バサギリ- ポケモン育成論SV

【対面ガチ最強】超高火力物理+超起点作成

2023/05/21 04:13 / 更新:2023/08/06 12:12

バサギリ

HP:HP 70

攻撃:攻撃 135

防御:防御 95

特攻:特攻 45

特防:特防 70

素早:素早 85

ツイート4.564.564.564.564.564.564.564.564.564.56閲覧:33995登録:36件評価:4.56(26人)

バサギリ  むし いわ  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早 特攻)
特性
きれあじ
努力値配分(努力値とは?)
攻撃:252 / 防御:4 / 素早:252
個体値:31-31-31-0-31-31
実数値:145-187-116-45-90-150 (素早さ比較)
覚えさせる技
がんせきアックス / シザークロス / テラバースト / フェイント
持ち物
きあいのタスキ
テラスタイプ
じめん

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ

考察

はじめに

  • 初投稿なので至らぬところがあると思いますがそのときは優しくコメントで指摘してくださると嬉しいです。 
  • 一部HABCDSなどの非公式の用語を用いる場合があります。
  • ※この育成論はポケモンHOME解禁前に書いたものなので、HOME解禁後の環境も踏まえて少し補足などを加え、一部の箇所を改めております。

バサギリバサギリバサギリの特徴

  • 超高火力

135というコライドンコライドンドドゲザンドドゲザンチヲハウハネチヲハウハネに並ぶトップクラスのA種族値に加え、特性「きれあじ」の補正が乗るため相手に大きな負荷を与えられる。

  • 絶妙な素早さ

 バサギリバサギリのS種族値85は現在のレギュレーションC時点で猛威を振るっているカイリューカイリューのS80にサーフゴーサーフゴーのS84という数字を上回っており、これらの並びに強く出ることができる。また、バサギリバサギリを含むヒスイポケモンや、準伝説ポケモンが解禁されるレギュレーションDにおいても、安定した起点作成ができる。

  • 最強専用技「がんせきアックス」

 威力65(きれあじの補正込みで威力98)のタイプ一致技でありながら、場にステルスロックを巻くことができ、攻めとサポートを両立できる世界最強の壊れ技アルセウスアルセウス

この型

きあいのタスキで確実に耐えたあとタイプ一致高火力を押し付ける対面駒としての役割を遂行しつつ、ステルスロックも撒けるといったように、先発適正を極限まで高めた型。

そのため、環境上位のサフゴカイリューサーフゴーサーフゴーカイリューカイリュー、パラドックスハバタクカミハバタクカミテツノツツミテツノツツミや四災チオンジェンチオンジェンパオジアンパオジアンディンルーディンルーイーユイイーユイなどに対しても安定した活躍が見込める。

持ち物

 バサギリバサギリバサギリの低い特防だとテツノツツミテツノツツミのハイドロポンプ、こだわりスカーフサーフゴーサーフゴーのゴールドラッシュなどで上から破壊されてしまうため、行動保証を得られるきあいのタスキを採用。この行動保証により90というやや不安定ながんせきアックスの命中をあまり気にしなくてもよいという精神的な余裕も生まれる(?)。

特性

 きれあじ一択。虫技にのみ補正がかかるむしのしらせ、がんせきアックスのステロ効果を打ち消してしまうちからずくの完全上位互換。

性格・努力値と調整

  • 性格

最速サーフゴーサーフゴーという明確な役割対象が存在するため最速のようきで採用。サーフゴーサーフゴーを考えない場合は単順に火力が伸びるいじっぱりが適している。
(追記:バサギリバサギリを最速にすることで、レギュレーションDでのある程度の活躍が予測されるウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ミミッキュミミッキュ等の準速をギリギリ抜くことができる。また、そのほかにも同じ85族にはダイケンキ(ヒスイ)ダイケンキ(ヒスイ)ウェーニバルウェーニバルなどもいるため、最速の恩恵は大きい。)

  • 努力値

AS252であまりB4。最速、準速に関わらずサーフゴーサーフゴーの上を取り、その上で最大限の火力を出すためASにぶっぱ、あまりはHを奇数のままにしたいのでBに振っている。

技構成

がんせきアックス、シザークロス、つじぎり、フェイント
岩と虫という微妙な範囲をカバーしきるのは地面テラバを採用しない限りほぼ不可なので構築によって適したものを選ぶのが良い。
また、レギュD環境においては、天敵である水ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に対しての性能を高めるために、草テラスにして草分けを採用するのもいいと思う。

<確定枠>

  • がんせきアックス

 本育成論のコンセプト、命中90という点に目をつぶれば特性込の火力も含め申し分ない火力が出せる、本当に最強の技。
<選択枠>

  • シザークロス or インファイト

 おもにディンルーディンルーチオンジェンチオンジェン等への打点となる。きれあじ補正の乗ったシザークロスの火力は凄まじく、H252ディンルーディンルーに対してオボン込で確定2発を取れる。

  • テラバースト(地面)

 がんせきアックス、シザークロスとの補完に優れている。本育成論のバサギリバサギリはあくまでも先発要員であるため後続をより活かしたいのならあまりテラスは切らないほうがいいが、アタッカーとしての役割をメインにするなら採用の余地は大いにある。

  • つじぎり

 サーフゴーサーフゴードラパルトドラパルトなどへの打点となる。なお、サーフゴーサーフゴーに対してはがんせきアックスであっても4割程度入るため、あくまでもテラスを切らずにサーフゴーを相手にしたいとき等ピンポイントな使い方がメインになるかもメガタブンネメガタブンネ

  • フェイント or でんこうせっか

 (採用の方の)優先度高め。相手のタスキを削るとき、バサギリバサギリを切る際などに生きる。なお、フェイント(+2)の場合はパオジアンパオジアンパオジアンの不意打ち(+1)より早く動ける、またはブーツ等でステロをふまなかった際のマルチスケイルが残ったカイリューカイリューカイリューに対して、Sで上を取っていた場合は神速(+2)よりも早く動けるため、マルチスケイルを削った状態で裏と対面させることができる。

  • つばめがえし

 上記で重い格闘タイプコノヨザルコノヨザルウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)等への打点となる、元々の威力が低いためきれあじの補正がかかってもあまり火力が出ない点で優先度は低め。

  • その他

 きあいのタスキとの相性が良いつるぎのまいギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)、シザークロスに比べ火力は劣るが器用に動けて最低限の火力は出せるとんぼがえりメガヤンマメガヤンマなどもいいと思う。

テラスタイプ

初手でテラスを切ることを躊躇しないのなら岩、虫の狭い技範囲を補えるザシアン(王)ザシアン(王)サーフゴーサーフゴー地面テラバーストを採用できる地面テラス、もしくは炎テラスがいいだろう。
また、耐性面を重視するのなら鋼技サーフゴーサーフゴー、水技テツノツツミテツノツツミを拒否できる水テラスなどが挙げられる。
その他の候補としては、同じく初手に選出されることが多いキノガッサキノガッサゲッコウガゲッコウガウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)等にも強くでれる、くさわけ等を採用した草テラスなどもいいと思う

立ち回り例

基本的には先発に投げ、相手の先発ポケモンに対し対面で殴りつつステロを撒き、そのまま対面突破、あわよくば相手の二匹目にも不可をかけることでこちら側の数的有利を確保しつつ自分側のエースカイリューカイリューなどを着地させ、押し切っていく。しかし、もし相手にバサギリが刺さっているのであれば、初手からテラスを切って打ち合っていくのも可能な限りには幅広い動きができる。

与ダメージ計算(以下、陽気の場合で記載がない場合は耐久無振り)

  • がんせきアックス 

 カイリューカイリューマルスケ有→53.9~63.5 確定2発
H252カイリューカイリューマルスケ有→45.5~53.6 乱数2発37.5
 ハバタクカミハバタクカミ→103.9~123.7 確定1発
 パオジアンパオジアン→確定1発
テツノツツミテツノツツミ→確定1発
ミミッキュミミッキュ(皮ダメ込み)→91.6 ~ 107.0 乱数1発50.0
 H252FCロトムロトム→52.3~61.8 確定2発
 H4セグレイブセグレイブ→97.9 ~ 114.8 乱数1発81.25
 威嚇込みASランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)→36.5~43.9 確定3発(いじっぱなら乱数2発)
 カイオーガカイオーガ→52.9~61.7 確定2発
 ヒードランヒードラン→47.5~55.6 乱数2発87.5
HB252サンダーサンダー→68.0~80.2 確定2発
 HB252アーマーガアアーマーガア→28.2~34.1 ほぼ確定4発

  • シザークロス

 H252ディンルーディンルー→66.5 ~ 78.7 確定2発
 HB252ディンルーディンルー→50.4 ~ 59.6 確定2発
 HB252チオンジェンチオンジェン→120.9 ~ 143.8 確定1発
HB252{へイラッシャ}26.9 ~ 32.0 確定4発
アルセウスアルセウス→45.1~53.8 乱数2発 37.5
 H252ガチグマガチグマ→41.7~49.3 確定3発

  • テラバースト地面

 HD252物理特化キョジオーンキョジオーン→36.8 ~ 44.0 確定3発
H252コノヨザルコノヨザル→38.8 ~ 46.1 確定3発
 サーフゴーサーフゴー→88.8~104.9 乱数1発37.5
 ザシアン(王)ザシアン(王)→73.0~87.4 確定2発
ヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)→73.7~87.7 確定2発

被ダメージ計算

 A252意地カイリューカイリュー地震→46.3 ~ 54.5 乱数2発 55.46
A252意地ディンルーディンルー地震→60.0 ~ 71.1 確定2発
 A252陽気パオジアンパオジアンつらら→64.9 ~ 77.3 確定2発
 A252陽気珠ミミッキュミミッキュじゃれ→64.9 ~ 77.3 確定2発
C252メガネハバタクカミハバタクカミムンフォ→確定1発
 C252臆病ハバタクカミハバタクカミムンフォ→76.6 ~ 91.1 確定2発
 C252臆病テツノドクガテツノドクガ炎舞→66.9 ~ 79.4 確定2発
C252臆病テツノツツミテツノツツミフリドラ→53.8 ~ 64.2 確定2発
 C252臆病ゲッコウガゲッコウガ水手裏剣4発→82.7~99.3 確定2発
水手裏剣5発→ 103.4~124.1 確定1発
 A252意地ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)水流連打→103.4~128.2 確定1発

苦手なポケモン

 -格闘タイプ(コノヨザルコノヨザルイダイナキバイダイナキバウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
 -連続技を持っているポケモン(ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ゲッコウガゲッコウガ)
 -物理受け(ヘイラッシャヘイラッシャキョジオーンキョジオーン)(アーマーガアアーマーガアは押し切れるより)
には、ステロを撒くことが出来ても対面突破は困難 メガタブンネメガタブンネ

相性の良い味方・構築例

 バサギリバサギリバサギリを先発に出して数的有利を取ったあと、そのまま押し切れるようなパワーの強いポケモン(例:カイリューカイリューイーユイイーユイ、チョッキディンルーディンルー)などや、ハバタクカミハバタクカミミミッキュミミッキュなどの対面駒、それ以外にも幅広いポケモンと相性がいい。また、苦手なポケモンとして挙げたコノヨザルコノヨザルイダイナキバイダイナキバのような格闘タイプをカモれるゾロアーク(ヒスイ)ゾロアーク(ヒスイ)ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ゲッコウガゲッコウガなどに対して見えない対策をすることができるスカーフもちランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)などもあり。

おわりに

 最後まで読んでいただきありがとうございます。唯一無二の性能をもつ最強のポケモンだと思うのでレギュレーションDの環境での活躍が楽しみです。良ければ高評価もぜひペロリームペロリーム

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2023/08/06 12:12

バサギリの他の育成論を探す (6件) >>

こちらもオススメ
バサギリ◆バサギリは開花する◆連撃ウーラオスとの戦いで役割チェンジする草バサギリ
いじっぱり / きれあじ / きあいのタスキ
HP:140 / 攻撃:252 / 素早:116
くさわけ / がんせきアックス / インファイト / シザークロス
ハバタクカミ【デバフ削り】タスキハバタクカミ
ひかえめ / こだいかっせい / きあいのタスキ
HP:4 / 防御:196 / 特攻:212 / 特防:4 / 素早:92
たたりめ / ムーンフォース / いたみわけ / でんじは
パーモット【麻痺+蘇生】レギュG対応サポート型襷パモ
ようき / ちくでん / きあいのタスキ
HP:12 / 攻撃:156 / 防御:124 / 特防:4 / 素早:212
ほっぺすりすり / さいきのいのり / インファイト / はたきおとす
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (5件)

  • ページ:
  • 1
23/06/09 01:25
1ぶらん (@Game_noax2)
55555
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(れんげき)にがんせきアックスをする前にやられてしまう可能性があります。そこで草にテラスタルしてテラバーストを撃つことの考察とバサギリバサギリを最速にすることで準速ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を1だけ上回るメリットの追記をお願いいたします。
23/06/09 13:43
2kyojioonaon (@kyojioonaon)
水ラオスは明確に不利対面ですねー、
かといって裏で受けきれるとは限りませんし、アックス撃つ仕事を放棄するのも微妙いしでかなり悩ましいです。
初手で出てくるラオスは、タスキの採用率を考えると対面での処理が安定しないので、構築段階で明確な回答を用意しておく必要がありそうです。耐性面を考慮しての草テラスは一考の余地があると思います。
23/06/09 23:11
3ゲスト (@seikin_off1cial)
コメントありがとうございます。最速にすることで準速ラオスを抜けるというのは盲点でした!
ゲッコウガ、ガッサ、ダイケンキ等にも強く出れる草テラスは確かに強力ですね。
ただし、上の方もおっしゃったように水ラオスやゲッコウガに対しては相手の型に依存してしまいがちですのであくまでも他の処理経路を事前に用意しておく必要はあるかもです。
23/07/16 08:30
4ms (@Chiyui_is_god)
育成論読ませていただきました
本育成論内でバサギリのサーフゴーサーフゴーカイリューカイリューに対しての有利性能を示されていることに疑問を感じました
確かにバサギリバサギリのs85種族値はその2体をともに抜いていますがサーフゴーサーフゴーにはこだわりスカーフ、カイリューカイリューには竜舞があることを考えると彼らの強みは無くなると思います。ゴールドラッシュは抜群ですし。
(実際にカイリューカイリューの竜舞逆鱗で確1です)
また、タスキをバサギリに持たせることにも疑問を感じます。
タスキ要員は今思いつく限りでもハバタクカミハバタクカミソウブレイズソウブレイズなどたくさんいます。それほどまでに襷は有能と考えます。
なのにも関わらずはっきり言って岩石アックスして即退場のバサギリバサギリに襷を持たせるべきではないと思います。
そのためサーフゴーサーフゴーに対する有利性は捨て、hbブッパでカイリューカイリューの竜舞逆鱗確2にすべきではないでしょうか。
長文失礼しました
23/07/16 15:05
5ms (@Chiyui_is_god)
>>4
「彼らの強み」ではなく「彼らに対する強み」です
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク