サンダース- ポケモン育成論ソードシールド

光速の先発サンダース

2020/03/14 20:07 / 更新:2020/03/27 03:21

サンダース

HP:HP 65

攻撃:攻撃 65

防御:防御 60

特攻:特攻 110

特防:特防 95

素早:素早 130

ツイート4.884.884.884.884.884.884.884.884.884.88閲覧:102993登録:105件評価:4.88(15人)

サンダース  でんき  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻 攻撃)
特性
はやあし
努力値配分(努力値とは?)
HP:20 / 防御:20 / 特攻:228 / 特防:4 / 素早:236
個体値:31-x-31-31-31-31
実数値:143-x-83-174-116-180 (素早さ比較)
覚えさせる技
まもる / ボルトチェンジ / 10まんボルト / シャドーボール
持ち物
かえんだま

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

はじめに

 ダイマックス技で強力な技は何かと問えば、その答えは十中八九「ダイジェット」になるかと思います。高火力を放ちながらSランク1上昇の恩恵を副次的に受けることができる、この脅威についてここで改めて解説するつもりはありません。
 「ダイジェット」をサブウェポンで抱えるポケモンがいる他に、タイプ一致で撃てるギャラドスギャラドスギャラドスやトゲキッストゲキッストゲキッス、アーマーガアアーマーガアアーマーガアは特に長く環境のトップに君臨してきました。(2020/2月後半 トゲキッス3位, ギャラドス6位, アーマーガア9位 【PokemonSoldieR様 https://pokesol.com/data/stats-swsh7】)
 これら「ダイジェット」をメインに添えるポケモンは、優秀な種族値や特性と豊富な積み技(「りゅうのまい」「わるだくみ」「ビルドアップ」など)が、「ダイジェット」のS上昇と見事に噛み合って、なかなかその進撃を止めることができません。
 その一因としてガラル地方には、これらポケモンを受け止め得るほどに優秀なでんきタイプポケモンが不足気味である点が挙がるかと思います。現状シングルバトルで使用可能なでんきタイプで最も高速であるのが、本育成論で考察するサンダースサンダースサンダースですが、アーマーガア以外の「ダイジェット」持ちには1積みで簡単に抜かれてしまい、どうしてもストッパーとして機能させることができませんでした。

 ここでサンダースの夢特性「はやあし」に注目し、「ダイジェット」を積んだポケモンに対しても優位に立ち回れないか考えました。「かえんだま」を持たせ、「まもる」ことで自発的に発動させるほか、相手の行動を偵察することが可能であるため、高い先発適性があることが分かりました。「はやあし」発動状態では、「こだわりスカーフ」持ちヒヒダルマヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)よりも速く、「ボルトチェンジ」で負荷をかけながら逃げることができる、ミミッキュミミッキュミミッキュの「ばけのかわ」を剥ぎながら逃げることができるなど、サイクルパーティに組み込みやすいことが分かりました。また、戦況に応じてダイマックスを切ることで、「ダイサンダー」による「ダイジェット」持ちポケモンへの切り返しや、「ダイホロウ」による非ダイマックスドラパルト確定1発など、瞬発的な火力を出せることも分かりました。このサンダースの強みについて考察していきます。

サンダースについて

 サンダースは非常に高いすばやさ種族値と並み以上の特殊火力をあわせ持つ電気タイプのポケモンです。

種族値 : H65 A65 B60 C110 D95 S130

 高いSを生かした「あくび」「バトンタッチ」型が考案されてきました。(育成論ソードシールド/518)しかし、比較的高い特殊火力とすばやさを生かしたアタッカー型はこれまで考察されてきませんでした。というのも、サンダースは特に特殊サブウェポンに恵まれず、タイプ一致のでんきタイプの他には、ゴースト(シャドーボール)やノーマル(ハイパーボイス)、エスパー(アシストパワー)、じめん(どろかけ)しかありません。しかも後半の技については、ダイマックス技として撃つことが前提であり、通常状態ではどうしても使いづらさがぬぐえません。
 しかし、サンダースには優秀なサイクル技「ボルトチェンジ」があり、実際ソードシールド対戦環境においては、ロトム系統ロトムロトム以外にこの技を撃ってくるポケモンはほとんどいないほどに貴重な技といえます。
 加えて夢特性「はやあし」は、「かえんだま」で能動的に発動できるほか、「こだわりスカーフ」などと違い技の撃ち分けができ、しかもダイマックス状態でもすばやさ上昇が有効になります。「ボルトチェンジ」と合わせて、環境に多い「あくび」ループを抜け出せるほか、自身がねむり状態にならない点も強みになります。相手の「ダイジェット」を想定した場合、元から速いサンダースとしても「はやあし」によるS補強はありがたく、需要は高いと考えています。

 これらの強みを持つサンダースサンダースサンダースを先発要員、サイクルエース、切り返しダイマックスエースとして使えないか、と考えました。

この型を採用する目的

 ドラパルトドラパルトドラパルトやヒヒダルマヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)など、先発に多い高速アタッカーに対し、「まもる」「かえんだま」「はやあし」によるS関係逆転と、相手の技偵察により、高い先発適性を持つポケモンが必要である場合、「ボルチェンジ」により対面有利を作っていきたい場合、「ダイジェット」持ちのひこうタイプのポケモンに対する切り返しの駒が必要である場合に採用できます。

特性と持ち物

はやあし
状態異常の時、『すばやさ』が1.5倍になる。
かえんだま
持たせると、戦闘に出た最初のターンの終わりに自分が『やけど』状態になる。ただし、すでに他の状態異常になっている場合は発動しない。

「かえんだま」と「まもる」「ダイウォール」を組み合わせて能動的に発動させることができます。本育成のすばやさ実数値180ですと、最速110族より速く、「はやあし」発動時に実数値270になり、これはドラパルトや「こだわりスカーフ」持ちのヒヒダルマ、「ダイジェット」1積みのギャラドスやトゲキッスやリザードン、または「からをやぶる」を積んだ最速パルシェンや準速カメックスなどよりも速くなります。本育成論のコンセプトでもあるため特性「はやあし」および持ち物「かえんだま」は確定です。

性格と努力値振り

 性格はひかえめを採用します。
努力値配分は、
努力値 : H20 B20 C228 D4 S236
実数値 : H143 Ax B83 C174 D116 S180
です。
 調整先は、
H : 8n-1, 16n-1(やけどダメージやすなダメージなど最小)
B : A172ドラパルトの「ドラゴンアロー」確定耐え
S : 「はやあし」未発動時最速110族抜き抜き, 発動時S2上昇70族抜き抜き
C : 余りから最大振り
D : 余り
です。

技構成と与ダメージ計算

まもる[★★★★☆]
ノーマル変化 威力-
必ず先制でき(優先度:+4)、そのターンの間、相手の技を受けない。連続で使うと失敗しやすくなる。ダイマックス技や第7世代のZワザの攻撃技は貫通し、1/4のダメージを受ける。

 「はやあし」を能動的に発動させるために必要です。これによりS逆転が見込め、上から以下のどの技を撃つかを選択できます。ダイマックス中は「ダイウォール」として、相手のダイマックスポケモンとの駆け引きに乗ることができます。他の変化技でも「ダイウォール」を撃つことができますが、非ダイマックス状態でも、特に先発対峙でも安定させたいために確定とします。

ボルトチェンジ[★★★★★]
でんき特殊 威力70(D120)
攻撃後、手持ちのポケモンと入れ替わる。

 優秀な交代技です。不利対面から負荷をかけながら逃げることができます。「ダイサンダー」としても威力120が出せるので最低限の火力を出すこともできます。確定技とします。

与ダメージ計算
それぞれのダメージ計算について以下のマーカーをつけます。
【A】・・・対面居座り(こだわりスカーフなど)
【B】・・・受け出し
【C】・・・不利対面居座り

H181-D75(H4)ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)【A】
51.3%~60.2%(確定2発)

H165-D101(D4)ウオノラゴンウオノラゴンウオノラゴン【A】
41.8%~49.8%(確定3発)

H157-D127(H252)ウォッシュロトムウォッシュロトムウォッシュロトム【B】
35.0%~42.0%(確定3発)

H163-D96(D4)ドラパルトドラパルトドラパルト【AB】
22.0%~25.7%(乱数4発)

H235-D131(D4)とつげきチョッキカビゴンカビゴンカビゴン【B】
15.3%~18.2%(乱数6発)

H167-D160(H252)ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)【AB】
25.7%~31.1%(確定4発)

H342-D120(H4)ダイマックスギャラドスギャラドスギャラドス【C】
67.8%~80.7%(確定2発)

H161-D135(H4)トゲキッストゲキッストゲキッス【C】
63.3%~75.7%(確定2発)

H322-D135(H4)ダイマックストゲキッストゲキッストゲキッス【C】
31.6%~37.8%(乱数3発91.9%)

以下ダイサンダー(120)として計算

H342-D120(H4)ダイマックスギャラドスギャラドスギャラドス【C】
115.7%~136.8%(確定1発)

H322-D135(H4)ダイマックストゲキッストゲキッストゲキッス【C】
54.6%~65.2%(確定2発、ボルトチェンジと合わせても低乱数)

H161-D135(H4)トゲキッストゲキッストゲキッス【C】
109.3%~130.4%(確定1発、相手のダイマックスが枯れたターンなど)

 以上のように、広い場合に対応して負荷をかけていること、また「ダイサンダー」として最低限の火力が出ることが分かりました。しかし、ダイマックストゲキッスを「ボルトチェンジ」とそのダイマックス技「ダイサンダー(120)」では倒しきれない点が問題として挙がるため、以下のでんき技の採用を考えました。

10まんボルト[★★★★☆]
でんき特殊 威力90(D130)
10%の確率で相手を『ルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる)』状態にする。

 タイプ一致メインウェポンの候補です。威力は控えめですが、なにより命中安定で撃つことができるので推奨です。「ダイサンダー」としても「ボルトチェンジ」と比較して威力が10だけ高く、130で撃つことができます。これにより確定数が変わるポケモンもいるため、準確定です。

与ダメージ計算

H161-D135(H4)トゲキッストゲキッストゲキッス
83.2%~98.1%(確定2発)

H342-D120(H4)ダイマックスギャラドスギャラドスギャラドス
87.7%~102.9%(乱数1発12.5%、ボルトチェンジと合わせて確定)

H205-D105(H252)アーマーガアアーマーガアアーマーガア
81.9%~97.5%(確定2発)

以下ダイサンダー(130)として計算

H322-D135(H4)ダイマックストゲキッストゲキッストゲキッス
58.3%~69.5%(確定2発、ボルトチェンジと合わせて中乱数)

H131-D125(H4)ミミッキュミミッキュミミッキュ
77.8%~92.3%(確定2発)
101.5%~119.8%(エレキフィールド補正確定1発、後述ダイホロウと同程度)

H410-D115(無振り)ダイマックスラプラスラプラスラプラス
54.1%~64.3%(確定2発)
35.1%~41.7%(オーロラベール, エレキフィールド補正確定3発)

H205-D105(H252)アーマーガアアーマーガアアーマーガア
118.0%~140.4%(確定2発)

 「10まんボルト」の採用で対トゲキッス性能が大きく向上しました。しかし、それでも火力が足りない場合は以下の「かみなり」の採用をお勧めします。

かみなり[★★★☆☆]
でんき特殊 威力110(D140)
30%の確率で相手を『ルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる)』状態にする。天気が『あめ』の時は必ず命中し、『ひざしがつよい』の時は命中率が50%になる。相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。

 命中こそ安定しませんが、「ダイサンダー」としての火力が大きく伸び、対応反する範囲が広がります。また、役割対象であるギャラドスのダイストリーム後の雨下では必中になるなど、非ダイマックス時にも撃つ機会はあります。

与ダメージ計算

H322-D135(H4)ダイマックストゲキッストゲキッストゲキッス
50.3%~59.6%(確定2発)

H342-D120(H4)ダイマックスギャラドスギャラドスギャラドス
106.4%~126.3%(確定1発)

H410-D115(無振り)ダイマックスラプラスラプラスラプラス
45.8%~54.6%(乱数2発61.3%)

以下ダイサンダー(140)として計算

H322-D135(H4)ダイマックストゲキッストゲキッストゲキッス
63.3%~75.1%(確定2発、ボルトチェンジと合わせて高乱数)

H410-D115(無振り)ダイマックスラプラスラプラスラプラス
58.5%~69.2%(確定2発)
38.0%~44.8%(オーロラベール, エレキフィールド補正確定3発, 2連ダイサンダーで高乱数)

 以上のように、キョダイマックスラプラスに対しても役割を持てるようになります。

シャドーボール[★★★★☆]
ゴースト特殊 威力80
20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる。

 なけなしのサブウェポンですが、「ダイホロウ」として撃つことで、無振りドラパルトを確定で倒せる火力がでます。撃つ機会は比較的多いのでこちらも準確定です。

与ダメージ計算

H163-D96(D4)ドラパルトドラパルトドラパルト
67.4%~79.9%(確定2発)

H131-D125(H4)ミミッキュミミッキュミミッキュ
64.1%~76.3%(確定2発)

以下ダイホロウ(130)として計算
H163-D96(D4)ドラパルトドラパルトドラパルト
109.2%~128.8%(確定1発)

H131-D125(H4)ミミッキュミミッキュミミッキュ
103.8%~123.6%(確定1発)

 このように、環境に多いドラパルト, ミミッキュに強く立ち回れることが分かります。「はやあし」を発動させることでいずれの上も取れるので、景気よく先発ダイマックスを切って数的有利を確保するのも悪くないと思います。

被ダメージ計算

<物理>
A172(A252)ドラパルトのドラゴンアロードラパルトドラパルト
81.1%~97.8%(確定2発)

A142(A252)ミミッキュのいのちのたまじゃれつくミミッキュミミッキュ
79.0%~93.7%(確定2発)

A142(A252)ミミッキュのいのちのたまかげうちミミッキュミミッキュ
36.3%~43.3%(じゃれつくと合わせて確定)

B172(B↑252)アーマーガアのボディプレスアーマーガアアーマーガア
43.3%~51.7%(低乱数2発10.5%)

A177(A252)ダイマックスギャラドスのいのちのたまダイジェット(130)ギャラドスギャラドス
70.6%~83.9%(確定2発)

<特殊>
C167(C↑252)ドラパルトのりゅうせいぐんドラパルトドラパルト
74.1%~88.1%(確定2発)

C167(C↑252)ダイマックスドラパルトのダイドラグーン(140)ドラパルトドラパルト
79.7%~94.4%(確定2発)

C189(C↑252)トゲキッスのマジカルシャイントゲキッストゲキッス
52.4%~61.5%(確定2発)

C189(C↑252)ダイマックストゲキッスのダイフェアリー(130)トゲキッストゲキッス
83.9%~99.3%(確定2発)

C189(C↑252)ダイマックストゲキッスのC2段階上昇ダイフェアリー(130)トゲキッストゲキッス
166.4%~197.2%(ダイマックスにより確定2発)

C150(C↑252)キョダイラプラスのC2段階上昇ダイセンリツ(130)ラプラスラプラス
132.1%~155.9%(ダイマックスにより確定2発)

 以上のように対面したポケモンの技を1発を耐えることが可能であり、また「じゃくてんほけん」を持っている可能性が高いトゲキッスやラプラスに対してもダイマックスすることでケアすることができます。

あわせて

 サンダースの「ボルトチェンジ」の交代先として適性の高いポケモンを、簡単にですが紹介したいと思います。

対面サイクルの戦士!ハチマキアーマーガア!アーマーガアアーマーガア(炊き込み淡水様 : 育成論ソードシールド/574)

 サンダースの苦手なドリュウズに強気に後出ししていけるアーマーガアと相性が良いです。「とんぼがえり」を覚え、その上すばやさが低いので対面有利を作りやすいです。本育成論のサンダースと合わせて、いずれもドラパルト, ミミッキュに強いため安定感が増します。

後続につなげる 後攻すてゼリフガオガエンガオガエンガオガエン(カプ・サイシン様 : 育成論ソードシールド/640)

 特性「いかく」が強力です。こちらもドラパルト, ミミッキュに強いため安定感が増します。その上、「とんぼがえり」や「すてゼリフ」を覚えるためサイクルを回しやすいです。サンダースではどうすることもできないナットレイに有効打を持つため、重宝します。

さいごに

 イーブイの進化系は高い確率で夢特性が採用されますが、サンダースだけは例外でした。元から速いすばやさをさらに強化してどうするという意見がほとんどで、まともに使用されてこなかったと見受けています。しかし、こういった形で、環境に順応する形で需要が出てきたことを嬉しく思っています。ガラル環境に入ってから、速攻でんきタイプを使ってこなかった方には是非とも使っていただきたいなと考えています。
 
 以上、長文になりましたが読んで下さりありがとうございます。
コメント欄での指摘や活発な議論を歓迎します。どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/03/27 03:21

サンダースの他の育成論を探す (9件) >>

こちらもオススメ
サンダース【高速高火力ボルチェン】眼鏡サンダース【サイクル】
ひかえめ / ちくでん / こだわりメガネ
HP:92 / 防御:20 / 特攻:252 / 特防:4 / 素早:140
ボルトチェンジ / シャドーボール / はかいこうせん / かみなり
サンダース【積みエースのお供に】先制あくびにより主導権を握るサンダース【シングル】
おくびょう / ちくでん / カムラのみ
HP:100 / 防御:172 / 特攻:4 / 特防:4 / 素早:228
かみなり / あくび / みがわり / バトンタッチ
サンダース【天候パのお供】ウェザーボール採用型サンダース
おくびょう / ちくでん / いのちのたま
HP:4 / 特攻:252 / 素早:252
10まんボルト / ウェザーボール / はかいこうせん / ボルトチェンジ

スポンサーリンク

コメント (18件)

  • ページ:
  • 1
20/03/15 14:21
1炊き込み淡水 (@platinu777)
55555
育成論拝読しました!
自分の育成論が紹介されてて驚きました
「ボルトチェンジ」の説明で誤字を確認しました。「最低限」が「採点減」になっていました。ご確認ください。

スカーフを他のポケモンに渡せる上、ギャラドスギャラドスヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)などのサイクルパにとって厄介なポケモンの対策になるのは非常に良さそうですね!

自前のサイクルパの最後の一体がしっくり来てなかったのと、うちのパーティに高速アタッカーが欲しかったので非常に助かりました!さっそく使ってみたいと思います!(もちろんアーマーガアアーマーガアも一緒に!)
本投稿を楽しみにしています!
20/03/15 15:00
2ねおたん (@nerotorn)
>1 炊き込み淡水 様
コメントありがとうございます。僭越ながらアーマーガアと合わせて紹介させていただきました。
誤字のご指摘の件ですが、修正いたしました。ありがとうございます。
20/03/15 22:40
3いつみ (@123mario_64)
55555
強いと思います。
先発からのサイクル戦とダイマックスの二刀流で変わった動きができそうです。
初手守るから火傷、高速ボルトチェンジの流れですが火傷の時点で読む人は読んでくるのかなと思いました。
そこら辺の使用感はどんな感じでしょうか。
あと気になるのが、積んで手が付けられなくなった相手エースに上からあくび打っても普通に強そうなのですが、やはりラム持ちが怖いですよね。
20/03/15 23:08
4ねおたん (@nerotorn)
>3 いつみ 様 
コメントと高評価ありがとうございます。
やけど状態になった場合の相手の行動なのですが、今のところつっぱりが多い印象です。例えば、先発サンダース対「こだわりスカーフ」持ちヒヒダルマの対面では、やけど状態になった後でも引いてくることはなかったです。おそらく、「はやあし」発動後サンダースのSラインがあまり知られていないからだと思います。現時点では「マイナーな型だから読まれない」を言い訳にできると思いますが、いずれは初手の「まもる」から読まれるようになるほどに複雑化すると思います。この育成論が広く知れ渡ることを期待する半面、このポケモンの立ち回りが安定しなくなるということも危惧しています。
「あくび」の採用についてですが、サンダースの「ダイサンダー」と相性が良くないと思うので、他の型か他のポケモンでやった方が良いと思います。とりあえず、使った限りでは「あくび」が欲しくなった場面はありませんでした。
20/03/16 16:06
5にぎりっぺ
実際に使ってみて思ったのですが、技候補に「はかいこうせん」は入りませんか?
ダイアタックの素早さ調整で後続に処理させたい時や、退場時の最後っ屁として欲しい場面がありましたので…
20/03/16 18:27
6ねおたん (@nerotorn)
>5 にぎりっぺ 様
コメントありがとうございます。
「はかいこうせん」の提案について、候補技に入れても良いとは思いますが優先度は間違いなく低いとは思います。一応この育成論のコンセプト的に技の優先度をつけるとするならば、
「まもる」=「ボルトチェンジ」>>「10まんボルト」>「かみなり」>>「シャドーボール」=「はかいこうせん」
になると思います。特に「ダイホロウ」でドラパルト確定1発はかなりの強みであって、Bダウンの追加効果も後続物理アタッカーの補助になることもあります。
かといって、「ダイアタック」にもそれはそれで強みがありますので、PTに応じてカスタマイズすれば良いと思っています。これは「どろかけ」や「アシストパワー」などについても同様で、挙げ出すとキリがないので特に本論で追記するつもりはありません。
20/03/18 03:50
7ポンタッタ2世 (@night11471)
44444
10万の代わりにまねっこ入れてサザンの流星群コピーしたり、まもるでダイマックスドラパルトのダイホロウやダイドラグーンを受け止めた技のコピーをして、うまくいけばゴーストタイブでダイマックスターンをすかしたり、ドラゴンアローか流星群のどちらをコピーをしても型判別を知るメリットがあると思います。また、相手が先制で使ってきた補助技をコピーしたりと汎用性が高い気がしますがどうでしょうか?
20/03/18 06:40
8ねおたん (@nerotorn)
>7 ポンタッタ2世 様
コメントと評価ありがとうございます。
「まねっこ」についてですが、可能性の幅は広がりますが不確定要素が大きいため汎用性が高いとは考えていません。ましてや「ドラゴンアロー」や「ゴーストダイブ」といった物理技をコピーしてしまった場合、やけど状態であるため火力が目も当てられない程に落ちると想定できます。相手の型が分かるというメリットがありますが、リスクに見合いません。
そういうことならば、「10まんボルト」のかわりに「かみなり」を採用して、キョダイラプラスやダイマックストゲキッスに勝てるようカスタマイズするほうが随分汎用性は高まると思います。
「まねっこ」をしなくては処理できないような相手からは、上から「ボルトチェンジ」して逃げるという太い選択肢がこのサンダースにはあります。
ただ、ここからは完全に個人的な意見になりますが「まねっこ」のようなそういった面白い技は好きです。
20/03/19 17:42
9おもちゃばこ
被ダメについて、やけどダメージを考えると確定数が変わりませんか?
20/03/19 20:18
10みち
私もこれ以上速くしてどうするんだと早々に思考を放棄した1人なので、こうした育成や戦術を編み出せる方は素直に感心します。
育成論としても読みやすく、具体的な動きや、相性の良いポケモン(これ大事)も記載されているため実際に育ててみようという気が起きました。
心内評価ですが星5です
20/03/21 15:34
11ねおたん (@nerotorn)
>9 おもちゃばこ 様
コメントありがとうございます。
その通りです。ターン終了後の被ダメージはそれぞれのダメージ計算結果にやけどダメージ分+12.5%してもらえると良いです。そうなるとドラパルトのドラゴンアローなどの確定数が変わります。
しかしこのサンダースの技構成上、最初のターンはやけどダメージが入らなかったり、またボルトチェンジで逃げるためやけどダメージが入らなかったりするケースも多いので、省略しました。
20/03/21 15:35
12ねおたん (@nerotorn)
>10 みち 様
コメントありがとうございます。
是非使ってみてください。
20/03/21 17:45
13ななくろ
>11 今のやけどダメージは1/16ですよ。
 自分も最近まで知りませんでしたが、7世代から1/16だったようです。
 ちなみに、急所確率も1/16から1/24になっているそうです。(蛇足)
20/03/21 17:52
14ねおたん (@nerotorn)
>13 ななくろ 様
ご指摘ありがとうございます。第7世代をスキップしてましたのでこの仕様変更知らなかったです。やけどダメージが妙に少なかった印象はこのためだったのですね。
20/03/27 01:35
15すぺん
技のシャドーボールの欄、ダイホロウでミミッキュへのダメージが100%を超えているのに確定2発となっていますよ。
20/03/27 03:22
16ねおたん (@nerotorn)
>15 すぺん 様
コメントありがとうございます。
該当箇所を修正しました。
21/02/06 23:49
17ぬえ
ダイサンダーとボルトチェンジを合わせて確定と書いてある箇所がありますが、ボルチェンとダイサンダーを会わせる機会はほぼないのでは!?
21/02/07 00:27
18ねおたん (@nerotorn)
>17 ぬえ様
 コメントありがとうございます。
 ダイサンダーとボルトチェンジを合わせる機会は結構あります。というのもサンダースの高い素早さから繰り出される「ボルトチェンジ」には、
・相手がダイマックスを切っているかどうかを確認できる
・相手が交代した先を見ながら有利なポケモンを繰り出せる
・ダメージを蓄積し終盤の一貫性を作れる
という強みがあります。
例えばサンダースが「ダイサンダー」を撃ってもHPがマックスのダイマックストゲキッスを倒すことはできません。返しの「じゃくてんほけん」C+2「ダイフェアリー」で倒される可能性もあります。しかしここでサンダースにダイマックスを切らずに「ボルトチェンジ」を選択していれば、上3つに示した恩恵を受けることができます。相手にだけダイマックスを切らせ、こちらは適当に様子を見ながら、相手のターンが切れたころにこちらがダイマックスして切り返していくという戦術は一般的によく見られるものです。
 ですので、複数ターンに及ぶダメージ計算(つまりボルトチェンジとダイサンダーのダメージ合計で倒せるかどうかを調べること)は必要になります。
 この「サンダース」の立ち回りを解説した構築記事をいくつか投稿しています。
パーティ構築/483
パーティ構築/572
ここでも上のようなダメージ計算を行っています。なにか疑問の解決の糸口になれば幸いです。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。