dummy

ボーマンダ- ポケモン育成論ソードシールド

【高火力・広い技範囲】特殊型控え目眼鏡ボーマンダ

2021/09/21 19:55 / 更新:2021/10/23 08:51

ボーマンダ

HP:HP 95

攻撃:攻撃 135

防御:防御 80

特攻:特攻 110

特防:特防 80

素早:素早 100

ツイート4.864.864.864.864.864.864.864.864.864.86閲覧:4110登録:5件評価:4.86(5人)

ボーマンダ  ドラゴン ひこう  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
特性
いかく
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 特攻:252 / 特防:4 / 素早:4
実数値:201-126-100-178-101-121 / 個体値:31-0-31-31-31-31
覚えさせる技
りゅうせいぐん / ぼうふう / だいもんじ / ハイドロポンプ
持ち物
こだわりメガネ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックスしない
登録タグ

考察

こんにちは、ザシアン(王)ザシアン(王)などの物理アタッカーを使っていると、ヌオーヌオーテッカグヤテッカグヤ等の受けポケモンや、初手にランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)がよく来るので、特殊型のボーマンダボーマンダを使ってみたら、あまり警戒されることもなく、それらのポケモンを倒すことができて、かなり強くて使いやすかったと思い投稿しました。間違っているところなどがあったら指摘をお願いします。初めての投稿ですので温かい目で見てもらえたら幸いです。


特殊型の理由

ボーマンダボーマンダは一定数特殊型もいますが、A135という高い攻撃種族値により物理アタッカーとして運用されることのほうが多いです。しかし、現環境ではナットレイナットレイテッカグヤテッカグヤヌオーヌオーといった物理受けのポケモンや威嚇をまいてくるランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)などが多く使われており、物理型のボーマンダは動かしにくい状況となっています。C110という特殊アタッカーとしても運用できる程度の種族値と優秀な技を駆使して、本来有利とは言い切れないそれらのポケモンに強く立ち回ることができます。また、現環境は特殊受けが物理受けに比べ、数が限られているので特殊型はかなり動かしやすいです。

鉢巻逆鱗(55350)>眼鏡流星群(52065)

鉢巻そらをとぶ(41512)<眼鏡暴風(44055)

鉢巻炎の牙(19987)<眼鏡大文字(29370)

等倍でも相手にかなりの負担をかけることができます。



持ち物

こだわりメガネ
決して高くない特攻を上げるため。珠だと確定数が変わる場合もあるから眼鏡で確定。


特性

特殊型なので威嚇にします。


性格・努力値と調整

控え目
臆病の場合火力が不足気味で確定で落とせるなくなる相手が出てきます。流星群でH252サンダーサンダーが確定2発、暴風でH252ポリゴン2ポリゴン2が乱数2などに変わってしまいます。

H244
HP実数値201調整。HをSにまわしてS252になぜしないかというと、控え目にしている以上最速ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)だった場合抜けなかったり不安定な要素が出てくるからです。この素早さラインのポケモンは最速だったりスカーフ持ちだったりして、準速では抜けない場合がかなり多いです。だから割り切ってHに振ることにして対面性能を高めること、威嚇による後出しや拘っていることにより起こるサイクル戦を少しでも安定させることを優先し、このような調整にしました。

C252
C110は決して高いわけではないので火力を最大限まで上げる必要があるからです。

D4
ダウンロード調整

S4
素早さ無振り100族抜き

技構成

流星群
言わずと知れたタイプ一致の特殊型での最高火力技。等倍相手にも致命傷を与えることができる。

暴風
今作から使えるようになった飛行の高火力特殊技。流星群のCダウンを気にする対面やフェアリーに交換されそうな場合などに使える。混乱の追加効果で運ゲーも...

大文字
主にテッカグヤテッカグヤナットレイナットレイなどの鋼タイプに打ちます。物理型の場合炎の牙では厳しいテッカグヤテッカグヤも大文字なら返り討ちにできます。

ハイドロポンプ
主にランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)カバルドンカバルドンヒードランヒードランに打ちます。

立ち回り例

初手に出して、初手に出やすい居座ってくるカバルドンカバルドンランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)をハイドロポンプで吹っ飛ばします。また、相手が不利対面でひっこめてくるとき眼鏡流星群や暴風の超火力などで大きな負荷をかけることができます。こちらが交換する場合でも威嚇により交換先への負担を軽減することができます。

与ダメージ計算


流星群 火力指数52065
(1発目の威力を表記、確定数はCダウンを考慮)

H4サンダーサンダー107.2~126.5%(確定1発)
H252サンダーサンダー90.4~106.6%(乱数1発)
H4ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)118.1~140%(確定1発)
H252ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)99.5~117.9%(乱数1発)
H252ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)117.8~139.1%(確定1発)
H4エースバーンエースバーン131.4~155.7%(確定1発)
H252ポリゴン2ポリゴン259.4~70.3%(乱数2発)
HD特化ポリゴン2ポリゴン242.7~50.5%(乱数3発)
H252カバルドンカバルドン99~117.2%(乱数1発)
HD特化カバルドンカバルドン67.0~79.5%(確定2発)
H252ヌオーヌオー113.3~134.1%(確定1発)
H252ゴリランダーゴリランダー104.8~123.6%(確定1発)
H252チョッキゴリランダーゴリランダー70~83%(確定2発)
H252ドヒドイデドヒドイデ77~91.7%(確定2発)
H252ボルトロス(化身)ボルトロス(化身)104.8~124.1%(確定1発)
H252ボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)104.8~124.1%(確定1発)
H252レジエレキレジエレキ149.7~176.4%(確定1発)
H252ドサイドンドサイドン117.5~138.2%(確定1発)
H252チョッキドサイドンドサイドン78.8~93.2%(確定2発)
H4ウルガモスウルガモス97.5~115.5%(乱数1発)
H252ウルガモスウルガモス81.7~96.8%(確定2発)


暴風 火力指数44055

H4ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)101.2~119.5%(確定1発)
H252ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)84.6~100%(乱数1発)
H252ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)200~235.7%(確定1発)
H4エースバーンエースバーン112.1~132.6%(確定1発)
H252ポリゴン2ポリゴン250.5~59.8%(確定2発)
HD特化ポリゴン2ポリゴン235.9~42.7%(確定3発)
H252カバルドンカバルドン83.7~99%(確定2発)
HD特化カバルドンカバルドン57.2~67.4%(確定2発)
H252ヌオーヌオー96.5~114.3%(乱数1発)
H4ウオノラゴンウオノラゴン100~118%(確定1発)
H252ドヒドイデドヒドイデ64.9~77%(確定2発)
H252ミミッキュミミッキュ82~96.9%(確定2発) 皮ダメ有(乱数1発)
H252ウルガモスウルガモス138.5~163.5%(確定1発)



大文字 火力指数29370

H4テッカグヤテッカグヤ105.2~124.8%(確定1発)
H252テッカグヤテッカグヤ89.2~105.8%(乱数1発)
HD特化テッカグヤテッカグヤ64.7〜76.5%(確定2発)
HD特化ナットレイナットレイ134.8~159.1%(確定1発)
H4ザシアン(王)ザシアン(王)97.6~115.4%(乱数1発)
H252ゴリランダーゴリランダー118.8~140%(確定1発)
H252チョッキゴリランダーゴリランダー79.2~93.7%(確定2発)
H252メタグロスメタグロス108~127.2%(確定1発)
H252チョッキメタグロスメタグロス72.7~85.5%(確定2発)
H252ジバコイルジバコイル114.1~134.4%(確定1発)
H252チョッキジバコイルジバコイル76.8~90.3%(確定2発)



ハイドロポンプ 火力指数29370

H252ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)113.2~133.6%(確定1発)
H252カバルドンカバルドン111.6~132%(確定1発)
HD特化カバルドンカバルドン76.2~90.2%(確定2発)
H4ヒードランヒードラン105.3~124.5%(確定1発)
H252ヒードランヒードラン88.8~105%(乱数1発)
H252バンギラスバンギラス砂下59.9~70.5%(確定2発)
H252チョッキバンギラスバンギラス砂下39.6~47.3%(確定3発)
H252チョッキドサイドンドサイドン133.7~158.1%(確定1発)
H4ウルガモスウルガモス110.5~130.4%(確定1発)
H252ウルガモスウルガモス92.7~109.3%(乱数1発)


相性の良い味方


ザシアン(王)ザシアン(王)ザシアン
お互いの弱点をすべて補完できる。この型のボーマンダボーマンダの役割対象を呼びやすい。

バンギラスバンギラスバンギラス
ボーマンダボーマンダの苦手な高火力特殊アタッカーを受けることができる。またボーマンダボーマンダバンギラスバンギラスの弱点の、格闘、虫、草、水が半減以下で、地面が無効と優れている。

ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ギルガルド
前作でもよく組み合わせられた。ボーマンダボーマンダの弱点全てを受けられる。ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)の苦手な炎は地面ボーマンダボーマンダで受けられる。またザシアン(王)ザシアン(王)の一致技を半減、インファイトを無効にできる。

ヌオーヌオーヌオー
ボーマンダボーマンダの苦手なザシアン(王)ザシアン(王)ミミッキュミミッキュを受けることができる。また、ヌオーヌオーの弱点の草をボーマンダボーマンダが受けることもできる。

ヌケニンヌケニンヌケニン
一応ボーマンダの苦手なカプ・レヒレカプ・レヒレ、(噛み砕く無しの)ザシアン(王)ザシアン(王)カイオーガカイオーガは完封できる。選出するかどうかはおいて、入れておくだけで相手の選出をかなり絞れる。(こちらのパーティーによるが、ボーマンダボーマンダの役割対象のカバルドンカバルドンランドロス(化身)ランドロス(化身)サンダーサンダーはかなり出してくる。)


最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。
特殊型ボーマンダは技範囲が広く火力も高いので本来物理型では倒しにくいポケモンも簡単に倒すことができてとても面白いポケモンだと思います。そのことが少しでも伝わったのならばうれしいです。
最後になりますが、意見や指摘等がございましたら教えてください。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2021/10/23 08:51

ボーマンダの他の育成論を探す (9件) >>

スポンサーリンク

コメント (10件)

  • ページ:
  • 1
21/09/21 21:34
1kippeialt (@kippeialt)
役割破壊では無くね?間違ってたらすいません
21/09/21 21:49
2こだわりはらまき (@IKCNuntwSzR4Cja)
1kippeialt
役割理論についてのページからの引用です
(役割破壊 役割が成立している相手に対し、特殊な手段を用いてその役割を成立させないようにするポケモンの事。
有名どころでは『だいもんじ』で『物理受け』のエアームドを突破する『物理アタッカー』、『めざめるパワー』で『電気受け』を突破する『電気タイプ』等々。
文字通り相手の『役割』を『破壊』する)
本来物理型ボーマンダに役割を持てるポケモンを特殊技で突破するといった育成論なので役割破壊であるとおもったのですが...
21/09/21 22:52
3kippeialt (@kippeialt)
役割破壊の意味は合ってると思いますが、特殊マンダは普通では
21/09/21 22:56
4kippeialt (@kippeialt)
hに244振る事で具体的にどんなメリットがあるのかも知りたいです
21/09/21 23:26
5こだわりはらまき (@IKCNuntwSzR4Cja)
おっしゃる通り特殊マンダは別に珍しいわけではありませんが、ポケモンホームによると現在控え目の個体は約20%で眼鏡を持たせているのは約10%で完全な特殊型は割合的には比較的少ないようです。
実際運用してて、テッカグヤやヒードラン、ランドロスといったポケモンが特殊型を警戒して交代することはほとんどありませんでした。両刀で大文字などを覚えさせるケースがよくありますがC110なので一撃で飛ばされないと認識しているからでもあるかもしれません。

Sには振らないような型にしたから余りをHに振ったので特に明確に何かのポケモンを意識したわけではありません。しかし、H244により実数値201で50n+1になるというメリットがあります。
21/09/27 19:23
6kippeialt (@kippeialt)
いやでも特殊マンダはそこそこいるので警戒は少なからずされると思いますし、役割破壊ではないと思います。別に変更しなくても構いません。ですがやっぱり何故hに降るのかを知りたいです
21/10/03 00:56
7こだわりはらまき (@IKCNuntwSzR4Cja)
特殊型も珍しくないのですが、やっぱり使っていて、相手がボーマンダに対して物理型、両刀だと想定または特殊型だとしても重く見ていないような立ち回りばかりでした。もしかしたら相手が特殊型も考えにおいているけれど、特殊だと読んで物理だった場合面倒くさいことになるから、安定択をとって使用率的に物理だと仮定して立ち回ってきたのかもしれません。いろいろありますが、たしかにおっしゃる通り特殊型の警戒は少なからずあるとは思います。それと、役割破壊についてですが調べてみてこの育成論が当てはまるかというと曖昧な気がしてきたので一応消させてもらいました。ご指摘ありがとうございます。
21/10/03 01:05
8こだわりはらまき (@IKCNuntwSzR4Cja)
Hに振ることによって発生するメリットとして耐久についての例をいくつか挙げてみると、
・C上昇なしC無振りのH252ポリゴン2の冷凍ビームを高乱数で耐えるようになり、こちらの暴風で確定2発。
・陽気鉢巻暗黒強打を乱数で耐えるようになる。
・C特化黒馬バドレックスのアストラルビットを確定で耐えるようになり、耐久無振りの場合流星群で中乱数一発。
・C特化珠サンダーの暴風を確定で耐えるようになり、耐久無振りなら流星群で確定一発。
となります。
Hに振って無振りでは耐えられない高火力技を耐え、返しに技を打ち込む事ができるようにするほうが、準速で中途半端な素早さにするよりは役割対象が広がり良いと思ったのでHに振りました。
21/10/10 18:41
9ぱつ
hに244振るメリットについてですが特殊型ゆえに{ ラッキー}や{ サマヨール}C無振の{ ポリゴン2}に撃ち勝てる型ではありませんよね
主な使い方にサイクル戦での受け出しとあるのでアストラルビットや珠暴風に耐えられるのも怪しいです
もう少しS振りでは使えずH振りだからこそ採用できるという例が欲しいのですが
21/10/18 01:05
10こだわりはらまき (@IKCNuntwSzR4Cja)
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り特殊型にしている以上ラッキーをはじめとするそれらの高特殊耐久のポケモンには敵いませんね。しかし、この型のコンセプト上もともとそれらのポケモンは役割を置いていません。そもそもボーマンダに限らず特殊技だけでラッキーに打ち勝つことはカイオーガでもない限り厳しいと思います。
主な使い方は初手に出してカバルドンやランドロスや居座ってくるサンダー等のポケモンを倒すのであり、サイクル戦での受けだしがメインだとは書いていません。それと消耗した状態でそれらの高火力特殊技を安定して数値受けできるポケモンはポリ2などかなり限られたものしかいません。だからそれらをボーマンダで受けさせようとするのは無理があると思います。
H振りで受けだせるようになる例だと、
威嚇込みA特化ランドロスのいわなだれ
耐久無振りボーマンダ 48.2~57.6%(乱数2発)
H244ボーマンダ 40.7~48.7%(確定3発)
火力無振りサンダーの10万ボルト
耐久無振りボーマンダ 44.1~51.7%(乱数2発)
H244ボーマンダ 37.3~43.7%(確定3発)
威嚇込みA特化ウオノラゴンの鉢巻エラがみ
耐久無振りボーマンダ 48.2〜57.1%(乱数2発)
H244ボーマンダ  40.8〜48.3%(確定3発)
などがあります。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy