プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ソード・シールド(ポケモン剣盾)攻略

ポケットモンスター ソード&シールド
※画像は公式サイトから引用

ポケットモンスター最新作「ソード・シールド」(ポケモン剣盾)(第8世代)の発売前情報をまとめて掲載しています。発売日から徹底攻略していきます!

公式動画

プロモーション映像

初公開動画

新ポケモン

最初の3匹(御三家)

画像名前分類
タイプ特性
サルノリサルノリこざるポケモン
くさしんりょく
Lv.12までに『なきごえ』『えだづき』(新技)『ちょうはつ』『はっぱカッター』を覚える。
ヒバニーヒバニーうさぎポケモン
ほのおもうか
Lv.12までに『なきごえ』『ひのこ』『でんこうせっか』『にどげり』を覚える。
メッソンメッソンみずとかげポケモン
みずげきりゅう

※画像は公式サイトから引用

発表直後のアンケートでは、『メッソン』が一番人気のようです。

伝説のポケモン

剣と盾をモチーフにした狼のような伝説のポケモンたち。

画像名前分類
タイプ特性
ザシアンザシアン不明
不明不明
ザマゼンタザマゼンタ不明
不明不明

※画像は公式サイトから引用

ガラル地方で発見されたポケモン

画像名前分類
タイプ特性 (赤字は新しい特性)
ヒメンカヒメンカはなかざりポケモン
くさわたげ
さいせいりょく
ワタシラガに進化。
ワタシラガワタシラガわたかざりポケモン
くさわたげ
さいせいりょく
ヒメンカの進化形。最初のジムリーダーも使ってくるみたい。
ウールーウールーひつじポケモン
ノーマルもふもふ
にげあし
序盤から出現するようです。
アーマーガアアーマーガアカラスポケモン
ひこうはがねプレッシャー
きんちょうかん
*ミラーアーマー
行ったことのある町に瞬間移動できる「そらとぶタクシー」としても活躍。『ミラーアーマー』は隠れ特性。『ブレイブバード』『はがねのつばさ』『つけあがる』『つめとぎ』を覚える。
カジリガメカジリガメかみつきポケモン
みずいわがんじょうあご
シェルアーマー
攻撃や防御が高そうな反面、『くさ』タイプが4倍弱点……。『アクアブレイク』『もろはのつるぎ』『のしかかり』『かみくだく』を覚える。
ワンパチワンパチこいぬポケモン
でんきたまひろい
コーギーがモデル?
タンドンタンドンせきたんポケモン
いわじょうききかん
たいねつ
特性により『すばやさ』を上げやすい。
ジュラルドンジュラルドンごうきんポケモン
はがねドラゴンライトメタル
ヘヴィメタル
軽い金属のため見た目に反して身軽に動く。新技『てっていこうせん』のほか、『りゅうせいぐん』『はかいこうせん』『メタルバースト』を覚える。
マホイップマホイップクリームポケモン
フェアリースイートベール
キョダイマックスが可能。『マジカルシャイン』『ドレインキッス』『メロメロ』『てんしのキッス』を覚える。
モルペコモルペコにめんポケモン
でんきあくはらぺこスイッチ
特性により毎ターン、タイプ『でんき』と『あく』が入れ替わる。新技『オーラぐるま』を覚える。
タチフサグマタチフサグマていしポケモン
あくノーマルすてみ
こんじょう
ガラルの姿の『マッスグマ』から進化。新技『ブロッキング』のほか、『すてみタックル』『つじぎり』『ちょうはつ』を覚える。

※画像は公式サイトから引用

リージョンフォルム・ガラルのすがた

今作でも、サンムーンから登場した『リージョンフォルム』に新たに『ガラルのすがた』が追加されました! これまでのポケモンの別のフォルムが色々登場するようです。

画像名前分類
タイプ特性 (赤字は新しい特性)
ジグザグマ(ガラル)ジグザグマ(ガラルの姿)まめだぬきポケモン
あくノーマルものひろい
くいしんぼう
マッスグマ(ガラル)マッスグマ(ガラルの姿)とっしんポケモン
あくノーマルものひろい
くいしんぼう
マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラルの姿)どくガスポケモン
どくフェアリーふゆう
かがくへんかガス
トリッキーな特性により、ダブルバトルで活躍できるかも。『ヘドロばくだん』『ようせいのかぜ』『どくどく』『だいばくはつ』を覚える。

※画像は公式サイトから引用

どれくらい新ポケモンが増える?

