パピモッチ- ポケモン図鑑SV

  • SV
パピモッチ
パピモッチ
こいぬポケモン
パルデアNo.076
全国No.970
高さ0.3m
重さ
  • 10.9kg
  • けたぐり威力40
タイプ
  • フェアリー
英語名
  • Fidough
タイプ相性による弱点
  • はがね2倍×2
  • どく2倍×2
  • むし0.5倍×0.5
  • あく0.5倍×0.5
  • かくとう0.5倍×0.5
  • ドラゴン0倍×0 (全く効かない)
さかさバトルを表示
  • むし2倍×2
  • あく2倍×2
  • ドラゴン2倍×2
  • かくとう2倍×2
  • はがね0.5倍×0.5
  • どく0.5倍×0.5
進化の流れ
ヘルプ◆ パピモッチの種族値
HP 37(540位)
こうげき 55(438位)
ぼうぎょ 70(249位)
とくこう 30(537位)
とくぼう 55(380位)
すばやさ 65(316位)
平均 / 合計 52.0 / 312(455位)
ヘルプ◆ 実数値最高無振下降最低
HP14414411211297
こうげき117107756754
ぼうぎょ134122908167
とくこう9082504531
とくぼう117107756754
すばやさ128117857663
ヘルプ◆ パピモッチを倒した時にもらえる努力値
HP 0
こうげき 0
ぼうぎょ 0
とくこう 0
とくぼう 0
すばやさ 1
ヘルプ◆ その他のデータ
ゲットしやすさ 190
初期なかよし度 50
カテゴリー通常ポケモン
ヘルプ◆ パピモッチの性別とタマゴ
性別♂:50% / ♀:50%
タマゴグループ陸上 / 鉱物
ヘルプ◆ パピモッチの特性(とくせい)
マイペース『こんらん』状態にならない。第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。
ヘルプ◆ パピモッチの隠れ特性(夢特性)
*ぶきよう持っている道具の効果が発揮されない。

スポンサーリンク

◆ パピモッチの生息地
エリアレベル出現率
南1番エリア街の周辺5-8
南2番エリア街の周辺7-12
ポケモンリーグ街の周辺7-12
◆ その他の主な入手方法
  • 進化・タマゴで入手
◆ パピモッチがレベルアップで覚える技
タイプ分類威力命中PP説明
基本たいあたり
ノーマル物理4010035通常攻撃。(第6世代は威力:50)
基本なきごえ
ノーマル変化-10040×相手全体が対象。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。
Lv.3したでなめる
ゴースト物理301003030%の確率で相手を『まひ』状態にする。
Lv.6しっぽをふる
ノーマル変化-10030×相手全体が対象。相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
Lv.8ほしがる
ノーマル物理6010025相手が持っている道具を自分の物にする。自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。
Lv.11かみつく
あく物理601002530%の確率で相手をひるませる。
Lv.15つぶらなひとみ
フェアリー変化-10030×必ず先制できる(優先度:+1)。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。
Lv.18じゃれつく
フェアリー物理90901010%の確率で相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。
Lv.22ふるいたてる
ノーマル変化--30×自分の『こうげき』『とくこう』ランクが1段階ずつ上がる。
Lv.26バトンタッチ
ノーマル変化--40×他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ。
Lv.30ほえる
ノーマル変化--20×必ず後攻になる(優先度:-6)。相手のポケモンを強制的に交代させる。野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。ダイマックスしている相手には無効。野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。
Lv.33すてみタックル
ノーマル物理12010015相手に与えたダメージの33%を自分も受ける。
Lv.36あまえる
フェアリー変化-10020×相手の『こうげき』ランクを2段階下げる。
Lv.40かみくだく
あく物理801001520%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
Lv.45とっておき
ノーマル物理1401005この技は自分の持っている他の技をすべて使うと使えるようになる。
◆ わざマシンで覚える技
マシン01とっしん
ノーマル物理908520相手に与えたダメージの1/4を自分も受ける。
マシン02あまえる
フェアリー変化-10020×相手の『こうげき』ランクを2段階下げる。
マシン04こうそくいどう
エスパー変化--30×自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。
マシン05どろかけ
じめん特殊2010010×100%の確率で相手の命中率を1段階下げる。
マシン07まもる
ノーマル変化--10×必ず先制でき(優先度:+4)、そのターンの間、相手の技を受けない。連続で使うと失敗しやすくなる。ダイマックス技や第7世代のZワザの攻撃技は貫通し、1/4のダメージを受ける。
マシン08ほのおのキバ
ほのお物理65951510%の確率で相手を『やけど』状態にするか、ひるませる。
マシン09かみなりのキバ
でんき物理65951510%の確率で相手を『まひ』状態にするか、ひるませる。
マシン10こおりのキバ
こおり物理65951510%の確率で相手を『こおり』状態にするか、ひるませる。
マシン20くさわけ
くさ物理5010020100%の確率で自分の『すばやさ』ランクが1段階上がる。
マシン25からげんき
ノーマル物理7010020自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。
マシン30バークアウト
あく特殊559515×相手全体が対象。100%の確率で相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。
マシン35マッドショット
じめん特殊559515×100%の確率で相手の『すばやさ』ランクを1段階下げる。
マシン47こらえる
ノーマル変化--10×必ず先制できる(優先度:+4)。そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。連続で使うと失敗しやすくなる。
マシン49にほんばれ
ほのお変化--5×5ターンの間、天気を『にほんばれ』にする。『ほのお』タイプの技のダメージが1.5倍になり、『みず』タイプの技のダメージが半減する。『こおり』状態にならない。
マシン50あまごい
みず変化--5×5ターンの間、天気を『あめ』にする。『みず』タイプの技のダメージが1.5倍になり、『ほのお』タイプの技のダメージが半減する。
マシン55あなをほる
じめん物理80100101ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。
マシン63サイコファング
エスパー物理8510010相手の技『リフレクター』『オーロラベール』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』『オーロラベール』を壊す。
マシン66のしかかり
ノーマル物理851001530%の確率で相手を『まひ』状態にする。相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。
マシン70ねごと
ノーマル変化--10×自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。PPが減少するのはこの技のみ。
マシン79マジカルシャイン
フェアリー特殊8010010×相手全体が対象。通常攻撃。
マシン84じだんだ
じめん物理7510010前のターンで自分が使った技が失敗していた場合、威力が2倍になる。
マシン85ねむる
エスパー変化--5×HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。
マシン103みがわり
ノーマル変化--10×自分のHPを最大HPの1/4だけ減らして、減らしたHPと同じHPの自分の分身を作り、分身のHPが0になるまですべての攻撃を自分の代わりに分身が受ける。分身は状態異常にならない。ただし、音系の技などはそのまま受ける。相手のダイマックス技も防げるが、自分がダイマックスすると分身が消える。
マシン108かみくだく
あく物理801001520%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
マシン127じゃれつく
フェアリー物理90901010%の確率で相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。
マシン130てだすけ
ノーマル変化--20×必ず先制できる(優先度:+5)。使用したターンの間、味方の技の威力を1.5倍にする。
マシン132バトンタッチ
ノーマル変化--40×他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ。
マシン139ミストフィールド
フェアリー変化--10×5ターンの間、場の状態を『ミストフィールド』にする。『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。すでに状態異常の場合は回復しない。道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。
マシン171テラバースト
ノーマル特殊8010010×自分がテラスタル状態の時、技のタイプが自分のテラスタイプになる。この技の分類は、自分の攻撃と特攻の高い方となるため、『こうげき』のほうが高い場合は物理技となる。
◆ パピモッチのタマゴ技
遺伝あまいかおり[遺伝経路]
ノーマル変化-10020×相手全体が対象。相手の回避率を2段階下げる。(第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。第6世代では群れバトル発生)
遺伝ねがいごと[遺伝経路]
ノーマル変化--10×次のターンの終了時にHPが最大HPの半分回復する。交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。
遺伝あくび[遺伝経路]
ノーマル変化--10×次のターン終了時に相手を2〜4ターン(実質1〜3ターン)の間『ねむり』状態にする。ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。
遺伝とおぼえ[遺伝経路]
ノーマル変化--40×自分と味方全体の『こうげき』ランクを1段階ずつ上げる(第7世代までは、対象は自分のみ)。第8世代からは、音系の技。この技は『ダイウォール』の効果も受けない。
遺伝まねっこ[遺伝経路]
ノーマル変化--20×最後に使われた技で相手に攻撃する。自分の技も対象となる。最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。
※性別不明や遺伝経路がないタマゴ技はものまねハーブでコピーできます。
◆ 思い出し技
なし

スポンサーリンク