ソウブレイズ- ポケモン育成論SV

【耐久型】不死の亡霊 ソウブレイズ【剣舞+壁】

2022/11/27 17:15 / 更新:2022/11/29 06:52

ソウブレイズ

HP:HP 75

攻撃:攻撃 125

防御:防御 80

特攻:特攻 60

特防:特防 100

素早:素早 85

ツイート4.904.904.904.904.904.904.904.904.904.90閲覧:143718登録:247件評価:4.90(22人)

ソウブレイズ  ほのお ゴースト  【 ポケモン図鑑 】

性格
しんちょう(特防 特攻)
特性
もらいび
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:4 / 特防:252
覚えさせる技
むねんのつるぎ / リフレクター / ひかりのかべ / つるぎのまい
持ち物
たべのこし
テラスタイプ
はがね

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊受け
登録タグ

考察

あいさつ、注意

ポケモンsvが発売されて初投稿になります。くくるかんです。ランクマが始まっていない段階で『こいつやりおる』となったポケモンです。ぜひ参考にしてください。

  • この育成論では、H→体力 などの非公式の略称を使用します。

採用理由と役割

今回紹介するソウブレイズソウブレイズソウブレイズというポケモンは、H75.A125. B80.C60.D100.S85という物理アタッカーとしてかなり完成された種族値をしています。
さらに、ゴースト炎タイプは6タイプ半減、1タイプ4分の1、2タイプ無効という非常に優秀な耐性を持っています。
この優秀な数値、タイプを使って、特殊ポケモンをメイン、受け+切り返しの器用な型を考えました。
役割としては、特殊受け 両壁 剣舞アタッカー
を担うことができます。

持ち物

たべのこし
受けポケモン御用達の最強持ち物です。環境や構築によってはオボンの実なども考えられます。

特性

もらいび
もうひとつの特性であるくだけるよろいは今回の受けをメインとした型とは絶望的な相性です。もらいびで確定で問題ありません。

性格・努力値と調整

H252 B4 D252 しんちょうC↓D↑
いわゆるHD特化です。
元々の耐久数値がH75D100と高いわけではないので、特化で使っています。

技構成

  • むねんのつるぎ

ソウブレイズの専用技です。
威力90命中100 炎タイプの物理技で、与えたダメージの半分だけ自分の体力が回復します。耐久型とは非常に相性のよい回復効果を持っており、威力命中ともに申し分ない数値です。
この技を使えるからソウブレイズソウブレイズソウブレイズを選んだと言えるほど重要な技です。

  • リフレクター

壁です。特殊ポケモンのみに役割対象を絞るならこの技は必要ありません。が、環境のポケモンを見た感じ、物理アタッカーが多いなと感じました。隙を見て貼ることができればかなり有利に展開をとれる技です。
同じような役割の技におにびがあります。しかし命中の不安定さ、はがねテラスタルメタであるほのおテラスタル、セグレイブセグレイブセグレイブなどに弱くなるため今回はリフレクターを選択しました。

  • ひかりのかべ

特殊受けをさらに安定させるために重要な技です。自身の特殊耐久の底上げや後続のサポートにも一役買ってくれる、使いやすい技です。

  • つるぎのまい

受けだけでなく、攻撃面もカバーできる積み技です。攻撃力に努力値を振ってない分それをカバーできるのはもちろん、むねんのつるぎでの回復力上昇もできます。

立ち回り例

相手サーフゴーサーフゴーサーフゴーのゴールドラッシュに対してソウブレイズソウブレイズソウブレイズに交換。
次のターンシャドーボールを打たれるタイミングではがねテラスタルをして、ひかりのかべを貼る。

相手イーユイイーユイイーユイのかえんほうしゃに対してソウブレイズソウブレイズソウブレイズに交換。
次のターンあくのはどうを打たれるタイミングではがねテラスタルをしてひかりのかべを貼る。

などです。

はがねテラスタルの強みとしては、ほのお技を特性のもらいびで無効化することができ、格闘技は元がゴーストタイプなので多少打たれにくいということです。
しかし、地面技が一貫してしまうのが欠点です。

被ダメージ計算

被ダメージ計算は、
通常時
はがねテラスタル時
の順で記載します。

通常     23.0〜27.0 乱数4発:43.43%
はがね    23.0〜27.0 乱数4発:43.43%
シャドーボール
通常     60.5〜72.6 確定2発
はがね    30.3〜36.3 残飯込み乱数3発:1.34%

  • C特化イーユイイーユイイーユイ    あくのはどう

通常     82.5〜96.8 確定2発
はがね    41.3〜48.4 確定3発

通常     57.2〜69.3 確定2発
はがね    28.5〜34.7 乱数3発:3.51%

りゅうせいぐん
通常     46.8〜56.1 残飯込み乱数2発:21.48%
はがね    21.7〜26.5 残飯込み乱数4発:8.11%

通常     79.2〜93.5 確定2発
はがね    39.6〜46.8 確定3発

与ダメージ計算

与ダメージ計算は、
通常時
A二段階上昇時(つるぎのまい後)
の順で記載します。

通常     79.1〜93.9 確定2発
剣舞     156.8〜186.5 確定1発

通常     28.3〜33.5 乱数3発:0.09%
剣舞     55.8〜66.5 確定2発

通常     19.7〜24.0 乱数5発:99.99%
剣舞     40.2〜47.4 確定3発

通常     42.0〜50.4 乱数2発:0.39%
剣舞     83.3〜99.3 確定2発

苦手なポケモン

ガブリアスガブリアスガブリアス、カバルドンカバルドンカバルドンなど、地面物理アタッカーは苦手です。
じめん、あく、ゴースト、みず、でんき、タイプの技は、テラスタル前テラスタル後も等倍で入ります。
あく、ゴーストタイプは、抜群から等倍にできますが、注意が必要かもしれません。

相性の良い味方・構築例

上であげた技をいい感じ半減以下に抑えられるサザンドラサザンドラサザンドラや、物理受けをこなせて、地面タイプに強い水ロトムウォッシュロトムウォッシュロトムなんかもおすすめです。

おまけ
HDソウブレイズソウブレイズソウブレイズの起源主張をここでしておきます。
最初はおにびやでんじはを使ったからめて型のソウブレイズを考えていたのですが、優秀な特殊耐久と専用技からこの型を完成させました。
ソウブレイズは数値も特性も技も優秀でチョッキやスカーフ、珠など色々な型が考察できました。本当に面白い、カッコいいポケモンです。
ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。コメント、評価の方も是非よろしくお願いします。

こちらもオススメ
ソウブレイズ【積みアタッカー】SV式ビルドレソウブレイズ
わんぱく / もらいび / たべのこし
HP:244 / 攻撃:12 / 防御:252
むねんのつるぎ / かげうち / みがわり / ビルドアップ
ソウブレイズ【テラレイド】最強ヒスイジュナイパー安定討伐ソウブレイズ
いじっぱり / もらいび / かえんだま
HP:4 / 攻撃:252 / 防御:252
むねんのつるぎ / ビルドアップ / なげつける / クリアスモッグ
ソウブレイズチオンジェンにもう悩まされない!受け崩しちょうはつビルドソウブレイズ
しんちょう / もらいび / たべのこし
HP:252 / 特防:188 / 素早:68
むねんのつるぎ / みがわり / ちょうはつ / ビルドアップ

スポンサーリンク

コメント (13件)

  • ページ:
  • 1
22/11/28 00:22
1ペーん
この育成論を見て、「なるほどな」と納得しました
もしも、カバルドンなどの地面タイプの相手が来た時にはどういう立ち回りをしたらいいのでしょうか
22/11/29 00:13
2ポッポさん (@megapopposan)
アタッカーと考えられがちなポケモンの耐久性に目を付けた育成論、面白い着眼点だと思いました。
一点気になったのですが、被ダメージ計算で、はがねテラスタル時の悪ゴースト技ダメージが半減になっています。これは立ち回り例にあるような壁張りを行った際の被ダメージということでしょうか?
タイプ相性を覚えきれていない初心者さんが悪ゴーストをはがねで半減できるとも読めてしまうので、「壁込」などと記載したほうが誤解を与えず、また壁の有用性を強調できると思いました。
22/11/29 07:07
3kukuルカン@ポケモン (@kukywjm)
@ぽっぽ さん、コメントありがとうございます。
ダメージ計算時、悪ゴーストを半減で表示しているということですが、これで正しいです。テラスタルをしていないときは、悪ゴーストはソウブレイズに対して2倍、効果抜群で入ります。が、はがねタイプにテラスタルすると防御時の相性計算ははがね単タイプで計算をします。すると等倍になるので結果的にダメージを元のタイプと比べて半減することができます。
ポッポさんのおっしゃる通り、今のダメージ計算の量だと壁の有用性はあまり伝わらない気がしました。少し時間に余裕ができたら壁下のダメージ計算も追加してみようと思います。急いで返信したので間違いありましたらごめんなさい。
22/11/30 00:52
4草の毛皮
なるほど、アタッカーと見られがちなソウブレイズを両壁型にする。
なかなか面白い発想だと思います。

隙を見て剣舞を積み、無念でゴリゴリ回復しながら優位を取る。

地面は裏の水ロトムやヘイラッシャで受けていく事になりそうですね。
特に天然ヘイラッシャなら、物理が比較的厚くて積み技を貫通出来るので、候補になるかもしれません。
ただ水ロトムと違って、カバにやや決定打がないのと、地面技貫通自体は出来ないという不利点もありますが。
22/11/30 06:49
5kukuルカン@ポケモン (@kukywjm)
ぺーんさん、コメントありがとうございます。返信遅れてごめなさい。
カバルドンなどの地面タイプについてですね。基本的に本育成論のソウブレイズは地面タイプが苦手です。なので、他のポケモンと合わせて対策するといいでしょう。例えばウォッシュロトムとか、ヘイラッシャ、テツノツツミのようなポケモンがおすすめです。
ソウブレイズとカバルドンの対面を作ってしまうと、ステロをまかれたり、あくびを打たれたりされて不利です。
相手の交換を読めるなら、剣の舞を積むとか、別のポケモンに引くなどできるといいと思います。剣舞をするなら吹き飛ばしを警戒してください。
22/11/30 06:51
6kukuルカン@ポケモン (@kukywjm)
草の毛皮さん、コメントありがとうごさいます。
確かに天然ヘイラッシャいいですね。特殊受け物理受けで相性的にもいいし、ソウブレイズで壁をはればヘイラッシャのサポートもできますね。参考にしてみます。
22/11/30 10:39
7ぽて
質問なのですが、ソウブレイズの積み技には剣舞以外にもビルドアップがあると思うのですが、ビルドアップではなく剣舞を採用した理由はなんでしょうか??
22/11/30 17:34
8kukuルカン@ポケモン (@kukywjm)
ぽてさんコメントありがとうございます。
ビルドアップと剣の舞についてですね。ビルドアップも技候補にありました。それぞれの利点と欠点について少し説明します。
ビルドアップ
利点
攻撃面と物理防御面を同時に補える。
複数回積めれば要塞化できる。
欠点
元の物理耐久が低いため、防御を上げたくてビルドアップ
という使い方はしづらい。ビルドアップに防御を任せると天然ポケモンがキツくなる。
ダメージ計算を見るとわかりやすいが、剣の舞後でも少し火力不足を感じるレベルにパワーがない。ビルドアップで補いきれるのか不安。

つるぎのまい
利点
一度の剣舞である程度のむねんのつるぎでの回復量を確保できる。
複数回積めれば一気に満タンレベルの回復を狙える。

欠点
ビルドアップと違い耐久方面の強化はできない。
天然ポケモンに対しては無意味。
つるぎのまいをしても落とせないポケモンがいる。

以上の点を考えて、個人的には剣の舞がいいなと思いました。理由としては、積み技を打つ余裕がある時点で耐久的には十分かなと。とくに壁+はがねテラスタルで物理だとしてもほとんどの技を耐えられると思います。
一方でビルドアップにもかなりの利点があると思います。時間ができましたら積み技の候補についても本文に追加したいと思います。
22/12/01 19:51
9ぶろ
ソウブレイズにアタッカー以外の役割を持たせるのは面白いと思いました。Hはぶっぱだと偶数になってしまうのでBに回したほうがいいと思います。また、テラスタル草はどうでしょうか、ほのおタイプの弱点をカバーできますし初手で対面しやすいイルカマンにもクイックターンを受けながら壁貼りができると思います。
22/12/10 05:26
10くろいの
自分も同じ様な型を考え、運用していました。
現環境では苦手とする物理主体の編成が多く、特殊もラウドボーン、水・火ロトム、サザンをよく見るので受けてもこちらの攻撃が半減されて返しきれないのが現状で正直戦える相手があまり居ないのがキツいですね…

本育成論はランクマ前の環境想定でしたが、現状の運用についてはどう考えますか?
22/12/10 10:22
11kukuルカン@ポケモン (@kukywjm)
ぶろさんコメントありがとうございます。努力値の調整案ですね。ソウブレイズはぶっぱで偶数になってします。私はソウブレイズがもともと固くないポケモンなので、限界まで振りましたが、キョジオーンのしおずけ等定数ダメージを考えると1下げた方がよさそうですね。
テラスタイプ草も面白くていいと思います。地面も半減できるのはおいしいですね。ただ、マスカーニャのとんぼがえりやセグレイブの氷技などを不意に受けた時大きく削られるのは少し辛いです。鋼にも草にもいいところがあると思います。
22/12/10 10:44
12kukuルカン@ポケモン (@kukywjm)
くろいのさんコメントありがとうございます。私ももちろんランクマッチでこの型を使用して潜っています。ランクマでの相性を少し書きたいと思います。

サーフゴー 基本的に有利。みがわりわるだくみじこさい せい+水テルスタルのやつに一回だけ負けた。

サザンドラ むねんのつるぎが半減といえどサザンドラ自体耐久力の高いポケモンではないので、テラ鋼で押し切れる。あくはで2回怯むときつい。

水ロトム テラ鋼+壁まで貼れれば相手は何もできないので剣舞ガン積。ドロポン外してくれたらアド。なんとかなる。

火トム  テラ鋼すると何故かオーバーヒートを打たれる。
相手からの打点はないのでこいつも壁+剣舞でOK。

ウルガモス 相手からの打点なし。壁+剣舞でOK。

カイリュー 壁貼っても地震はきつい。壁だけ貼って裏に引くかマルチスケイルだけ削ってください。

キノガッサ 抜群つけてむねんの回復の餌にはできる。
上からほうきはきつい。

ミミッキュ 壁+テラ鋼で割といける。

マフカーニャ はたき落とすがきつい。ほんとにきつい。対面なら負けないがはたき落とすは許さない。はたき落とすなマジで。ほんとに。

ヘイラッシャ、ラウドボーン等てんねんポケモン
勝てません。大人しく別のポケモンで対策しましょう。
ラウドボーンに関してはフレアソングに対して後出しして壁を貼れます。そのくらいです。

現状の運用としては想定時と変わらず、特殊ポケモンに後投げして、壁+剣舞で起点にしていく。という立ち回りでいいと思います。
ただ、残飯かひかりのねんどかで少し迷っています。

ランクマで使ってた並びは
モロバレル、ソウブレイズ、イルカマン、ニンフィア、
水ロトム、ルカリオ
です。いわゆるサイクルパです。モロバレルは特に相性補完がいいのでおすすめです。
そして天然ポケモンに強く出れる水ロトム、地面、岩タイプに圧力をかけるイルカマン。ドラゴン全般を相手できるニンフィア、鋼に困ったら選出する襷ルカリオ。

全員役割があってかなりバランスの取れたパーティーでした。6割くらいの試合はモロバレル、イルカマン、ソウブレイズの選出で勝っています。

長々余計なことまで書いてしまいごめんなさい。ご質問ありがとうございました。
22/12/25 08:05
13なすな (@husshie_kisei)
55555
初めまして。
見た目でバイオレット選んだのですが、選んだ御三家のラウドボーンラウドボーンを優先して育成したのもありこいつ何ができるんだろうと考えていたときこの育成論が目に入りました。
型については僕自身では考えつきませんでしたし素晴らしいと思います!

ただ、サザンドラサザンドラですが、流行してるのは臆病拘り眼鏡型なのでマスカーニャマスカーニャデカヌチャンデカヌチャンなどで持ち物をはたき落とすか他の対面で早めにテラスタル切らないと受け成立しなさそうな気がするので、そこの立ち回りを明記して置いたほうがいいと思います。(他の眼鏡持ちが多そうな悪ゴーストも同様です。)

有利な相手はウルガモスウルガモスもいると思います。
地面テラスタルで無ければ勝てそうです。

パラドックス解禁後はハバタクカミハバタクカミテツノドクガテツノドクガには有利そうですがテツノツツミテツノツツミスナノケガワスナノケガワが不利な気がします。ドロポンや大地の力安定なので。

不利な地面タイプ相手に受け出せて行動一回チャンスが生まれる風船は持ち物候補としては弱いでしょうか?(相手が引いてくれるなら拘り持ち判別に使えそうな気もします。)

壁貼り役は光の粘土持ちの味方に分散させた方がいいかもしれません?オーロンゲオーロンゲクレッフィクレッフィ耐久調整ウォッシュロトムウォッシュロトムなど。
そしたらビルドアップにしたり剣舞鉄壁両採用できませんか?

ヘイラッシャヘイラッシャドオードオーが選出画面にいたら選出諦めた方がいいと思います。(ドオーは天然のろい型もいるので)
この2体に関してはラムみが草グレンアルマグレンアルマ有利だと思ってるので両採用がエモいと思います。

長文失礼いたしました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。