第8世代となる『ソード・シールド』には新ポケモンがたくさん登場すると予想されています! 今回も100匹前後増える可能性は高いでしょう。

増えたポケモンの数(※フォルム違いを除く)
第5世代→第6世代72匹(+メガシンカ45匹)
第6世代→第7世代86匹(+アローラの姿18匹+ピカブイで2匹)

メルタン・メルメタル

ピカブイ・ポケモンGOで登場した新ポケモンの『メルタン』『メルメタル』。今作では剣と盾がテーマですので、『はがね』タイプの彼らが密接に関わってくる可能性が高そうです。

  • メルタンメルタン
  • メルメタルメルメタル

過去作から連れて来れるポケモン

今作では、新しく登場するSwitch用ソフト『ポケモンHOME』を使って『サンムーン(ポケモンバンク)』『ピカブイ』『ポケモンGO』など別のゲームからソードシールドにポケモンを連れて来ることができます。しかし、連れて来ることのできるポケモンは、ガラル図鑑に登録できるポケモンに限られるとのことで、これまでのようにすべてのポケモンと一緒にガラル地方で冒険できるわけではないようです。

今のところ次のようなポケモンたちの登場が確認されていますので、少なくともこれらのポケモン(とその進化系)は今作でも登場するはずです!

  • リザードンリザードン
  • トランセルトランセル
  • バタフリーバタフリー
  • ピカチュウピカチュウ
  • ライチュウライチュウ
  • ピクシーピクシー
  • ロコンロコン
  • ディグダディグダ
  • ダグトリオダグトリオ
  • ガーディガーディ
  • ウインディウインディ
  • ワンリキーワンリキー
  • ゴーリキーゴーリキー
  • カイリキーカイリキー
  • ゴースゴース
  • ゲンガーゲンガー
  • サイドンサイドン
  • トサキントトサキント
  • ギャラドスギャラドス
  • ラプラスラプラス
  • イーブイイーブイ
  • カビゴンカビゴン
  • ミュウミュウ
  • ホーホーホーホー
  • ランターンランターン
  • ヌオーヌオー
  • ソーナンスソーナンス
  • ハガネールハガネール
  • マンタインマンタイン
  • カポエラーカポエラー
  • ヨーギラスヨーギラス
  • サナギラスサナギラス
  • バンギラスバンギラス
  • ルンパッパルンパッパ
  • キャモメキャモメ
  • ラルトスラルトス
  • サーナイトサーナイト
  • クチートクチート
  • ラクライラクライ
  • ホエルオーホエルオー
  • フライゴンフライゴン
  • ミロカロスミロカロス
  • ヨマワルヨマワル
  • ソーナノソーナノ
  • オニゴーリオニゴーリ
  • スボミースボミー
  • ミツハニーミツハニー
  • ビークインビークイン
  • トリトドントリトドン
  • ゴンベゴンベ
  • リオルリオル
  • ルカリオルカリオ
  • ヒポポタスヒポポタス
  • グレッグルグレッグル
  • タマンタタマンタ
  • ユキカブリユキカブリ
  • ユキノオーユキノオー
  • マニューラマニューラ
  • ドサイドンドサイドン
  • トゲキッストゲキッス
  • ユキメノコユキメノコ
  • ロトムロトム
  • レパルダスレパルダス
  • コロモリコロモリ
  • ローブシンローブシン
  • ガマゲロゲガマゲロゲ
  • ダゲキダゲキ
  • エルフーンエルフーン
  • マラカッチマラカッチ
  • ヤブクロンヤブクロン
  • チラーミィチラーミィ
  • ダブランダブラン
  • バニプッチバニプッチ
  • バニリッチバニリッチ
  • プルリルプルリル
  • デンチュラデンチュラ
  • ナットレイナットレイ
  • キバゴキバゴ
  • オノノクスオノノクス
  • ゴルーグゴルーグ
  • ウォーグルウォーグル
  • モノズモノズ
  • ジヘッドジヘッド
  • サザンドラサザンドラ
  • ホルビーホルビー
  • ホルードホルード
  • ヤンチャムヤンチャム
  • ゴロンダゴロンダ
  • ニャオニクス♀ニャオニクス♀
  • マーイーカマーイーカ
  • ルチャブルルチャブル
  • ヌメラヌメラ
  • ヌメルゴンヌメルゴン
  • バケッチャバケッチャ
  • クレベースクレベース
  • アゴジムシアゴジムシ
  • ヨワシヨワシ
  • ドヒドイデドヒドイデ
  • バンバドロバンバドロ
  • ヌイコグマヌイコグマ
  • キテルグマキテルグマ
  • アマカジアマカジ
  • アママイコアママイコ
  • グソクムシャグソクムシャ
  • ミミッキュミミッキュ
  • ジャラコジャラコ
  • ジャラランガジャラランガ

方針が変更となった理由としては、限られた開発期間の中で、800以上に増えたすべてのポケモンのクオリティを上げることやゲームバランスを調整していくことの限界が語られています。今後、アップデートで追加されるのか、ダイヤモンド・パールのリメイクと噂される「次回作」で解禁となるのか、続報に注目です。

メガシンカ・Zワザはなし

今作では『メガシンカ』『Zワザ』は登場しないとのことです。(情報元:『ポケットモンスター ソード・シールド』の“いま聞きたいこと”について増田順一氏、大森滋氏を直撃。「連れて来られるポケモンの話」にも言及!【E32019】)

スポンサーリンク

新しいバトル要素「ダイマックス」!

