カイリュー- ポケモン育成論SV

神速の飛竜!ハチマキカイリュー!

2022/12/14 09:14 / 更新:2023/01/06 20:29

カイリュー

HP:HP 91

攻撃:攻撃 134

防御:防御 95

特攻:特攻 100

特防:特防 100

素早:素早 80

ツイート4.904.904.904.904.904.904.904.904.904.90閲覧:431752登録:474件評価:4.90(53人)

カイリュー  ドラゴン ひこう  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃 特攻)
特性
マルチスケイル
努力値配分(努力値とは?)
HP:36 / 攻撃:252 / 防御:4 / 特防:100 / 素早:116
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:171-204-116-x-133-115 (素早さ比較)
覚えさせる技
げきりん / しんそく / じしん / けたぐり
持ち物
こだわりハチマキ
テラスタイプ
ノーマル

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ
フォーク元の育成論(フォークとは?)
鉢巻神速カイリュー(rhiroe)

考察

前書き

こんにちは!炊き込み淡水です。
今回はカイリューカイリューを考察したいと思います。

注意!

  • この育成論ではHP=H、こうげき=A、ぼうぎょ=B、とくこう=C、とくぼう=D、すばやさ=Sなどの略称を使います。
  • 個体は特に理由が無い限り理想個体とします。
  • ダメージ計算は「SWSH」、ポケソルを参照しています。
  • 不明な点などありましたらコメントで指摘して頂けると助かります。
  • 気になったところなどを随時追記しています。
  • この育成論はフォーク元育成論の考察の補完、及び再考察となります。

カイリューとは?

初代から存在するドラゴン・ひこうタイプです。ムーミン
カイリューカイリューの種族値は、
H91 A134 B95 C100 D100 S80
合計種族値600のいわゆる600族と言われるポケモンです。火力も耐久も高水準で強力なポケモンです。

採用理由と役割

カイリューカイリューの強みは以下の通りです。

  1. 環境に多い物理受けに対しても遅れを取らない高火力
  2. 特性マルチスケイル
  3. 先制技しんそく

1.環境に多い物理受けに対しても遅れを取らない高火力
A134&こだわりハチマキのげきりんは、HBに特化したラウドボーンラウドボーンを確定2発、キョジオーンキョジオーンを99%の乱数で2発にできるほどの高火力を持ち、このポケモンの一致技を等倍で交代してから受け切ることができるポケモンはそうそういません。
これだけならばセグレイブセグレイブオノノクスオノノクス等にこだわりアイテムを所持させても同じことはできますが、カイリューカイリューは他のポケモンに無い強みを持ち合わせています。

2.特性マルチスケイル
この特性は、HPが満タンの時に相手からの攻撃で受けるダメージを半分にするというものです。
ダメージを受けていると発動できなくなる点には注意が必要ですが、これにより相手からの高火力技を1度だけ無理やり耐えることができます。その隙にげきりんや後述の技を喰らわせる動きが強力です。

3.先制技しんそく
この技は、威力80 命中100のノーマル技、優先度+2の先制技です。
ふいうちやマッハパンチ等の他の先制技よりも早く行動することができ、先制技の中での火力はであいがしらに次ぎ2番目の威力を誇ります。
この技にノーマルテラスタルを合わせることで、耐久に振らないガブリアスガブリアスに65.5〜77.5%のダメージを与える高火力を与えることができます。
これと前述の特性マルチスケイルと合わせることで、ウルガモスウルガモス等の積みエースの攻撃を受け止めながら大ダメージを与え、その快進撃を止めることができる他、耐久に振っていないウルガモスウルガモスマスカーニャマスカーニャを上から一撃で倒すことができます。
ゴーストタイプのポケモンには無効化されてしまいますが、相手の低耐久のポケモンや、HPが削れた相手を一気に倒し切れる強力な技です。

物理受けを許さない威力120の一致技と低耐久のポケモンを一撃で倒せるほどの高威力の先制技、特性マルチスケイルを両立できるポケモンはカイリューカイリュー以外に存在しません。

フォーク元では、相手の消耗したポケモンを先制技で倒し切るスイーパー性能に重きを置いて考察していましたが、本論で着目する役割は、カイリューカイリューの初手から出せる高火力とノーマルテラスタルしんそくの制圧力、マルチスケイルのカウンター性能を活かした初手の高威力での荒らし&スイーパー&相手エースへのカウンターです。

持ち物

こだわりハチマキ
初動から高火力の一致技と先制技で制圧するというコンセプトのため確定です。
他の持ち物ではウルガモスウルガモスマスカーニャマスカーニャをノーマルテラスタルしんそくで確定一発に出来ないなど、本論と同様の動きをすることができないので、その他の持ち物の候補はありません。

技構成

げきりん しんそく
じしん けたぐり

げきりん しんそく 自由枠 自由枠

自由枠はパーティの苦手なポケモンに合わせて技を選択してください。

  • 確定枠

げきりん
威力120 命中100 ドラゴンタイプの技です。 2〜3ターンの間命令ができなくなり、攻撃し続けた後に混乱状態になります。
前述の通りラウドボーンラウドボーンキョジオーンキョジオーン等の物理受けの受け出しを許しません。(ラウドボーンラウドボーンはフェアリーテラスタルを使用してくる場合があるため警戒が必要)
リスクがある技なので、使用する際には注意が必要です。

しんそく
威力80 命中100のノーマル技、優先度+2の先制技です。
高火力先制技です。はがね、ゴーストタイプには通りが悪いので、それらが相手の控えにいるならば警戒して使用しましょう。テラスタル無しでも割と火力でます。

  • 自由枠

じしん
威力100 命中100のじめん技です。
H252サーフゴーサーフゴー、耐久無振り皮ダメありミミッキュミミッキュを確定で倒せる他、ラウドボーンラウドボーンの受け出しにじしんを当てることができれば、テラスタルのタイプ変化でフェアリータイプになっても受け切れない火力を押し付けられます。

  • 仮想敵

サーフゴーサーフゴーラウドボーンラウドボーン(テラスタル使用でミミッキュミミッキュ)

けたぐり
威力が相手の体重を参照して決まるかくとう技です。
環境に多いはがねテラスタルのサザンドラサザンドラを読み合いをせずに倒すことができる他、じしんでは一撃で倒すことが出来ないドドゲザンドドゲザンを倒せます。

  • 仮想敵

ドドゲザンドドゲザン(テラスタル使用でサザンドラサザンドラ)

からげんき
威力70 命中100のノーマル技です。状態異常の時、威力が2倍になります。
状態異常時、ノーマルテラスタルを使用することでげきりん以上の打点になり、やけど状態への耐性が身につきます。
条件が揃えばHB特化ヘイラッシャヘイラッシャも確定2発にできます。

  • その他候補

・ほのおのパンチ
アーマーガアアーマーガアハッサムハッサムフォレトスフォレトスへの最大打点。他のはがねタイプは大抵じしんかけたぐりで確定一発にできる。
・かみなりパンチ
マリルリマリルリアーマーガアアーマーガアへの最大打点。しかしマリルリマリルリはしんそくで確定2発。
・かわらわり
オーロンゲオーロンゲ等のリフレクターやひかりのかべを破壊できる。サザンドラサザンドラは乱数6割で倒せる。

特性

  • マルチスケイル

HPが満タンの時に相手からの攻撃のダメージを半減します。
採用理由に直結しているため確定です。
ノーマルテラスタルで弱点を無くす動きともかなり相性が良いです。

性格・努力値と調整

性格:いじっぱり
努力値:H36 A252 B4 D100 S116
個体値:31:31:31:×:31:31
実数値:H171 A204 B116 C× D133 S115

調整意図
H:4n-1
B:端数
HD:マルチスケイル発動でC252こだわりメガネサザンドラサザンドラのりゅうせいぐんを乱数94%で耐え
A:特化
S:すばやさ1段階上昇最速麻痺セグレイブセグレイブ抜き、準速バンギラスバンギラス抜き抜き(無振り94族デカヌチャンデカヌチャン抜き)

攻撃を下げると仮想敵への乱数が変わるため、こうげきは低くすることができません。
カイリューカイリューはいわゆる中速帯なのですばやさ調整は悩むところですが、準速での採用もあるバンギラスバンギラス抜きを基準に、りゅうのまいを1度使用したまひ状態のセグレイブセグレイブを抜けるまですばやさを上げ、偶発的にその状況になった時に勝てる調整にします。
耐久方面はテラスタル無し、マルチスケイル込みで一般的なサザンドラサザンドラのメガネりゅうせいぐんを最大乱数以外は耐えられるように調整しました。テラスタルを使用することで、連続で最大乱数を引かない限り、2連続で使用されても耐えられます。Dに振った分をHに振る場合、テラスタル未使用時のダメージが87.4〜103.8% 乱数1発(25.0%)となります。

テラスタルについて

  • ノーマル

しんそくの威力を補強できる他、弱点がかくとうだけになります。コンセプトのため確定です。
ノーマルタイプの弱点の少なさと相まって、マルチスケイルと合わせて攻撃を複数回耐えられる場面が多くなります。

与ダメージ計算

基準になりそうなポケモンのみ記載します。原則的に相手のテラスタルは考慮しません。

  • げきりん

無振りドラパルトドラパルト
268.7〜316.5% 確定1発
H252ウォッシュロトムウォッシュロトムヒートロトムヒートロトム
103.8〜122.9% 確定1発
HB特化キョジオーンキョジオーン
49.7〜59.4% 乱数2発(99.6%)
HB特化ラウドボーンラウドボーン
58.7〜69.6% 確定2発
HB特化アーマーガアアーマーガア
29.2〜34.6% 乱数3発(7.56%)

  • しんそく

無振りマスカーニャマスカーニャ
67.5〜80.1% 確定2発
無振りセグレイブセグレイブ
43.6〜51.5% 乱数2発(10.93%)
H252ウォッシュロトムウォッシュロトムヒートロトムヒートロトム
46.4〜54.7% 乱数2発(60.54%)
HB特化モロバレルモロバレル
31.2〜37.1% 乱数3発(78.9%)
H252バンギラスバンギラス
16.9〜20.2% 乱数5発

  • ノーマルテラスタルしんそく

無振りマスカーニャマスカーニャ
101.3〜119.8% 確定1発
無振りセグレイブセグレイブ
65.2〜77.3% 確定2発
H252ウォッシュロトムウォッシュロトムヒートロトムヒートロトム
69.4〜82.1% 確定2発
HB特化モロバレルモロバレル
46.6〜55.6% 乱数2発(71.09%)
H252バンギラスバンギラス
25.6〜30.4% 確定4発

  • じしん

H252サーフゴーサーフゴー
104.1〜122.6% 確定1発
無振りミミッキュミミッキュ
88.4〜104.6% ばけのかわダメージ込み確定1発
H252ドドゲザンドドゲザン
80.1〜94.6% 確定2発
HB特化ラウドボーンラウドボーン
65.4〜77.7% 確定2発

  • けたぐり

無振りサザンドラサザンドラ
125.7〜148.5% 確定1発
H252ドドゲザンドドゲザン
160.3〜189.3% 確定1発
無振りセグレイブセグレイブ
130.5〜153.6% 確定1発

  • 状態異常時のノーマルテラスタルからげんき

HB特化ヘイラッシャヘイラッシャ
51.7〜61.0% 確定2発

被ダメージ計算

基準になりそうなポケモンのみ記載しています。
マルチスケイルは非考慮です。発動時はダメージが半分になるものと思ってください。

AC252ドラパルトドラパルトいのちのたま
抜群ドラゴンアロー1回 63.7〜77.7% 確定2発
抜群りゅうせいぐん 127.4〜152.0% 確定1発
等倍ドラゴンアロー1回 32.1〜38.5% 乱数3発(94.7%)
等倍りゅうせいぐん 63.7〜76.0% 確定2発
A特化ミミッキュミミッキュいのちのたま
抜群じゃれつく 104.6〜124.5% 確定1発
等倍じゃれつく 52.6〜62.5% 確定2発
C252こだわりメガネサザンドラサザンドラ
抜群りゅうせいぐん 169.5〜201.1% 確定1発
等倍りゅうせいぐん 84.7〜100.5% 乱数1発(6.25%)
C252とくこう1段階上昇ウルガモスウルガモス
弱点テラバースト 112.2〜133.3% 確定1発
等倍テラバースト 56.1〜66.6% 確定2発
A252こうげき1段階上昇セグレイブセグレイブ
抜群つららばり1回 86.5〜105.2% 乱数1発(25.0%)
等倍つららばり1回 21.0〜25.1% 乱数4発(0.01%)
A特化へんげんじざいマスカーニャマスカーニャ
等倍トリックフラワー 54.3〜63.7% 確定2発
抜群じゃれつく 60.8〜72.5% 確定2発
等倍じゃれつく 30.4〜36.2% 乱数3発(50.83%)
C特化サーフゴーサーフゴー
ゴールドラッシュ 60.2〜71.9% 確定2発
シャドーボール 40.3〜47.9% 確定3発

苦手なポケモン

メインウェポンが両方効きづらいです。ハチマキで固定されていると引かざるを得ません。サブウェポンで対処しましょう。

すばやさが高く、なおかつしんそくを無効化してきます。
2連続で攻撃してくるドラゴンアローでマルチスケイルの効果を軽くして攻撃してくるため、対応が難しいポケモンです。

げきりんやしんそくで固定されている状態で出されるとかなり面倒な相手です。てっぺき型だとサブウェポンでも対応出来るかあやしいので特殊アタッカーに任せましょう。

場に出る度にダメージを与えてくるステルスロックはマルチスケイルの発動が出来なくなるためカイリューカイリューの最大の天敵です。ちょうはつで阻止しましょう。

相性の良い味方・構築例

苦手なサーフゴーサーフゴーアーマーガアアーマーガアに有利を取れます。相手の行動の後にボルトチェンジすることで、マルチスケイルを大事にしながらカイリューカイリューを出すこともできます。

苦手なミミッキュミミッキュに有利を取れます。
どちらもカイリューカイリューを出しやすくなるとんぼがえりも覚えます。

ステルスロックを使用させないように戦えます。

カイリューカイリューは高火力で先制技持ちかつ耐久力もあるため、一体一体のパワーで相手の交代戦を崩壊させて倒す、対面構築での採用が多いポケモンです。

後書き

いかがですか?
今回はカイリューカイリューを考察してみました。
是非使ってみてください!
ここまで見てくださりありがとうございました!

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2023/01/06 20:29

カイリューの他の育成論を探す (45件) >>

こちらもオススメ
カイリュー【メタを越える】クリアチャームカイリュー【S15仕様調整3通り】
いじっぱり / マルチスケイル / クリアチャーム
HP:244 / 攻撃:132 / 防御:4 / 特防:36 / 素早:92
アイススピナー / テラバースト / りゅうのまい / はねやすめ
カイリュー【物理受け&てんねん破壊】意表を突く特殊カイリュー
ひかえめ / マルチスケイル / ラムのみ
HP:196 / 特攻:252 / 素早:60
りゅうせいぐん / だいもんじ / はねやすめ / 10まんボルト
カイリュー優先度2でぶっ飛ばせ!弱点保険カイリュー
いじっぱり / マルチスケイル / じゃくてんほけん
HP:244 / 攻撃:100 / 防御:52 / 特防:4 / 素早:108
しんそく / じしん / りゅうのまい / はねやすめ
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (37件)

22/12/26 10:29
18炊き込み淡水 (@platinu777)
>17
コメントありがとうございます。
相手の型やテラスタル次第で動きが変わってきますね。耐久振りやはがねテラスタルで無ければノーマルテラスタルしんそくでマルチスケイルありでも確定2発です。
23/01/01 00:56
19代弁代行
調整うんぬんというか
努力値はH132D4で振った方がいいと思いまよ、これだと論のカイリューと同等の特殊耐久を得られてかつ物理耐久が高くなるので

ロトムにBD252振るのが効率悪いのと同じ理屈です。
23/01/01 01:04
20炊き込み淡水 (@platinu777)
>19
コメントありがとうございます。
そちらの努力値ですと私が使用している計算ツールのスマホアプリVS SVでは、C252サザンドラのこだわりメガネりゅうせいぐんのダメージが87.4〜103.8% 乱数1発(25.0%)となり、論内に記載した耐久値にはなりません。
23/01/01 01:10
21代弁代行
20
はいなりませんよ、私も計算してからコメントしております

あくまで総合耐久の話をしています

カイリューはHPに努力値を割いた方が効率がいい上に、特殊耐久が私の努力値振りとほぼ変わらないから書きました
23/01/01 01:31
22炊き込み淡水 (@platinu777)
>21
再度のコメントありがとうございます。
この特殊耐久、及び総合耐久の差を多く見積もるかどうかは双方の価値観の相違で意見が食い違うことは間違いないので、これ以上の言及は控えさせていただきます。ご了承ください。
23/01/01 01:51
23代弁代行
はいすいません。
あくまで意見を落としただけなので、こちらは言い合うつもりはないですよ。

あんまり気にしなくていいです。

特殊耐久指数
22743 論
22143 別調整
前者だと特殊耐久が2.7%上がります。

物理耐久指数
19836 論
21228 別調整
後者だと物理耐久が7.0%上がります。

個人的には別調整の方が汎用性が高いと思った次第です。

失礼しました。
23/01/06 11:59
24YamaDai (@yd26242753)
指摘失礼します。
サーフゴーのゴールドラッシュがゴールドシャワーになっています。
23/01/06 12:53
25炊き込み淡水 (@platinu777)
>25
コメントありがとうございます。
修正しました。
23/01/06 14:59
26よつば
こんにちは、大変参考になる育成論をありがとうございます。

一つ気になったのがS調整での1龍舞麻痺セグレイブ抜きというのがどういった試合展開を想定しているのかと疑問に思いました。

相性のいいポケモンとして火ロトム、オーロンゲを記載しているのでこの二体のいずれかが先発で電磁波を撒いた後に1舞したセグレイブに落とされるか交代してカイリューを出す事を想定していると推測しました。

ただオーロンゲの場合は挑発やリフレクターが、火ロトムの場合はトリックやボルトチェンジがセグレイブ対面時に優先的に選択されると思い、麻痺した1舞セグレイブとカイリューが対面、といった試合展開が想像できませんでした。

セグレイブを状況次第で簡単に倒せる、と申し上げていましたので、具体的にどういった状況、試合展開を想定していたのかを伺ってもよろしいでしょうか?
23/01/06 20:20
27炊き込み淡水 (@platinu777)
>26
コメントありがとうございます。
味方が麻痺を撒くことを想定した調整というよりは、耐久値を論内の数値にしつつ、中速帯の基準として汎用性が高い準速バンギラスバンギラス抜き調整から考察をしたところ、すぐ上にS+1麻痺状態最速セグレイブセグレイブ抜きがあり、偶発的にその状況になった時にアドバンテージを得られない場面を無くすための調整として考察しておりました。
少々大袈裟に書いてしまった点は否めないので、こちらの記述は修正させていただきます。
23/01/10 18:56
28ポケモン初心者
もしかしたらもうコメントにあるかもしれないのですが、今回努力値の合計が510らしく、残り2はどこに振ればいいのでしょうか
23/01/10 22:25
29炊き込み淡水 (@platinu777)
>28
コメントありがとうございます。
残りの2はステータス上昇に関わらないため、振らなくても問題ありません。
23/01/10 23:09
30ポケモン初心者
なるほど!ありがとうございます!
23/01/15 02:53
31K K (@image_new_word)
55555
こちらのカイリューのおかげでマスターボール級まで行くことができました。先頭にカイリューがいるだけで、ほぼ間違いなく一体は倒せること、そしてワンパンで倒されることが無いので相手の手札が非常に読みやすかったです。今後とも使用させていただきます!
23/01/15 19:59
32炊き込み淡水 (@platinu777)
>31
コメントありがとうございます。
お力になれたようで良かったです。
23/02/26 17:23
33エースバーン
結局ASでいいでしょ
23/03/13 01:35
34やまさ
神速{カイリュー}ええですね
23/03/23 20:53
35ポケモン大好こ
エースバーンさん
コメント失礼します
カイリューにSを振る利点とは何でしょうか?カイリューはもともと神速で上から殴るというコンセプトなのになぜS振るんですか?別にカイリューはSが速いわけでも無いし、マルチスケイルを含めるとせめてHに振った方が良い気がするんですが
23/09/12 08:36
36
いいですね
24/02/05 22:47
37初心者
いいですね

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク