dummy

エルフーン- ポケモン育成論ソードシールド

【シリーズ10】ゴ ツ も ふ

2021/07/18 20:44

エルフーン

HP:HP 60

攻撃:攻撃 67

防御:防御 85

特攻:特攻 77

特防:特防 75

素早:素早 116

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:4295登録:10件評価:5.00(6人)

エルフーン  くさ フェアリー  【 ポケモン図鑑 】

性格
ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)
特性
いたずらごころ
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:244 / 素早:12
実数値:167-x-149-97-95-138 / 個体値:31-x-31-31-31-31
覚えさせる技
アンコール / コットンガード / やどりぎのタネ / ムーンフォース
持ち物
ゴツゴツメット

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
指定しない / ダイマックスしない
登録タグ

考察

はじめに

こんにちは、ねぎさわです!
2回目の投稿になります。

シリーズ10が迫ってきてますね。
私が大好きなエルフーンエルフーンエルフーンがより活躍するメタになりそうなので、今までの環境では活かしにくかったゴツゴツメット+アンコール型を紹介しようと思います。

  • 準速、特化などの一部非公式用語や、HABCDSなどの略称を用います。
  • 指定がない限り相手の個体は理想個体であるとします。
  • やどりぎのたね→宿り木の種など、一部攻撃技や持ち物の名称を漢字に変換しています。

エルフーンとは

5世代で登場した、くさ・フェアリー複合タイプのポケモンです。かわいい
特性いたずらごころと豊富な補助技を活かした害悪戦法がウリで、主に本作では襷を持たせた起点型と食べ残しを持たせた物理受け型が主流です。
低種族値ながらポテンシャルは高く、挑発持ちなどで対策をしていないと1匹で相手PTをぐちゃぐちゃにできます。

この型の役割

  • アンコールによる積み技牽制・起点作り
アンコールはダイマックス中無効のため今作の環境ではやや使いにくい技でしたが、シリーズ10では過去作通りの使用感で相手を翻弄できます。積み技に合わせて後出しすれば交代を強要でき、また自PTの積みエースが半減で受けられる技で縛れば起点作りもできます。
ダイマックスによる強引な受けができないため、後続の禁伝ポケで一度積めれば3タテも狙えるでしょう。

  • 物理受け
ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウオノラゴンウオノラゴンパッチラゴンパッチラゴンなど自前の高火力でごり押すポケモンの対策が難しい環境になることが予想されます。エルフーンエルフーンはこれらのポケモンの一致技をすべて半減で受けられるため、不利対面を背負った際に後出しからでもケアができます。

差別化

特性悪戯心かつアンコールを覚えるポケモンにレパルダスレパルダスがいます。豊富な補助技があるため起点作りとしては非常に優秀ですが、素の耐久力がエルフーンエルフーンに大きく劣る点、単タイプゆえに耐性が少ない点から物理受けとしての適性が高いとは言えないです。甘える+アンコールで後続に繋ぐ動きはエルフーンエルフーン同様にできるんですけどね。

特性

先制で変化技を打つことが前提で成立する型なのでいたずらごころ一択です。すりぬけで使用したい人は眼鏡を持たせて身代わりドラパルトドラパルトにムーンフォースぶち込む方がおそらく楽しめます。

性格・努力値

性格…ずぶとい (B↑A↓)
努力値…H252-B244-S12
物理技を受ける機会が多いためほぼHB特化。Sは準速ゴリランダーゴリランダー抜きです。
少し特防に振ることでサンダーサンダーのボルトチェンジを身代わりが耐える調整もありますが、今回の型では身代わりを確定技としていないため役割対象への遂行能力を重視しています。

持ち物

  • ゴツゴツメット
もふもふなのにゴツゴツです。接触技持ち物理ポケモンの処理速度が向上します。ダイマックス不可で接触技が増えるのは追い風ですね。
後述する対ナットレイナットレイで身代わり食べ残し型より仕事ができるようになります。

  • 食べ残し
身代わりと合わせると場持ち性能が格段に向上します。しかし今回の型では身代わりの技枠確保が難しいため優先度は低いです。
食べ残し+身代わり型とは一長一短なので、この子にさせたい仕事や構成に応じて使い分けるのがおすすめです。

ゴツメ+アンコール型の利点
  • 受け切れない相手を後続に託すことができる
  • 相手が変化技を使った瞬間からアンコール連打で傀儡になる
変化技読みでも後出しができるため、食べ残し型より繰り出し機会は多くなります。

食べ残し+身代わり型の利点
  • 一度やどみがループにはめるとすり抜け、挑発、連続技などがないと突破が困難
  • 特殊アタッカー相手でも一撃耐えるor一回躱せればやどみがで粘り勝ちできる
不利対面でもワンチャン逆転勝ちできてしまうのがこの型の強みです。そして切断される。

技構成

  • 確定技
アンコール
悪戯心と合わせることで凶悪な変化技になります。剣の舞などの積み技で縛ってひたすら踊るだけの人形にする、先制技や半減の接触技で縛ってゴツメダメージで擦りおろす、後続が半減で受けられる技で縛って起点にするなど用途は様々です。

  • 優先技
宿り木の種
エルフーンエルフーンの貴重な回復ソースです。これとゴツゴツメットの定数ダメージで相手はゴリゴリ削れていきます。くさタイプには無効な点に注意。

ムーンフォース
変化技のみだと挑発を入れられた際に悪あがきしかできなくなってしまうので。C無振りのため抜群相手以外へのダメージは期待できないです。30%の特攻ダウンはそこそこ引くため、対特殊アタッカーで確定数がずれて宿り木のダメージを増やせることがままあります。

コットンガード
低種族値のこの子でも物理受けをできてしまうぶっ壊れ技。Bが6段階積み終わるとザシアン(王)ザシアン(王)のきょじゅうざんでも確3と、並大抵の物理アタッカーでは突破困難な硬さになります。

  • 選択技
あまえる
相手の火力を削げるため起点作りとしての性能は上がりますが、2段階ずつしか下げられないため物理受けとしての性能は落ちます。採用する場合はコットンガードとの入れ替えで一長一短です。あまりの可愛さに頬ずりするとゴツゴツしてて痛いです。

身代わり
特殊抜群技を身代わりで一回受ける→アンコールで縛る→半減で受けられるポケモンの起点にする、と特殊アタッカーも起点にできます。ただし今回の型では技枠の確保が厳しい点から優先度は低めです。入れるとするとムーンフォースとの入れ替えでしょうか。

対物理ダメージ

ダイマックス技による高威力技ゴリ押しがないため、持ち物補正あり一致弱点でもなければほとんどの物理ポケモンは受け切れます。

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)A252
水流連打 23.1〜28.7%
暗黒強打 25.1〜29.3%
インファイト 25.1〜29.3%
冷凍パンチ 41.9.〜50.2%(0.3%)
毒づき 88.6〜105.3%(31.2%)
どくづき持ち以外には受け出しから勝てます。
対いちげきは有利に見えて、持ち物が食べ残しだと気合の襷持ちに2回ムーンフォースを入れる必要があるためゴリ押されるケースがあります。しかしゴツメ型では接触1回+ムーンフォース1回で倒すことができるため、安定性で食べ残し型より優れています。対れんげきは硬いところに手擦り付けて勝手にくたばってくれます。

ウオノラゴンウオノラゴンA252頑丈顎先制エラがみ 40.7〜48.5%
パッチラゴンパッチラゴンA252はりきり先制電撃くちばし 43.1〜51.4%
受け出しした次ターンからは変化技で先制できるのでさらに半減にできます。こだわりスカーフの場合は引いてくるので交代読みで宿り木を入れましょう。

カイリューカイリューA252ダブルウィング 68.7〜81.4%
カイリューカイリューA252ダブルウィング 28.7〜35.9% (B3↑時)
ドリュウズドリュウズA252アイアンヘッド 69.4〜82.6%
ドリュウズドリュウズA252アイアンヘッド 28.7〜33.5% (B3↑時)
持ち物補正がなければ一致弱点技でも受け切った後定数ダメージで先に相手が倒れます。突破するために積み技を使ったらアンコールでおもちゃにしましょう。

ナットレイナットレイ無振りジャイロボール(威力150) 79.0〜93.4%
ナットレイナットレイ無振りジャイロボール 32.3〜39.5% (B3↑時)
ナットレイナットレイ無振りジャイロボール 19.1〜25.1% (B6↑時)
宿り木無効・ムンフォが全然入らない・ジャイロボールが威力150抜群で入るため、選出していたら確実に後出しされます。ですがこの型はジャイロボールに対して削りダメージが入るため、半分以上削った状態で後続に繋ぐことができます。交代読みでステルスロックや宿り木をされようものならPPが枯れるまでアンコールしましょう。

エースバーンエースバーンA252珠かえんボール 52.6〜65.2% (B3↑時)
エースバーンエースバーンA252珠ダストシュート 96.4〜114.9% (B3↑時81.2%)
ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)A252メテオドライブ 43.1〜51.4% (B3↑時6.2%)
カミツルギカミツルギA252珠スマートホーン 43.7〜52.6% (B3↑時25.3%)
ザシアン(王)ザシアン(王)A252きょじゅうざん 61.0〜73.0% (B3↑時)
ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)A252つららおとし 50.2〜58.6% (B3↑時)
バドレックス(はくば)バドレックス(はくば)A特化珠ブリザードランス 74.8〜88.6% (B3↑時)
受けが間に合わない筋肉ゴリラたちです。コットンガードで1発は耐えられるので、アンコールで縛って後続の起点にしましょう。ゴミ箱蹴っ飛ばしてくるDQNはお手上げです。

対特殊ダメージ

C種族値140、252振りの冷凍ビームや火炎放射(不一致90技)程度なら1発は耐えられます。ムゲンダイナムゲンダイナウツロイドウツロイドなどどう足掻いても確1を取られてしまう相手以外には宿り木の種やアンコールで何かしら仕事ができるので、雑に切らないようにしましょう。

ヌオーヌオー無振り熱湯 12.5〜14.3%
ドヒドイデドヒドイデ無振り熱湯 10.7〜12.5%
トリトドントリトドン無振り熱湯 16.1〜19.1%
トリトドントリトドン無振りクリアスモッグ 52.6〜64.6%
受けポケはどくどくや毒技に気を付ければ後出し→アンコール→宿り木で搾りきることができます。

ラプラスラプラスC特化泡沫のアリア 23.9〜28.7%
ラプラスラプラスC特化フリーズドライ 75.4〜89.8%
カプ・レヒレカプ・レヒレなみのり 25.7〜30.5%
カプ・レヒレカプ・レヒレ特化冷凍ビーム 69.4〜82.6%
火力の低い抜群技なら一度耐えられるため、宿り木やムーンフォースを入れる余裕があります。

サンダーサンダーC25210万ボルト 28.1〜33.5%
サンダーサンダーC252熱風 80.2〜94.6%
サンダーサンダーC252暴風 140.1〜165.2%
テッカグヤテッカグヤC252エアスラッシュ 86.2〜101.7% (12.5%)
テッカグヤテッカグヤC252ラスターカノン 91.0〜107.7% (43.7%)
乱数が絡むためあまり対面したくない相手です。引先がいない場合は祈りながら宿り木→アンコールで後続に繋ぎましょう。

ムゲンダイナムゲンダイナC252火炎放射 85.0〜100.5% (6.2%)
ムゲンダイナムゲンダイナC252ヘドロウェーブ 265.8〜316.1%
ウツロイドウツロイドC172C1↑メテオビーム 107.7〜127.5%
ウツロイドウツロイドC172ヘドロウェーブ 229.9〜273.0%
いじめないでほしい。ムゲンダイナムゲンダイナは交代読みでコスモパワーをして自らおやつになってくれることがそこそこあります。

カイオーガカイオーガC252潮吹き(威力150) 80.8〜95.2%
カイオーガカイオーガC252冷凍ビーム 87.4〜102.9% (18.7%)
潮吹きはなんとか1発耐える(えらい)ので、ムーンフォースを当てて後続の負荷を減らしましょう。Cダウンも引けると美味しいです。

与ダメージ(ムーンフォース)

抜群でないとほぼ期待できないです。抜群以外は打つ機会が多かったポケモンのみ記しています。
無振り悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) 150.8〜178.2%
無振り水ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) 75.4〜89.1%(ゴツメ×2で撃破)
無振りパッチラゴンパッチラゴン 70.3〜84.8% (ゴツメ×2で撃破)
無振りウオノラゴンウオノラゴン 63.0〜76.3%(ゴツメ×2で62.5%撃破)
無振りゼクロムゼクロム 49.1〜59.4%
H252オーロンゲオーロンゲ 54.4〜65.3%
無振りゴリランダーゴリランダー 33.1〜40.0%
H252ウォッシュロトムウォッシュロトム 26.7〜31.2%
無振りカイオーガカイオーガ 18.8〜22.8%
無振りエースバーンエースバーン 17.4〜21.2%(半減時)
H252ナットレイナットレイ 10.4〜12.7%

相性の良いポケモン

エルフーンエルフーンが炎/氷/鋼/飛行技を呼びやすいので、これらを半減で受けながら積み、全抜きを狙えるポケモンとの相性が良いです。ゼクロムゼクロムギャラドスギャラドスはシリーズ10のトップメタになるであろうザシアン(王)ザシアン(王)のきょじゅうざんを半減で受け、1舞で先制できるようになるためオススメです。

相性補完に優れ、互いが苦手なタイプを牽制できます。からやぶエースが多いのも魅力です。鋼の抜群が一貫しやすいので対策が必要。

いわゆるエルフドラン。互いの抜群を全て半減以下に抑えられます。積み技を覚えられないため、チョッキか食べ残しを持たせてサイクルを回すように立ち回るのが良いでしょう。

苦手なポケモン

一撃で倒されてしまうため、宿り木を蒔く程度しかできません。これらが相手にいた場合はあまり選出すべきではないです。
特にバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)はエルフーンを起点にブーストされると後続でも止めることが困難になるため対策必須です。幸い4倍弱点があるためミミッキュミミッキュギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)をPTに入れるようにしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
個人的には相手を翻弄した時の快感は食べ残し型にも勝るのでシリーズ10が待ち遠しいです。シーズン変わり始めはアンコールがまだ浸透していないと思われるので、積み技で縛られて困惑する相手を眺めて楽しみたい性格の悪い方はぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク

コメント (0件)

コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy