dummy

ルガルガン(たそがれ)- ポケモン育成論ソードシールド

圧倒的対面力!最強の先制技使い黄昏ルガルガン!

2020/07/02 21:00 / 更新:2020/07/05 15:30

ルガルガン(たそがれ)

HP:HP 75

攻撃:攻撃 117

防御:防御 65

特攻:特攻 55

特防:特防 65

素早:素早 110

ツイート4.704.704.704.704.704.704.704.704.704.70閲覧:16472登録:21件評価:4.70(11人)

ルガルガン(たそがれ)  いわ  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
かたいツメ
努力値配分(努力値とは?)
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
実数値:151-185-85-67-85-162 / 個体値:31-31-31-31-31-31
覚えさせる技
アクセルロック / ふいうち / インファイト / じゃれつく
持ち物
こだわりハチマキ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理 / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

こんにちは!Romiです。ポケモン徹底攻略に投稿するのは初めてなのですが今回は私自身が強いと思った黄昏ルガルガンを紹介しようと思います!

採用理由と役割

まずは単純にかっこいいし自分の好きなポケモンだからです!それとアクセルロック、ふいうちなどの先制点と特性のかたいつめでかなりのダメージを上から与えられるということで採用を検討しました。
役割としては高い攻撃力で対面で相手のポケモンを倒すといった感じです。

持ち物

こだわりハチマキです。技固定になるのは使いがってが悪いですがいのちのたまにすると自傷ダメージでドラパルトのドラゴンアローを耐えられなくなるので採用を見送りました。またタスキを持たせる型もありますが火力を出すためこだわりハチマキにしました。

性格・努力値と調整

H4 A252 S252です
H4振りにすることでドラパルトのドラゴンアロー確定耐えになるのでそうしました。
Aは火力を出すため252振り、Sも準速にするため252振りです


技構成

アクセルロック
タイプ一致の専用先制技です。威力40と低めに感じられますがかたいつめによりそこそこの打点が出ます。

ふいうち
こちらも同じく先制技です。環境に多いドラパルトを一撃で倒せる貴重な先制技なので採用しました。

アイアンヘッド
トゲキッスなどのフェアリータイプの打点として採用しました。ひるみ効果も期待でき、不利対面を覆せる可能性がありますが、フェアリータイプ以外に刺さる相手が少ないのでこの技の採用は好みだと思います。
後、稀なケースだとは思いますがダイマックスした時に耐久もあげられます。

インファイト
かたいつめ補正が入るため、環境に多いカビゴン、ポリゴン2などにもかなりの打点が期待できる上に耐久振りではないためBDダウンがあまり気にならないのが利点ですが、このBDダウンにより後述する被ダメに影響が出るのでそれが嫌な方は採用しない方が良いかもしれません。

じゃれつく
格闘、悪、ドラゴン打点として幅広く対応できる技として採用を検討しても良いと思います。

ドリルライナー
毒タイプや電気タイプの打点となる技です。

炎のキバ
ナットレイに強く対応したい人はインファイトでなくこちらの方がいいと思います。ゴリランダーにも弱点がつけますが、グラススライダーを耐えないため個人的にはインファイトの方が汎用性があると思っています。

雷のキバ
ギャラドスに強く対応したい人は採用すれば活躍すると思います。タイプ一致ダイジェットが強力なこの環境なので刺さる相手も多いと思います。

このようにたくさんの技範囲を持つので色々なポケモンに対応できるので、パーティ全体のバランスを見て自分好みの技構成にしてもらえれば良いと思います。

立ち回り例

役割対象のポケモンと対面で広い技範囲を活かして戦うのが基本です。タイプ・ヌルなどの対面操作ができるポケモンと使えば理想の対面を作りやすくなると思います。


与ダメージ計算

アクセルロック
⚪H4 エースバーン確定一発
⚪H4 ヒートロトム確定一発
⚪H4 ガラルヒヒダルマ確定一発
⚪H252 ギャラドス確定二発 
 H4乱数一発 98.2〜115.7%
⚪H252トゲキッス確定二発 75.0〜88.5%
⚪H4ドラパルト 確定二発 52〜62%
⚪H4ミミッキュ 確定二発 62.5〜74%
⚪H4 ゴリランダー 乱数二発 42.6〜50%
⚪H252水ロトム 確定三発 40.7〜48.4%

ふいうち
⚪H252ドラパルト確定一発
⚪H252ガラルヤドラン確定二発 82.1〜97.0%

アイアンヘッド
⚪H252トゲキッス乱数一発 98.9〜111.6%
⚪H252ブリムオン確定一発
⚪H252ニンフィア確定一発

インファイト
⚪HB特化カビゴン乱数一発 95.1〜112.3%
⚪HB特化輝石ポリゴン2 確定二発 72.9〜86.4%
⚪H252振りバンギラス 確定一発
⚪HB特化輝石タイプ・ヌル 確定二発 67〜79%
⚪HB特化ナットレイ 乱数一発 89.5〜106.0%
⚪H4ゴリランダー 確定二発 83.5〜98.8%
⚪H4ギャラドス 乱数二発 47.9〜56.7%
⚪HB特化アーマーガア 乱数二発 46.3〜54.6%
⚪H252水ロトム 確定二発 81.5〜96.1%


じゃれつく
⚪H252振りバンギラス 乱数一発 90.8〜107.2%
⚪H4振りウーラオス(両方の型)確定一発
⚪H252振りウオノラゴン 確定一発
⚪H252振りパッチラゴン 確定一発
⚪HB特化オーロンゲ 乱数一発 95.0〜111.8%
⚪H252水ロトム 確定二発 61.1〜72.6%
⚪H252トゲキッス 確定二発 55.2〜65.1%
⚪H4ギャラドス 確定二発 72.5〜85.3%
⚪H4ゴリランダー 確定二発 63.0〜74.4%
⚪H4 ミミッキュ 乱数一発 93.1〜109.9%

炎のキバ
⚪HB特化ナットレイ 乱数一発 99.4〜117.1%
⚪HB特化アーマーガア 確定二発 50〜60%
⚪ダイマックスアイアント 確定一発

ドリルライナー
⚪HB特化ドヒドイデ 確定二発 62.4〜73.8%
⚪H252ガラルヤドラン 乱数一発 94.0〜110.8%
⚪H252パッチラゴン 確定一発

雷のキバ
⚪H252ギャラドス確定一発
 H252ダイマギャラ 乱数一発 89.1〜105%


被ダメージ計算

⚪A特化ドラパルト(いのちのたま、ハチマキなし)のドラゴンアロー確定耐え
⚪陽気珠なしミミッキュのじゃれ&かげ確定耐え
⚪陽気珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え
⚪臆病C特化トゲキッスのエアスラ確定4耐え
⚪陽気ダイマギャラドスのダイジェット確定耐え
⚪B特化ビルド1積みアーマーガアのボディプレス乱数耐え88.7〜104.6%

いじっぱりである理由

このポケモンは素早さ110族と速い素早さでありながら準速にしているのでその理由を自分なりに説明したいと思います。まず黄昏ルガルガンは準速にすると最速96族と同族になります。代表的なポケモンで言うとミミッキュですね。最初に言った通りこのポケモンの役割は先制技を高い威力で撃ち相手を倒す、もしくは致命傷を与えることです。そこで最速にして火力を落とすと役割対象のポケモンを乱数により落とし切れなくなることが多くなります。それに加え、先制技以外の技を撃ちたい相手には準速でも素早さで上をとれています。これらの理由から私はルガルガンの性格をいじっぱりにしました。

相性の良い味方

ダメージ計算を見てもらえればわかる通りギリギリで確定一発にできないポケモンが意外と多いのでカバルドンなどのステルスロックを撒けるポケモンと合わせれば相性がいいと思います。あと、技構成によって勝つことができないポケモンがそれぞれ違ってくるのでそのポケモンの対策となるポケモンを一緒にさいようするのがいいと思います。


このポケモンの対策

この型に限定して言えば、準速にしてしまっているため、新ポケモンのウーラオスに上から倒されてしまうのでそのあたりが主な対策となります。

おわりに

このポケモンはエースバーンやドラパルトなどには役割が持てますが勝てない相手にはとことん勝てないのでそこのところをかなり割り切っています。ルガルガンは技や型がかなり豊富なポケモンだと思うのでもし今回自分が紹介した型が気に入らなければ、自分好みにアレンジしてみてください。最初にも言った通り、この投稿が私の初投稿となるので文章力が拙かったり、記述が足りてない部分もあると思います。そのようなときはコメントにて教えてくださると助かります。この投稿の反応を見て次の投稿も考えていきたいと思います。それでは長々と読んでいただきありがとうございました!

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/05 15:30

ルガルガン(たそがれ)の他の育成論を探す (4件) >>

スポンサーリンク

コメント (14件)

  • ページ:
  • 1
20/07/03 08:22
1タロイモ
育成論投稿お疲れ様です。
ハチマキでエースバーン飛ばせるかなり優秀なポケモンとして育成しようとしたところにこの育成を見つけたので拝読させて頂きました。

対ナットレイ、ハッサム辺りの打点である炎の牙(ナットレイにはインファイトより入ります)、ドヒドイデへの打点としてドリルライナー、対ドラゴン 悪 格闘のじゃれつくなどもう少し例示してもいいと思います。

被ダメがドラパのドラゴンアロー耐えだけは少なすぎると感じました。

火力が高いのにタスキカウンター型がとても多いので意表がつけるのでとてもいい型だと思います。
20/07/03 10:06
2Romi
タロイモさん返信ありがとうございます。確かに採用技以外にも候補となる技でのダメージ計算も載せるべきだったと思いました。調べ次第修正させていただきます。被ダメの方も調べ次第修正しておきます。わざわざアドバイスありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。
20/07/03 15:02
3ナサヲ
少し語尾が違うところがあるので修正したほうがいいと思います
20/07/03 17:59
4にこ
ウーラオスのダメ計はどちらの型でしょうか?どちらの型でも確1なのですか?
20/07/03 18:05
5Romi
にこさん返信ありがとうございます。
H4振り想定ですがどちらの型も確定一発です。ただ準速の場合はウーラオスに素早さが抜かれてしまっているので上から倒すにはねばねばネットや追い風のサポートが必要ですね。
20/07/03 19:44
6Romi
ナサヲさん返信ありがとうございます。
あまりこういう文章書くの慣れてなくてすみません。
次から気をつけたいと思います。
20/07/03 21:11
7名無し
論自体はいいと思うんですが、技構成のところの口調を直して欲しいです
20/07/03 21:14
8Romi
名無しさん返信ありがとうございます。
不快にさせてしまって本当に申し訳ないです…
修正しておきます。
20/07/03 21:39
9名無し
不快なんて全然思ってないのでこれからも良い育成論書き続けてください!
20/07/03 21:45
10Romi
名無しさん返信ありがとうございます。
そう言ってくれると励みになります!これからも誰かの参考になるよう頑張ります!
20/07/05 12:27
11ぐちらて
エースバーン対策にハチマキルガルガンを思いついたので調べたらこの育成論が目に着きました。
おかげでダメージがどれだけ入るか、ある程度の使用感がわかったので助かります!

アクセルロックとふいうちという2つの先制技を採用することを考えると、無理にSに努力値を振らないのも一つの手かもしれないですね。

あくまで個人的な意見ですが役割対象以外の使用率の高いポケへの与ダメが少し欲しいと思いました。交代先にどれだけ負担を与えられるかがこの型だと重要そうですので。
20/07/05 15:09
12Romi
ぐちらてさんコメントありがとうございます。
そうですね、この型はわざわざ素早さに252振る必要性はないかもしれないですね。先制技以外の技を誰に撃ちたいかで振り方も人それぞれ変わってきそうです。確かに交代先に与えるダメージも重要になってくると私も思うので追加出来るところは追加しておきますね!
20/07/15 08:32
13リュート (@ryut137)
55555
襷カウンターのルガルガンを浸かったいましたがしっくり来なくて行き着いたのですが、不一致でも火力すごいですね。
ただ、一部確一でパーセンテージを載せていませんがダイマックスがある以上100越えてても載せた方がいいと思います。
20/07/15 22:45
14Romi
リュートさん返信ありがとうございます!
そうですね、かたいつめのおかげで不一致でも火力が出せるのが魅力なんですよね!ご指摘の通り、確1のポケモンにも%を載せておくようにします。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ルガルガン(たそがれ)の育成論::圧倒的対面力!最強の先制技使い黄昏ルガルガン!

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy