イーユイ- ポケモン育成論SV

【対変化技】みがわり積み型イーユイ

2023/04/09 17:18 / 更新:2023/06/26 12:32

イーユイ

HP:HP 55

攻撃:攻撃 80

防御:防御 80

特攻:特攻 135

特防:特防 120

素早:素早 100

ツイート4.004.004.004.004.004.004.004.004.004.00閲覧:4898登録:0件評価:4.00(2人)

イーユイ  あく ほのお  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早 攻撃)
特性
わざわいのたま
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 特攻:12 / 素早:252
個体値:31-x-31-31-31-31
実数値:161-x-100-157-140-167 (素早さ比較)
覚えさせる技
あくのはどう / かえんほうしゃ / わるだくみ / みがわり
持ち物
たべのこし
テラスタイプ
あく

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー
登録タグ

考察

はじめに

 こんにちはCokeです。以下の注意点をよくご確認の上、育成論をご覧ください。

  • 本育成論ではHP→H、攻撃→A、防御→B、特攻→C、特防→D、素早さ→Sといった略称を使用します。
  • 本育成論におけるダメージ計算は"ダメージ計算ツールSV byポケソル"(https://sv.pokesol.com/calc)を使用します。

コンセプトと役割

 今回のイーユイイーユイのコンセプトは、
受けポケモンを起点にわるだくみを積んでそのまま全抜きを狙う
となっています。今環境に存在するイーユイイーユイこだわりアイテム持ちやとつげきチョッキ持ちでフルアタの場合が多いため、チョッキ持ちの高耐久ポケモンによる後出しで止まることがありますが、その交代の段階でみがわりをはってそのままわるだくみを積むことによって性格補正なしC252こだわりメガネ以上の火力を出すことができ、受けポケモンを強引に突破することが可能となります。また、ドオードオードヒドイデドヒドイデなどの受けポケモンはこちらをどくどくまとわりつくなどのスリップダメージで倒そうとしますが、そこに対してみがわりが非常に有効となります。

立ち回り例

 タイプ相性上での有利対面を作り出すことがベストです。具体的には、

  1. サーフゴーサーフゴーデカヌチャンデカヌチャンなどに対しての後攻ボルチェン/とんぼがえり、先発ポケモンの死に出しなどでイーユイイーユイを着地
  2. 相手が特殊受け(ドオードオードヒドイデドヒドイデなど)などに交代する読みでみがわり
  3. 相手はみがわりを壊そうとするためここでわるだくみを積む(必要に応じてテラスタルを切る)
  4. そのままあくのはどうで攻撃

といった動きができると1番いいです。最初の有利対面でテラスタルされる可能性がありますが、みがわりで様子見も兼ねているため裏に引き先を用意しておけば対応が可能です。また、イーユイイーユイよりも素早さが高いポケモン(テツノツツミテツノツツミテツノブジンテツノブジンなど)は基本的に不利対面なので選出段階でこれらのポケモンが見えている場合はイーユイイーユイを選出しないことも視野に入れましょう。
 上記の基本の動きとは別に、相手のアタッカーをやけど状態などにして起点を作成してからイーユイイーユイを後出しすることもできます。A252カイリューカイリューのしんそく程度であればやけどさせておけばみがわりが攻撃を耐えてくれるので、この方法でイーユイイーユイが積むのも1つの手です。

持ち物

 今回はたべのこしを採用しました。メリットとしては、みがわりの試行回数を増やせるほか、多少の耐久力の確保にもつながります。

特性

 わざわいのたま固定となります。

調整

性格:おくびょう
努力値:H244 C12 S252
<解説>
 みがわりの耐久値とたべのこしの回復量をできるだけ多めにするためにH実数値は16n+1となっています。また、Sは最速100族にも多少抗えるように最速としました。C12は余りです。BDに振っていないため耐久面に少し不安が残りますが、もともとのDは高めのため特殊技相手ならそれなりに余裕があります。

技構成

  • みがわり(確定)

 今回のコンセプト上確定としています。あくびどくどくなどの変化技を透かすことができますし、現在環境に存在するイーユイイーユイがみがわりを持っている可能性はほとんどないので基本読まれないのが強みです。

  • わるだくみ(確定)

 みがわりと同様に確定とします。

  • あくのはどう(確定)

 今回のイーユイイーユイのメインウェポンとなります。悪タイプの技を1/4以下で受けられるポケモンは現状オーロンゲオーロンゲテツノブジンテツノブジンのみで他のポケモンはすべて半減までで済むのでわるだくみを積むことでゴリ押しが可能です。追加効果でひるみも狙えるため非常に使い勝手のいい技です。

  • かえんほうしゃ(選択)

 タイプ一致技で特にデメリットもなく連発できるということで採用しました。ほかの候補としてはオーバーヒートとなります。相手のポケモン1体に対する突破力は上がりますが、積みアタッカーとして運用する都合上、C2段階下降が足を引っ張るため採用する際は注意が必要です。

  • テラバースト(選択)

 悪技と炎技のみだとマリルリマリルリやチョッキ持ちのディンルーディンルーが来たときに処理にやや手こずるため、それが嫌な人は草タイプなどで採用することを推奨します。

テラスタル

 いくつか候補があるため、それぞれの特徴を記載します。

  • あく

 今回の育成論に記載したテラスタイプとなります。メインウェポンの火力の底上げをすることで不意のかくとうテラスフェアリーテラスなども強引に突破できるようにする狙いがあります。

  • くさ

 地面弱点を半減にできるためドオードオーに対して非常に強く出れるようになり、テラバーストを採用していれば、ディンルーディンルーマリルリマリルリの突破が容易になります。一方で、イーユイイーユイミラーになった際は非常に不利になるため注意が必要です。

  • フェアリー

 テラバーストの採用がほぼ必須となるタイプですが、こちらの悪技を悪タイプで受けに来た相手に刺さります。

与ダメージ計算

  • あくのはどう

H4ハバタクカミハバタクカミ:46.6 ~ 55.8% 乱数2発(76.17%)
H4カイリューカイリュー(マルチスケイル):23.4 ~ 28.2% 乱数4発(87.38%)
H244サーフゴーサーフゴー:88.1 ~ 105.7% 乱数1発(31.25%)
耐久無振りテツノツツミテツノツツミ:90.1 ~ 107.7% 乱数1発(43.75%)
H252コノヨザルコノヨザル:40.1 ~ 47.5% 確定3発
H244セグレイブセグレイブ(とつげきチョッキ):27.2 ~ 32.5% 確定4発
H252ヘイラッシャヘイラッシャ:43.2 ~ 51.4% 乱数2発(5.85%)
H252ガブリアスガブリアス:41.9 ~ 49.4% 確定3発
HD↑252ドヒドイデドヒドイデ:28.7 ~ 34.4% 乱数3発(1.78%)
HD↑252キョジオーンキョジオーン:29.5 ~ 35.3% 乱数3発(22.21%)
HD↑252ドオードオー:24.5 ~ 29.2% 乱数4発(99.4%)

  • あくのはどう(悪テラス・C+2)

H244セグレイブセグレイブ(とつげきチョッキ):71.5 ~ 85.1% 確定2発
HD↑252ドヒドイデドヒドイデ:76.5 ~ 90.5% 確定2発
HD↑252キョジオーンキョジオーン:78.3 ~ 92.8% 確定2発
HD↑252ドオードオー:64.2 ~ 76.0% 確定2発
H252マリルリマリルリ(とつげきチョッキ):41.1 ~ 48.4% 確定3発

  • あくのはどう(悪テラス・C+4)

H252マリルリマリルリ(とつげきチョッキ):61.4 ~ 72.5% 確定2発

  • かえんほうしゃ

H244サーフゴーサーフゴー:99.5 ~ 118.2% 乱数1発(93.75%)
H252ジバコイルジバコイル(とつげきチョッキ):74.6 ~ 88.2% 確定2発
H252モロバレルモロバレル:96.0 ~ 114.1% 乱数1発(75%)
H252アーマーガアアーマーガア:99.6 ~ 117.1% 乱数1発(87.5%)

  • かえんほうしゃ(C+2)

D252ディンルーディンルー(とつげきチョッキ):35.3 ~ 41.8% 確定3発

被ダメージ計算

  • 通常時

C252ハバタクカミハバタクカミムーンフォース:44.8 ~ 52.8% 乱数2発(23.43%)
A↑252カイリューカイリュー(こだわりハチマキ+ノーマルテラス)しんそく:85.8 ~ 101.3% 乱数1発(6.25%)
C↑252ジバコイルジバコイル(アナライズ)10まんボルト:58.4 ~ 69.6% 確定2発
A252ミミッキュミミッキュ(いのちのたま+つるぎのまい)じゃれつく:116.2 ~ 137.9% 確定1発
C252サーフゴーサーフゴーゴールドラッシュ:28.0 ~ 33.0% 確定4発
A↑252キノガッサキノガッサ(テクニシャン)マッハパンチ:83.3 ~ 100.7% 乱数1発(6.25%)
A↑252マリルリマリルリ(ちからもち)アクアジェット:63.4 ~ 75.8% 確定2発

  • 悪テラスタル時

A無振りキョジオーンキョジオーンしおづけ:17.4 ~ 21.2% 乱数5発(7.95%)
A無振りドオードオーじしん:33.5 ~ 39.8% 確定3発
C無振りドヒドイデドヒドイデひやみず:13.7 ~ 16.7% 確定6発
A無振りディンルーディンルーすなじごく:18.7 ~ 22.4% 乱数5発(63.23%)
C252キラフロルキラフロルパワージェム:36.1 ~ 43.5% 確定3発
A252ガブリアスガブリアスじしん:31.7 ~ 37.9% 乱数3発(93.84%)

苦手なポケモン

 立ち回り例の欄で少し触れましたが、これらのポケモンはこちらがわるだくみを積み終わった後でも、上から弱点技を打たれて負けることが多いです。みがわりが残っている場合は可能性が少しあるかもしれませんが、特にパオジアンパオジアンはタスキ持ちであることが多いため、仮にみがわりが残っていたとしても上からせいなるつるぎ2発で終わりです。ハバタクカミハバタクカミはこちらが悪テラスを切った後だと、弱点を突かれて負けます。等倍のC252フェアリーテラスムーンフォースくらいであれば6、7割程度のダメージで済むため、返しのかえんほうしゃ(C+2)で勝てる見込みがあります。テツノツツミテツノツツミはこちらが悪テラスを切れば突破しやすくなりますが、タスキ持ちだった場合C252ハイドロポンプ2発で落ちる可能性が高いので相手の持ち物次第となります。また、わるだくみを積んだターンにテツノツツミテツノツツミに交代されると上からアンコールで縛られるので注意が必要です。

 先ほどのポケモンたち同様の理由で不利対面になる可能性が高いです。

 ほえるふきとばし持ちのポケモンはみがわりを張った段階で何かを察して強制交代させようとします。そのため、あらかじめちょうはつなどで技を縛って引かせるか、積んでいないイーユイイーユイでも倒せる程度のHPまで減らしておくなどの準備が必要です。

相性の良い味方・構築例

  • ステロ撒きを阻止できるかつ、先発で場を荒らしてくれるポケモン

 イーユイイーユイを後から出す都合上、ステロダメージはそれなりに痛いのでできれば防ぎたいです。現在環境でステロ撒きをするポケモンといえば、ディンルーディンルーカバルドンカバルドンキラフロルキラフロルなどがいますが、これらに対してちょうはつでステロを防ぎつつ弱点をつけるポケモンとしてテツノツツミテツノツツミや、壁張りでイーユイイーユイが積みやすい環境を作れるオーロンゲオーロンゲなどは相性がいいといえます。

  • 物理受けポケモン

 イーユイイーユイよりも速いポケモンや高火力物理先制技持ちのポケモンへの対抗策としてイーユイイーユイとの相性補完もできるヘイラッシャヘイラッシャあたりの物理受けのポケモンは相性がいいです。また、格闘弱点やカイリューカイリューのしんそくを透かせるかつおにびでやけどを狙えるゴーストタイプのポケモン(ドラパルトドラパルトゲンガーゲンガー)も比較的相性がいいです。

おわりに

 ここまでご覧いただいた方ありがとうございます。育成論に関する質問・意見等はコメント欄にてお待ちしております。どんな些細なことでもご質問ください。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2023/06/26 12:32

イーユイの他の育成論を探す (27件) >>

こちらもオススメ
イーユイ【役割破壊】くさテラスタルニトロチャージ搭載型
せっかち / わざわいのたま / きあいのタスキ
HP:4 / 特攻:252 / 素早:252
かえんほうしゃ / あくのはどう / ニトロチャージ / テラバースト
イーユイメガネかけた金魚
おくびょう / わざわいのたま / こだわりメガネ
HP:4 / 特攻:252 / 素早:252
かえんほうしゃ / オーバーヒート / あくのはどう / ねごと
イーユイ【スカーフ型開拓】やりたいこと全部やるイーユイ
ひかえめ / わざわいのたま / こだわりスカーフ
HP:84 / 防御:172 / 特攻:100 / 特防:4 / 素早:148
かえんほうしゃ / あくのはどう / テラバースト / サイコキネシス
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (2件)

  • ページ:
  • 1
23/04/09 18:58
1ケッキング愛好家
投稿お疲れ様です。
自分はテラスタイプは鋼がいいと思います。ノーマルタイプのしんそくを半減できて水タイプアクアジェットを等倍で受けれる、そしてめんどうなどくどくなどの毒技を無効にでき弱点のフェアリーも半減にできます。ですが格闘と地面が抜群のままなのが悩みどころですね。
23/04/09 22:44
2Coke (@Game_Coke)
>1
 コメントありがとうございます。
 鋼テラスも強そうですが、無効にできる変化技はこちらを毒状態にする技だけなのでそれ以外(あくびなど)を考慮すると結局みがわりをはった方が強いです。
 しんそくを半減で受けることは可能ですが、
HP満タンのA↑252カイリューカイリュー(ノーマルテラス+ハチマキ)
VS
みがわりで若干ダメージを負ったイーユイイーユイ(場にみがわりなし+わるだくみ1積み)
まで考慮するとみがわりが残っていない限りはこちらが鋼テラスタルしてても上からしんそく2発で負けるのでカイリューカイリューだけに勝つならゴーストテラスタルの方がいいと思います。まあ、ゴーストテラスにすると今度はふいうち持ちに負けるのでこれも強いとは言い切れませんが。
 また、イーユイイーユイはもともとフェアリー技は等倍です。弱点になるのはこちらが悪テラスタルを切った際の話です。弱点タイプが元の弱点から2つ残ってしまうのもはっきり言ってそこまで強くないので、結局みがわりはりながら悪テラス切る方が強いです。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。