dummy

バイウールー- ポケモン育成論ソードシールド

【高速、高耐久、高火力】テンプレ調整型バイウールー【パッチラゴン完封】

2020/09/16 22:52 / 更新:2020/09/24 12:33

バイウールー

HP:HP 72

攻撃:攻撃 80

防御:防御 100

特攻:特攻 60

特防:特防 90

素早:素早 88

ツイート4.164.164.164.164.164.164.164.164.164.16閲覧:6872登録:9件評価:4.16(7人)

バイウールー  ノーマル  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早↑ 攻撃↓)
特性
もふもふ
努力値配分(努力値とは?)
HP:92 / 防御:252 / 素早:164
実数値:159-x-152-x-110-141 / 個体値:31-x-31-x-31-31
覚えさせる技
コットンガード / ボディプレス / バトンタッチ / でんじは
持ち物
イアのみ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理受け / ダイマックスしない
登録タグ

考察

はじめに

はじめまして、優と申します。
初投稿のため読みづらい部分もあるかと思いますがお手柔らかにお願い致します。

ダラダラと読むのが苦手な方は、この後の『テンプレ型とは』『本記事の意図』を読んで頂ければ大体は理解できるかと思います。

本記事は、バイウールーのテンプレ型である「コットンガード+ボディプレス+バトン」を、より環境に合わせて調整した記事となります。

投稿後、コメントを元により使い勝手が良いように調整させて頂きました。コメント下さった皆様ありがとうございます。

ステータスはH(HP)、A(攻撃)、B(防御)、C(特攻)、D(特防)、S(素早さ)で表現します。

ダメージ計算は『ポケマス』様を使わせていただきました。(https://pokemass.site/swsh/dc/



そもそもバイウールーバイウールーのテンプレ型とは

防御3段階上昇技である「コットンガード」で即座に耐久力を上げつつ、威力が防御力依存の攻撃技「ボディプレス」で突破する型となります。また対面不利の場合、「バトンタッチ」で後続につなぐ事が出来ます。



本記事の意図(概要)

防御特化型ポケモンの中では優秀な素早さ88(ドリュウズドリュウズと同速)を持つにも関わらず育成論ではHB特化型が多く、その素早さを活かして上から防御を積んだ方が効率が良いと考え、仮想敵を明確にする事としました。
具体的には最速75族以下、つまりパッチラゴンパッチラゴンとそれ以下の物理アタッカーへ負荷をかける事に特化させました。
また現環境では最速75族抜きの調整が多い為、最速75族=準速87族抜き抜き(最速76族=準速88族抜き)の調整とします。

本記事では陽気はりきりAS極振りの珠パッチラゴンパッチラゴンを前提としていますが、意地スカーフ持ち相手でも一応は対応出来ます。

※88族以下(一部抜粋)
ドリュウズドリュウズヒートロトムヒートロトムウォッシュロトムウォッシュロトムジュラルドンジュラルドンキングドラキングドラゴリランダーゴリランダージャラランガジャラランガギャラドスギャラドスミロカロスミロカロスフシギバナフシギバナヌメルゴンヌメルゴンシャンデラシャンデラトゲキッストゲキッスオニゴーリオニゴーリサーナイトサーナイトホルードホルードマンムーマンムー

※76族以下(一部抜粋)
キングラーキングラーウオノラゴンウオノラゴンパッチラゴンパッチラゴンストリンダー(ハイ)ストリンダー(ハイ)クレッフィクレッフィガマゲロゲガマゲロゲカラマネロカラマネロパルシェンパルシェンバタフリーバタフリーキリキザンキリキザン



バイウールーバイウールーと他のポケモンとの差別化

以下の4点がポイントとなります。

  • バトンタッチを覚える。

  • 「鉄壁」ではなく「コットンガード」を覚えるポケモンの中で、唯一「ボディプレス」を覚える事が出来る。

  • そもそも「ボディプレス」を覚えるポケモンの中でも有数の素早さを持つ。また物理耐久依存の技なので「威嚇」や「力を吸い取る」、「パワーシェア」に怯えない。
ボディプレスを覚えるパッチラゴンパッチラゴン以上のSのポケモン

カメックスカメックス B100 / S78
ミルタンクミルタンク B105 / S100
マッスグマ(ガラル)マッスグマ(ガラル) B61 / S100
マンムーマンムー B80 / S80
ヒヒダルマヒヒダルマ B55 / S95
ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル) B55 / S95
ルチャブルルチャブル B75 / S118
ヌメルゴンヌメルゴン B70 / S80
ジャラランガジャラランガ B125 / S85
ゴリランダーゴリランダー B90 / S85
イオルブイオルブ B110 / S90
バイウールーバイウールー B100 / S88
タチフサグマタチフサグマ B101 / S95
ジュラルドンジュラルドン B115 / S85

※バトンタッチを覚えるのはルチャブルルチャブルイオルブイオルブバイウールーバイウールーのみ。
※コットンガードを覚えるのはバイウールーバイウールーのみ。
※幻/伝説/準伝説は除く。
※特性を加味するマンタインマンタインツンベアーツンベアートロッゴントロッゴンセキタンザンセキタンザンオーロンゲオーロンゲ、その他くだけるよろい持ちは除く。



纏めますと、『ある程度素早く、上から防御を即座にMAXまで積める。また対面不利ならバトンで繋げられる』というのがバイウールーバイウールーの特徴となります。



持ち物

食べ残しなども考慮しましたが、守る等の絡め技を入れるスペースがない為、瞬間回復力を考慮してイアの実としました。



特性

  • もふもふ
炎が弱点追加となるのは痛いですが、直接攻撃技を半減できる事と、物理炎技はコットンガードで誤魔化しが効く為、採用としました。

  • ふくつのこころ
ダイジェットの媒体用にエアースラッシュを持つポケモンは多いですが、特殊相手に怯んだ段階でそもそも役割遂行できません。
また電磁波や高速移動で対応できる為、優先度は低めです。

  • ぼうだん(夢)
エースバーン対面で『かえんボール』を無効化できますが、今度は飛び膝の餌食です。『きあいだま』については特殊相手に居座る前提ではない為、優先度は低めです。



性格

臆病(A↓S↑)です。素早さ補正かつ、イカサマ対策です。
物理受けによく見られる腕白(C↓↑B↓)や図太い(A↓B↑)にしない理由は、物理受け時にあまり大差ない事特殊に少しだけ生き残る可能性を与えたい事最速75族抜き抜きまで調整出来る事の3つとなります。(腕白や図太いだとS252で最速75抜き)


以下、コットンガード無し時の被ダメ詳細
腕白BS余りH→29.7〜34.4(乱数3発)
腕白HB余りS→48.0〜56.4(乱数2発、後攻)
本記事の調整→29.5〜35.8(乱数3発)

腕白BS余りH→87.8〜104(乱数1発)
本記事の調整→81.7〜96.8(確定2発)



努力値

H92/B252/S164
H…16n-1。天候スリップや猛毒のダメージ最小。
A…×
B…ボディプレス意識で極振り。
C…×
D…×
S…最速75族/準速87族抜き抜き。腕白や図太いとの差別化。



性格/努力値の他の調整案

コメントいただきましたので、参考まで掲載させていただきます。ありがとうございます。

  • 図太い、H92/B148/S252(余り16あり)
Sをパッチラゴンパッチラゴン(最速75族)を抜き抜きではなく抜きに抑える調整。A下げ性格でイカサマ対策。
残り努力値16は仮想敵に合わせてお好みで。


  • 臆病、H76/B252/S180
本記事が最速76族=準速88族抜きなのに対して、Sを更に特化させホルードホルードなどを含む最速78族=準速91族抜きまで。
臆病C252トゲキッスの大文字82.8〜98.0で確定耐え。

88〜91族
ギギギアルギギギアルルカリオルカリオロズレイドロズレイドガルーラガルーライオルブイオルブポリゴンZポリゴンZなど

76〜78族
ホルードホルードカメックスカメックスなど



技構成

コットンガード/ボディプレス/バトンタッチは確定。残り一枠は以下の通り選択。

でんじは
交代読みに。コットンバトンを繋げやすい上に、相手に行動制限をかけられる。

高速移動
パッチラゴンパッチラゴンにダイジェットを積まれても、即座に元の素早さ関係に戻せる。またバトンと相性が良い。

剣の舞
後続の物理アタッカーへのバトン用。

カウンター
相手に物理アタッカーしかいない場合に。
物理受けポケモンとしては相性が良い技。

まねっこ
相手が壁張りポケモンだと分かる場合には使える。



立ち回り例

自:初手コットンガードで防御+3。
相:普通に攻撃してくる。
自:もう一度コットンガードで防御+6。(MAX)
相:ダイマ切り or 特殊交代
自:ボディプレス(もしくは交代読み電磁波+バトン)

相:普通に攻撃してくる。
自:イアの実発動。コットンガードで防御+3。
相:普通に攻撃してくる。
自:耐えてバトンで後続へ。

実際はダイジェットやダイバーンの可能性はありますが、ダイバーンでもない限りは以下の流れで処理。
自:初手コットンガードで防御3上げ。
相:ダイサンダー(50%くらい削れる)
自:もう一度コットンガードで防御MAX上昇。
相:ダイサンダー(更に30%強くらい削れる)
自:イアの実発動し、30%強くらい回復。
ボディプレスで相手を50%以上削る
相:ダイサンダー(また30%くらい削れる)
自:ボディプレスで相手を倒す。

大体はC↓の性格で努力値を振っていないですが、それでも大体半分は削られます。初手から火炎放射やダイバーンされない限りは、以下の流れで処理。
自:コットン1回目
相:様子見で電撃くちばし(15%くらい削れる)
自:コットン2回目
相:火炎放射(更に50%くらい削れる)
自:ボディプレス確1で処理

  • その他、特殊アタッカー対面の場合
素直に逃げましょう。



オススメのバトン先

ここはお好みです。
個人的には相手がバイウールーバイウールー対策として特殊アタッカーに交代してくる場面が多いと感じたので、特殊耐久ポケモン(自分は穏やかHDマホイップ)に繋いで、自己再生を挟みつつ瞑想を積む事で要塞化させています。アシストパワーとの相性バッチリです。

その他コメントで上がったバトン先は、格闘/炎をスカす事が出来る『貰い火シャンデラ』、初手からバイウールーバイウールーを酷使して疲弊してる状態でパッチラゴンパッチラゴンが後投げで飛んできた際に電気/炎を半減できる『ドラゴンタイプ(げきりんに注意)』も候補として上がりました。



苦手なポケモン

  • 特殊アタッカー。特に炎タイプ。
  • 黒い霧やアンコール持ちのポケモン。(ただし挑発については先手で1度積めればある程度は動かす事ができる)
  • ゴーストタイプ。打点が一切ない為。バトンで後続へ逃げるしか手立てがない。
  • ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)。大体はインファイトから様子見してくれるが、ほぼ確定に次の技は急所技を使ってくる為、コットンガードがあまり役に立たない。
  • タスキ持ちカラマネロカラマネロ。対面では確実に倒せない。ひっくり返すにより、こちらは積む事ができなく上に馬鹿力で一方的に起点にされる為、バトンせずに交代要。唯一の勝ち筋は、既に防御MAX時にカラマネロカラマネロが後投げされた場合のみで、ボディプレス→タスキ耐え&ひっくり返すをされる→ボディプレスで処理出来る。ただし場に残るのは防御6段階ダウンしたバイウールーバイウールーとなる。



終わりに(以下ダメ計は読みたい方向け)

初手有利対面でガン積みして置く事で、如何なる物理アタッカーも寄せ付けない壁となり、後投げされる特殊アタッカーへも大きな負荷をかける事が出来る優秀なポケモンです。シーズン6でエースバーンなどの高速アタッカーが軒並み消えている現環境ではより動きやすくなっております。ぜひ育成して使用感など教えてもらえたら嬉しいです。
また、足りない点あればコメントで御指摘頂けると助かります。



与ダメージ計算(ボディプレス)


  1. 22.1〜26.1の乱数4発(コットン無し)
  2. 54.5〜64.2の確定2発(コットン1回)
  3. 86.9〜102.2の乱数1発(コットン2回)

  1. 25.3〜30.1の確定4発(コットン無し)
  2. 62.6〜74.0の確定2発(コットン1回)
  3. 100.0〜118.8の確定1発(コットン2回)

  1. 12.6〜15.0の乱数7発(コットン無し)
  2. 31.3〜37.0の確定2発(コットン1回)
  3. 50.0〜59.0の確定2発(コットン2回)

  1. 6.2〜7.4の乱数14〜17発(コットン無し)
  2. 15.5〜18.0の乱数6発(コットン1回)
  3. 24.2〜29.1の乱数4発(コットン2回)

  1. 31.4〜37.1の乱数3発(コットン無し)
  2. 76.9〜91.0の確定2発(コットン1回)
  3. 123.0〜145.5の確定1発(コットン2回)

  1. 26.5〜31.4の確定4発(相手のB上昇無し)
  2. 17.9〜21.6の乱数5発(相手のB上昇1回)
  3. 13.5〜16.0の乱数7発(相手のB上昇2回)

※ひっくり返すをされコットン意味無しの為、コットン無しのみで考慮。
※相手の馬鹿力を考慮



被ダメージ計算(物理)

  1. 76.1〜90.5の確定2発(コットン無し)
  2. 30.8〜36.4の乱数3発(コットン1回)
  3. 19.4〜23.2の乱数5発(コットン2回)

  1. 35.8〜43.3の確定3発(コットン意味無し)

  1. 38.3〜45.2の確定3発(コットン意味無し)

  1. 29.5〜35.8の乱数3発(コットン無し)
  2. 11.9〜14.4の乱数7発(コットン1回)
  3. 7.5〜10.0の乱数10発(コットン2回)

陽気AS252はりきり珠パッチラゴンパッチラゴンダイサンダー
  1. 117.6〜138.3の確定1発。(コットン無し)
  2. 47.1〜56.6の乱数2発(コットン1回)
  3. 29.5〜35.2の乱数3発(コットン2回)

※フィールド込みで計算。
※対面ダイマの場合はスカーフ持ちでも必ずコットンを先手で1回積める為、後投げでもない限りはコットン1回目から考慮で可。

  1. 30.1〜35.8の乱数3発(コットン無し)
  2. 13.2〜15.7の乱数7発(コットン1回)
  3. 8.1〜10.0の乱数10発(コットン2回)

  1. 45.2〜53.4の乱数2発(コットン無し)
  2. 18.2〜21.3の乱数5発(コットン1回)
  3. 11.3〜13.8の乱数8発(コットン2回)

  1. 21.3〜25.7の乱数4発(コットン無し)
  2. 8.8〜11.3の乱数9〜12発(コットン1回)
  3. 6.2〜7.5の乱数14〜16発(コットン2回)

  1. 67.2〜79.2の確定2発(コットン無し)
  2. 27.0〜32.7の確定4発(コットン1回)
  3. 16.9〜20.1の乱数5発(コットン2回)

  1. 124.5〜147.1の確定1発(コットン無し)
  2. 50.9〜60.3の確定2発(コットン1回)
  3. 30.8〜38.9の乱数3発(コットン2回)

  1. 29.5〜35.2の乱数3発(相手のA上昇無し)
  2. 44.6〜52.8の乱数2発(相手のA上昇1回)
  3. 59.1〜69.8の確定2発(相手のA上昇2回)
  4. 74.2〜87.4の確定2発(相手のA上昇3回)
  5. 88.6〜104.4の乱数1発(相手のA上昇4回)
  6. 103.1〜122.0の確定1発(相手のA上昇5回)

※ひっくり返すをされコットン意味無しの為、コットン無しのみで考慮。


被ダメージ計算(特殊)

  1. 45.9〜55.3の乱数2発

  1. 65.4〜78.6の確定2発(火炎放射)
  2. 71.6〜84.9の確定2発(大文字)

  1. 81.7〜96.8の確定2発

  1. 42.1〜49.6の確定3発

  1. 144.6〜171.0の確定1発

  1. 91.1〜108.1の乱数1発

  1. 81.1〜96.2の確定2発

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/09/24 12:33

バイウールーの他の育成論を探す (7件) >>

スポンサーリンク

コメント (35件)

20/09/17 12:12
16優 (@lostcolor05)
>13 ref様 
たびたびのコメントありがとうございます
頂いた意見を元に、調整させていただきました

ホルードの件ですが、候補としてはいいのかなと思うのですが、トゲキッストゲキッスの大文字耐えが出来なくなるのかがわからないので、一度計算した上で他調整案の欄に記載させていただきます
20/09/17 12:13
17優 (@lostcolor05)
>14 むちころ様

たびたびのコメントありがとうございます
仰る通り伝え方が悪かったと感じたので、文言を修正してみました

貴重なご意見、感謝いたします
重ね重ねありがとうございます
20/09/17 13:12
18たらぁ@ポケモン垢 (@DuUmVLt7IKMfZEd)
55555
育成論の投稿お疲れ様です。

珠パッチラゴンのかえんほうしゃの話題が上がっていますが、珠持ちであってもポケモンホーム(参考程度)を見る限り性格がむじゃきでの採用が1.9%であり、9割以上がCに下降補正のかかるいじっぱりやようき個体です。下降補正のかかっていない珠かえんほうしゃでは確定2発ですが、下降補正がかかると乱数が絡んできます。

また、使用したわけではありませんが、
珠パッチラゴンが初手から放射をうってきた場合やスカーフパッチラゴンがでんくちで突っ込んできた場合にはコットン→バトン〔バトン先としてはでんきとほのお技が半減(例:ドラゴンタイプ)かつ全抜きのアタッカーか相手を詰ませることができるポケモン〕が安定行動になるのではないかと思いました。
前者では放射2発で倒される可能性があるため、後者ではダイマをきられて特殊ダイバーンで吹き飛ばされ可能性があるため。

防御方面の高速積み技とボディプレスを持ち、環境トップのパッチラゴンを上回る素早さを兼ね備えて、バトンタッチにより柔軟かつ強い立ち回りができるというのはこのポケモンにしかできない強みですね!この型を使ってみたいと思いました。
長文失礼致しました!
20/09/17 15:31
19でんげきは返して…
格闘技、炎技をすかせるもらいびシャンデラがバトン先によいのではないでしょうか
20/09/17 17:15
20優 (@lostcolor05)
>16
たらぁ様

コメント頂きましてありがとうございます
またお褒めの言葉、めちゃくちゃ嬉しいです。

パッチラゴンの性格、陽気(C↓S↑)か意地(C↓A↑)のイメージが強いですね…

立ち回りとしては、仰る通りパッチラゴンパッチラゴンC80の火炎放射が飛んできたらバトン安定です。火炎放射を搭載するメリットは恐らくナット対策だと思うのですが、個人的な経験則だとC下がりの性格で特殊を使うより自慢のA100を生かした炎の牙が飛んでくる事が多かったような気がします。それならバトンせずにゴリ押しもできるのですが…

いずれにしても環境に火炎放射型パッチラゴンパッチラゴンがいる事を考慮して、その場合のダメ計と、立ち回りへ注記記載させていただきます。

バトン先のドラゴンについてはバイウールーバイウールーパッチラゴンパッチラゴンを突破出来る事を前提としているので候補としてあげていなかったのですが、相手が物理アタッカーばかりで有利だからとバイウールーバイウールーを酷使してると、最後の1匹でパッチラゴンパッチラゴンが飛んできた事もあるので、バトン先候補の欄でリスクヘッジ案として記載させていただきます。
20/09/17 17:20
21優 (@lostcolor05)
> 19 でんげきは返して…様

コメントありがとうございます。
私はシビルドンを返して欲しいです。

バトン先の候補頂きまして助かります。
早速記入させていただきました
20/09/17 19:51
22ナモのみ
>19>21
シャンデラはバトン先というより単なる引き先の方がいいと思います。
炎、格闘技を受ける際バトンタッチだとウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ルカリオルカリオ等に対し後攻をとってしまう上、バトン先にするならもっと全抜き適正のあるポケモンパッチラゴンパッチラゴンリザードンリザードンがいるからです。
20/09/17 20:19
23優 (@lostcolor05)
>22 ナモのみ様

改めてコメントありがとうございます。
後攻となっても耐えてバトンを繋げる為、対面次第では有りかなとは思います。(小さくなるシャンデラシャンデラとは相性が良さそうだとは感じました)

ですが、バトン先としてより突破力を選ぶのであれば、ナモのみ様が仰る通り、もっと良いバトン先があるかも知れません。

私がトップメタなポケモンを使わない事もあり、バトン先まであまり考慮していなかったので、意見色々聞かせていただけて感謝です。
20/09/23 12:09
24優 (@lostcolor05)
コメントを参考に、記事を大幅に修正しましたのでご報告申し上げます。コメントくださった皆様方、ありがとございます
20/09/23 21:39
25マリルリさん
育成論の投稿お疲れ様です。
僕は性格ずぶといのHBぶっぱで適当に使っていましたが、Sに努力値を振ることでこんなにも変わるのか( д) すげぇなぁと思いながら育成論を拝見させていただきました。
本当にすばらしい型だと思います。

自語りとなってしまいますが、最近色違いのウールーをゲットすることができましたので、僕もこの型で使ってみたいと思います。

心内評価で申し訳ございませんが、評価は5です。
20/09/24 00:45
26優 (@lostcolor05)
>25 マリルリさん様

コメントありがとうございます
心内評価でも評価頂けて、とても嬉しいです!

マリルリさん様が育てられた図太いHBぶっぱでも、『コットンガード』『バトン』『ボディプレス』が使えるというだけで他のポケモンとの差別化は充分だと思いますが、耐久ポケモンの中ではかなり素早いので長所を更に活かすのも良いかなと思って考えた次第です。是非お試し頂けると嬉しいです

ただ一つ、耐久型のポケモン全般に言えますが、ある程度技構成などがテンプレ化してる為、中堅ポケモンが使いがちな絡め手系の技(一番ヤバいのはアンコール)にはご注意です

P.S.色違い良いですね!実は私も色違い厳選勢でして、いつかは欲しいなぁとずっと思ってる子でした。
大事にしてあげて下さいませ!
20/09/24 06:26
27大魔王麻痺バグ怯み
しかしなぁ・・・・こ
んなの評価する価値も

い!!どこがもふもふだ!!わざと
ひくく見せようとしやがって!!
よ〜く考えろ!!自分のしたことを!!
うそじゃないか!!
カッチカチじゃねえか!!ふざけるな!!
5回◯ね!!
で、地獄で焼かれろ!!
すかすかの育成論のくせに


(ついさっきこの型のバイウールーにコットンボディプレで3タテされたので許して)
20/09/24 07:24
28優 (@lostcolor05)
>27 大魔王麻痺バグ怯み様

コメントありがとうございます
序盤の草で出てくるとは思えないくらい対戦向きですよね…ライバルの手持ち補正かもしれません…

さて本題です。
対策されたくないのであまり深い記述はしませんでしたが、対バイウールーバイウールーの場合、どうしても型が固定化されてしまう為、環境でバイウールーを見かけたらコットンとボディプレスで間違いないです。
その為、完全に機能停止させるにはアンコールする事です(他の耐久ポケモンと違い、一度コットンを積むと挑発ではあまり止まらなくなります)

是非、ランクマでこの子を暴れさせてあげて下さい
20/09/24 17:12
29色ポリゴン
投稿お疲れ様です。
ランクマで、バイウールーを見かけたので使ってみたいと思いました。

とても素晴らしい育成論だと思いました。心内評価5をつけさせていただきます。
20/09/24 17:27
30優 (@lostcolor05)
>29 色ポリゴン様

コメントありがとうございます
心内評価5と言っていただけて非常に嬉しいです

是非、育成して使いやすければまた是非教えてください!
20/09/24 17:40
31ルカリオ
すみませんが、理想個体を教えてください。
20/09/24 18:32
32優 (@lostcolor05)
>31 ルカリオ様

コメントありがとうございます
理想個体ですが、H/B/D/Sの4Vで充分だと思います。
強いて言うのであれば、イカサマ対策にAが出来るだけ低い事が望ましいです
20/09/25 07:58
33ルカリオ
>32
丁寧に、教えていただきありがとうございます。
20/09/25 21:49
34ルカリオ
すみません!書いていたのに、完全に見落としてました。
それなのに、ちゃんと教えてくれてありがとうございます。
20/09/26 04:28
35優 (@lostcolor05)
>34 ルカリオ様

此方こそ二度もお礼いただいてありがとうございます

育成して思う存分ランクマで暴れさせてあげてください!

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy