dummy

グソクムシャ- ポケモン育成論ソードシールド

【シリーズ6対応】ダンゴムシリターンズ【リメイク】

2020/09/20 14:41 / 更新:2020/09/25 08:54

グソクムシャ

HP:HP 75

攻撃:攻撃 125

防御:防御 140

特攻:特攻 60

特防:特防 90

素早:素早 40

ツイート4.724.724.724.724.724.724.724.724.724.72閲覧:6130登録:15件評価:4.72(11人)

グソクムシャ  むし みず  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
ききかいひ
努力値配分(努力値とは?)
HP:228 / 攻撃:252 / 防御:4 / 特防:12 / 素早:12
実数値:179-194-161-x-112-62 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
であいがしら / アクアジェット / かわらわり / こらえる
持ち物
いのちのたま

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理 / ダイマックス指定なし
登録タグ
フォーク元の育成論(フォークとは?)
【物理受け】深海ダンゴムシのすゝめ(よこいか。)

考察

初めに

こんにちは、初めましての方は初めまして。最近受けポケモンの強さに気づいたよこいか。と申す者です。

今回は僕の相棒ポケモンである、グソクムシャグソクムシャの育成論Part2となります。以前パーティ構築の方で紹介させて頂いた型と同様のものです。
現環境で十二分に活躍できるような型に纏まったので、最後まで読んで頂けると嬉しいです!(o>ω<o)

グソクムシャグソクムシャの育成論は2回目となり、前回のリメイク版となります。前回の育成論をまだ読んでいないという方は先にそちらの閲覧をお願いします


  • この育成論では一般的な略称を多々用いています。何も知らないよって方は基本的な知識(3値など)を身につけた上での閲覧を推奨します。

  • 論中のポケモンは全て理想個体を想定しています。

  • 論中のダメージ計算はダメージ計算SS for ポケモンソード&シールドというアプリにて行っています。

  • その他質問や不備などありましたらコメントでの指摘をお願いします。

グソクムシャグソクムシャグソクムシャについて

グソクムシャグソクムシャグソクムシャ
水・虫タイプ
特性:ききかいひ
種族値:H75/A125/B140/C60/D90/S40 計530

(以前投稿させて頂いた育成論にて詳しく解説しておりますので、今回は簡単に。)

第7世代で登場したポケモン。無駄の少ない種族値配分と、Sの低さを感じさせない豊富な先制技をA125から打てるのが特徴。しかし自ら居座りを許さなくしてしまう専用特性ききかいひや環境に刺さらないタイプが足を引っ張り、第7、第8世代共に中の下の立ち位置に追いやられた悲しいポケモンです。さらには専用技であいがしらが他ポケモン(アイアントアイアントオノノクスオノノクスカモネギカモネギネギガナイトネギガナイトフライゴンフライゴンタイレーツタイレーツ)に配布され、タイプ一致&最高火力の座をはりきりアイアントアイアントに奪われるという追い討ちも喰らいました。個人的にはゲーフリの被害者TOP5に入ってもおかしくないと思います…(泣)

  • ダイマ適正について(追記)
ダイマックスは、ほえるやドラゴンテールなどといった交換を「させる」効果は無効になりますが、交換を「する」効果は有効です。脱出ボタンとか。勿論このききかいひも例外ではありません。
これによって、最悪攻撃せずに交換しダイマックスを解除、その後ダイマックスを再び使うことができなくなってしまいます。
しかし、"引き先がいなければ"ききかいひが発動しない訳で、ラス1となった状況でグソクムシャグソクムシャにダイマを切るのは個人的にアリだと思います。本論のようないのちのたま型なら、突破力も増しますしね。

コンセプト・採用理由

今回も、前回に引き続き「先制技で削りを入れられるクッション」というのがコンセプトとなります。

しかし前回の腕白HA型では、
1.耐久力がやや過剰で、引きたい場面でききかいひが発動しない事案が発生する
2.A振りだけでは火力不足
3.引くに引けない場面では完全な相手の積みの起点と化す
4.耐久力を上回る火力を持つ相手には無力
などの問題点が複数発生し、「扱いづらい」という印象が強かったです。
そこで今回は、性格をいじっぱり、持ち物をいのちのたまにすることで火力自主退場手段を確保し、技こらえるを採用することであらゆる相手に対してききかいひを発動させるようにしました。
それでは解説していきます。

  • こらえるの優位性といのちのたまとのシナジー
現環境では、パッチラゴンパッチラゴンリザードンリザードンなど、フルアタ構成で広く範囲を持てる良くも悪くも単純なアタッカーが多く存在しています。
そこで活躍するのが何を隠そう技こらえるで、以前からよく使われていたダイマ枯らしとしての役割だけでなく、グソクムシャグソクムシャの場合、ききかいひと合わせることで安全に裏のポケモンで有利対面を作り出すことが可能です。その後サザンドラサザンドラヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)などに繰り出し、もう一度であいがしらを打つチャンスも作ることができます。

また、いのちのたまを持たせることで火力を上昇させるだけでなく、HP1の状態で先制技を打つことで自主退場も可能となります。ダイジェットやダイナックルなどの積み技を回避しつつ、相手のダイマターンを消費できるのはなかなかの強みです。

このように、こらえるの優秀さ、またいのちのたまやであいがしらとのシナジーの良さがよくわかるかと思います。

調整意図

  • 性格
先制技の火力をある程度保持したいので、Cが下がりAの上がるいじっぱりで確定です。

  • 努力値
H228/A252/B4/C×/D12/S12
実数値
H179/A194/B161/C×/D112/S62
H…10n-1調整(いのちのたまダメージ最小)
A…ぶっぱ
B…A252悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)のあんこくきょうだ高確率2耐え 42.4~50.8% 乱2(3.1%)
D…余り
S…4振りドサイドンドサイドン抜き

持ち物

採用理由にもある通り、いのちのたまで確定です。火力上昇と自主退場ができるようになるお得アイテム。であいがしらでヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)を飛ばせるようになります。競合率が高いですが、これじゃないとうまく機能しないのでこの子に持たせてあげてください。

技構成

確定枠
  • であいがしら
これがなくてはこのポケモンは機能しません。主にサザンドラサザンドラヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)などに。ちなみに優先度は+2なので、アクアジェットやでんこうせっかよりも早く動けます。忘れないようにしましょう。

  • こらえる
タイプ一致ダイジェットだろうがはりきりでんげきくちばしだろうが、どんな攻撃でも耐えることができます。採用理由は解説の項での通りです。タスキや頑丈とは違い、連続技も関係なく耐える点も優秀です。

確定枠(選択)
  • アクアジェット
ミリ残しした相手を処理するのに役立ちます。主にリザードンリザードンウルガモスウルガモスなどに。

  • アクアブレイク
先制では打てませんが火力がでます。20%のB下降効果もやや旨み。主にドサイドンドサイドンに。

選択枠
  • ふいうち
ドラパルトドラパルトのいない現環境ではやや薄味。削り役にしてもアクジェの方が汎用性が高く優秀です。強いて言うならギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ゲンガーゲンガーに。

  • かわらわり
パッチラゴンパッチラゴンリザードンリザードンなどの高威力技を受けるためにオーロンゲオーロンゲキュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ)などの壁貼り役が増えている印象があるので、その対策として。

  • インファイト
高威力の格闘技。BDダウンもこらえるがあるためそこまで気になりません。主にナットレイナットレイや悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に。

  • どくづき
主にアシレーヌアシレーヌマリルリマリルリへのピンポイント技です。どちらもH振りされるだけで苦しくなるので、裏にパッチラゴンパッチラゴンなんかを忍ばせておくのが得策かなと思います。

  • がんせきふうじ
Sダウン効果を目的とした採用がメインです。ウルガモスウルガモスリザードンリザードンに対しては、交代読みで刺さればラッキーぐらいの感覚で留めておきましょう。連打するだけで、いのちのたまがあれば自主退場できるのもいい所。

相性のいい味方

グソクムシャグソクムシャパッチラゴンパッチラゴンリザードンリザードンをよく呼ぶので、それらを狩れるポケモンがいるといいです。個人的にはタスキミラーコートジュラルドンジュラルドンがオススメ。パッチラゴンパッチラゴンにはりゅうせいぐんが刺さります。

グソクムシャグソクムシャの苦手な受けポケモン(ドヒドイデドヒドイデナットレイナットレイヌオーヌオーetc)や環境トップたちを化学変化ガスと広い技範囲でボコボコにできます。オススメ。

  • ステルスロック持ち
次項のダメージ計算を見てみると分かりますが、A特化珠持ちでも、火力がやや足りない部分が多いのが現状です。その足りない火力を補強したり、低耐久タスキポケモンを一撃で飛ばすためのステルスロックがあると運用がしやすくなると思います。初手起点作成型の捨て駒よりは、ラッキーラッキーバンバドロバンバドロなどのグソクムシャグソクムシャとサイクルを回しながら撒ける耐久寄りのポケモンが良いと思います。

役割対象

サザンドラサザンドラヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)カットロトムカットロトムルガルガン(たそがれ)ルガルガン(たそがれ)
ドサイドンドサイドンガマゲロゲガマゲロゲホルードホルードウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)オーロンゲオーロンゲガラガラ(アローラ)ガラガラ(アローラ)カビゴンカビゴンキュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ)
ナットレイナットレイリザードンリザードンパッチラゴンパッチラゴンウルガモスウルガモスヒートロトムヒートロトムシャンデラシャンデラバンバドロバンバドロ

◎はとても有利な相手、〇はお互いの型によって有利不利が別れる相手、△は対面では不利で、ある程度削れていないと役割を持てない相手です。

ダメージ計算

与ダメ
  • であいがしら
無振りサザンドラサザンドラ 140.1~165.2% 確1
H4ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル) 95.0~112.1% 乱1(68.7%)
H252カットロトムカットロトム 129.2~154.1% 確1
無振りパッチラゴンパッチラゴン 70.9~83.6% 確2
B特化ナットレイナットレイ 36.4~43.0% 確3
H4ホルードホルード 82.6~97.5% 確2
無振り悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) 62.2~73.7% 確2
B特化オーロンゲオーロンゲ 50.0~59.9% 確2
H252ウォッシュロトムウォッシュロトム 64.3~77.0% 確2
H4ガマゲロゲガマゲロゲ 74.0~88.3% 確2
H4ポリゴンZポリゴンZ 88.1~104.9% 乱1(31.2%)
H4ルガルガン(たそがれ)ルガルガン(たそがれ) 100.6~118.5% 確1

  • アクアジェット
無振りリザードンリザードン 76.4~91.5% 確2
H4ウルガモスウルガモス 83.8~101.8% 乱1(6.2%)
H4ホルードホルード 74.5~88.8% 確2
H252ヒートロトムヒートロトム 56.0~69.4% 確2
無振りシャンデラシャンデラ 80.7~94.0% 確2
H252ドサイドンドサイドン(ハードロック) 52.7~63.0% 確2

  • アクアブレイク
H252ドサイドンドサイドン(ハードロック) 110.8~131.9% 確1
H252ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)(シールド) 44.9~54.4% 乱2(50.3%)
H252ハッサムハッサム 57.0~68.3% 確2
H252ガラガラ(アローラ)ガラガラ(アローラ) 111.9~132.3% 確1
B特化バンバドロバンバドロ 71.4~84.0% 確2

  • インファイト
B特化ナットレイナットレイ 62.9~74.5% 確2
無振り悪ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) 108.5~129.1% 確1
H252ドサイドンドサイドン(ハードロック) 51.8~61.7% 確2
B252カビゴンカビゴン 82.9~98.2% 確2
H252ラプラスラプラス 96.6~113.9% 乱1(81.2%)
B特化輝石ラッキーラッキー 69.1~81.5% 確2

  • ふいうち
H252ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)(シールド) 51.4~60.4% 確2
無振りゲンガーゲンガー 122.9~146.6% 確1

  • どくづき
H252アシレーヌアシレーヌ 86.0~102.6% 乱1(18.7%)
H252マリルリマリルリ 73.9~87.9% 確2
H252ニンフィアニンフィア 88.6~105.4% 乱1(31.2%)
H252ピクシーピクシー 81.1~96.5% 確2

  • がんせきふうじ
無振りリザードンリザードン 152.9~183.6% 確1
H4ウルガモスウルガモス 167.7~200.0% 確1

被ダメ
でんげきくちばし(先攻) 196.0~232.4% 確1
でんげきくちばし(後攻) 97.2~117.8% 乱1(93.7%)
ダイドラグーン(140) 81.5~96.6% 確2
ダイジェット(110) 85.4~101.6% 乱1(12.5%)

ムーンフォース 51.9~62.0% 確2
ダイフェアリー(130) 70.9~84.3% 確2

あんこくきょうだ 42.4~50.8% 乱2(3.1%)
かみなりパンチ 36.8~43.5% 確3
ダイジェット(110) 52.5~62.5% 確2

エアスラッシュ 88.8~106.1% 乱1(43.7%)
ダイジェット(130) 154.1~183.2% 確1
ダイバーン(150) 87.7~104.4% 乱1(31.2%)

ストーンエッジ83.7~98.3% 確2
ダイロック(130) 107.2~127.3% 確1

りゅうせいぐん 65.3~77.0% 確2
あくのはどう 40.2~47.4% 確3
ダイドラグーン(140) 70.3~82.6% 確2

ほうでん 78.2~93.8% 確2
ボルトチェンジ 68.1~81.5% 確2
エアスラッシュ 73.7~87.1% 確2
ダイサンダー(130) 125.1~148.6% 確1
ダイジェット(130) 同上
オーバーヒート 62.5~74.3% 確2
リーフストーム 同上
ダイバーン(140) 67.5~80.4% 確2
ダイソウゲン(140) 同上

ギガインパクト 63.6~75.4% 確2
かみなりパンチ 43.5~51.3% 乱2(5.0%)
ダイジェット(130) 73.7~87.1% 確2

シャドーボール 47.4~56.9% 乱2(86.7%)
かげうち 13.4~15.6% 乱7

いわなだれ 62.5~73.7% 確2
フレアドライブ 49.7~58.6% 乱2(99.6%)
とんぼがえり 29.0~34.6% 乱3(6.4%)

余談

ききかいひに関する豆知識について4つほど紹介します。実用的なものもあるので、覚えておいて損はありません。

1.HPが半分以下になっても発動しない例外がある

相手の攻撃のダメージ、天候や状態異常などの定数ダメージ、今回紹介したいのちのたまのダメージなど、広い範囲で発動するききかいひですが、1部例外のものがあります。それはみがわり混乱の自傷ダメージです。いのちのたまで発動するのにみがわりや自傷ダメージで発動しないのは不思議ですね。
ちなみに、ききかいひはHPが半分を切ったタイミングでのみ発動するので、みがわりでHPが半分以下になった後もみがわりとグソクムシャグソクムシャは残り続けます。つまり合法的にききかいひを無視できます。ただし実用性は皆無に等しいです…( ´;ω;` )

2.とんぼがえりなどの交代強制解除

「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」「クイックターン」これらの技は共通して、攻撃後に交代できる追加効果がありますが、ききかいひはこれらを強制的に無効化できます。どういうことかと言うと、上記3つの技のダメージでHPが半分を切り、ききかいひが発動すると、交代技を打ったポケモンは交代ができず、こちらだけ一方的に交代できるといった事案が発生します。バグなのか仕様なのかはよく分かりませんが、「安全に後出しできる」ということで実用性もかなりあると思います。覚えておきましょう。

3.相手のちからずくによる無効化

「いのちのたまの威力倍率は発動するのにダメージは無効化される」など、よく分からない現象を引き起こすでお馴染みの特性「ちからずく」ですが、ききかいひにもその影響は及びます。何かと言うと、特性ちからづくのポケモンが特性適応技(追加効果のある技)でグソクムシャグソクムシャを攻撃しHPが半分以下になっても、ききかいひが発動することはありません。
逆に言えば、特性適応外の技でHPが半分以下になれば、ききかいひはしっかり発動します。これに関してもバグなのか、仕様なのかはよく分かりません。
ただ1つ言えることがあるとすれば、実戦では使えなさそうということですね。特性ちからづく持ちのポケモン(有名どころはローブシンローブシンなど)と対面した時は念頭に置いておくと役立つ場面があるかもしれません。知らんけど

4.連続技と発動タイミングの関係

「ロックブラスト」や「タネマシンガン」のような、2回以上ヒットする連続技でHPが半分以下になった場合、ききかいひの発動タイミングは連続攻撃が全て終了した後となります。つまり1発目でHPが半分以下になっても、その時点で攻撃が終わり交代ができるという訳ではないということです。
「1、2発分のダメージで済むと思っていたら5発喰らって大ダメージを受けた」なんてことになったら困るので、しっかり覚えておきましょう。

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございました!
(*´︶`*)♡Thanks!
単純なアタッカーが増えたからこそ、今回のこらえるグソクムシャグソクムシャの強みが出てくると思います。実際にかなり活躍してくれているので、「究極のグソクムシャグソクムシャ」なんて言っても過言ではないと思います…たぶん。
それではまたどこかで~⚐゙

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/09/25 08:54

グソクムシャの他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (4件)

  • ページ:
  • 1
20/09/20 19:58
132kkjhsrsnkjosv (@32kkjhsrsnkjosv)
55555
グソクムシャグソクムシャ能力はかなり優秀ですよね。リザードンリザードンウルガモスウルガモス用にアクアジェットを入れたのもとても良いと思いました。評価5です!
20/09/20 21:51
2よこいか。 (@yokoika_No768)
>1 32kkjhsrsnkjosv さん
コメントありがとうございます!

合計種族値530で無駄の少ない配分、豊富な先制技、イケメンすぎるビジュアル…
"特性を除けば"かなりスペックは高いポケモンですね。

アクアジェットでリザードンリザードンウルガモスウルガモスが確1にならないのは歯がゆいですが…まあ役立つ場面が多いので採用しているって感じですね。
20/09/24 20:39
3scarlet
投稿お疲れ様です
DSに12振らずに、Bにプラスで24振ってウーラオスの暗黒強打が確3になるならそっちのほうがいいと思います。ドサイドンドサイドンにはダイマされたら結局勝てないので…ダイマされなければ、対面ならアクジェ二発でぶっ飛ばせます(ドサイが火力増強アイテムやロクブラやがんせきほう持ってたり、ストーンエッジ急所に当てられたりすれば話は別ですが…)
後、言わずもがなかもしれないですが育成論内にこのポケモンはダイマ適正の欠片もない事なども書き加えたらどうでしょうか?
20/09/25 08:16
4よこいか。 (@yokoika_No768)
>3 scarlet さん
コメントありがとうございます!

確認したところ、B0で乱数19.1%、B4~28で乱数3.1%、B36~60で乱数0.3%、B68以上で確3となるので、DSの努力値を割いてBに振っても確3にはならず、乱数も変化しないので、Aを割かなければならなくなる事を考えるとB4振りに留めておくのが最適かと思います。1度そちらでも確認して頂けると幸いです。

ドサイドンドサイドン対面ですが、S4振り以下・相手ダイマ不考慮・イトケの実持ちの変態型以外であればアクアブレイクで確1なので、1度でも多く勝てる場面を増やすのであればS12振り以上は大前提かなと思います。

ダイマ適正に関する内容については、前回の育成論にて掘り下げましたので除外させて頂いておりました。ですがいのちのたまの場合、ラス1ダイマであればある程度適正しているなと感じましたので、その趣旨も含めて再度掲載しておこうと思います。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy