dummy

シロデスナ- ポケモン育成論ソードシールド

【弱保ダイマ】涙目のルカ【トリルアタッカー】

2020/10/17 18:34 / 更新:2020/10/21 19:22

シロデスナ

HP:HP 85

攻撃:攻撃 75

防御:防御 110

特攻:特攻 100

特防:特防 75

素早:素早 35

ツイート3.703.703.703.703.703.703.703.703.703.70閲覧:2789登録:3件評価:3.70(10人)

シロデスナ  ゴースト じめん  【 ポケモン図鑑 】

性格
れいせい(特攻↑ 素早↓)
特性
みずがため
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 防御:12 / 特攻:252
実数値:191-80-132-167-95-36 / 個体値:31-0-31-31-31-0
覚えさせる技
だいちのちから / シャドーボール / ギガドレイン / ヘドロばくだん
持ち物
じゃくてんほけん

スポンサーリンク


ルール
指定しない
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックスする
登録タグ

考察

この涙目のルカに両方ともNOつぅーんだな

はじめに

  • この型はトリックルーム下での運用、ダイマックス前提の型です。
  • 次項目より常体文を用います。
  • この論に出てくるポケモンは全て理想個体を想定します。
  • 一般的であり調べればわかる程度の漢字表記や略語を用います。
  • ダメージ計算はダメージ計算ss様を利用しました。


シロデスナについて

H85 A75 B110 C100 D75 S35 ALL480
防御が最も高くその次に特攻が高い種族値。弱点が5つと多く耐久型には適していると言えない。アタッカー起用をするにも火力不足。そこで、弱点の多さを活かし尚且つ火力を補う事ができるじゃくてんほけんを持ち物とする。

差別化

サニゴーンサニゴーンデスカーンデスカーン
B種族値とタイプで差別化が可能。サニゴーンサニゴーンデスカーンデスカーンはゴースト単タイプ(サニゴーンサニゴーンはB種族値が低いのも理由)の為じゃくてんほけんと相性が良くない。これにより差別化が可能である。



コンセプト

トリックルーム下でのエース。環境に多いいちげきウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)やれんげきウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)パッチラゴンパッチラゴンガマゲロゲガマゲロゲなどの物理アタッカーを対面で処理する。ゲンガーゲンガーギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)などの特殊アタッカーにも対応可能。


努力値と性格

H244 B12 C252 性格 れいせい
Hは奇数調整。火力を上げる為C特化。


立ち回り例

トリル下でのエース運用

1ドータクンドータクンブリムオンブリムオンでトリックルームを張る→ドータクンドータクンステロを撒いて倒されるか、ブリムオンブリムオンでミストバーストで自主退場(ミストバーストで必ずいちげきウーラオスが瀕死状態になる為ダイマックスを温存した立ち回りができる)

2ドータクンドータクンが倒されなかった場合、てっていこうせんで退場。

3削れた相手にダイアシッドや弱保が発動すれば全抜きコース


技構成

  • だいちのちから
メインウェポン。ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ゲンガーゲンガーパッチラゴンパッチラゴンに使う。

  • シャドーボール
こちらもメインウェポン。主にサニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル)サーナイトサーナイトに使う。確定枠。

  • ギガドレイン
主にウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ガマゲロゲガマゲロゲに使う。確定枠。

  • ヘドロばくだん
ダイアシッドで火力の底上げができる。準確定枠。

  • サイコキネシス
モロバレルモロバレルピンポイント。他の技と範囲が被るのでヘドロばくだんやギガドレインの方が汎用性は高い

与ダメージ計算

(じゃくてんほけん発動前のダメージ計算です)

だいちのちから
耐久無振りウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) 確定2発 60.5〜72.0%
H252振りギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド) 確定2発 80.0〜94.8%
H252振りギルガルド(ブレード)ギルガルド(ブレード) 確定1発 179.2〜213.3%
耐久無振りゲンガーゲンガー 確定1発 133.3〜157.0%
耐久無振りパッチラゴンパッチラゴン 確定1発 113.9〜135.7%

ダイアース
耐久無振りウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) 乱数1発(25.0%) 87.4〜103.4%
H252振りギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)確定1発 112.5〜134.8%

シャドーボール
耐久無振りサーナイトサーナイト 確定2発 79.7〜93.7%
H252振りサニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル) 確定2発 50.2〜61.0%
HD特化サニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル) 確定3発 37.1〜44.3%

ダイホロウ
耐久無振りサーナイトサーナイト 確定1発 127.2〜151.0%
H252振りサニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル) 確定2発 82.6〜98.2%
HD特化サニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル) 確定2発 61.0〜71.8%

ギガドレイン
耐久無振りれんげきウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき) 確定2発 67.4〜80.0%
耐久無振りガマゲロゲガマゲロゲ 確定1発 113.3〜133.3%
H252振りヌオーヌオー 確定1発 110.8〜130.6%
HD特化ヌオーヌオー 確定2発 75.2〜89.1%
ダイソウゲン
耐久無振りれんげきウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき) 確定1発 116.5〜138.2%
HD特化ヌオーヌオー 確定1発 126.7〜150.4%
ヘドロばくだん(ダイアシッド)
H252振りニンフィアニンフィア 確定3発 38.6〜45.5%
H252振りアシレーヌアシレーヌ 乱数2発(33.2%) 44.9〜53.4%
サイコキネシス
H252振りモロバレルモロバレル 確定2発 51.5〜61.5%
HD特化モロバレルモロバレル 確定3発 35.2〜42.5%
ダイサイコ
H252振りモロバレルモロバレル 確定2発 74.2〜87.7%
HD特化モロバレルモロバレル

被ダメージ計算

ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
A252振り無補正すいりゅうれんだ 乱数1発(81.2%)97.3〜116.2%
A特化すいりゅうれんだ 確定1発 103.6〜125.6%
A252振り無補正アクアジェット 確定3発 34.5〜40.8%
A特化アクアジェット 確定3発 35.6〜43.9%
A252振り無補正キョダイレンゲキ 確定1発 106.8〜125.6%
A特化ダイストリーム 確定1発 116.2〜138.2%
いちげきウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
A252振り無補正あんこくきょうだ 乱数1発(93.7%) 98.4〜117.2%
A特化あんこくきょうだ 確定1発 107.8〜128.7%
A252振り無補正キョダイイチゲキ 確定1発 106.8〜125.6%
A特化キョダイイチゲキ 116.2〜138.2%
パッチラゴンパッチラゴン
A252振り無補正げきりん 確定2発 61.7〜72.7%
A特化げきりん 確定2発 67.5〜80.1%
A252振り無補正ダイドラグーン 確定2発 71.2〜84.8%
A特化ダイドラグーン 確定2発 78.5〜92.6%
ガマゲロゲガマゲロゲ
A252振り無補正アクアブレイク 確定2発 56.5〜67.0%
A特化アクアブレイク確定2発 60.7〜73.2%
C252振り無補正ハイドロポンプ 乱数1発(62.5%) 94.2〜110.9%
C特化ハイドロポンプ 確定1発 103.6〜122.5%
A252振り無補正ダイストリーム 乱数1発(12.5%) 85.8〜101.5%
A特化ダイストリーム 乱数1発(62.5%) 94.2〜110.9%
C252振り無補正ダイストリーム 確定1発 119.3〜141.3%
C特化ダイストリーム 確定1発 131.9〜154.9%
ゲンガーゲンガー
C252振り無補正シャドーボール 乱数1発(50.0%) 91.0〜107.8%
C特化シャドーボール 確定1発 100.5〜119.3%
C252振り無補正ダイホロウ 確定1発 147.6〜173.8%
C特化ダイホロウ 確定1発 161.2〜191.6%
ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)
C252振り無補正シャドーボール 乱数1発(81.2%) 97.3〜114.1%
C特化シャドーボール 確定1発 160.2〜188.4%
C252振り無補正ダイホロウ 確定1発 154.9〜183.2%
C特化ダイホロウ 確定1発 170.6〜202.0%

相性の良い味方

ドータクンドータクン ステルスロックにより後続の襷も潰せる。トリックルームを張れてっていこうせんによる自主退場も可能
ブリムオンブリムオン トリックルームを張れて挑発を無効化できる。ミストバーストによる自主退場も可能。
ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル) こちらはトリル要員ではないが、シロデスナで倒しきれなかった後続に強くでれる。

このポケモンの対策

サザンドラサザンドラ メインウェポンを全て半減以下に抑える事ができる。
アシレーヌアシレーヌ 高い特防を活かし、シロデスナの攻撃を耐える事が可能。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/10/21 19:22

シロデスナの他の育成論を探す (3件) >>

スポンサーリンク

コメント (28件)

20/10/17 23:54
11シュトロハイム (@yabutaco)
タイトル、注意書きの修正を致しました。
20/10/18 00:02
12シュトロハイム (@yabutaco)
性格、個体値の修正を致しました
20/10/18 00:11
13kzk (@kzk_28101055_Y)
44444
返信ありがとうございます!
でしたら相性のよいポケモンにトリル起動役の追記もしたほうが良いかと!
(途中でしたらすいません…)

トリルだと弱保が発動させにくい気が…()

少し気になる部分はありますがいい論なので一応評価入れておきます!

改善頑張ってください!
20/10/18 08:15
14名無し
>13
弱保発動させにくいといっても上からワンパンされたり、こちらから確1とれてない相手に上から確2とられるよりはマシだとは思います。
>0
トリル+弱点保険シロデスナいいですね。鈍足がために抜き性能が低いのはトリルで補うのがやはり最適解かなと個人的に思っております。
一つ提案なのですがパッチラゴンパッチラゴンパッチラゴンを役割対象に入れてみてはいかがでしょうか。特化珠ドラグーンは確実に2耐えしますし、こちらからは確2とれてるので対面勝てます。(弱保は恐いですが。)トリルがないとダイドラグーンを2発被弾してしまいますが、トリルがあれば一発貰うだけで突破することができます。などなどもうすこし他の環境ポケとの対面を考えてもいいかなと思いました。
これからもっと良くなる期待も込めて心内ですが星5で。
20/10/18 08:56
15シュトロハイム (@yabutaco)
立ち回り例とコンセプト、相性の良い味方の修正を致しました
20/10/18 08:59
16シュトロハイム (@yabutaco)
名無し様 コメントありがとうございます。パッチラゴンを役割対象に含めたいと思います。
20/10/18 10:13
17シュトロハイム (@yabutaco)
パッチラゴンの与ダメージ計算と被ダメージ計算を追加しました。
20/10/18 11:00
18シュトロハイム (@yabutaco)
立ち回り例の修正を致しました
20/10/18 21:58
19うしにく (@ushi_poke)
33333
>9
コメントの返信と修正後の本文を読ませていただきましたがトリルエースとなるとまた別の疑問点が生じたので改めてお尋ねします。
まず努力値振りですが調整意図であるダイマ時のキョダイイチゲキ2耐えは本当に必要ですか?修正前であればトリルがなくともダイマによってウーラオスを倒せるなと思ったので納得していましたが、修正によって運用例を鑑みてもトリル下のダイマが前提となっているのでウーラオスに対してはこちらが上から2回殴る形にはずなのでキョダイイチゲキを2耐えする必要は全くないはずです。気になったので計算しましたがB無補正のH244振りだけでもダイマすればキョダイイチゲキは確定耐えできるのでエースとして考えると無駄に耐久に振られている印象を受けます。ただでさえ冒頭にアタッカーにするには火力不足と述べており、弱点保険に火力の補強を依存している以上この努力値振りが最適なのか疑問です。
次に立ち回り例、修正前の文の冒頭にトリルを張ることが追加されましたが(ルールが指定されてませんが)シングルの場合だと行動するならステロ等を撒いてからトリルにしなければターンの無駄となりかねません。ドータクンを使用すると仮定すると一撃ウーラオスの対面のように相手に殴ってもらって退場というケースならトリル後ステロでもターンを無駄なく使えますがそれも相手にかなり依存するため記述は逆にすべきでしょう。トリル後に後攻とんぼで降臨できるとも思えないのでトリル前提とするなら運用例も付け加えるだけでなく見直すべきかと思います。
そして最後に与ダメですが、個人的には無駄な場合分けが多いと思います。私自身ダメ計は指標として最低限わかるラインがあれば良いと思ってはいますが、追加されたパッチラゴンの3%ほどしかいないチョッキ持ちやどくどく没収で現存するか怪しいHD特化ギルガルドなど指標になるか疑問です。あとピクシーは天然なのでダメ計を見る限りつきのひかりの回復が追い付くので現状の調整だと毒にできない限り勝てません。
総じて私を含めた指摘によってトリルを追加したことにより修正前は問題なかった箇所に齟齬が発生しているためトリルを付け加えた程度の修正ではなくもう一度全体的に調整や仮想敵などの考察を見直したほうが良いと思いました。現状では厳しめに評価2とさせていただきます。
20/10/18 22:11
20シュトロハイム (@yabutaco)
うしにく様 コメントありがとうございます。仰る通りだと思います。今一度型の見直しを行いたいと思います。
20/10/20 20:53
21シュトロハイム (@yabutaco)
努力値振り、立ち回り例、ダメージ計算などの大幅な修正を致しました。
20/10/20 21:37
22シュトロハイム (@yabutaco)
立ち回り例、コンセプトの項目を修正致しました
20/10/20 22:07
23シュトロハイム (@yabutaco)
立ち回り例の修正を致しました
20/10/20 23:18
24シュトロハイム (@yabutaco)
相性の良い味方の項目を修正致しました
20/10/21 00:17
25カプ・サイシン (@long_7865)
44444
読ませて頂きました、修正お疲れ様です。

修正前も読んでいましたが、役割が明確になり良くなったと思います。
気になったのは何故シロデスナシロデスナを使うのかと言う事です、要は他のポケモンとの差別化要素ですね。

トリル前提ということは、本文中にもある通り起点役を一体犠牲にする必要があるのですから、それなりの理由がないと採用は出来ないと考えます。
私が調べた限りここまで遅い特殊ゴーストタイプはいませんし、そこまで意識する必要はないかもしれませんが、1文でもあった方が読んだ方も参考にしやすいのではと思いました。

以上、ご検討下さい。
20/10/21 07:46
26シュトロハイム (@yabutaco)
カプ・サイシン様 コメントありがとうございます。新たに他のポケモンとの差別化の項目を追加を致します。
20/10/21 17:09
27シュトロハイム (@yabutaco)
新たに差別化の項目を追加しました
20/10/21 17:49
28
細かいところですが、H振り同士で比べたときシロデスナシロデスナよりデスカーンデスカーンの方が物理特殊ともに耐久が高いので、D種族値の話は差別化として不適当かと思います
20/10/21 19:19
29シュトロハイム (@yabutaco)
あ様 コメントありがとうございます。修正を致します。
20/10/21 19:22
30シュトロハイム (@yabutaco)
差別化の項目の修正を致しました

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy