dummy

ポリゴン2- ポケモン育成論ソードシールド

かいでんぱポリゴン2【ちょうのまい・めいそう型を置物に】

2020/07/21 18:07 / 更新:2020/08/27 21:35

ポリゴン2

HP:HP 85

攻撃:攻撃 80

防御:防御 90

特攻:特攻 105

特防:特防 95

素早:素早 60

ツイート4.294.294.294.294.294.294.294.294.294.29閲覧:7468登録:1件評価:4.29(7人)

ポリゴン2  ノーマル  【 ポケモン図鑑 】

性格
おだやか(特防↑ 攻撃↓)
特性
アナライズ
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 防御:60 / 特攻:4 / 特防:196 / 素早:4
実数値:191-x-118-126-154-81 / 個体値:31-x-31-31-31-31
覚えさせる技
ほうでん / れいとうビーム / かいでんぱ / じこさいせい
持ち物
しんかのきせき

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊受け / ダイマックスしない
登録タグ

考察

  • ダメージ計算はOZYさんのVS SWSHを使用させていただきました。「耐える」という表現で、最高乱数以外を耐える、あるいは同程度の確率で耐えるという調整を行っている所が多いです。ご了承ください。
  • 略称を使っています。
  • H:HP A:攻撃 B:防御 D:特防 S:素早さ 珠:いのちのたま GF:グラスフィールド
  • ポケ徹育成論初心者なので、ポケモン自体や投稿の改善点をコメント頂けると嬉しいです。

要旨

  • 特殊受けポリゴン2ポリゴン2の弱点として遂行速度の遅さがある。その隙に積まれて崩されるのを防ぐためにかいでんぱを採用した。
  • また、わるだくみ・じゃくてんほけん・ラムのみ・ピントレンズ全てのトゲキッストゲキッスに戦うためにかいでんぱを採用。ただしどれだけやってもトゲキッストゲキッスは運次第
  • 特化高火力ダイマックスポケモンに対しては後出しからの受けは成立し難いので、ストッパーとしての役割になる。
  • 多くのめいそう・ちょうのまいアタッカーは受ける事ができる。

採用理由と役割

 物理・特殊どちらも受けられる万能ポケモンであるポリゴン2ポリゴン2だが、耐久特化だとどうしても遂行速度が遅くなり、無理やり突破されたり、その隙にダイマックス技、じゃくてんほけん、ちょうのまい、めいそうなどで突破されてしまう。それを防ぎウルガモスウルガモストゲキッストゲキッスなどに強くなるためにかいでんぱを採用した。
 vsトゲキッストゲキッスを想定した場合、かいでんぱを先に入れる事ができれば弱点保険をある程度ケアできる。わるだくみで突破を試みられる場合はかいでんぱで打ち消していく。ピントレンズの場合はかいでんぱを入れつつ自己再生で隙を見て削りを入れる。というコンセプト。ただ正直どうしても運に寄ってしまう。
 ウルガモスウルガモスの型の多くは完封できる。珠キョダイリザードンリザードンへの後出しは厳しい。トゲキッストゲキッスは後出しだろうが対面だろうが運次第。
 またランクルスランクルスなどのめいそう積みポケモンに対しては受けが成立する。耐久上昇を防ぐ事はできないのでお互いに決定打がなくなるが、Cは-6の状態に持っていく事はできるので後続で崩したり、流す事ができる。ゴチルゼルゴチルゼルはBCD+6まで積まれると死に出しでも受けられない。対面でC-6にしておけば、火力はかなり抑えられる。
 ダイアシッドでCを上げてくるトリルドラミドロドラミドロなどを受けられるようになる。かいでんぱがないとこちらもダイマックスをして打ち合うしかない。
 キョダイセンリツラプラスラプラスに対してかいでんぱを使ってダイマックス・オーロラベールのターンを枯らすこともできる。ダイマックスが切れた後、ぜったいれいどを1発で当てられたら厳しい。
 似た型はヒートロトムヒートロトムでもできる。ポリゴン2ポリゴン2が有利な点は素の耐久と再生回復がある事、ヒートロトムヒートロトムの優れた点はキョダイリザードンリザードンに強く、Sに振ると先制でかいでんぱや鬼火を撒ける事。

持ち物

しんかのきせき

性格・特性・努力値と調整

H244 B4 C4 D252+ S4 (またはH244 B60 C4 D196+ S4) アナライズ
H:16n-1
B:いじっぱりギャラドスギャラドス ダイジェット2耐え
 いじっぱり鉢巻ゴリランダーゴリランダー GFグラススライダー GF込み2耐え
 いじっぱり珠ゴリランダーゴリランダー はたきおとす→GFグラススライダー GF込み耐え
C:アナライズほうでん H4ギャラドスギャラドス ほぼ1発
 実際に運用しているのはB調整した個体だが、耐久がギリギリになる場合が多いので、基本的にはHD特化が良さそう。ただ下記のダメージ計算からも、HD特化しても、相手が火力特化していると受けは成立しない。ただ実際には火力を削っていたり、ダイジェットなどをしてくる事が多いのでB調整でも活躍する。死に出しならだいたいは対応できるので、受けというよりはストッパーに近いか。
 B調整については主にギャラドスギャラドスを意識しているが、珠やダイストリームで攻められるとこちらもダイマックスしないといけないので注意。
 特性については火力を補うアナライズで作成。役割対象はD>Bの可能性が高く、からげんきを入れないならダウンロードはこの型には不適と思う。いかくギャラドスギャラドスを意識したり、トゲキッストゲキッスの型判断のためのトレースは考慮。アナライズとトレースは両方使ったが、五分五分のかややアナライズ優位の印象。

技構成

ほうでん
 主な遂行技。この型では相手がしびれた隙に削っていく事を狙う事も多い。
全てアナライズ発動
H4ギャラドスギャラドス:98.2-116.9%
H4リザードンリザードン:61.0-72.7%
H4トゲキッストゲキッス:45.9-54.6%
H252トゲキッストゲキッス:38.5-45.8%
ダイサンダー(130)
H4リザードンリザードン:100.0-118.1%
H4トゲキッストゲキッス:74.5-88.1%
H252トゲキッストゲキッス:62.5-73.8%
れいとうビーム
 相性補完に優れている。ドラパルトドラパルトゴリランダーゴリランダーなど打つ相手は多い。メインの役割対象ではなくても交代ケアで打ったり、回復持ちを凍らせる狙いで打ったり。打つ機会はほうでんに比べると少ないが、ほうでんだけだと後続への負荷が小さすぎる。
かいでんぱ
 この型のコンセプト。受けを成立させるため、積みで崩されないために。とける・瞑想使いへのごまかしにもならなくはない。この技を変えれば一般的なHDポリゴン2ポリゴン2となる。かいでんぱのPPが15で、わるだくみのPPが20なので、増やしておくと可能性を残せる。
じこさいせい
 これだけでも相手のダイマックスターンを枯らせる事は多い。
他の技
トライアタック
 トゲキッスの弱点保険を発動させずに削りを入れられるが、Cに振らないと火力不足。その隙があればかいでんぱか、ほうでんで麻痺を狙いたい。
イカサマ
 仮想敵が特殊なのでイカサマは合わない。ただB無振りでも十分固いので物理相手も戦えなくはない。
からげんき/サイコショック
 めいそう/ちょうのまい積みポケへの遂行技に。一番は今後増えそうなウルガモスウルガモスのみがわりに対してか。
からげんき アナライズ発動
H252ウルガモスウルガモス:28.6-34.3%
サイコショック アナライズ発動
H252ウルガモスウルガモス:30.2-35.9%
トリックルーム
 トゲキッストゲキッスなどはトリックルームを絡めて突破できる可能性もあるが長引けば逆に不利になる。後続のサポートも狙うなら。

立ち回り例

 特殊アタッカー対面なら、かいでんぱから入るのが安定する。物理に交換される可能性も考慮して、余裕があればほうでんなどから入りたい。
 後出しの場合、理屈的には被ダメージが40%未満の場合は、2回+半減1回を耐えるので、かいでんぱから入っても良い。高火力、ダイバーンなど天候変化がある場合は先に自己再生で粘るか、こちらもダイマックスをしてダイウォールでまずダイマックスターンを枯らす。ちょうのまいなどの積み技の場合は、かいでんぱから入る。相手がちょうのまい・めいそうの場合はC-6まで下げた状態で削っていくか、後続で詰めにいく。

被ダメージ計算

H244D196+ポリゴン2ポリゴン2
ほのおのまい:21.9-25.6%
だいもんじ:28.7-34.5%
ダイバーン(140):36.6-43.9%
H244D252+ポリゴン2ポリゴン2
だいもんじ:24.0-28.7%
珠だいもんじ:31.4-37.1%
ダイバーン/キョダイゴクエン(150):32.9-39.2%
珠ダイバーン/キョダイゴクエン(150):42.9-50.7%
エアスラッシュ:22.5-27.2% 急所 26.7-31.4%
珠エアスラッシュ:34.5-40.8%
ダイジェット/ダイフェアリー:30.3-36.1% 急所:45.5-53.9%
珠ダイジェット:39.2-47.1%
雨珠ハイドロポンプ:65-77.4%
雨珠ダイストリーム(140):82.9-97.9%
キョダイセンリツ(130):36.1-42.9%
H244B60ポリゴン2ポリゴン2
珠はたきおとす:27.2-32.4%
珠グラススライダー:57.8-68.0%(しんかのきせき無し)
鉢巻グラススライダー:43.9-52.3%
ダイジェット:42.4-50.2%

このポケモンの対策と相方

 一般論として火力はなく交代際の負荷が小さいので、かいでんぱやじこさいせい読みで物理アタッカーに交代する。基本的なポリゴン2ポリゴン2と同様ちょうはつやこだわりトリックで崩すなどは普通に有効。
 これもHDポリゴン2ポリゴン2一般だが、HBカバルドンカバルドンドヒドイデドヒドイデとの並びで多くのポケモンを見る事ができ、実際良く見かける。この辺の物理受けと組ませてキツイのは補助技持ちの両ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)、みがわりポリゴン2ポリゴン2、ボディプレスジバコイルジバコイルゴリランダーゴリランダーなどか。特に相手にポリゴン2ポリゴン2がいる場合は、受け×2の選出をしないか、パワーのある格闘エースを入れたい。ポリゴン2ポリゴン2にみがわりがなければかいでんぱを入れて裏の起点にする事はできるが、こちらのポリゴン2ポリゴン2に出してくる時点で期待はできない。ジバコイルジバコイルはボディプレスがあってもてっぺきを先に積むのでかいでんぱを入れて、裏に特殊ドラパルトドラパルトなどを入れておくと誤魔化せなくはない。が、先制みがわりは重い。
 またトゲキッストゲキッスは一応役割対象であり、対面なら不利ではないが、運で簡単にひっくり返されるのでHDポリゴン2ポリゴン2単体で見るのは危険。圧倒的な不利対面を作るゴリランダーゴリランダーなどを共に選出しない事や、相方のカバルドンカバルドンにヘビーボンバーを入れる事などケアは必要。

使用感(個人的な感想)

 HDポリゴン2ポリゴン2としての仕事は普通にできるので、普通に強く使いやすい。本来積みの起点にされ、積極的に出されるウルガモスウルガモスを逆に完封できるのは強い。急所やギガドレインなどで押し通すつもりか、基本的にウルガモスウルガモスは引いてこないが、よほど運が悪くない限り急所やギガドレインも怖くない。PokemonHomeではみがわり持ちも一定数いるようだが、自分のレート帯では当たった事は無いのでとりあえず無視している。リザードンリザードンキングドラキングドラなどのダイマックスエースを通してくる流れでは、かいでんぱがほぼ通るので、ストッパーとして有能。
 ポリゴン2ポリゴン2を起点にめいそうを積もうとしてくるポケモンは多いので、そいつらを技スペース一つで対策できるのは強い。
 本来役割対象であるトゲキッストゲキッスはなかなか安定しない。型が悪いと言うよりも基本的に遅いポケモンでは安定させる事は無理かもしれない。
 みがわりポリゴン2がめちゃくちゃ多いのは厄介。先制でかいでんぱを入れられればみがわりも然程怖くはないが、どこまでSを振るか答えが出ない。
 やむを得ずギャラドスギャラドスドラパルトドラパルトを相手せざるを得ない事もあるので、B振りもありだが、HD特化の方が安定はしそう。
 今はれいとうビームをトライアタックにして、トレースで使ってみている。今の所五分の使用感。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/08/27 21:35

ポリゴン2の他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (4件)

  • ページ:
  • 1
20/07/30 03:02
1匿名希望
育成論読ませていただきました。
面白い型で使ってみようと思ったのですが、ひとつ疑問点があったのでお聞きします。
攻撃技構成をほうでん、れいとうビーム、その他でトライアタックなどの特殊技のみを上げていますが、めいそうを積んでくる敵を仮定しているならば、aの個体値を31にしてしまって物理技のからげんきを覚えさせてもいいんじゃないかと思いましたがどうでしょうか?
20/07/30 17:23
2john (@john_s_00000)
匿名希望さんコメントありがとうございます。
ご指摘のようにウルガモスウルガモスなどに対してからげんきは有用ですね。実際に使ってみるとみがわりのないウルガモスウルガモスは遂行スピードが気にならないくらい完封できるので気にしてなかったですが、みがわり持ちも既に一定数いるみたいなのでからげんきは有用そうです。グラスシードがやや怖いですが。
面白そうなので、少し考察して追加してみようと思います。ありがとうございます。
20/08/04 22:13
3名無し
育成論投稿お疲れ様です!さすがポリ2、考察のし甲斐がありますね(笑)     一つ意見なのですが、このポリ2は特殊受けがメインということでトゲキッスなどには強いですが、物理受けは厳しいですよねー、、そこでこのポリ2と組ませると強いポケモン=物理受けポケモンを何匹か記載されてはどうでしょうか?HBカバルドン等々、、
20/08/06 11:49
4john (@john_s_00000)
 名無しさん、コメントありがとうございます。
 ご指摘のように物理相手は苦手ですね。それでもギャラドスギャラドスドラパルトドラパルトくらいとは戦えますが非役割対象なので基本的には退きたいです。
 自分の今のPTは仰る通りのHBカバルドンカバルドン(アッキのみ、ヘビーボンバー持ち)と組ませつつ、裏に格闘エースを2体入れています。
 相方の考察を追記して見ました。ごく普通の事しか無く、あまり具体的ではないですが…なにかご意見等頂ければ幸いです。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ポリゴン2の育成論::かいでんぱポリゴン2【ちょうのまい・めいそう型を置物に】

このサイトについて | プライバシーポリシー | ポケ徹@Twitter

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy