ザマゼンタ- ポケモン育成論ソードシールド

味方を活かす脱出ザマゼンタ

2022/09/29 21:41 / 更新:2022/10/06 01:01

ザマゼンタ

HP:HP 92

攻撃:攻撃 130

防御:防御 115

特攻:特攻 80

特防:特防 115

素早:素早 138

ツイート4.994.994.994.994.994.994.994.994.994.99閲覧:3694登録:3件評価:4.99(12人)

ザマゼンタ  かくとう  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
ふくつのたて
努力値配分(努力値とは?)
HP:172 / 攻撃:100 / 防御:4 / 特防:140 / 素早:92
実数値:189-179-136-x-153-170 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
インファイト / かみくだく / ひかりのかべ / リフレクター
持ち物
だっしゅつパック

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理サポート / ダイマックスしない
登録タグ

考察

はじめに

どうもこんにちは。むちころ犬と申します。
シリーズ13で環境が一段と変化した中で、今回考察するのは王ではなく通常のザマゼンタザマゼンタです。
以前は伝説枠の制限によりザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)共々対戦で採用しづらいポケモンでしたが、シリーズ13でこれが無制限となった事で、環境的には相変わらず逆風ですが以前に比べて格段に採用しやすくはなりました。

ザマゼンタザマゼンタの特徴

種族値
H92 A130 B115 C80 D115 S138
まず初めに対戦でのザマゼンタザマゼンタの特徴を強み、弱みに分けて解説します。
強み
1.道具なしで実現出来る最硬レベルの物理耐久
2.伝説(幻を除く)の中ではバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)ザシアン(王)ザシアン(王)に次ぐSの種族値
3.両壁の習得
弱み
1,単タイプの中でも扱いにくい単格闘
2.サブウェポンの火力の低さ
3.技のレパートリーの少なさ
4.一致技の通りの悪さ
5.ザシアンザシアンとの類似性
道具を固定化しない格闘タイプとしては全ポケモン中最大の種族値を誇る一方、種族値以外の要素が穴だらけと言える非常に両極端なポケモンです。強みとして特筆すべきは特性を踏まえた物理耐久で、無振りでさえ物理耐久指数33734となります。H振りポリゴン2ポリゴン2@輝石で31680、防御特化ナットレイナットレイでようやく36381となるので、数値面では申し分ない性能と言えます。
その一方で、物理受けとして必須と言える再生回復や毒々等の搦め手がなく、サブウェポンも種類、範囲、火力が3拍子揃って足りていません。ザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)とは違い道具がフリーになる代わりに鋼タイプも追加されず、また安定火力となる『きょじゅうだん』も持てないため、あちらと比較してもより一層ピーキーなポケモンになります。
他の伝説と比較しても欠点が多いポケモンですので、持たせる道具やどんな役割を与えるかが活躍させる上で非常に重要になります。

ザマゼンタザマゼンタの適正

前提として、攻撃面においてザマゼンタザマゼンタに出来る事はほぼザシアンザシアンでも可能です。
ザシアンザシアンとの大きな違いとして『両壁の取得』『物理耐久の高さを生かした後出し性能』があるため、それらを活かしたサポーター(兼アタッカー)が最も適正の高い役割といえます。ただこれだけではザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)との競合は避けられませんので、下記で明確に違う役割を持たせます。

ザマゼンタザマゼンタと『脱出パック』

特徴の項で触れましたが、ザマゼンタザマゼンタザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)よりも更に技の種類が少なく、火力を出せる技が基本的に『インファイト』1本だけです。積み技も有用なものは『てっぺき』程度しかなく、『ちょうはつ』のような相手を直接妨害する技もないため、『インファイト』が通らない相手に直接打撃を与える事がかなり厳しいポケモンです。言い換えるとザマゼンタザマゼンタと対面した場合、相手は飛/妖/虫/超/霊への交代がほとんどの場面で安定行動になるという事です。
そこで今回はその相手の交換に合わせて『インファイト』で此方も交代できる『だっしゅつパック』を採用し、壁張りサポートに加えて有利サイクルを継続させるクッションの役割を追加、ザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)より更にサポート色を強めた運用を考察します。

採用理由と役割

1、『インファイト』が抜群で通るノーマル/岩/鋼/氷/悪(環境で採用率が高い仮想敵としてはディアルガディアルガホワイトキュレムホワイトキュレムブラックキュレムブラックキュレムラッキーラッキーハピナスハピナスメルメタルメルメタルバンギラスバンギラスナットレイナットレイ)等)への後出しからの対面操作
2、両壁によるサポート
3、ノーマル/岩/鋼/氷/悪の処理

1、3に関してはザシアンザシアンに脱出パックを持たせた場合でも可能ですが、
  • 両壁がない分ザマゼンタザマゼンタよりもサポート性能が低くなり、特化型のザマゼンタザマゼンタと比べて中途半端な性能になりやすい事
  • 『インファイト』→脱出で高いリターンを得られる『鋼』に対しての後出し性能で劣る事
上記2点でこの型に関してはザマゼンタザマゼンタに優位性があります。何よりザシアンザシアンに脱出パックを持たせるとザシアン(王)ザシアン(王)が使えなくなる事が最大のデメリットです

持ち物

だっしゅつパック
コンセプトであり確定です。
基本的に『インファイト』で自分から発動を狙いますが、ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)の後出し威嚇から技を発動する前に暴発する事があります。
バドレックス(はくば)バドレックス(はくば)ブラックキュレムブラックキュレムランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)を起点化出来るポケモンと同時選出する事で被害を抑える事は可能です。

特性

ふくつのたて
場に出た瞬間にBが一段階上昇します。
他の特性はなく確定です。この特性のおかげで物理方面は努力値を割かずとも安定して後出しが可能です。

性格・努力値と調整

いじっぱり
努力値H172 A100 B4 D140 s92
実数値H189 A179 B136 C× D153 S170
HBD………特化珠ディアルガディアルガの『ときのほうこう(ダイドラグーン)』確定2発調整
A………余り
B………偶数調整
S………最速ガブリアスガブリアス抜き
環境で採用率が高いディアルガディアルガに対して、安定して後出しから『インファイト』で対面操作が出来るレベルまでHDを補強した調整になります。ここまで振るとC252珠ホワイトキュレムホワイトキュレムの『りゅうせいぐん』も当然耐えるので、弱点をつかれず『インファイト』で抜群を取れる相手に関しては物理特殊に関わらず後出しが出来るようになります。
Sラインに関してこの育成論ではガブリアスガブリアス抜きとしていますが、「パルキアパルキアを始めとする100族を抜くついで」の調整ですので、ガブリアスガブリアス自体あまりいないシリーズ13の環境下では少し下げてAやHDに回すのも一考です。このザマゼンタザマゼンタの主な役割対象の中ではブラックキュレムブラックキュレムホワイトキュレムホワイトキュレムのS95が最も高いため、最低限このラインを越えていれば役割上は問題はありません。
逆にS102〜125までの間のSでザマゼンタが対面で打ち合えるポケモンは環境にほとんどいないので、これ以上振るなら最速マーシャドーマーシャドーを抜くS125抜き(『ようき』努力値156)が一つの調整ラインですが、反面特殊への繰り出し性能、もしくは火力が大幅に低下してしまいます。

技考察

確定欄
インファイト
ザマゼンタザマゼンタの格闘技の中で一番癖がなく火力が出る技です。『だっしゅつパック』発動のトリガーでもあるため、ザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)よりもこの技の重要度は格段に上がります。しかしポケモン全体の耐久ラインが軒並み高い現環境では弱点を突けないとこれでも威力不足感はあります。

かみくだく
ほぼバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)ピンポイント起用です。
超で弱点を突かれてしまうザマゼンタザマゼンタですが、バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)は『サイコキネシス』より『サイコショック』を優先する事が圧倒的に多いため、対面からDMされなければ確1もしくはタスキ発動まで一気に削る事が一応可能です。(メガネサイコショックすら確定耐えします)
『インファイト』『リフレクター』読みから無償降臨を狙われるパターンもあるので、交換読み出きるとそのまま倒せる場面もあります。あくまで『バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)が出てきた時』用の技なので、これがあるからといって死に出し等こちらから安易に相手をしに行くのは止めましょう。
後はザマゼンタザマゼンタと相性がいい味方はヌケニンヌケニンに打点がない事も多く、一応その対策も兼ねています。

ひかりのかべ
リフレクター
5ターンの間、味方が受ける特殊/物理のダメージを半減させます。
場面によっては『インファイト』で即脱出はせず、壁を入れた上で裏に引いた方が有効な時もあります。
(主にザマゼンタザマゼンタを繰り出すタイミングで積み技を使われた場面や、こちらの裏が壁を盾にして積む事で全抜きが目指せる場面等)
確定欄の技で固める場合、ザマゼンタザマゼンタは不利な相手に直接妨害を仕掛ける手段がないので、1度の繰り出しで両方一気に張る=不利対面になっても無理矢理居座るプレイングは相手に時間を与える結果になりかねず、あまりオススメはしません。

選択技
こわいかお
バークアウト
ザマゼンタザマゼンタにとって数少ない『相手に直接妨害を掛けれる技』です。
『こわいかお』は裏の味方のSが中途半端な場合の補助、バークアウトは『ひかりのかべ』と合わせて相手特殊アタッカーに居座れるようになりますが、火力はほとんどなく壁だけでも十分な場合も多いので、やや優先度は低めです。

じゃれつくorサイコファング
Sに努力値を割いている場合、これらの技があればマーシャドーマーシャドーを対面から単独で処理出来ます。
一応『サイコファング』は無振りムゲンダイナムゲンダイナにも中乱数2発が取れますが、環境にいるムゲンダイナムゲンダイナの半分は『じこさいせい』持ちの耐久型なので、これがあっても勝ちに繋がる場面は極々希です。

立ち回り

基本的には通したい味方の裏に控える形での選出となります。ザマゼンタザマゼンタは主にノーマル/鋼/岩/氷/悪(ディアルガディアルガキュレムキュレムバンギラスバンギラスナットレイナットレイラッキーラッキー等)に与える圧力が高く、これらを起点に脱出インファを決める事で高いリターンを得れる味方と組む事が理想的です。同時に相手の引き先になるであろう超/妖/飛/霊/虫/毒にある程度強ければ補完が出来ていると言えます。具体的にはディアルガディアルガホワイトキュレムホワイトキュレムナットレイナットレイ辺りが不利になり、ザマゼンタザマゼンタが引っ張ってくるイベルタルイベルタルランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ホウオウホウオウルギアルギアサンダーサンダーあたりに有利が取れるブラックキュレムブラックキュレムカイオーガカイオーガ、『きあいだま』不採用時にチョッキディアルガディアルガホワイトキュレムホワイトキュレムバンギラスバンギラスラッキーラッキーが厳しくなるイベルタルイベルタル等は比較的同時選出しやすく、『ジオコントロール』で起点化しようとしてくるゼルネアスゼルネアスを逆に起点に出来るザシアン(王)ザシアン(王)もややピンポイントですが相性は悪くありません。
両壁があるので突破力の高いこれらのポケモンに積み技を搭載しておくと、マーシャドーマーシャドーには注意が必要ですが有利対面からそのまま2タテ3タテ出来る展開も十分ありえます。即『インファイト』を打つべきか、壁をいったん張って脱出すべきかはこちらのアタッカーがどの程度相手パーティに刺さっているかで判断してください。
ザマゼンタザマゼンタは決して汎用性が高いポケモンではないので、『ほぼ毎回のように選出する』ではなく『裏のアタッカー(例に上げたカイオーガカイオーガブラックキュレムブラックキュレムイベルタルイベルタルザシアン(王)ザシアン(王)等)が相手パーティによく刺さりそうな場面でのみのワンポイント起用』がベストです。

与ダメージ計算

インファイト
H252ディアルガディアルガ……84.1~99.5%
無振りディアルガディアルガ……99.4~117.7%
無振りホワイトキュレムホワイトキュレム……109.0~130.0%
特化ラッキーラッキー@輝石……80.0~94.8%
H252バンギラスバンギラス……179.7~214.5%
H252メルメタルメルメタル……62.0~72.7%
特化ナットレイナットレイ……67.4~80.7%
無振りブラックキュレムブラックキュレム……102.0~120.0%
特化ポリゴン2ポリゴン2@輝石……54.2~65.6%
無振りウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)……116.6~137.1%

かみくだく
無振りバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)……125.7~148.6%

被ダメージ計算

特化ディアルガディアルガ@命の珠
ときのほうこう……84.7~99.5%
ラスターカノン……46.0~54.5%

C252ホワイトキュレムホワイトキュレム@命の珠
りゅうせいぐん……73.0~86.8%
フリーズドライ……39.7~47.6%

特化バンギラスバンギラス
ストーンエッジ……15.3~18.0%

特化メルメタルメルメタル
ダブルパンツァー……19.0~22.8%(1発あたり)

A252ブラックキュレムブラックキュレム
げきりん……39.7~46.6%
つららばり……8.5~10.1%(一発あたり)

A252ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)@こだわりハチマキ
インファイト……48.1~57.1%

以下役割対象ではありませんが参考までに

特化グラードングラードン
だんがいのつるぎ……39.7~46.6%

C252バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)@こだわりメガネ
サイコショック……77.2~92.1%
アストラルビット……76.2~90.5%

無振りザシアン(王)ザシアン(王)
A↑じゃれつく…76.2~89.9%
同252A↑じゃれつく……88.9~104.8%

相性の良い味方・構築例

ブラックキュレムブラックキュレムホワイトキュレムホワイトキュレム白黒キュレム
両者共通してザマゼンタザマゼンタが呼びやすいイベルタルイベルタルランドロス(化身)ランドロス(化身)ルギアルギアサンダーサンダー(ブラックキュレムブラックキュレムは+ホウオウホウオウ)に対面有利が取れ、尚且つ両者が苦手とするナットレイナットレイ(黒)バンギラスバンギラス(白)ディアルガディアルガラッキーラッキー(白)にザマゼンタザマゼンタが役割を持てるため相性は良好です。
ブラックキュレムブラックキュレムは『りゅうのまい』→DMでの制圧力が高く、壁でのサポートから2タテ以上を目指せる点が大きなポイントで、ホワイトキュレムホワイトキュレムは先発に据える事で、やっかいなカバルドンカバルドンのステロ展開を封じれる点が魅力です。
一方で両者とも対ザシアン(王)ザシアン(王)が厳しく、『インファイト』脱出時のザマゼンタザマゼンタに対してザシアン(王)ザシアン(王)を着地させてくる可能性も十分考えられるので、3枠目はザシアン(王)ザシアン(王)に有利を取れるグラードングラードンホウオウホウオウ、もしくは先制で動ける下記のスカーフカイオーガカイオーガで補強しましょう。

カイオーガカイオーガカイオーガ@スカーフ
対策必須のポケモンであり、ディアルガディアルガナットレイナットレイが環境上位にいる理由そのものと言えます。上記のキュレムキュレム達より更にこれらのポケモンを呼びやすく、飛行を『れいとうビーム』で牽制しつつザシアン(王)ザシアン(王)にも対面で弱くはない(勝てるかどうかは相手の調整次第です)と痒いところに手が届くポケモンです。
シンプルなH252チョッキディアルガディアルガは無補正C252カイオーガカイオーガの雨『しおふき』で確定3発(34.8~41.1%)となるため、具体的な立ち回り例として先にカイオーガカイオーガを展開した上でディアルガに『しおふき』を受けさせ、ザマゼンタザマゼンタに交代後、向こうの交代に合わせて『インファイト』、再度カイオーガカイオーガを展開し『しおふき』をすれば、相手側は残りHP2〜3割の低HPでディアルガディアルガにDMを切らないと受けが成立しません。仮にザマゼンタザマゼンタへの交代時にいきなりDMを切られたとしても、『インファイト』でDMディアルガディアルガのHPを43%〜49%削れるので(ここまでで相手の残りHPは約20%前後)、どちらの展開になってももう1体の味方(ブラックキュレムブラックキュレムホワイトキュレムホワイトキュレムイベルタルイベルタル等)で十分削りきれる数値です。ディアルガディアルガが落ちればカイオーガカイオーガの一貫性がかなり高まるので、『しおふき』連打やDMで勝負をつけましょう。
このような形で『相手の交代、居座りに左右されない安定択を取りつつカイオーガカイオーガの一貫を取る』といった立ち回りが可能で、またこれらは先に上げたブラックキュレムブラックキュレムイベルタルイベルタルでも応用可能です。

イベルタルイベルタルイベルタル@命の珠
主にバンギラスバンギラスラッキーラッキー、突撃チョッキ持ちのディアルガディアルガや白黒キュレムキュレムに対面不利を取りやすいためこれらが重い場合に。
ただラッキーラッキーに関しては特殊型のイベルタルイベルタルに対し回復を挟む事で複数回の繰り出しが可能であるため、これに関してはイベルタルイベルタルに『ちょうはつ』を持たせる方が対策として安定します。
ザマゼンタザマゼンタと共通してザシアン(王)ザシアン(王)ゼルネアスゼルネアスに不利を取るため、これらを起点に「りゅうのまい」を積めるネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)が3枠目として優秀です。
ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)を同一パーティに入れるなら『デスウイング/悪の波動/不意打ち/挑発』が対応出来る範囲が広くザマゼンタザマゼンタとの噛み合いも良好です。

パーティ一例(10月5日一部変更)

本論ザマゼンタザマゼンタ@脱出パック
HASベース竜舞型ブラックキュレムブラックキュレム@ラムの実
ASベース竜舞型ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)@弱点保険
CSベースイベルタルイベルタル@命の珠
HSベース剣舞型ザシアン(王)ザシアン(王)@朽ちた剣
CSベースカイオーガカイオーガ@拘りスカーフ

汎用性を持たせつつザマゼンタザマゼンタを採用した積み構築一例です。方向性としては『ザマゼンタザマゼンタを活躍させる』ではなく『カイオーガカイオーガブラックキュレムブラックキュレムイベルタルイベルタルのどれかの通りがいい時(有利対面を作れれば2体以上倒せそうな時)にザマゼンタザマゼンタで補強する』イメージです。
カイオーガカイオーガブラックキュレムブラックキュレムがいるためザマゼンタザマゼンタの役割対象であるディアルガディアルガナットレイナットレイが出て来やすく、ワンポイントとはいいつつも比較的ザマゼンタザマゼンタを選出しやすいかと思います。
副次的にはなりますが、ザマゼンタザマゼンタザシアンザシアン同様選出画面では姿は変わらないため、基本は『鋼』複合であると捉えられる事が多く、このパーティは相手から見るとディアルガディアルガのメインウェポンである竜/鋼の一貫性がかなり低く映りますので、『こちらの裏が分からない内はディアルガディアルガ(キュレムキュレムも)にDMを切られにくい&切られたとしても火力と追加効果が強いダイドラやダイスチルが飛んで来にくい』というメリットも一応あります。
見ての通りザマゼンタザマゼンタ以外は採用率上位帯のみで構成されたパーティですが、脱出パックによる『有利対面の継続』『クッション』を役割にする以上、同時選出される2匹は『ザマゼンタザマゼンタの1ターンを代わりに使う』事になるので、可能な限り回りを固めるポケモンは環境に適したものを選ぶように心掛けて下さい。

最後に

以上となります。
最後まで御覧頂きありがとうございました。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2022/10/06 01:01

ザマゼンタの他の育成論を探す (4件) >>

スポンサーリンク

コメント (3件)

  • ページ:
  • 1
22/09/30 07:30
1ゲススマホ。
めっちゃ良い育成論だと思います。しっかり考察もされていて完成されている…
一応、指摘しておくと、採用理由と役割の最後。剣の王となっていますが、盾の王の間違いですかね?(親の顔より見るザシアンに洗脳されたんですよね、わかります。)
22/09/30 09:08
2むちころ犬 (@SiUAqyXMtUPLjzJ)
<ゲススマホさん、コメントありがとうございます。
ご指摘の一文は『ザシアンザシアンに脱出パック持っても似たような事は出来るけど、サポート能力と繰り出し性能で劣り、何よりザシアン(王)ザシアン(王)をパーティに入れられなくなる事が最大のデメリット』という意味でつけていたのですが、『ザマゼンタザマゼンタに優位性がある』という言葉の後に主語を入れずその一文を差し込んだ事で少し混乱させてしまったかもしれません。少し追記修正しました
22/09/30 16:09
3ゲススマホ。
あーなるほど。こちらこそすみませんでした。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク