dummy

エースバーン- ポケモン育成論ソードシールド

ハチマキリベロエースバーン

2020/06/04 10:33 / 更新:2020/07/09 00:45

エースバーン

HP:HP 80

攻撃:攻撃 116

防御:防御 75

特攻:特攻 65

特防:特防 75

素早:素早 119

ツイート4.614.614.614.614.614.614.614.614.614.61閲覧:38367登録:29件評価:4.61(18人)

エースバーン  ほのお  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早↑ 特攻↓)
特性
リベロ
努力値配分(努力値とは?)
HP:28 / 攻撃:252 / 防御:44 / 特防:4 / 素早:180
実数値:159-168-101-x-96-178 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
かえんボール / とんぼがえり / とびひざげり / しねんのずつき
持ち物
こだわりハチマキ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ
フォーク元の育成論(フォークとは?)
【ゲッコウガの再来】リベロ鉢巻エースバーン 【先発安定】(kzk)

考察

はじめに

記載がなければ全て理想個体とします。
一般的に使われる略語を用います。

おかしな点があればコメントでご指摘ください。

なお、既にやや耐久振りをされた育成論を投稿されている方がおられましたが、ハチマキ型の魅力はやはり振り切った火力だろうと思い、違う努力値調整として、フォークの形にさせて頂きます。

エースバーンとは

ガラル地方の御三家の1体でほのおタイプのポケモン。
優秀な専用わざ、高いAとSを備えつつ最低限の耐久を持つ、総じて無駄の少ない物理アタッカーです。
まずまず広い攻撃範囲を持ち、ついに解禁されたかくれとくせい『リベロ』により、今まで火力不足気味だったサブウェポンをタイプ一致で使用できるようになりました。

採用理由

とくせい『リベロ』により、現時点でタイプ一致とんぼがえりが使用できるポケモンの中で1番Aが高く(※ハッサムハッサムが解禁されるまで)、こだわりハチマキにより相手のパーティへの負荷を大きくできる。
タイプ一致でふいうちが使えるポケモンとしてもキリキザンキリキザンキリキザン、オーロンゲオーロンゲオーロンゲについで3番目。インチキ特性もいい加減にしろ!

構成

  • とくせい
リベロ
自分のわざを出す時、直前のタイミングで自分のタイプがわざと同じタイプになる(タイプは変化したままになる)。変化わざにも有効。
覚えるわざを全てタイプ一致(威力1.5倍)で使用できるようになるとくせい。
タイプが変わるため先に行動できれば、相手が使用したばつぐんわざを等倍で受けたり、スカすことも可能。ほのおタイプじゃなくなるとやけどもしちゃうね

  • せいかく
ようき
とくこう↓すばやさ↑の性格。最速アイアントに役割を持つため。

  • 努力値
H:28/A:252/B:44/D:4/S:180
H:1/8ダメージ、1/10ダメージ、1/16ダメージ最少。とびひざげりの失敗反動2回耐え。無補正C252トゲキッストゲキッスのダイジェット(エアスラッシュ)耐え
A:火力をもとめるため振り切り
B:無補正A252ドリュウズドリュウズのダイアース(じしん)をタイプ変更により 最高乱数以外耐え、無補正A252ミミッキュミミッキュの珠ダイホロウ(ゴーストダイブ)を最高乱数以外耐え。
D:余り
S:最速アイアントアイアント抜き
ようきS252でルチャブル、S244でスカーフバンギラスを抜けるので構築に合わせて調整して下さい。

  • もちもの
こだわりハチマキ
リベロの打ち分け性能が犠牲になりますが、とんぼがえりでH252ゴリランダーゴリランダーが乱数1発(18.7%)、H4サザンドラサザンドラが確定1発。とんでもないダメージが出ていますよ。

覚えさせるわざ、与ダメージ

ダメージ計算はポケモンソルジャー様のSoldier Calcを参照しています。
ダイマックスしてしまうとハチマキの効果がなくなりますが、とくせいは有効なため打ち分けた方が有効と判断できれば切りましょう。
  • かえんボール(確定)
威力:180 DM:210 キョダイ:240
エースバーン専用技。炎ポケモンの役割として。
命中90ですが反動のあるフレアドライブはせっかくの耐久が低下するのでNG
キョダイマックス個体にすると専用わざ「キョダイカキュウ」へと変化し、「がんじょう」「ばけのかわ」「もらいび」などの相手のとくせいを無視して攻撃できる。
天候を晴れにする恩恵がパーティに少なければキョダイマックス個体推奨。

H4ミミッキュミミッキュ130.5~154.1%(確定1発)
H4トゲキッストゲキッス91.9~108.6%(乱数1発 50%)
H252ニンフィアニンフィア99.5~117.3%(乱数1発 93.7%)
HB特化タイプ:ヌルタイプ:ヌル(輝石)35.6~42%(確定3発)
HB特化カビゴンカビゴン49.8~58.8%(乱数2発 99.6%)
HB特化アーマーガアアーマーガア97.5~115.1%(乱数1発 81.2%)
無振りDMドリュウズドリュウズ115.1~136.2%(確定1発)
無振りDMアイアントアイアント193.9~230%(確定1発)

  • ダイバーン
HB特化アーマーガアアーマーガア76~90.7%(確定2発)
無振りDMドリュウズドリュウズ89.7~105.9%(乱数1発37.5%)
無振りDMアイアントアイアント153.3~180.4%(確定1発)

  • キョダイカキュウ
H4ミミッキュミミッキュ129~149.6%(確定1発)
HB特化ミミッキュミミッキュ77.1~88.8%(確定2発)
H252ジバコイルジバコイル126.5~150.2%(確定1発)
HB特化アーマーガアアーマーガア85.8~102.4%(乱数1発 12.5%)
HB特化エアームドエアームド84.8~101.1%(乱数1発 6.3%)
  • とんぼがえり(確定)
威力:105 DM:180
相手が交代した場合、交換先にダメージを与えた後で自分が交代できる。
有利対面を維持しつつ、一致ハチマキによってさらにダメージは加速した。

HB特化タイプ:ヌルタイプ:ヌル(輝石)20.7~25.2%(乱数4発)
HB特化カビゴンカビゴン29.2~34.8%(乱数3発 7.7%)
H252ゴリランダーゴリランダー87.9~104.3%(乱数1発 18.7%)
H252バンギラスバンギラス73.4~87.9%(確定2発)
H4サザンドラサザンドラ108.3~128.5%(確定1発)

  • ダイワーム
H252ゴリランダーゴリランダー99.5~118.8%(乱数1発93.7%)
H252バンギラスバンギラス85~101.4%(乱数1発6.2%)
H4サザンドラサザンドラ122.6~146.4%(確定1発)
  • ふいうち(選択)
威力:105 DM:180
読みが必要だが高威力の先制技。自身より素早いポケモンに対して。
ドラパルトドラパルトインテレオンインテレオンカマスジョーカマスジョーや、スカーフ持ちなどに有効。

H4ドラパルトドラパルト128.8~152.1%(確定1発)
無振りゲンガーゲンガー186.6~219.2%(確定1発)
無振りインテレオンインテレオン81.3~95.8%(確定2発)
無振りカマスジョーカマスジョー92.6~108.8%(乱数1発 56.2%)
無振りヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)73.8~87.2%(確定2発)

  • ダイアーク
H4ドラパルトドラパルト146.3~173.1%(確定1発)
  • とびひざげり(選択)
威力:195 DM:142
対岩、ガオガエンガオガエンガオガエン、ラプラスラプラスラプラス、カビゴンカビゴンカビゴン。ダイマックスでは威力が低下するので注意。無効タイプ有。
俺はこれで守るきらいになったなあもりにもひきょう過ぎるでしょう?

H252バンギラスバンギラス274.3~324.6%(確定1発)
H252ドサイドンドサイドン83.7~99%(確定2発)
H252ジュラルドンジュラルドン153.6~183%(確定1発)
HB特化威嚇ガオガエンガオガエン78.2~93%(確定2発)
HB特化ブラッキーブラッキー101.9~121.7%(確定1発)
HB特化ラプラスラプラス107.1~127.4%(確定1発)
HB特化カビゴンカビゴン107.8~128%(確定1発)
HB特化ポリゴン2ポリゴン2(輝石)82.2~97.9%(確定2発)
  • にどげり(選択) ※コメントにより追記
威力:45×2 DM:120
対タスキドリュウズドリュウズドリュウズ、ホルードホルードホルード。流行りのきあいのタスキカウンター持ちへのケアとしても。
命中安定ではあるがカビゴンカビゴンカビゴン、ラプラスラプラスラプラス、ブラッキーブラッキーブラッキーへの威力が大幅に低下するので、採用する場合はパーティ構築と要相談。

H4ドリュウズドリュウズ116.1~137.6%(確定1発)
H4ルガルガン(たそがれ)ルガルガン(たそがれ)112~134%(確定1発)
H4テラキオンテラキオン95.8~114.9%(乱数1発 82.4%)
H252バンギラスバンギラス127.5~154.5%(確定1発)
H4B252ハピナスハピナス83.3~99%(確定2発)
HB特化ブラッキーブラッキー49.5~59・4%(乱数2発 99%)
HB特化ラプラスラプラス55.6~67・5%(確定2発)
HB特化カビゴンカビゴン49.4~59.9%(乱数2発 約100%)
  • しねんのずつき(選択)
威力:120 DM:195
ドヒドイデドヒドイデドヒドイデ、かくとうタイプへの打点として。高速アタッカーのためひるみも狙える。無効タイプ有。

HB特化ドヒドイデドヒドイデ64.9~77.7%(確定2発)
H252B4ドヒドイデドヒドイデ85.3~100.6%(乱数1発 6.2%)
H252ローブシンローブシン94.3~111.3%(乱数1発 68.7%)
  • ダストシュート(選択)
威力:180 DM:142
アシレーヌアシレーヌアシレーヌ。対フェアリー決戦兵器。ダイマックスでは威力が低下する上に追加効果が無意味なので注意。無効タイプ有。

HB特化アシレーヌアシレーヌ132.6~157.2%(確定1発)
HB特化ピクシーピクシー124.7~146.5%(確定1発)
H4DMトゲキッストゲキッス91.9~108.6%(乱数1発 50%)
  • ギ ガ イ ン パ ク ト()
威力:225 DM:225
最大威力

HB特化カバルドンカバルドン53~62.7%(確定2発)

被ダメージ

非ダイマックス前提。特性による変更も含む。
追加してほしいポケモン、わざがあればコメントでお願いします。
ドラパルトドラパルト
無補正A:252珠ドラゴンアロー 79.8~94.9%(確定2発)
無補正A:252珠ダイドラグーン(ドラゴンアロー) 103.1~120.7%(確定1発)
無補正A:252珠ダイホロウ(ゴーストダイブ) 103.1~120.7%(確定1発)
タイプ変更で半減 51.5~60.3%(確定2発)
無補正C:252珠ダイホロウ(シャドーボール) 95.5~112.5%(乱数1発 68.7%)
タイプ変更で半減 47.1~56.6%(乱数2発84.7%)

ミミッキュミミッキュ
無補正A:252珠ゴーストダイブ 59.1~69.1%(確定2発)
無補正A:252珠ダイホロウ(ゴーストダイブ) 84.2~100.6%(乱数1発 6.2%)
タイプ変更で半減 41.5~49.6%(確定3発)
無補正A:252珠じゃれつく 29.5~34.5%(乱数3発 7.1%)
タイプ変更で等倍 59.1~69.1%(確定2発)
タイプ変更で抜群 117.6~138.9%(確定1発)

ドリュウズドリュウズ
無補正A:252じしん 132~155.9%(確定1発)
タイプ変更で等倍 66~77.9%(確定2発)
無補正A:252ダイアース(じしん) 169.8~201.2%(確定1発)
タイプ変更で等倍 84.9~100.6%(乱数1発 6.2%)

トゲキッストゲキッス
無補正C:252ダイジェット(エアスラッシュ) 83~98.1%(確定2発)

カバルドンカバルドン
無補正A:0じしん 94.3~110.6%(乱数1発56.2%)
タイプ変更で等倍 47.1~55.3%(乱数2発 71.4%)

ギャラドスギャラドス
無補正A:252たきのぼり 99.3~118.2%(乱数1発 93.7%)
タイプ変更で等倍 49.6~59.1%(乱数2発 99.6%)
無補正A:252ダイストリーム(たきのぼり) 162.2~192.4%(確定1発)
タイプ変更で等倍 81.1~96.2%(確定2発)

ウォッシュロトムウォッシュロトム
↑補正C:252ハイドロポンプ 139.6~166%(確定1発)
タイプ変更で等倍 69.8~83%(確定2発)
↑補正C:252ダイストリーム(ハイドロポンプ) 178.6~211.3%(確定1発)
タイプ変更で等倍 89.3~105.6%(乱数1発 37.5%)

ラプラスラプラス
↑補正C:252うたかたのアリア 99.3~118.2%(乱数1発 93.7%)
タイプ変更で等倍 49.6~59.1%(乱数2発 99.6%)
↑補正C:252ダイストリーム(うたかたのアリア) 144.6~171%(確定1発)
タイプ変更で等倍 72.3~85.5%(確定2発)

ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)
無補正A:252じしん 134.5~159.7%(確定1発)
タイプ変更で等倍 67.2~79.8%(確定2発)
無補正A:252いわなだれ 101.8~120.7%(確定1発)
タイプ変更で等倍 50.9~60.3%(確定2発)
無補正A:252ばかぢから 81.1~95.5%(確定2発) 
タイプ変更で抜群 162.2~191.1%(確定1発)
スカーフ持ちにはふいうちでギャンブル。確定1発ではないので注意。

アシレーヌアシレーヌ
↑補正C:252うたかたのアリア 129.5~154.7%(確定1発)
タイプ変更で等倍 64.7~77.3%(確定2発)

立ち回り

先発、死に出しで運用し、ハチマキリベロにより強化された各種ウェポンで負荷を与えつつサイクル戦を仕掛けます。
隠れ特性解禁によるダイマエース型流行で、初手たすきカウンターなどを狙われがちであり、とんぼがえりをして後ろにゴーストタイプを控えさせる事で意表がつける
フォーク元と比較すると、Aに252振り切ることにより、とんぼがえり以外のわざもダメージが出てより大きな負荷をかけることができます。
また、HB特化ラプラスラプラス、HB特化ブラッキーブラッキーを確定1発できぜつさせることが可能です。

差別化

タイプは違いますがスカーフヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)と似たような運用になります。
リベロによる火力上昇が大きく、ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)はダイマックスを使用するととくせいごりむちゅう、こだわりスカーフ(ハチマキ)の効果を失い大幅に弱体化してしまいますが、エースバーンにはリベロによる火力上昇と増加したHP、タイプ変更による耐性が生まれます。こちらもハチマキの効果は失いますが

このポケモンの対策

威嚇ウインディウインディギャラドスギャラドスカバルドンカバルドンなど、こちらから抜群のとる事ができないポケモン。単純な物理アタッカーなので型が読まれやすく注意が必要。

相性の良いポケモン

エースバーンが不利なポケモンに有利なポケモン。
ウォッシュロトムウォッシュロトムラプラスラプラス
相手パーティーに大きな負荷をかけるため、対面性能の高いポケモン。
ドラパルトドラパルトミミッキュミミッキュ

おわりに

ご覧いただきありがとうございました。
ご意見やご指摘があればコメント欄でお願いいたします。

※いただいたコメントにより追記、努力値の修正をおこないました。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/09 00:45

エースバーンの他の育成論を探す (23件) >>

スポンサーリンク

コメント (28件)

20/06/04 19:17
9カプ・サイシン (@long_7865)
>7
いやいや、さすがにしねんのずつきは受け出し想定でしょう、交代よみで当てればドヒドイデドヒドイデができることってトーチカで毒入れるくらいしか出来ないですよ。確定1で倒す必要ないと思いますが。
内容読んだ限りであり、投稿者様との意図とは異なるかもしれませんが、最速アイアントアイアント抜きにまでSを抑えている点からベースはあくまで炎タイプのアタッカーであり、受けだしてくるポケモンに対してタイプ一致弱点技なり、トンボなりで負担をかけていくようにしているのかなと思いました。

ダイジェットで抜ける範囲を増やし、広い範囲をカバーできるダイマエース型とは違い、こだわるとその範囲を十分に活かすのが難しいため、相手からの受け出しに強いほのおベースのアタッカーを目指しているのではないでしょうか?
そうであれば、サブウエポンとして優先度が高いのは受け出しが予想される相手への有効打か、負担かけつつ逃げれるとんぼになってくると思います。
受け出しに当てる場合無償で一発食らわせているのですから、確定2あれば十分でしょう。
ドヒドイデドヒドイデの受けだしは十分考えられるのでしねんは当然候補入りするかとは思います。
よく考えられているなと思います。

>投稿者様
横槍になってしまい申し訳ありません。
上記私が読んだ上での見解ですが、投稿者様の意図と異なるようでしたら申し訳ございません。

別の方もおっしゃっていますが、D振りについては私も疑問です。
余りというのは承知しておりますが、特に意図がないのであれば、対面とんぼ(あまり想定出来ませんが)が少しでも広がるようSに回すのもありではないかと思います。

評価については4とさせて頂きます。
20/06/04 19:49
10通りすがりの初心者
>9
私が言っているのはフォーク元との比較です。フォーク元でも確定二発とれている上にポケモンのダメ計算に大差ないとわかります。だからこそa252に振ってまで大きな意味があるのかということです。
20/06/04 21:07
11アンチマン (@antialiasingmen)
>6
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りですね、定数ダメージ最低のH28にこだわってしまい、余りは適当にDに振れば耐えるだろうとしていました。失礼しました。

ダメージ計算を書いていたところ、ミミッキュや襷ドリュウズに対して最高乱数以外耐えれる努力値配分だったためそちらに変更いたしました。
S252でルチャブル、S244でスカーフバンギラスを抜けるので、その点も記載いたします。
20/06/04 21:17
12アンチマン (@antialiasingmen)
>7
突破できれば確定1発にこだわる必要がないと思いますので、前回のコメントと、カプ・サイシン様の補足説明で回答とさせていただきます。

かえんボールの与ダメージにフェアリータイプを追加いたしました。

実戦経験をもとに・・・?対面ドラパルトにたいして確定1発が取れるだけでは不十分なのでしょうか?みがわりなどのへんかわざでスカされることもあるでしょうが、それはふいうち自体の仕様ですし。

火力をあげることで乱数と記載されていたラプラスやブラッキーが確定1発ですね。なにより交代して受けられた際や、とんぼがえりでの大きな負荷を求めているので確定1発にこだわっているわけではありません。
20/06/04 21:33
13通りすがりの初心者
>12
なんとなく概要は理解出来ました。つい熱くなりすぎた部分も自分にはあったようでご迷惑をおかけしました。次回はオリジナル作品を期待しております。
20/06/04 21:34
14アンチマン (@antialiasingmen)
>9
コメント、評価ありがとうございます。
また、受け出しについての解説も感謝いたします。
正直自分は脳筋思考でしたのでドヒド倒せる!強い!みたいな考えでした
H252ローブシンへの打点としても十分なので、選択わざにはあっても良いと考えます。

>D振り
自分が適当でした、申し訳ない。
襷ドリュウズ、ミミッキュのばけのかわを剥がしつつ、反撃の最高乱数以外耐える調整に変更いたしました。ドリュウズに対してはタイプを変更する必要があり、環境的な使用率がドリュウズ>ドヒドイデだと思いますので技構成を修正いたしました。
20/06/04 21:49
15カプ・サイシン (@long_7865)
55555
>14 投稿者様
ご回答ありがとうございます。
B振りの方がメリットありそうですね、Sを抑えた配分であれば良い調整だと思います。
こいつは典型的な高速アタッカーであるイメージが強いんですが、以外と耐久あるんですよね。

追加されたダメージ計算みても、対フェアリーはかえんボールで十分だということもわかりました。

こちらの疑問点については納得しましたので評価5に訂正致します。
20/06/04 23:00
16ドヒド
みなさんドヒドイデの議論白熱してますね
私のドヒドイデはHDのため超低乱数とは言え1発取られるようなので警戒させていただきます。

投稿主さん
ドヒドイデはHBとHDどちらもいます
HD型に強い時点で十分脅威なのでそちらのダメ計を載せるとしねんの魅力がよく伝わると思います。

HBドヒドイデの育成をしておこうと思います。
投稿お疲れ様でした
20/06/04 23:20
17アンチマン (@antialiasingmen)
>16
コメントありがとうございます。
H252B4のドヒドイデと、ついでにH252ローブシンへのダメージ計算を追加いたしました。
20/06/05 12:51
18初も手こ龍う舞
育成論投稿お疲れ様でした。
思ったのですが、S252振りをしないと、
エースバーンミラーに勝てないと思いますが、
これについて、どうお考えですか?
返信お願いします。
20/06/05 13:15
19アンチマン (@antialiasingmen)
>18
コメントありがとうございます。
S252を振っても最速とは同速、行動順はランダムで絶対勝てる訳ではなく、スカーフいじっぱり型もいますからエースバーンミラーを意識するメリットが薄いかなと思っております。ほのおタイプにばつぐんの物理わざ覚えませんしね。
ルチャブルが重い!スカーフorりゅうのまいバンギラスを意識したい!などですばやさに振るのはありだとは思います。
20/06/05 15:57
20
アイアント対面はダイマックスを切らずに火炎ボールでいいですか?
20/06/05 18:17
21初も手こ龍う舞
S252振りしないのであれば、とびはねるを入れて、
ダイジェットをうてるようにしたほうがいいと
思います。これについてどうお考えですか?
返信お願いします。
20/06/05 20:06
22アンチマン (@antialiasingmen)
>20
コメントありがとうございます。

そうですね、環境のアイアントはほとんどはりきりいのちのたまダイマックスエースなので、少数いるタスキ型で、なおかつ岩わざを覚えていない限りはかえんボールで確実に倒せます。

もしも初手でアイアントと対面し、見せ合いでエースバーンのわざを半減で受けれるポケモンがいるのであれば、すばやさ種族値で負けている相手は交換してくる可能性も高いのでとんぼがえりでの対面操作もありですね。
20/06/05 20:28
23アンチマン (@antialiasingmen)
>21
なるほど。

まず前提としてこの育成論の型は『こだわりハチマキ』をもちものとして選択しているので、どうぐの効果(こうげき1.5倍)がなくなってしまうダイマックスは積極的に使用しません。
なのでダイマックスエースでの運用のように、積極的にダイジェットを使用してすばやさを上げ、3タテする立ち回りとは少し異なります。
どうしてもこだわり状態を解除したい状況になればダイマックスを使用する事もあるので、ダメージ計算も載せていますがメインではない事をご理解ください。

で、選択わざとしての「とびはねる」ですが、ばつぐんをとれる範囲がほのおタイプとかぶっていて(くさ、むし)、追加効果は優秀ですが攻撃するのに2ターンかかるデメリットがとても大きいので候補としてもいれておりません。

すばやさ実数値178(最速109族抜き)なのでそれより速いポケモンには「ふいうち」や、ドラパルトやこだわりスカーフ持ちなど他のポケモンなどで対策する形になります。
20/07/08 18:19
24azoome (@p1e2n26)
55555
育成論拝見させていただきました!
運用しているパーティに他のダイマ役がいるため、この型のエスバを重宝しております。

一つ提案なのですが、選択技ににどげりはいかがでしょうか?
実際にとびひざげりの代わりに採用しているのですが、
ドヤ顔で出てくるタスキカウンタールガルガンを逆にカモにできる他、はずし・まもる・ゴースト交代による自傷ダメも無いので安心です。
(素人計算なので間違っている可能性大ですが)HB特化カビは乱数によって1/4回復きのみが発動してしまい確1とはならないようですが.....
火力のあるこの型だからこそ活きる技と思いコメントさせていただきました。
20/07/08 18:39
25通りすがり
>>24
飛び膝はhb特化カビに確1であってます。おそらく計算をを命の玉で行なってしまっているのではないでしょうか?
投稿主ではありませんが、膝のダメ計を見るにさすがににどげりは威力が足りない気がします。とは言えカウンターをカモにでき、自傷もないのは良さそうだと思います。
20/07/08 20:30
26アンチマン (@antialiasingmen)
>24
コメント、評価ありがとうございます。

「にどげり」はたすきカウンターの育成論が増えていくうちに候補として記載しようか考えていました。今までコメントもなかったのでまぁいっか、と思っていました
ルガルガン、マニューラ、ルカリオあたりのカウンター要員に対して何もさせずに倒すことができ、ホルード、ドリュウズ、テラキオンなどのきあいのたすきを優先してもちものにしているポケモンにも有効です。「がんじょう」もちにはキョダイカキュウも選択できるので、選択肢としては有用だと思います。
ポリゴン2、カビゴンに対しての圧が下がりますが、ラッキー、ハピナスには十分機能停止位のダメージも入りますし、追記しておきます。
20/07/08 20:43
27アンチマン (@antialiasingmen)
>25
コメントありがとうございます。

>24の方は「にどげり」でHB特化カビゴン〜と書かれていると思います。
にどげりですと49.4〜59.9%なので、おっしゃるとおり威力は全然足りなくなりますが、ダイマックスエースバーンをたすきカウンターで処理しようとしている層は一定数いるので、選択肢として追記しておきます。なにより意表がつける
カビゴン、ポリゴン2、ラプラスへの遂行力は間違いなく落ちるので、パーティ構築次第ですね。
20/07/08 21:05
28azoome (@p1e2n26)
>25
>26
返信ありがとうございます。
当方、にどげりの計算結果を1蹴り分のダメージと勘違いしてました...
全然足りないですねw
やっぱダメージ計算奥深いです。

ご指摘ありがとうございました!

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::エースバーンの育成論::ハチマキリベロエースバーン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy