dummy

ドータクン- ポケモン育成論ソードシールド

宇宙の力を感じろ……メテオビーム搭載特殊ドータクン

2020/07/04 18:42 / 更新:2020/07/22 20:03

ドータクン

HP:HP 67

攻撃:攻撃 89

防御:防御 116

特攻:特攻 79

特防:特防 116

素早:素早 33

ツイート4.604.604.604.604.604.604.604.604.604.60閲覧:5080登録:8件評価:4.60(10人)

ドータクン  はがね エスパー  【 ポケモン図鑑 】

性格
れいせい(特攻↑ 素早↓)
特性
たいねつ
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 特攻:252 / 特防:4
実数値:174-94-136-144-137-34 / 個体値:31-0-31-31-31-0
覚えさせる技
メテオビーム / ソーラービーム / てっていこうせん / トリックルーム
持ち物
パワフルハーブ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックスする
登録タグ

考察

前提

非公式の略称(HABCDS等)を使用します

採用理由

他のメテオビーム使いとの差別化
まず、ドータクンで無ければならない理由です
他にメテオビームをメインウェポンに出来るポケモンにスターミースターミースターミー、セキタンザンセキタンザンセキタンザン等が居ますが
その2体と比べてドータクンが耐久に優れていることです
  1. ドータクンはHPの低さによりセキタンザンの方が耐久指数は上ですが鋼タイプを複合している事により、多くの耐性があって「トリックルーム」を始めとした多彩な補助技で戦いやすい場作りが可能な点
  2. セキタンザン、スターミー、ドータクンは弱点が殆どメジャーなタイプですが、ドータクンは特性が耐熱であることも加味すれば弱点は少なく並の不一致抜群なら耐えられる点
から他の2体との差別化ができていると考えます


他のドータクンの型との差別化

弱保ドータクンと同じような立ち回りが出来、貴重な弱保枠を他のポケモンに回せてなおかつ特性いかく、やけどで止まらない事で十分他の型との差別化は出来ていると考えました

役割

普通のドータクンなら処理される対面で逆に処理する等が主な役割です

例えばガオガエンガオガエンガオガエンはいかくで攻撃力を下げられ、弱保が発動してもいわなだれで倒しきれませんでしたが、この型なら返しのメテオビームで倒す事が出来ます

他にもスピンロトムスピンロトムスピンロトム、トゲキッストゲキッストゲキッス、マリルリマリルリマリルリ、ウォッシュロトムウォッシュロトムウォッシュロトム、ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)連撃ウーラオス、リザードンリザードンリザードン
などの環境上位ポケモン多数に強く出ることが出来ます


持ち物

パワフルハーブ
メインウェポンとなるメテオビームをターン消費無しで打つため

・じゃくてんほけん
パワフルハーブを持たせていて、こちらを持っていれば……という場面が何度かあったため候補に入れさせて頂きます
ですがじゃくてんほけんを持たせる場合、ドータクンはじゃくてんほけんを持っている個体が多く腐りやすいかもしれない上に従来の弱保物理ドータクンの方が地震やボディプレスを覚える等小回りが効きやすく、この型で採用する意味は薄いと考えています



性格・努力値と調整

少しでも火力が欲しく、トリル下での素早さを高める事が出来る為れいせいで確定です

同じく火力が欲しく、特に調整先のポケモンも居ないためH252C252余りBorD
余りをBに振る場合アローラガラガラのフレアドライブの確定数が変わり、Dに振る場合ポリゴン2のダウンロード対策になります
オススメはD振りです

特性

耐熱で確定です
浮遊も有用な特性ですが、炎技を半減出来ないと役割対象の殆どに確定、乱数1発を取られてしまう上、ドリュウズドリュウズドリュウズやオノノクスオノノクスオノノクスなどの型破り持ちに貫通されやすいためです

技構成

確定枠
メテオビーム
コンセプト上確定です
メテオビームでCを上げないと悲しい程火力が出ません

・てっていこうせん
ドータクンの覚える技の中で最も威力の高い技です
ダイスチルとして打ち、Bを上げられる他、起点防止や後述のトリルを貼って直ぐに落ちたい時に使います

・トリックルーム
言わずと知れたドータクンを代表する技の1つ
本来勝てないポケモンに勝てるようになる他ダイウォールとしても使える優秀な技です
追記
確定と記載してますが後続に高速アタッカーを添えたり相手にトリックルームを利用されるようなら「スピードスワップ」との選択もありです

候補
・ソーラービーム
メテオビームを見て受けに来たヌオーヌオーヌオーやガマゲロゲガマゲロゲガマゲロゲなどに打てる役割破壊技
一応パワフルハーブでターン消費無しで打てますがメテオビームに残しておきたい為おすすめはしません
私はソーラービームで運用しています

・ワイドフォース
タイプ一致で打てる高火力技
ダイマ前提のためデメリットを気にする事なく搭載が可能です
サイコフィールドで先制技を防げるのも魅力なので十分採用の価値があると思います

・ボディプレス
ドータクンが呼びやすい悪タイプのポケモン、ラッキー、ハピナス、カビゴンに対する打点になります
ダイスチルでBを上げればそこそこの火力はでますが、メテオビームでCを上げても火力が上がらない事、ダイマ前提なので必然的にダイナックルで使う機会が多いと思いますがAに振っていないため火力がイマイチな事、不要なAが上がってしまう等のデメリットもあります
ダイマ終了後、ノーマルタイプの受けポケを重く見る人にオススメです

・シャドーボール
技範囲を広げ、小回りを効きやすくすることが出来ますが上記3つに比べると優先度は低めです

・その他補助技
有用な技が多い為、トリル展開を別のポケモンに任せるなら候補に入ります
(結構技スペがキツキツなのでドータクンに補助技を持たせるより後述するドータクンが使える補助技が全て使用可能なドーミラーに補助技を持たせるのをオススメします)

他の候補としてカバルドン、ドヒドイデ対策にしんぴのまもりがありますがカバルドンを意識するなら特性をふゆうにする等この育成論と趣旨が掛け離れるので今回は割愛させて頂きます

与ダメージ計算

(計算は VS 剣盾 SWSHを使用させて頂いています)
ダイマしている相手は%を半分にしてください

ドータクンドータクンドータクンのメテオビーム(ダイロック)
砂ダメ考慮無し

メテオビームを打った後前提の為C1段階上昇

vs リザードンリザードンCSリザードン
243.1%〜287.5%
ダイロック
282.3%〜334.6%


vs ヒートロトムヒートロトムHCヒートロトム
98.0%〜115.9%(乱数1発、87.5%)
ダイロック
114.6%〜135.0%

vs スピンロトムスピンロトムCSスピンロトム
123.2%〜145.6%
ダイロック
144.0%〜169.6%

vs トゲキッストゲキッスHCトゲキッス
76.0%〜89.5%
ダイロック
88.5%〜104.1%(乱数1発、31.25%)

vs トゲキッストゲキッスCSトゲキッス
91.2%〜107.5%(乱数1発、43.75%)
ダイロック
106.2%〜125.0%

vs エースバーンエースバーンASエースバーン(炎)
132.9%〜157.4%
ダイロック
154.8%〜183.2%

vs エースバーンエースバーンASエースバーン(悪)
66.4%〜78.7%
ダイロック
77.4%〜91.6%

vs ギャラドスギャラドスASギャラドス
96.4%〜114.1%
ダイロック
111.7%〜131.7%

vs ラプラスラプラスHBラプラス
71.7%〜85.2%
ダイロック
83.5%〜98.7%

vs ウルガモスウルガモスHCウルガモス
164.5%〜193.7%
ダイロック
189.5%〜225.0%

vs ガラガラ(アローラ)ガラガラ(アローラ)HAアローラガラガラ
117.3%〜138.9%
ダイロック
136.5%〜161.6%

vs ガオガエンガオガエンHAガオガエン
101.9%〜120.7%
ダイロック
118.8%〜140.5%

vs ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)ASガラルヒヒダルマ
144.4〜171.1%
ダイロック
168.8%〜198.8%

・てっていこうせん(ダイスチルと同威力)

メテオビームを打った前提の為C1段階上昇

vs トゲキッストゲキッスHCトゲキッス
132.2%〜156.2%

vs トゲキッストゲキッスCSトゲキッス
158.7%〜187.5%

vs フロストロトムフロストロトムHCフロストロトム
85.9%〜101.2%(乱数1発、6.25%)

vs ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)ASガラルヒヒダルマ
253.3%〜297.7%

vs ラプラスラプラスHBラプラス
62.4%〜73.8%

・ソーラービーム(ダイソウゲン)

メテオビームを打った前提の為C1段階上昇

vs ラプラスラプラスHBラプラス
71.7%〜85.2%
ダイソウゲン
83.5%〜98.7%

vs マリルリマリルリHAマリルリ
94.6%〜112.0%(乱数1発、68.75%)
ダイソウゲン
110.1%〜130.4%

vs ヌオーヌオーHBヌオー(てんねん)
152.4%〜180.1%
ダイソウゲン
178.2%〜209.9%

vs ガマゲロゲガマゲロゲHAガマゲロゲ
194.3%〜230.1%
ダイソウゲン
226.4%〜26709%

vs アシレーヌアシレーヌHCアシレーヌ
77.0%〜90.9%
ダイソウゲン
89.8%〜105.8%(乱数1発、37.5%)

vs ウォッシュロトムウォッシュロトムHCウォッシュロトム
98.0%〜115.9%(乱数1発、85.0%)
ダイソウゲン
114.6%〜135.0%

vs ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)AS連撃ウーラオス
139.4%〜164.5%
ダイソウゲン
162.2%〜192.0%

他に欲しい計算あれば追加するのでお申し付け下さい

被ダメージ計算

こちらがダイマしている場合%を半分にしてください
vs リザードンリザードン非サンパワー発動リザードン
ブラストバーン(ダイバーン、キョダイゴクエン)
63.2%〜75.8%
ねっさのだいち
39.0%〜47.1%(確定3発)
ダイアース
67.8%〜80.4%

vs ガオガエンガオガエンHAガオガエン
DDラリアット
73.5%〜87.3%
ダイアーク
113.7%〜134.4%
フレアドライブ
52.8%〜63.2%
ダイバーン
62.0%〜73.5%
じしん
58.6%〜68.9%
ダイアース
75.8%〜89.6%

vs ヒートロトムヒートロトムHCヒートロトム
オーバーヒート
52.8%〜63.2%
ダイバーン
58.6%〜68.9%
あくのはどう
44.8%〜52.8%(乱数2発、23.82%)
ダイアーク
71.2%〜83.9%

vs エースバーンエースバーンASリベロエースバーン
かえんボール
52.8%〜63.2%
ダイバーン
62.0%〜73.5%
キョダイカキュウ
141.3%〜166.6%
ふいうち
62.0%〜73.5%
ダイアーク
106.8%〜125.2%

vs ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)ASガラルヒヒダルマ
フレアドライブ
60.9%〜72.4%
ダイバーン
47.1%〜56.3%(乱数3発、94.43%)
じしん
101.1%〜119.5%(確定1発)
ダイアース
87.3%〜103.4%(乱数1発、25.0%)

vs ギャラドスギャラドスASギャラドス
じしん
62.0%~73.5%
ダイアース
80.4%〜95.4%

vs ガラガラ(アローラ)ガラガラ(アローラ)HAアローラガラガラ
フレアドライブ
82.7%〜97.7%
ダイバーン
96.5%〜114.9%
ポルターガイスト
151.7%〜179.3%
ダイホロウ
193.1%〜227.5%
ホネブーメラン
91.9%〜110.3%
ダイアース
119.5%〜141.3%

vs トゲキッストゲキッスCSトゲキッス
だいもんじ
33.3%〜40.2%
ダイバーン
42.5%〜50.5%

他に欲しい計算あれば追加するのでお申し付け下さい

相性の良い味方

・タスキドーミラードーミラードーミラー
本来ならドータクンが望ましいですが同じポケモンを2体同時に使用出来ないため
ドータクンが覚える補助技(トリル、ステロ、両壁、各種スワップなど)を全て覚える事が出来るかなり優秀なポケモン
ステロで微妙に足りない火力を、トリルでドータクンがトリルを貼るターンを短縮出来るなどの利点があります
ワルビアルワルビアルワルビアル
ドータクンの弱点である炎、霊、悪に対して強く出れる、ちょうはつを搭載することでドータクンの天敵とも言える受けポケに強く出れる、いかくで相手の火力を下げる事が出来るなど非常に相方として優れるポケモンです

ウォッシュロトムウォッシュロトムウォッシュロトム
こちらもドータクンの弱点である炎、地面に強く出れ、霊タイプに対しての打点があります
トリック、電磁波、鬼火などで相手を機能停止させたりボルチェンでドータクンが有利になる対面を作り出す事が出来ます

苦手なポケモン(このポケモンの対策)

ドラパルトドラパルトドラパルト
ドラパルトに対しての打点が無く、一致霊技で簡単に落とされてしまったり壁や状態異常技を撒かれてしまう等絶対に対面させてはいけないポケモンです

・殆どの耐久、受けポケモン
1部の受けポケギャラドスギャラドス トリトドントリトドンなどは倒すことが可能ですが他のポケモンは技の効果上諦める以外に手がありません

終わりに

初投稿なので読み辛かったりしたら申し訳ありません

実は1番好きなポケモンがドータクンなのでこの育成論を機にドータクンの魅力に目覚めてくれる人が1人でも居れば嬉しいです

何か不明な点、間違っている点等あれば指摘お願いします

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/22 20:03

ドータクンの他の育成論を探す (5件) >>

スポンサーリンク

コメント (6件)

  • ページ:
  • 1
20/07/04 19:50
1アンチマン (@antialiasingmen)
投稿お疲れ様です。

>その2体と比べてドータクンが耐久に優れていることです
「耐性」はドータクンがはがねタイプなので優秀ですが、耐久指数ではドータクンの低HPが影響して、セキタンザンの方が固いです。トリックルーム、スピードスワップを使用できるので、「じょうききかん」のようにシングルでは受け身なセキタンザンと違い、自分から場つくりができるところが大きいですね。

>ワイドフォース
ダイマックスを前提で考えるのであれば、サイコキネシスとダイサイコの威力は変わりませんし、トリックルーム下でかげうち、ふいうちを無効にできるサイコフィールドはかなり有用で、むしろサイコキネシスが必要なのか?と考えます。
あと、呼ぶであろうあくタイプへの打点となるボディプレスも候補にあがりませんでしょうか?

>立ち回り例
この項目が一切記述がありませんので、不要であれば削除されるべきかと。
20/07/04 20:05
2アナスタシア (@sabudinfgo)
>1
評価、指摘ありがとうございます
確かにその通りです
逆に何故ワイドフォースの利点に気づかなかったのか分からないほど有用ですね…
ボディプレスは確かに呼びやすい悪タイプへの打点となりうるのですがメテオビームでCを上げても火力が上がらない事、ダイマ前提なので必然的にダイナックルとして使う機会が多いと思いますがその場合Aに振っていないので火力がイマイチなこと、不要なAが上がってしまうこと等のデメリットがあり、他の技を搭載した方が良いと考えていました
ボディプレスに関しても加筆しておきます
立ち回り例も削除しておきます
20/07/04 20:15
3アンチマン (@antialiasingmen)
55555
>2
>ボディプレス
後から後から申し訳ないのですが、特殊アタッカーとしての運用ということなので、解禁された「ラッキー」「ハピナス」や「カビゴン」に対して有用であり、ダイマックスが終了してからにはなりますが、ダイスチルである程度火力を補強できるのも大きいと思います。ダイマックス中には確かに微妙ですねw
20/07/04 20:41
4アナスタシア (@sabudinfgo)
>3
何度も有用なご意見ありがとうございます
ボディプレスがあれば本来手も足も出ないその3体に対してある程度負担が掛けられますね
加筆させて頂きました
20/07/08 05:05
5きりゅう かなた
素晴らしい考察ですね!
ドータクンは素晴らしいなと思いました。

気になったのですが
被ダメージの方の
ダイマックスした時のダメージ計算も
気になったのですが追加できますでしょうか?
20/07/08 08:38
6アナスタシア (@sabudinfgo)
>5
閲覧ありがとうございます
被ダメ時のダイマ計算は与ダメと違い%を半分にするだけなのでお手数ですが個々人で計算して頂けると幸いです
その旨も追記させて頂きました
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ドータクンの育成論::宇宙の力を感じろ……メテオビーム搭載特殊ドータクン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy