dummy

ミュウツー- ポケモン育成論ソードシールド

眼鏡をかけたミュウツーさん

2021/02/11 21:25 / 更新:2021/02/11 23:52

ミュウツー

HP:HP 106

攻撃:攻撃 110

防御:防御 90

特攻:特攻 154

特防:特防 90

素早:素早 130

ツイート4.794.794.794.794.794.794.794.794.794.79閲覧:5708登録:2件評価:4.79(3人)

ミュウツー  エスパー  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早↑ 攻撃↓)
特性
きんちょうかん
努力値配分(努力値とは?)
HP:140 / 防御:12 / 特攻:148 / 特防:20 / 素早:188
実数値:199-x-112-193-113-191 / 個体値:31-x-31-31-31-31
覚えさせる技
サイコブレイク / だいもんじ / れいとうビーム / ぼうふう
持ち物
こだわりメガネ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

こんにちは、pqです。
前回のザマゼンタ(王)ザマゼンタ(王)に続き14回目の投稿になります。
間違っている点や不自然な部分があれば、遠慮なくコメントで教えていただけるとうれしいです。

この育成論は、ミュウツーミュウツーについての育成論になります。


注意

  • 略称として、「性格補正+努力値252振り」→特化、それ以外は振っている努力値の値で示します(例えば、陽気で攻撃に努力値を252振っているガブリアスの場合「A252ガブリアス」と表記)。
  • その他、三値やA(=攻撃)、確定で一発で倒せる=確一、ダイマックス=DMなどの一般的に分かると思われる略称を用います。
  • 一部の技や特性は漢字で表記します。
  • ダメージ計算には、ポケマネ(アプリ)を使用しています。
  • ダメ計などは、基本的に個体値は31(最高)とします。


ミュウツーミュウツーミュウツーについて

ミュウツーミュウツーは、第一世代で登場した禁伝の一匹ですね。
最初期こそは禁伝の数も少なく、広い技範囲を有する高火力高速アタッカーとしての地位もあったことで、伝説ありの場合には結構良く採用されていたように思います(これまで禁伝ありのルールをやってこなかったので具体的なところは分からないのですが)。しかし、禁伝の能力値も次第にインフレが進み、高水準な耐久・耐性を有するポケモンや、高火力高速にさらに磨きをかけたバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)のような強力なライバルが増えてきました。そんなこともあり、従来からの人気もあるものの、今シリーズでの使用率は投稿時点では65位に位置しています。


採用理由と役割

本論のミュウツーミュウツーの採用理由及び役割としては、
  1. 高火力高速の特殊アタッカー…役割の部分に当たるものです。先に挙げたバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)には劣りますが、C154、S130は十分高い水準に位置しています。また、エスパータイプらしく、トリックや両壁などの補助技も覚えるため、アタッカーとしては無難に使いやすいポケモンだと思います。また、特性「きんちょうかん」によってイバンで返されたりオボンで確定数をずらされたりしない点も強力です。
  2. 一般的な伝説受けで止まらない…ここではそのポケモンとして、天然持ちのナマコブシナマコブシヌオーヌオーヌケニンヌケニンメタモンメタモンを想定していますが、このうちのメタモンメタモン以外に対しては有効打となる技を高火力で打てるため、これらのポケモンで止まりにくいアタッカーであると言えます。特に本論では眼鏡を持つことで、HB特化ナマコブシナマコブシをサイコブレイクで確二にできる他、この技の存在によって、一般的な特殊受けのラッキーラッキーによる受けも許さない点も強力です(メタモンメタモンは、互いに有効打がないので五分五分といったところ)。
また、エスパータイプでありながら、炎・氷・草技といった広範囲のサブウェポンを覚えるので、耐性面やサブウェポンを生かして相方を柔軟に選べることも強みとして、採用理由の一つと言えそうです。


差別化

動きとしては、普段のランクマッチで使えるポケモンとしては、フーディンフーディンアグノムアグノムらが近いでしょうか。前者は炎打点の有無で、後者は氷打点の有無で差別化可能です。また、これらに加えて、特性緊張感によって半減実やイバン持ちに優位に立てることと特殊のダイジェット(暴風)が使えるのも優位点になります。
同じ禁伝枠では、バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)が同じような役割で採用されるポケモンになると思いますが、これに対するミュウツーミュウツーの優位点としては、4倍弱点がないことによって、ミミッキュミミッキュの影打ちやエースバーンエースバーンの不意打ちなどで瞬殺される危険性が低くなることがあります。ただ、タイプ一致技が2つあることやC, Sがより高いことがバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)側の優位点になるので、ミュウツーミュウツーしか覚えない炎・氷・格闘打点辺りを重視していきたいところです。


持ち物

確定欄はこだわりメガネです。
DMしない状態での火力を担保するものです。本作でミュウツーミュウツーは暴風を習得し、DM時の抜き性能も向上したので、それを重視する場合には命の球も候補に上がります。ただ、本論では、サイコブレイクの効果やナマコブシナマコブシら受けポケ相手にDMを切らずに済むことを重視して眼鏡を確定欄にしています。
また、調整が大きく変わってきますが、イベルタルイベルタルら悪タイプに強く出られるようになるナモの実も候補の一つです。


特性

確定欄はきんちょうかんです。
先に挙げたように、イバンによる切り返しやオボンなどの回復による確定数ずらし、半減実で受けられ突破できないといった事故を防げます。
もう一つ、プレッシャーも持ちますが、耐久型でない以上恩恵は少ないです。一応、特性発動順によるスカーフの判別ができるのはメリットになります。
可能な限り、特性パッチを使っておきましょう。


性格・努力値

  • 性格
確定欄はおくびょうです。
Aはいらないので、控えめか臆病のどちらかです。確定欄ではSに多めに振っているので臆病にしています。

  • 努力値
努力値:H140, A0, B12, C148, D20, S188
実数値:H199, A(103~117), B112, C193, D113, S191
C:
大文字で、無振りザシアン(王)ザシアン(王)確一
サイコブレイクで、HB特化ナマコブシナマコブシ確二
下記の耐久同様、ザシアン(王)ザシアン(王)意識です。余った分も振った結果の副産物ですが、HB特化ナマコブシナマコブシに確二を取れるくらいの火力はあります。
B:
A252ザシアン(王)ザシアン(王)+1きょじゅうざん確定耐え
Sを特化させてもザシアン(王)ザシアン(王)は抜けないので、上から打たれても耐えられるように。
D:
ダウンロード対策
S:
最速アーゴヨンアーゴヨン抜き
最速エースバーンエースバーンを抜くついでに、有利なアーゴヨンアーゴヨンにも上から攻撃できるようにしています。調整先として、サイコブレイクで特に有利になる、最速ウツロイドウツロイド抜きもありですが、その際は控えめにした方がCの実数値が少し高くなります。

★調整案(コメントより追記)
努力値:H28, A0, B84, C140, D4, S252
実数値:H185, A(103~117), B121, C192, D111, S200
C及びHB方面でほぼ同じ調整ラインを維持しつつ、Sを最速まで振った形です。代わりに、ダウンロード対策を捨てた上で多少特殊耐久が落ちています。
Sを削っている確定欄の振り方に対して、アーゴヨンアーゴヨンやスカーフ準速ウオノラゴンウオノラゴンパッチラゴンパッチラゴン抜き辺りを調整ラインにしている他のポケモンに抜かされる心配が減る他、龍舞後の準速ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)(193)、+1準速80族バシャーモバシャーモトゲキッストゲキッスら(198)などの上を取れるようになります(また、一応ムゲンダイナムゲンダイナと同速です)。


技構成

優先度の高い順に記載していきます。また、技候補と共に、役割対象への与ダメージものせときます。環境に多いポケモンやその調整まで考えて記載すると長くなってしまって見づらくなるので、主要なもののみ記載します。基本的にDM時のダメ計は記載しませんが、眼鏡補正がなくなる分少しダメージは落ちます。相手は非DM想定のままなので、相手DM時に関しては適宜ダメージを半分にして下さい。
(不足しているものがあったらコメントにてお願いします)

以下、攻撃技です。
サイコブレイク
タイプ一致技であり、特殊受けに対して刺さる技かつ未来予知を除くエスパー技最高打点なのでほぼ確定です。もともとの火力の高さ故に、相手がHB寄りの受けポケでもなかなかのダメージが入ります。
与ダメ
無振りエースバーンエースバーン(悪タイプ以外):110.3~130.3%
無振りサンダーサンダー:94.5~111.5%
H4ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣):89.7~106.1%
H4B84ウツロイドウツロイド:227.0~267.0%
HB特化ヌオーヌオー:54.0~63.9%
HB特化ナマコブシナマコブシ:50.6~59.9%
B252輝石ラッキーラッキー:53.8~63.7%
H252ムゲンダイナムゲンダイナ:115.0~136.0%
H252カイオーガカイオーガ:71.5~84.5%
H252ホウオウホウオウ:69.5~82.2%
H252ゼルネアスゼルネアス:60.9~72.1%

だいもんじ
エスパー技が半減になる鋼タイプへの有効打。
火力を優先して火炎放射は候補外としいていますが、85%は不安だという場合は火炎放射でも良いかもしれません。ただ、その場合は努力値振りの項にあるザシアン(王)ザシアン(王)などに対して多少乱数が絡んでくる相手が出てきます。
与ダメ
H252ゴリランダーゴリランダー:128.5~151.7%(火炎放射でも確一(105.3~124.6%))
H252ナットレイナットレイ:194.5~229.8%(火炎放射でも確一(161.3~190.1%))
H252メタグロスメタグロス:116.6~138.0%
H252アーマーガアアーマーガア:111.2~131.7%
D4ザシアン(王)ザシアン(王):105.4~124.6%
H252ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食):91.2~107.8%(H4個体の場合確一)
H252バドレックス(はくば)バドレックス(はくば):77.3~91.8%

れいとうビーム
禁伝に多いドラゴンタイプや、地面や飛行タイプに対する打点。
個人的に、上記の大文字と違って、命中率70%台から一気に信用できなくなると思ってるので、一部の相手に乱数が絡みますが冷凍ビームにしています。火力を優先する場合は吹雪でも。
与ダメ
H252サンダーサンダー:91.4~107.6%(吹雪では確一(110.7~131.0%))
H4チョッキランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣):160.0~189.1%
D4ドラパルトドラパルト:125.2~148.5%
H4カイリューカイリュー(マルスケ非考慮):196.4~232.3%
H252カバルドンカバルドン:99.5~117.2%(吹雪では確一(120.9~143.3%))
無振りイベルタルイベルタル:82.6~97.5%(吹雪では確一(101.5~119.4%))
H252ムゲンダイナムゲンダイナ:68.8~81.8%
無振りゼクロムゼクロム:93.7~110.9%(吹雪では確一(114.3~134.9%))

きあいだま
エスパー技が効かない悪タイプや上記の技で弱点をつけない岩、鋼タイプなどへの打点。
対特殊・エスパーとして優秀なバンギラスバンギラスや、氷・鋼を複合する禁伝への有効打になります。波導弾も覚えますが、こちらに対する気合い玉の採用に関しては、基本的には吹雪と同様の考え方になります。ただ、禁伝に対しては4倍弱点にならないので、下記のダメ計の通り、波導弾では火力不足になります。なので、今回は火力不足の面を重視して気合い玉の方推奨としています。
与ダメ
H252バンギラスバンギラス(砂嵐下):141.1~166.2%(波導弾では68.8%の乱数(94.7~112.1%))
D4悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき):184.0~217.1%
H252ラプラスラプラス:95.4~113.1%
H244D4ヒードランヒードラン:104.6~123.9%(波導弾では確二(70.1~83.2%))
H4ホワイトキュレムホワイトキュレム:108.5~128.4%(波導弾では確二(72.6~85.6%))
H252ディアルガディアルガ:105.3~124.6%(波導弾では確二(70.5~83.1%))

10まんボルト
水・飛行への打点。上記の技ではどれでも弱点をつけないカプ・レヒレカプ・レヒレカイオーガカイオーガホウオウホウオウや、4倍弱点のギャラドスギャラドスに対しての技になります。ただ、4倍弱点をつける相手が少なめな分優先度は少し低めです。雷でない理由に関しては吹雪と同様ですが火力を取りたいときには雷の方で。
与ダメ
H252カプ・レヒレカプ・レヒレ:74.6~88.1%(雷では43.8%の乱数(90.4~107.3%))
H252カイオーガカイオーガ:59.9~70.5%
H252ホウオウホウオウ:52.6~62.9%

エナジーボール
初手に出てきやすいカバルドンカバルドンラグラージラグラージや飛行タイプに強いドサイドンドサイドンに対する打点。
受けポケの突破も含めて基本的にはサイコブレイクで十分ですが、ドサイドンドサイドンは弱保持ちも一定数いるため2枚弱点の氷技でも少々怖く、カバルドンカバルドンラグラージラグラージなどのあくび持ちは可能な限り迅速に処理したいので、これらのポケモンを特に重く見る場合にはこちらの技の方を採用することになります。基本的には威力が安定しているエナボ優先です。
H252カバルドンカバルドン:99.5~117.2%
H252ラグラージラグラージ:173.9~204.8%
H252ドサイドンドサイドン:234.2~277.5%
H252ウォッシュロトムウォッシュロトム:99.4~117.2%
H252ナマコブシナマコブシ:81.5~96.3%

シャドーボール
エスパー・ゴーストタイプに対しての打点。ミュウツーミュウツーバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)に対しての他、クレセリアクレセリアなど、準伝・禁伝にはエスパータイプが多めです。ただ、メタモンメタモン対面で有効打を与えてしまう点は要注意です。
H4ミミッキュミミッキュ:106.9~126.7%
H252クレセリアクレセリア:51.1~60.8%
無振りミュウツーミュウツー:87.3~103.9%
無振りバドレックス(こくば)バドレックス(こくば):166.9~196.6%
H252バドレックス(はくば)バドレックス(はくば):56.0~66.7%

ぼうふう
草・格闘に対しては、他への打点も考慮すると炎技で十分なので、ダイジェット用としての採用になります。今回の型はDM前提の型ではありませんが、持ち物の補正なしでも素の火力の高さもあってDMしても十分強いのでそれ用に採用するのも手です。

みらいよち
エスパー技としてはサイコブレイクで良いですが、眼鏡持ちのためこだわり解除で交代することも多く、悪タイプへの交代が読めそうだけど確信は持てないとき何かには安定択のような感じで未来予知を置いておくのも良いと思います。

他にもいくつか候補技自体はありますが、例えば、ソラビはDM前提の型になるため、各種物理技は両刀にするために調整から変わるのと眼鏡持ちのコンセプトからずれるため、候補外とします。

以下、補助技です。
採用する場合でも1つ入れるか入れないかといったところでしょう。
トリック
俗に言うとこの「こだわりトリック」です。ポリゴン2ポリゴン2なんかにやってしまうと相手の火力を上げてしまい逆にピンチになりかねませんが、現環境はナマコブシナマコブシラッキーラッキーなどの高火力技を持たないポケモンもいるので、そういった相手には有効です。また、相手の弱保や球を奪ってDMをきっていく運用も可能です。

わるだくみ
交代が読める場合に打ちます。その後はこれで固定されるのでDMして戦うことになりますが、DM中の3ターンしか恩恵が得られないので使い方は難しいです。

じこさいせい
こちらも悪だくみ同様に使用後はDMする必要が出てきますが、交代戦になって、体力を一度回復してから打ち合いたい場合を考えるなら、採用の余地があります。

ひかりのかべ・リフレクター
例えば、格闘技非採用の場合に、相手の悪タイプの交代が読める場合に打つ技になります。また、これを使った後に交代しても、普通にタイプ相性の問題で交代したと思われて眼鏡だとバレないことはメリットと言えるでしょうか。
両方採用は流石になしなので、急所で貫通してくる悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)がいる物理方面のリフレクターより、イベルタルイベルタルバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)意識の光の壁の方が優先度は高そうです。


被ダメ

環境に多いポケモンを中心に記載しますが、こいつとのダメ計も必要なんじゃないか、というのがあればコメントにてお願いします。
こちらが非DM状態でのダメ計なので、こちらがDMしている場合は適宜半分にして下さい。

物理
A252球エースバーンエースバーン
かえんボール:66.8~78.9%、DM:87.9~104.5%
不意打ち:78.4~94.0%、DM:133.2~158.3%
DM飛び跳ねる:71.4~84.9%
特化ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
地震:54.8~64.8%、DM:71.4~84.4%
DM空を飛ぶ:(DM地震と同様)
とんぼ返り:51.3~61.3%
A252球ミミッキュミミッキュ
ゴーストダイブ:86.4~102.0%、DM:121.6~145.2%
影打ち:39.2~47.2%
特化鉢巻ゴリランダーゴリランダー
グラスラ:67.8~79.9%
特化バンギラスバンギラス
84.4~99.5%(砂ダメ非考慮)
特化悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
暗黒強打:121.6~144.7%
特化ウオノラゴンウオノラゴン
先制エラがみ:101.0~119.1%
A252ザシアン(王)ザシアン(王)
+1巨獣斬:84.4~99.5%
+1嚙み砕く:90.5~106.5%
特化ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)
メテオドライブ:57.8~68.3%、DM:75.4~88.9%
特化ホウオウホウオウ
聖なる炎:51.3~60.3%、DM:66.3~78.4%
特化バドレックス(はくば)バドレックス(はくば)
ブリザードランス:78.4~92.5%、DM:84.4~99.5%
特化ゼクロムゼクロム
クロスサンダー:56.3~66.8%、DM:72.9~86.4%

特殊
C252球サンダーサンダー
10万:52.8~62.8%、DM:74.9~88.9%
DM暴風:80.9~96.0%
特化レジエレキレジエレキ
10万:56.3~66.8%、DM:81.4~96.5%
特化ラプラスラプラス
冷凍ビーム:33.7~40.7%、DM:48.7~57.8%
ドロポン:42.2~49.7%、DM:52.8~62.3%
C172ウツロイドウツロイド
+1メテオビーム:76.9~90.5%
C252球イベルタルイベルタル
悪の波動:126.6~150.3%、DM:207.5~244.2%
デスウイング:48.7~57.3%、DM:76.9~92.0%
特化ムゲンダイナムゲンダイナ
DM砲:54.8~64.8%
特化カイオーガカイオーガ
雨ドロポン:92.5~109.0%、DM:117.6~138.7%
C252バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)
アストラルビット:130.7~154.8%、DM:153.8~180.9%
特化ゼルネアスゼルネアス
ムンフォ:63.8~75.4%、DM:87.4~103.0%


立ち回り

被ダメに火力高めなポケモンたちが多かったのもありますが、そこまで高耐久というわけではないので、死に出しや初手で出していくのが良いです。ミュウツーミュウツーの長所である技範囲の広さによって、初手出ししても交代するしかないみたいな状況になりずらいのは強みと言えそうです。
また、DMをきるタイミングについては注意する必要があります。眼鏡持ちなので、本来であれば眼鏡の効果がなくなるDMとは相性が悪いですが、素の火力の高さも相まって完全になしではないです。ただ、中~高火力程度の攻撃であればDMせずとも耐えるだけの耐久はある(弱点技などの一部の技は除いて)ので、弱保に対する警戒は必要なものの、基本的にはDMをきらずに攻撃していけます。なので、DMするときは、耐久を底上げしたいときになりそうです。
一例を挙げると、例えば対ミミッキュミミッキュでは、即DMして、ゴースト技を受けつつダイサイコを打てば、先制技を防ぎつつ二発目のダイサイコで突破できます(先にDMを消費させてあると安定しますが、そうでない状況で相手もDMしてきた場合は「禁伝以外に使ってくれた」くらいに考えましょう)。対エースバーンエースバーンでは、1不意打ち読みで格闘技、2DM技読みで交代orDMサイコブレイク、3普通にサイコブレイクでなぐる、の3パターンがあり、読み合いになります。


苦手なポケモン

  1. 高速高火力ポケ…耐久はそこまで高くないので、特にバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)などとの対面は不利です。タイプ相性上有利な奴だけでなく、しっぽトリック使い何かもこの対策として有効です。
  2. 悪・ゴーストタイプポケ…先に挙げたバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)はここにも当てはまりますが、他にも悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)イベルタルイベルタルなどがこれに該当します。相性補完の取れる相方を用意しておく必要がありそうです。


相性の良い味方

  1. 悪タイプポケ…悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)バンギラスバンギラスなど。悪・ゴースト技に強く格闘技をこちらが受けれる相性補完の取れた相方候補のタイプです。前者は受けた悪・ゴーストタイプに対してタイプ一致の有効打を持てて返り討ちにでき、後者はゴーストタイプに強い他、悪タイプの中でもイベルタルイベルタルに強く出れ、ミュウツーミュウツーの受けれる格闘技を呼びやすいのも好相性です。
  2. サポート・クッションとして使えるやつ…オーロンゲオーロンゲペルシアン(アローラ)ペルシアン(アローラ)ラグラージラグラージなど。ステロなどのサポートはあるに越したことはないです(こう言うと適当な感じがしますが、襷ケアのステロや悪・ゴーストタイプとの対面でも動きやすくなる壁何かは好相性です)。また、こだわり解除のために交代したい場面もあるのでクッションとして使えるポケモンも好相性です。オーロンゲオーロンゲは壁貼りや電磁波やしっぽトリックなど、ペルシアン(アローラ)ペルシアン(アローラ)は捨て台詞やしっぽトリックなど、ラグラージラグラージはあくびやステロや後攻クイックターンなどができます。
  3. 先制技持ち…上記のサポートも可能な、ミミッキュミミッキュゴリランダーゴリランダーなど。等倍技でこだわっていて倒しきれなかった場合何かも考えられるため、そういった場合のケアとして。

他に相性が良いポケモンについてご意見あれば、ぜひお願いします。


おわりに

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。
元祖禁伝のミュウツーミュウツーですが、他にも強力な個性を持った禁伝が後からどんどん出てきているのもあって、その強さがかすんでしまっているような気がしますが、是非ミュウツーミュウツーも初心に帰った気持ちで使ってみてください(使用率65位だから使ってる人はそれなりにいるけど)。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2021/02/11 23:52

ミュウツーの他の育成論を探す (3件) >>

スポンサーリンク

コメント (4件)

  • ページ:
  • 1
21/02/11 22:46
1イア (@aidmpodcast)
投稿お疲れ様です。

以前程少なくなったと言えどエースバーンエースバーンアーゴヨンアーゴヨン準速スカーフウオノラゴンウオノラゴンをダイジェット1回で抜ける128ラインは有名で、その辺りのsのいたちごっこに巻き込まれないミュウツーミュウツーのsを191まで落として良いものか疑問です。対してポリゴン2ポリゴン2の使用率は現在31位かつダウンロードの割合は約半分。d方面の主な調整先がダウンロードのみであるのであればダウンロード調整せずにsに努力値を回すのも調整案にあってもよいのではないかと感じました。

立ち回りによると言われれば、そこまでですが上記の育成論のミュウツーミュウツーは非ダイマ運用がメインではないでしょうか。伝説にダイマを切らない以上パーティ単位でのダイマ枠に入ることの一般ポケモンは限られており相性の良いポケモンも絞られてくると思います。
21/02/11 23:38
2pq (@pq84734563)
イアさん、コメントありがとうございます。

Sラインに関しては、ザシアン(王)ザシアン(王)くらいあるわけでも130族を抜いているわけでもないので、ある程度(論内で指標にしているアーゴヨンアーゴヨン程度)は下げても良いと考えて調整していましたが、○○抜き、抜き抜き……の中に入ってしまうことは事実ですね。
スカーフ準速ウオノラゴンウオノラゴンの他にも+1後の準速ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)が193、準速トゲキッストゲキッスら80族が198あるので、確かに可能な限りSを落とさないで調整する選択肢も十分にありますね。ダウンロード対策に振っている努力値も含めて、調整案としてSを落としていないものも追記しておこうと思います。

運用に関しては、おっしゃる通り基本的に非DM運用がメインです。なので、そういう意味ではDMエースになれるポケモンは軒並み好相性とも言えますが、タイプ相性補完などで見た場合に、ミュウツーミュウツー自身と好相性なのは論中に挙げたようなポケモンたちだと思いますので、「ダイマ枠に入る一般ポケモン」としての追記はしないつもりでいます。(具体的に、この観点で相性の良いポケモンが論中の候補以外にいるようでしたら是非ご意見いただけたらと思います。)
21/02/12 02:28
3ミクハチ (@anagon1717)
55555
投稿お疲れ様です!
実は私も3日ほど前からミュウツーの育成論をコツコツ書いており、ちょうど投稿できるかなというところで本育成論と出会いました。これは何かの運命でしょうか。
ザシアン意識の耐久調整、とても使い勝手が良くなりそうでなるほどと思いました!
こだわりメガネを持たせることで他のポケモンにDMを譲れるのも、パーティを組む上で柔軟性が高くなり採用しやすいなと素直に感心させられました。
私もポケモンについて考察するときは、pqさんのように様々な面を考えていきたいと思います!
21/02/12 18:41
4pq (@pq84734563)
ミクハチさん、コメント、評価の方ありがとうございます。

調整を施しても火力やSを高水準で維持できるのは禁伝の強みですよね。
ちょうどミュウツーミュウツーの論を考えていたとのことですが、型が被っていましたら何だか申し訳ないような気もしますが、参考になったようでしたら幸いです。
評価をつけていただいたのももちろんですが、コメントの方も嬉しいです、ありがとうございます!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy