dummy

ジバコイル- ポケモン育成論ソードシールド

役割遂行チョッキジバコイル(冠対応)

2021/05/19 05:27 / 更新:2021/05/19 19:07

ジバコイル

HP:HP 70

攻撃:攻撃 70

防御:防御 115

特攻:特攻 130

特防:特防 90

素早:素早 60

ツイート4.524.524.524.524.524.524.524.524.524.52閲覧:2805登録:4件評価:4.52(6人)

ジバコイル  でんき はがね  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
特性
アナライズ
努力値配分(努力値とは?)
HP:236 / 防御:68 / 特攻:188 / 特防:12
実数値:175-67-144-191-112-69 / 個体値:31-0-31-31-31-9
覚えさせる技
10まんボルト / ラスターカノン / ボルトチェンジ / ミラーコート
持ち物
とつげきチョッキ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊 / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

採用理由と役割

 後攻ボルチェンで有利対面を作っていくのが基本の動きになります。なので、ジバコイル自身が有利になれるジバコイル後投げという用法は勿論、不利対面になった時の万能クッション役(高火力付き)という考え方が適切でしょう。
 アナライズ後攻ボルチェンで無視できないダメージを与えつつサイクルを回す動きが強いので、Sは出来る限り落としてあります。(詳しくは下記)
 チョッキ持ちなので特殊耐久は出来る限り受け幅を広げて、貴重な鋼枠として対フェアリーの役割を遂行するため、ミミッキュミミッキュ意識でBにも振っています。

<主な役割対象>
サンダーサンダーミミッキュミミッキュカプ・レヒレカプ・レヒレテッカグヤテッカグヤドヒドイデドヒドイデウツロイドウツロイドラプラスラプラスファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)など、他にも2発以上受ける事ができるポケモンに対して、クッションの役割を果たすことができます。


持ち物

とつげきチョッキ
コンセプトなので確定です。


特性

アナライズ
こちらもコンセプトとして後攻ボルチェンを念頭に置いているので確定です。


性格・努力値と調整

性格:控えめ
個体値:31-✖-31-31-31-8〜9
努力値:236-✖-68-188-12-0
実数値:175-✖-144-191-112-69

HB
・無補正珠ミミッキュミミッキュの+2ドレインパンチ確2(83.4〜99.4%)
HD
・臆病珠アーゴヨンアーゴヨンのダイバーン確2(83.6〜99.4%)
・控えめ珠サンダーサンダーの10万+熱風耐え(82.8〜98.8%)
余りC

※かなり際どい耐久調整をしているので、ステロやあられ等定数ダメには要注意です。

<Sの個体値について>
 まず出来るだけ後攻を取れる範囲を広くしたというところからはじまり、落とし過ぎるとカバルドンカバルドンに先制を取られてしまう羽目になるので、最終的にカバルドンカバルドン抜き抜きに着地しました。
 生意気HDポリゴン2ポリゴン2やHDハピナスハピナスより遅く、50族抜かれ調整なのでラッキーラッキーの後攻をギリギリ取り、カバルドンカバルドン抜き調整のブリザポスブリザポスには10万馬力を打たれるとサヨナラホームランなのでギリギリ先制を取れるようにしました。


技構成

10万ボルト/ラスターカノン
一致高火力技なので確定です。

ボルトチェンジ
立ち回り上必要なので確定です。

<以下選択>
ミラーコート
アーゴヨンアーゴヨンサンダーサンダードラパルトドラパルトなどの特殊不一致炎技なら耐えるので奇襲を仕掛けることができます。例えば、臆病珠アーゴヨンアーゴヨンのダイバーンは146〜174ダメージなので、与ダメは292〜348ダメージになり、H無振りダイマアーゴヨンアーゴヨンを超高乱数1発(98.6〜117.5%)で落とせます。

ボディプレス
鉄壁無しだと、特化ナットレイナットレイに24.3〜29.8%特化輝石ポリゴン2ポリゴン2に26.0〜31.2%とあまり火力は期待できません。HD輝石ポリゴン2ポリゴン2にも35.4〜42.7%と回復が間に合ってしまいます。ダイスチルで積むのも、C極振りではない都合上あまりお勧めできないので、比較的優先度低めです。

てっていこうせん
一致最大火力技です。自主退場できるため、相手のどうしても重いポケモンを場合無理矢理削って、有利ポケモンを無傷着地させることができます。Cを落としているので、技威力で補うという意味でもアリかなと思います。


与ダメージ計算

・以下ドヒドイデドヒドイデブリザポスブリザポスカバルドンカバルドン以外全てアナライズ込みで計算しています。

10万ボルト
・H4ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)確1(104.8〜124.0%)
→H252ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)中乱数1発(88.3〜104.5%)
・H252テッカグヤテッカグヤ確1(102.9〜121.5%)
・H4カプ・レヒレカプ・レヒレ確1(115.0%〜136.9%)
→H252カプ・レヒレカプ・レヒレ中乱数1発(94.9〜112.9%)
・H252ラプラスラプラス中乱数1発(91.9〜109.7%)
・H4ウオノラゴンウオノラゴン確2(76.5〜90.3%)
・H252ドヒドイデドヒドイデ確2(76.4〜91.7%)
サンダーサンダー確2(69.6〜82.4%)
→H252サンダーサンダー確2(58.5〜69.0%)



ラスターカノン
・H252ミミッキュミミッキュ確1(111.1〜130.8%)
・H4ウツロイドウツロイド確2(81.0〜95.1%)
・H252ブリザポスブリザポス確2(64.7〜76.3%)
・H252カバルドンカバルドン低乱数2発(43.7〜52.0%)


ボルトチェンジ
・H4ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)確2(80.7〜97.5%)
→H252ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)確2(68.0〜82.8%)
サンダーサンダー確2(54.5〜64.2%)
→H252サンダーサンダー中乱数2発(45.6〜53.8%)
・HD輝石ポリゴン2ポリゴン2超低乱数4発(21.8〜25.5%)
→HB輝石ポリゴン2ポリゴン2低乱数3発(30.2〜35.9%)
アーゴヨンアーゴヨン確3(35.8〜42.5%)
・H252マルスケカイリューカイリュー確5(20.7〜24.2%)
・H252ブリザポスブリザポス超低乱数3発(28.0〜33.8%)

てっていこうせん
・H252ブリザポスブリザポス確1(113.0〜133.3%)
・H4ウツロイドウツロイド確1(140.5〜166.4%)
・H252カバルドンカバルドン確2(75.8〜89.7%)

その他
・ダイスチル+ダイサンダーで、H4ダイマファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)に113.8〜133.7%

被ダメージ計算

<特殊>
・特化珠サンダーサンダーのダイバーン超低乱数1発(84.5〜101.1%)
→特化珠サンダーサンダーの暴風乱数7発(13.1〜15.4%)
・C252カプ・レヒレカプ・レヒレの波乗り確4(25.7〜30.8%)
→C252カプ・レヒレカプ・レヒレのムーンフォース乱数7発(13.7〜16.0%)
・特化テッカグヤテッカグヤのエアスラッシュ乱数14発(6.2〜7.4%)
→特化テッカグヤテッカグヤの火炎放射確3(41.1〜49.1%)
・特化ラプラスラプラスのフリーズドライ乱数9発(10.2〜12.0%)
→特化ラプラスラプラスの絶対零度キョダイセンリツ乱数5発(18.8〜22.2%)
→特化ラプラスラプラスのダイストリーム確3(38.2〜45.1%)
・臆病ウツロイドウツロイドの+1メテオビーム乱数3発(30.8〜36.5%)
・特化ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)の暴風+燃え上がる怒り耐え(37.7〜45.1%)
→特化ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)の+2ダイアーク確2(82.8〜98.2%)
ジバコイルジバコイル後出し→暴風受け→両者ダイマの流れを想定
特化珠ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)の暴風+ダイアーク+D-1ダイアーク耐え(57.9〜67.8%)
・特化珠ハピナスハピナスの火炎放射超低乱数2発(41.7〜50.2%)
ポリゴン2ポリゴン2の+1トライアタック乱数6発(14.2〜17.2%)
トリトドントリトドンの大地の力確2(77.7〜96.0%)


<物理>
・特化珠ミミッキュミミッキュのシャドークロー乱数3発(32.0〜38.8%)
→特化珠ミミッキュミミッキュのじゃれつく確5(20.0〜24.5%)
・陽気ウオノラゴンウオノラゴンのエラがみ確2(81.1〜96.0%)
・特化カイリューカイリューの+1炎のパンチ確2(69.7〜82.2%)
→特化珠カイリューカイリューの逆鱗確3(35.4〜42.2%)


苦手なポケモン

無理:ジバコイルジバコイルより速い、地面タイプ全般・バンギラスバンギラスボーマンダボーマンダなど地面サブウェポン持ち
→大人しく引きしましょう。

超不利:ドサイドンドサイドントリトドントリトドンカバルドンカバルドンなど、ジバコイルジバコイルより遅い地面タイプ
→相手のHP次第では、鋼技で倒せる場面もありますが、基本素引き推奨です。ただ、Cに振ってないトリトドントリトドンの大地の力なら耐えてミラーコートで倒したりできます。

不利:エースバーンエースバーンウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ポリゴン2ポリゴン2ナットレイナットレイドラパルトドラパルトなど、タイプ相性不利のポケモン、ジバコイルジバコイルの攻撃が通らないポケモン、一撃で落とせない有効打持ちなどです。
→不利とはいえ2発耐えるなら問題ないので、各ポケモンの火力を把握して立ち回ればジバコイルジバコイルを使いにくい場面は減ります。


相性の良い味方・構築例

<タイプ別>
・飛行タイプ
→地面技避けは必須です。
サンダーサンダーランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ギャラドスギャラドスカイリューカイリューボーマンダボーマンダ

・水タイプ
ジバコイルジバコイルが苦手な地面・炎、水タイプが苦手な電気・草を補完しあえます。
ウオノラゴンウオノラゴンカプ・レヒレカプ・レヒレギャラドスギャラドス

・格闘タイプ
→剣盾最強の技ダイジェットをジバコイルジバコイルが受けることができるので、現環境で言うウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)との相性がいいです。


<役割別>
・積みエース
→サイクルで対面操作し、有利対面を作ることができればエースに道を開けることができます。
ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)カイリューカイリューボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)
・高速アタッカー
→後攻ボルチェンからの先行攻撃という流れができるので、シンプルにお得です。
ウオノラゴンウオノラゴンエースバーンエースバーン


さいごに

 ジバコイルいいでしょ。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2021/05/19 19:07

ジバコイルの他の育成論を探す (12件) >>

スポンサーリンク

コメント (5件)

  • ページ:
  • 1
21/05/19 08:40
1ya(/ō_ō)/to (@yato11pokemon)
44444
投稿お疲れ様です。
いくつか気になったところがあります。
1つ目にブリザポスブリザポスブリザポスがプラザポスになってます。
次にカバルドンカバルドン抜き抜き調整とありますがカバルドンカバルドンの上を取っても有効打がラスターカノンしかないので厳しい上、ブリザポスブリザポスに関しても落とせないのならそこにこだわらなくてもいいのではと思ってしまいます。ブリザポスブリザポスにボルチェンを上から打って地面技を透かせるポケモンなどに引くなら話は違いますが
最後に有利なポケモンとして挙げられているファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)についても有利と書くならダメ計にあってもいいと思います。弱保型なら状況がより厳しくなると思うのでどの程度入るのか載せてほしいですね。
21/05/19 18:11
2シラジラシス (@should_be__)
>1

閲覧ありがとうございます。
ご指摘と、疑問点に応えるべく本文を修正しました。的確なご指摘感謝します。

この場では詳細に説明させていただきます。
>S調整について
カバルドンカバルドンに抜かれないようにしてあるのは対面で勝つことが目的ではなく、せめてラスターカノンを打つ機会は無いと弱くなり過ぎるためで
ブリザポスブリザポスを意識するのも同様の理由です。
S0で実数値65にしても特に後攻を取りたいポケモンがいないのと、最遅で実数値58にするとドサイドンドサイドントリトドントリトドンなどの地面持ちに先制を取られてしまうので、落とし過ぎも効果的ではないと考えました。
>ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)について
ダメージ計算を記載しました。ご指摘ありがとうございます。
21/05/21 07:34
3Neph
育成論投稿お疲れ様です。
努力値が4無駄ですよ
21/05/22 03:44
4シラジラシス (@should_be__)
>3

閲覧ありがとうございます

努力値の余りに関しては確かに無駄が出てしまっていますが
必要な数値を実現するとどうしても余ってしまうという事なので、仕方ないかなと思っています。
21/06/03 20:28
5pq (@pq84734563)
育成論拝見しました。

4倍弱点の地面技への弱さと地震のメジャーさから強そうなイメージがそこまで持てなかったのですが、ダイジェットアタッカー等に対抗するという意味では種族値・タイプ共に優秀なのが読み取れました。
対地面の交代先等について、相性の良い味方の項なんかを参考に、育ててみようと思います。

一点だけですが、論の中身と直接の関係は薄いですが、アナライズジバコイルジバコイル@チョッキの育成論は以前にも投稿されており、環境的にも共に雪原後のものなので、少しでも触れておくと良いかと思いました。一応、ポリゴン2ポリゴン2に生意気が多くなった等の違いはあるかもしれませんが、環境的な変化や、流せる相手の違いについてまとめたような記述があったら分かりやすいかと思いました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy