dummy

ミルタンク- ポケモン育成論ソードシールド

【環境対策型】そうしょくミルタンク【ダイマックスエース】

2020/07/14 13:16 / 更新:2020/07/17 19:53

ミルタンク

HP:HP 95

攻撃:攻撃 80

防御:防御 105

特攻:特攻 40

特防:特防 70

素早:素早 100

ツイート4.834.834.834.834.834.834.834.834.834.83閲覧:10743登録:13件評価:4.83(11人)

ミルタンク  ノーマル  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早↑ 特攻↓)
特性
そうしょく
努力値配分(努力値とは?)
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
実数値:171-132-125-x-90-167 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
すてみタックル / かわらわり / じゃれつく / ほのおのパンチ
持ち物
いのちのたま

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックスする
登録タグ

考察

はじめに

はじめまして、田中摩美々と申します。
初めての育成論の投稿としてそうしょくミルタンクミルタンクミルタンクの投稿をさせていただきたいと思います。
2020年7月14日現在、剣盾環境におけるミルタンクの育成論の投稿はなく、ミルタンクを使いたい方は困っているのではないかと思い投稿を決意しました。
実際に使用してみたところ思った以上にポテンシャルの高いポケモンダイマックスエースとしては十分素質を秘めているように感じました。
初めての投稿なので至らない点も多いと思いますがどうかよろしくお願いします。
それでは育成論に移りたいと思います


ミルタンクミルタンクミルタンクとは

まずはミルタンクミルタンクミルタンクというポケモンについてどのような性能を持っているのかを説明させていただきます。
本育成論では、ミルタンクの持つS100という高いすばやさ種族値およびダイアタックのSを一段階下げるという性能、そしてとくせい:そうしょくというくさ技を受けるとAが一段階上がるという性能、現在の環境に置いて優秀な性能の数々に注目しました。
またH95B105と高めの物理耐久も持っておりダイマックス適正も高いポケモンである点も魅力です。
しかしその優秀な性能とは裏腹に環境ではほとんどみることのないポケモンであり、ほとんどのユーザーがその性能についてあまり知ることはないように思われるところである。


採用理由

2020年7月14日現在、使用率二位を誇る環境ポケモンゴリランダ―ゴリランダーゴリランダーを起点にダイマックスエースとして活用できるポケモンがいないか考えたところミルタンクミルタンクミルタンクの採用に至りました。
最初はゴリランダ―対策としてエースバーンエースバーンエースバーンを採用していたのですが、ゴリランダ―相手には確実には後受けすることができない欠点があるため、ミルタンクの特性:そうしょくに注目し、実際に活用したところ構築で誘導してあげればダイマックスエースとして十分な素質を持っていることに気づきました。


本論のミルタンクミルタンクミルタンクの役割

ゴリランダ―ゴリランダーゴリランダー相手を起点としたダイマックスエース。グラスライダー、ドラムアタック、ウッドハンマーなどのくさ技を起点にとくせい:そうしょくを発動することでAを一段階上げ全抜きを狙う
環境に多いエースバーンエースバーンエースバーン相手にもそうしょく発動時はダイアタックでSを一段階下げることで打ち勝つことができる。また、ポリゴン2ポリゴン2ポリゴン2相手にもダイナックル連打で安易な受けを許さない。

特にそうしょく発動下においては、非常に高い抜き性能を持っており、相手のダイマックスによる対応に対してもほとんどの場面で打ち勝つことができることが判明しました。
以下、そうしょく発動下に置いて採用確定技を用いた際に打ち勝てるダイマックス相手一覧(2020年7月14日環境TOP10までを記載)
()内は使う技を記載
・エースバーンエースバーンエースバーン(ダイアタック)
・ゴリランダ―ゴリランダーゴリランダー(ダイバーン)
・ドラパルトドラパルトドラパルト(ダイフェアリー)
・ポリゴン2ポリゴン2ポリゴン2(ダイナックル)
・トゲキッストゲキッストゲキッス(ダイアタック)
・ドリュウズドリュウズドリュウズ(ダイナックル)
・ジバコイルジバコイルジバコイル(ダイナックル)


持ち物

いのちのたま
火力が多少心もとないためわざの威力が1.3倍になるいのちの珠を採用することで補うこととした。
いのちのたまの採用により確定数が大きく変わるパターンが多い。
ダメージ計算は後に記述。


性格・努力値と調整

ようき
じゃれつくを採用し、おくびょう最速サザンドラサザンドラサザンドラを抜くために最速採用。

努力値 A252 S252 H4
上記の理由で最速採用、最速にすることでウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ウーラオスミミッキュミミッキュミミッキュなどの環境に多いポケモンも抜くことができる。
また元の火力が低いためAには252振りして採用した。


技構成

確定技
すてみタックル 
メイン技、主にダイアタックでエースバーンエースバーンエースバーンなどの素早いポケモンのSを下げるため、または等倍の相手にメイン火力としてダメージを与えるために使う。

かわらわり
主にポリゴン2ポリゴン2ポリゴン2やドリュウズドリュウズドリュウズなどを突破するために採用。ダイナックルで火力をあげつつポリゴン2を突破する。

じゃれつく
主にドラパルトドラパルトドラパルトやサザンドラサザンドラサザンドラなどのドラゴンタイプに撃つために採用。ダイフェアリーでドラゴン技の威力を下げつつ火力を確保することができる。

ほのおのパンチ
HAいじっぱりゴリランダーゴリランダーゴリランダ―に対する安定選択、環境に増えた耐久振りゴリランダーに対して強くでることができる。

選択技
10まんばりき
ドラミドロドラミドロドラミドロやジバコイルジバコイルジバコイルなどにピンポイントで撃つために採用。またダイアースで耐久上昇も狙える。

アイアンローラー
ダイマックス時、Bをあげつつ攻撃したい際に使うために採用。ミミッキュミミッキュミミッキュなどのフェアリータイプへのピンポイント対策にも。

アイアンヘッド
同上、非ダイマックス状態でも打ちたい場面が多い場合は採用可能。

こらえる
主にダイウォールおよび相手のダイマックスを枯らすために用いる。


立ち回り例

主にゴリランダ―ゴリランダーゴリランダーに対する受け出しで使う、はたき落とすおよびキョダイコランダには警戒が必要。
対面からはキョダイコランダの選択が多いと思うので注意が必要
受け出しによりそうしょくの発動に成功した際はダイマックスし、ダイバーンから入りゴリランダ―および後続を倒していくことを狙う。


与ダメージ計算

(草食発動時のみ記載)
ダイアタック
H4振りゴリランダ―ゴリランダーゴリランダー 
通常 105.1~123.8%(確定1発)
DM 52.5~61.9%(確定2発)

H4振りエースバーンエースバーンエースバーン
通常 137.1~162.1%(確定1発)
DM 68.5~81%(確定2発)

H4振りトゲキッストゲキッストゲキッス
通常 109.9~131%(確定1発)
DM 54.9~65.5%(確定2発)

HB252振り性格補正カバルドンカバルドンカバルドン
56.2~66%(確定2発)

ダイナックル
HB252振り性格補正ポリゴン2ポリゴン2ポリゴン2
50.5~59.3%(確定2発)

H4振りドリュウズドリュウズドリュウズ
通常 119.4~140.5%(確定1発)
DM 59.7~70.2%(確定2発)

HB252振り性格補正ジバコイルジバコイルジバコイル
54.2~64.4%(確定2発)

ダイフェアリー
HB252振りドラパルトドラパルトドラパルト
通常 102.5~121.5%(確定1発)
DM 51.2~60.7%(確定2発)

H4振りサザンドラサザンドラサザンドラ
通常 272.6~322%(確定1発)
DM 136.3~161%(確定1発)

ダイバーン
H252振りゴリランダーゴリランダーゴリランダー  
通常 110.6~130.4%(確定1発)
DM 55.3~65.2%(確定2発)

被ダメージ計算

(被ダメージはDM時のみ計算)
いじっぱりA252こだわりハチマキゴリランダ―ゴリランダーゴリランダー ばかぢから
61.4~72.5%(確定2発)

いじっぱりA252グラスフィールドゴリランダ―ゴリランダーゴリランダー キョダイコランダ
53.5~63.1%(確定2発)

A252いのちのたまエースバーンエースバーンエースバーン とびひざげり
75.1~88.8%(確定2発)

C252トゲキッストゲキッストゲキッス ダイジェット(エアスラッシュ)
41.2~48.5%(確定3発)

A252ドリュウズドリュウズドリュウズ ダイスチル(アイアンヘッド)
31.8~38%(乱数3発)

B252ジバコイルジバコイルジバコイル ボディプレス
23.9~28.6%(乱数4発)

A252ドラパルトドラパルトドラパルト ダイドラグーン(ドラゴンアロー)
29.8~35%(乱数3発)


相性の良い味方

ゴリランダ―ゴリランダーゴリランダーを呼びやすい編成が重要であるため、ゴリランダ―を呼び込みやすいとするれんげきのかたウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ウーラオスやウォッシュロトムロトムロトムなどと相性が良い。
また、苦手なゴーストタイプの処理を任せられるいちげきのかたウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウーラオスや特殊ドラパルトドラパルトドラパルトなども相性が良い。
兎にも角にも編成でゴリランダ―にくさ技を撃たせるようなパーティ構築をすることが大切である。


このポケモンの対策

ゴーストタイプとは、とくせい:きもったまを所持していることで択が取れる場面もあるがこの型は基本的に苦手としている。特にしんかのきせきガラルサニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル)サニーゴは突破手段がなく天敵である。またダイアタックの性質上、トリックルームの展開に弱く、特にトリル下でのアローラガラガラ(アローラ)ガラガラ(アローラ)ガラガラなどは突破手段がない。一応、とくせい:あついしぼうがあるためフレアドライブに関しては択を迫ることは可能だが本育成論の型では苦手であるといえる


さいごに

育成論の投稿は始めてで至らない点が多いと思いますので、問題点改善点などあれば気軽にご指摘していただけると幸いです。
また感想等も楽しみにお待ちしております。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/17 19:53

ミルタンクの他の育成論を探す (2件) >>

スポンサーリンク

コメント (16件)

  • ページ:
  • 1
20/07/14 13:59
1だいすきクラブ (@_Mikoppe)
面白いですね。ダイウォール枠に補助技が欲しいと思いました。
20/07/14 17:57
2田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
全体的に投稿の細部を見直し、見易いように修正しました。
選択技に「こらえる」を追加しました。

>>1
貴重なご意見ありがとうございます。
確かにご指摘の通り変化技を採用するのも強いと思いました。
選択技の欄に「こらえる」の記述を追加しました。
相手のダイマターンを枯らすのにもちょうど良さそうですね。
20/07/14 18:07
3名無し
ミルタンクの育成論、いままでなかったことすら知らなかったので参考になりました。
欠点は草食が知られている相手にはくさ技を誘い出すのが難しそうだなぁという点だと思いました。
全体的にダメージ計算なども多くよく考察されていらっしゃるなぁという印象です。
楽しく読ませていただきました投稿お疲れさまでした。
20/07/14 18:20
4名無し
参考にさせていただきます。
ミルタンクの潜在性を知ることができ、参考にさせていただこうと思います。
ただ、私の中ではキョダイコランダの存在が不安要素として存在しております。実際の対面の際には、私でしたら交代読み、グラスフィールドを加味してキョダイコランダを連発する可能性があります。
20/07/14 18:21
5田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
>>3
感想、貴重なご意見ありがとうございます。
そうしょく警戒に関しては、パーティ全体にとってはそちらの方が安易にくさ技を撃たれない点で逆にアドバンテージがあるといった印象です。
実戦で使ってみたところ警戒されたのは十戦中一戦ほどだったのでまだまだ大丈夫とは現時点で感じておりますが、たしかにキョダイコランダやくさ技を撃たれなかった場合にもまだまだ考察が必要かなと感じております。
特にキョダイコランダに関しては、ダメージ計算等を導入するなどして考察を伸ばしていきますね。
好意的な感想ありがとうございました。励みになります。
20/07/14 18:25
6田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
>>4
貴重なご意見ありがとうございます。
キョダイコランダに関しては、現状実戦での経験がないのでダメージ計算等をして考察を伸ばしていきたいと考えているところです。
明確な回答ではなくて申し訳ございません。
感想ありがとうございます。励みになります。
20/07/14 18:44
7田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
グラスフィールド下のキョダイコランダのダメージ計算を追加しました。
またキョダイコランダに関する記述を少し加えました。
20/07/15 09:10
8mams (@Vcat0719)
55555
育成論読ませて頂きました。
草食発動下でわりと火力出るんですね…。
キョダイコランダによる貫通があるとは言え、ゴリラよりもミルタンクミルタンクのSが上なので草技受け出し後のDMで押し切れそうですね。
前の方も言っておられますが、よく考察されていると思います!
1点被ダメのいじっぱりA252グラスフィールドゴリランダーゴリランダーのキョダイコランダですが、確定2発ではないでしょうか?
恐らくゴリランダーゴリランダー側に性格補正がかかってないものと思われます。
20/07/15 18:13
9田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
いじっぱりA252グラスフィールドゴリランダ― キョダイコランダのダメージ計算を修正。

>>8
貴重なご意見ありがとうございます。
キョダイコランダのダメージ計算確かに性格補正を加味してませんでした、申し訳ないです。修正しておきました。
ミルタンクの高いSは本当に優秀なラインだと思っていてゴリランダ―だけではなくサザンドラまでDM状態になりつつ一方的に殴れるのは本当に良いですよね、もっとミルタンクの強さや魅力が広がって欲しいと思ってるところです。
感想ありがとうございます、本当に励みになります。
20/07/16 22:11
10黒いしー (@Sheep_EAKM)
育成論読ましていただきました。
自分もゴリランダーを流す意味でミルタンク使っているのですが、受け出しだからと腕白HBベースでしか考えていなかった為、とても参考になりました。
何故ミルタンクなのかと言うのが分かりやすく、とても良い育成論だと思います。
一つ質問なのですが、環境が回ってきて最近ゴリランダーが有利対面の場合、剣舞されることが多く正直HBミルタンクでも受け出しが厳しいと考えていました。
田中様はどう対処されていますか?
20/07/16 23:49
111 と同じ
かわらわりの代わりにボディプレスは候補に入りませんか?少し使用感は変わって、ダイマ時はダイスチル安定になりそうです
20/07/16 23:52
12田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
>>10
ご感想を書いていただきありがとうございます。同じミルタンク使いに少しでも参考になればと思い書いた育成論なのでお役に立てる部分が少しでもあれば幸いです。
ミルタンクの使い方ですが、私は主にハチマキれんげきウーラオスからの受け出しに用いております。ウーラオスはゴリランダ―よりSが勝っている点、またインファイトの火力なら安易な積みを許さない二点によって相手がグラスライダーを撃たざるをえない局面を作れているように感じます。(もちろん読まれてはたき落とすなどを選択されることもありました)
参考になれば幸いです。ご感想本当にうれしいです、ありがとうございました。
20/07/17 00:01
13田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
>>11
貴重なご意見ありがとうございます。
本論の性質上、ミルタンクはダイマックスエースの立ち位置になっており、またダイナックルの性質上ボディプレスとの相性は多少悪いように感じております。ダイナックルにおける火力もかわらわりとの差がなく本論ではかわらわりを採用させていただきました。
育成論を書くにあたって格闘技の候補としてきあいパンチとボディプレスも候補として考えていましたが、実際に運用したところゴリランダ―をダイアタック一回ないし二回で倒す本論のミルタンクでは、運用は難しいという結論にいたりました。
ただボディプレスメインの運用も面白そうなので、ぜひ育成してみて欲しいと思いました。
20/07/17 15:19
14LB2
育成論投稿お疲れ様です。

一つお聞きしたいのですがゴリランダーに対する与ダメの部分なのですが、グラスフィールドによる回復は入っていますでしょうか。

入っていないのであれば、HAゴリラの場合、そうしょくで受けだしたとしても押し負ける可能性が高いのではないでしょうか。
20/07/17 19:55
15田中摩美々 (@TanakaMamimi50)
確定技にほのおのパンチを追加。ダメージ計算を追加

>>14
本当ですね…フィールドは考慮していませんでした申し訳ございません。
そもそも乱数二発というのが安定しないので受け出し安定しませんね、失念しておりました…。
ほのおのパンチのダメージ計算を行ったところ確定二発でDMゴリランダ―を倒せるようなのでそちらを採用することで安定させることをできました。
ご指摘ありがとうございます。参考にさせていただきました。
20/07/17 22:05
16黒いしー (@Sheep_EAKM)
55555
>>12
回答ありがとうございます。
草技の誘い方もう少し考えてみます。
あと評価つけ忘れてました。
申し訳ないです。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ミルタンクの育成論::【環境対策型】そうしょくミルタンク【ダイマックスエース】

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy