 14:39:08

最終更新日時 : 2014/02/12 10:03:17

ローブシンの他の育成論を探す (7件) >>

スポンサーリンク

コメント (54件)

14/02/06 23:53
42ぴ (@pipi_jbll)
55555
良い育成論だと思います。

ローブシンとは?と言うところで「これら環境の変化により生まれた流行ポケモンのファイアロー・ギルガルド・メガフシギバナの3体全てがローブシンに絶対的な圧力をかけて」とありますが、ギルガルドに関してはギルガルド抜かれ調整をしたローブシンならキングシールドさえ読み間違えなければ叩き落とすで確1が取れるのでギルガルドに弱いとは言えないのではないでしょうか?
14/02/07 19:25
43ハッセー@漁師のせがれ(うp主) (@mecha1x)
>>40
色々とアドバイスありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

>>41
ありがとうございます。次も頑張ります。

>>42
ご指摘ありがとうございます。
自分自身で鉄壁ギルガルドを育成していたことがあったので、完全にそのイメージを引きずったままでした。すぐに修正させていただきます。
14/02/07 22:46
44駄文ド畜生
ガルーラ対策に入れていたエアームドを大文字の恐怖から、今回の育成論を参考にゴツメローブシンを勝手ながら作らせていただき、使用してみました。
wロトムは問答無用にトリックや鬼火を巻いてくるので後続に引かせるのが最善手ですね。
ゲッコウガなどは影うちを打ってきた場合、襷をゴツメで潰して叩き落とすでも落せたり、後出しから陽気AS252ガブの剣舞逆鱗を確定2発で耐えて襷も潰して冷パンで返り討ちなど、チョッキと盲信して物理で殴ってきた相手の不意を付けたので、今の環境に忍び込ませるのにもいい型だと感じました。

剣舞⇒後出し⇒逆鱗(ゴツメにより襷潰れる)⇒冷パン

素早さ調整を加えた型などは物理受け+叩き落とすでガルドに対しても通常以上の安定感を誇り、まず、対面で落とされることもなく何より、チョッキという盲信が物理系統のポケモンを呼びやすいので非常に使いやすかったです。育成論通り、ガルーラや、テラキ・FCランド等にも強気で出せました。
半ば個人的な感想になってしまってすみません。
兎に角、内心評価☆5です。
14/02/07 22:59
45駄文ド畜生
言い忘れがあったのでいくつか(連投すみません)、
鉄の拳で補正が入っていても、耐久に厚く振る分は攻撃から努力値を除かねばならないので、ダメージが若干足りないというケースがありました。が、ゴツメダメージがローブシンを出していれば接触技に限っては相手に加算されるので、ダメージソースを稼ぐための交換やそれに伴った択や交換読みが発生しづらかった気がします。なのでローブシンを選出するときはいい時も悪い時も試合がスムーズでした。

ちなみに私はボルトロスが相方として選出する機会が多々ありました。
メガカイロスを上から殴れることやキッスに対してもスカーフ以外は上から10万を打てること、それに挑発や電磁波を搭載したボルトロスなら、後のローブシンが物理受けルポケモンの起点にされることがなかったので相性がいいと思います。後はもらい火眼鏡ヒードランなども鬼火やウルガモスをすかせました。エッジか冷パンかはPT次第ですが。
14/02/08 02:39
46トライデント
育成論、素晴らしいと思います。

が、個人的にはガルーラを処理するだけならローブシンがガルーラの捨て身タックルを耐える必要は無いように思えました。マッパで削ってゴツメで倒せば勝ちですし。
なのでこの型を採用するならガルーラ処理後にローブシンが残っていることもメリットに含めて考察するといいと思いました。
私が思いついたのはガルーラ処理後に出てきたギルガルドにゴツメを1回入れて珠ガブリアスや眼鏡サザンドラの攻撃で確定にするとかですね。
もちろん後続のタスキ潰しなどもできると思いますし。

ただそれがメリットである一方、捨て身を耐えられる耐久を確保したために火力を犠牲にしていることで起点にされたり、倒しきれなかったりすることもあると思います。(個人的に私は仮想敵がいなくても火力が高いに越したことはないと考える人間ですので)

どちらもガルーラ以外のポケモンに関する不確定要素ですので水掛け論にしかなりませんが一人の意見として聞き流してくれればと思います
14/02/09 01:54
47えむお
ローブシンっていじっぱり一択だと思ってましたがそんなこともないんですね。
にわかな私の戯言で申し訳ないのですが、のんきS30は候補に入りませんか?
具体的には最遅ギルガルド抜かれではたきおとすでブレードモードを一撃で狩れて面白いのではないかなと思いまして。いらなければ削除します。評価は内心5です!
14/02/09 12:00
48ガブ
とてもいい内容だと思います。内心評価で申し訳ありませんが星5つですね。ここからは質問なのですが、ギルガルドと対峙したときはどのようにすればいいのでしょうか?はたきおとすのダメージ計算になかったので不思議に思いました。もし現環境でギルガルドを意識していないならそれで構いません。
14/02/12 09:58
49ハッセー@漁師のせがれ(うp主) (@mecha1x)
返事が遅くなりましたが、みなさんコメントありがとうございます。

>>44
>>45
気に入っていただけて良かったです。そして何より相方の件ですが、実は私のPTにもボルトロスとヒードランが入っています。確かに相性抜群ですね!
今回はロトムの件があって同じくPTの一員のヌメルゴンを紹介していますが、この2体を組み入れるのもとても使いやすいと思います。

>>46
御意見ありがとうございます。
おっしゃる通り火力重視の考え方から見ると、かなり不安だらけの調整になっていると思います。ただその分物理相手であればゴツメで与える定数ダメージの回数を増やすことでダメージソースを確保することも可能です。
積みポケに関しては、挑発持ちや特性天然ポケモンなどの後続でカバーするしかないのは確かに辛いところです。

>>47
>>48
はたきおとすの箇所のギルガルド漏れは完全に記入漏れです。
ご指摘ありがとうございました!ギルガルド意識ののんきS30も大いに有りだと思います。
14/02/16 08:13
50レートパーティ(仮)
ABベースS振りで使いましたが、相手のブシンに後投げできて超強かったです。カイリューハッサムにドヤ顔でパンチぶち込めるので冷炎パンチは使い勝手良かったです。クレセ多いのではたき落とすの方が有効な場面多いんですが(笑)
14/02/16 10:02
51ハッセー@漁師のせがれ(うp主) (@mecha1x)
>>50
物理相手に安定して戦えるのは強みですね。
はたきおとすに関してですが、クレセリア・ヤドラン・グライオン・ギャラドスなどへの交換読みとしてゴツゴツメットを叩き落とすために使うのが主ですが、割と叩き落とした後は結局何もできず交代のパターンや、交換読みで三色パンチを当てたほうが有利な場面が多いので、読みに自信がある場合はパーティに合わせて三色パンチの中から採用も大いにありです。
S振りをすると対ギルガルドで確定1発も取れないので、主な使い道はヤミラミ・ゲンガーへの交換読み、もしくは裏に交換されてもされなくても一定の意味を持てる安定行動としての使用になります。
14/03/13 20:36
52ジャック
>その点ローブシンはおんがえし⇒ドレインパンチ⇒おんがえしで打ち勝てるので実践上、
ほとんどメガガルーラに逃げられることはありませんでした。

この記述は消した方がいいです
レート戦で50回ほどメガガルーラとあたりましたが9割くらい逃げて行きます

メガガルーラに後出しができるのはつよいのでこの型じたいはいい育成論だと思います
14/03/13 20:45
53E@3DSとポケモン
55555
>52
自分もそこは同意ですね。状況次第なので9割は多すぎかもしれませんが、前使ってた感じでは6割くらい逃げていく感じですね。とはいえ、そのおかげでローブシンの体力が多く残っていれば交換読み叩き落とすが良くきまり、決まらなくても最悪相打ちレベルにはもっていけるので、この育成論の根本自体は非常によいものだと思いました。
14/04/29 19:31
54あああ
特化メガガルの猫捨て身が確定耐えではなく最高乱数切って耐えなんですが
14/09/06 21:25
55わぁい
Bに補正をかけているのに、Hから先に振っている、Aに補正をかけていないのにAに努力値を割いている等々もったいない部分があるのが気になりました
もちろん、耐久や火力をピンポイントで意識すると、こうなることは自分自身の経験含め理解しているつもりですが、人によっては必要無い部分の調整もあると思います
何が言いたいかというと、耐久ラインや火力ライン、別の調整例なんかも挙げておくと、さらに良い物になるのではないでしょうか?
(誤解を防ぐために明言しておきますが、私自身はこの育成論を高く評価しています)
14/09/07 00:27
56アールグレイ
Aに補正を掛けていないのにAに振っている→52振りで得られる実数値7で補正をかけると16でそこまでこの育成論では求めていない。
そもそもが物理受けとしての型の紹介であるから耐久確保のためにB補正は自然であり、総合耐久指数的にHより先にBに振るというのはメジャーでなく、Bにも164振られていて補正が腐っているとも言い難い。
他の調整というのは具体的に何なのか提案だけでなく、自分で言っていただけるなら私は納得しますが、ただ言うだけで投稿者任せと言うのは…
14/09/07 01:06
57とりあえず
横やりだけど叩き台
意地っ張りで防御全振り...147
猫+捨て身の総合ダメージ...213
つまり...
意地っ張り252-0-252(212-176-147)
これでもまず耐えるだろう
勿論D耐久は劣るが、Dは必須ではないだろう。
15/01/13 18:55
58名無し
いい育成論ですね。
これを元に少しアレンジして使ってますが、ガルーラがポコポコ死んでいくので爽快です。心内ですが、評価5です。

ただ、一つ気になった事があるので書かせて下さい。ORASからレート始めた初心者なので間違ったことを言っていたら教えて下さると有難いです。

眼鏡ロトムドロポン耐え調整で特防に44振ってますが、これは必要なのでしょうか?ロトムを他のポケモンで見るのであれば、HPを16n-1にして気候ダメを割合的に減らしたり、その分の耐久を防御に振ったり、攻撃を5n(てつのこぶしで1.2倍なので5nが一番活きるかなと考えました)にしたりした方がガルーラ以外の物理にも安定して繰り出せるのではないかな、と思いました。

ちなみに、H212A76B220で実数値207,170,157です。ガルーラのねこ+捨て身を確定で耐えるのでこの育成論からかけ離れているという訳でもないと思いますが、どうでしょうか。
長文失礼しました。
15/01/13 18:57
5958
よく見たら上の方と意見が被ってますね。
気付かなくて申し訳ないです……。
15/02/08 16:47
60アリ
ハリテヤマは猫騙しもできて器用ですゆ
15/07/14 15:42
61横槍
>>57>>58D振りや対ㇿトムについては>>9の主※が参考になると思います

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::XYオメガルビー/アルファサファイア::ポケモン育成論ORAS・XY::ローブシン

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト内容に関する著作権を示すものです。

Copyright © 2002-2017 Yakkun All rights reserved.

dummy