ダイマックス
※画像は公式サイトから引用

これまでのメガシンカのようなバトル中だけの要素として今回新たに「ダイマックス」が登場! ポケモンの姿が巨大化し、一部の能力が上がるようです。メガシンカのように、ポケモンごとに異なる種族値が設定されているのでしょうか?

ダイマックスは、特定の場所(ジム戦やマックスレイドバトルなど)でのみ可能。また、ダイマックスは1回のバトルで1度だけで好きなタイミングで使うことができ、3ターン経過すると元に戻ってしまうため、メガシンカ以上にタイミングが重要になりそうです。

さらにメガシンカと異なるのは、すべてのポケモンがダイマックスできるという点。また、覚えているすべての技が「ダイマックスわざ」に変化するようです。(→ダイマックスわざの詳細はこちら)

ダイマックスポケモンは、『ねこだまし』などの相手の技でひるみません。

キョダイマックス

キョダイマックス
※画像は公式サイトから引用

一部の特別なポケモンは、ダイマックスするとフォルムを変え、『キョダイマックスのすがた』となることがあります。これらの特別なポケモンは、「マックスレイドバトル」で極稀に出会うことができ、同じ種族でもできるポケモンとできないポケモンがいます。

キョダイマックスしたポケモンは、通常のダイマックスわざとは別に、特定のタイプの技を「キョダイマックスわざ」として使うことができます。(→キョダイマックスわざの詳細はこちら) また、隠れ特性を持っていることがあるとのこと。

いまのところ、特別な『カジリガメ』『アーマーガア』『マホイップ』がキョダイマックスできることが確認されています。

マックスレイドバトル

マックスレイドバトル
※画像は公式動画(YouTube)から引用

4人のトレーナーと協力して野生のダイマックスポケモンとバトルができる「マックスレイドバトル」が登場! ローカル通信とネット通信ともに対応とのこと。

敵のポケモンは常にダイマックス状態になるので非常に強力。4人のうち1人だけがダイマックスを使えるとのこと。

敵のポケモンは、1ターンに2回攻撃することもあったり、HPが減ってくると『ふしぎなバリアー』を作ることがあります。バリアーは、ゲージが5個あり、1回の攻撃でダメージ量に関係なく1個減らすことが可能。ダイマックスわざを使うと2個減らすことができます。

マックスレイドバトルはワイルドエリアのピンク色の光の柱が伸びている場所「ポケモンの巣」から可能で、出現するポケモンはワイルドエリア内の場所や天候によって異なるようです。また、バトル後はゲットも可能で、ここでしか手に入らないポケモンがいたり、レアな道具が手に入ることもあるとのことです。

新しい技

わざ名タイプ分類威力PP詳細
てっていこうせんはがね特殊140?ダメージを与えたあと、自分のHPが半分になる。『ジュラルドン』が覚える。
えだづきくさ不明不明40『サルノリ』が覚える
オーラぐるまでんきあく不明不明不明モルペコの専用技。特性『はらぺこスイッチ』のフォルムによってタイプが変化する。
ブロッキングあく不明不明不明カウンターのような技? 『タチフサグマ』が覚える。
ワイドブレイカー不明不明不明不明相手全体の『こうげき』ランクを1段階ずつ下げる。『フライゴン』が覚える。

ダイマックスわざ

ダイマックスわざは、サンムーンのZワザのように、ダイマックスする前に覚えている元の技のタイプと種類によって異なります。また、技のタイプごとに天気を変更するなどの追加効果があるようです。すべてのダイマックス技は、相手の『まもる』『みきり』などを貫通してすこしダメージを与えられるようです。(Zワザと同じであれば、1/4のダメージ)

ダイマックスわざタイプ追加効果
ダイアタックノーマル
ダイナックルかくとう味方全体の『こうげき』ランクが1段階ずつ上がる。
ダイソウゲンくさ
ダイサンダーでんき場の状態が『エレキフィールド』になる。
ダイアイスこおり天気が『あられ』になる。
ダイストリームみず天気が『あめ』になる。
いわ天気が『すなあらし』になる。
ほのお天気が『ひざしがつよい』になる。
ダイウォールノーマル
(変化技)
『まもる』の上位互換。ダイマックス技も完全に防ぐことができる。

キョダイマックスわざ

また、一部の特別なポケモンは、『キョダイマックス』をすると、特定のタイプの技を『キョダイマックスわざ』として使うことができます。

ポケモンキョダイマックスわざタイプ追加効果
カジリガメキョダイガンジンみず交代で出てきたポケモンにダメージを与える(ステルスロック?)
アーマーガアキョダイフウゲキひこう『リフレクター』『ひかりのかべ』『まきびし』『エレキフィールド』などの効果を解除する。
マホイップキョダイダンエンフェアリー味方全体のHPを回復する。

新しい特性

ピカブイでは特性が廃止されましたが、今作では復活しています。また新しい特性もたくさん登場しそうですね。

特性効果この特性のポケモン
わたげ攻撃を受けると、相手の『すばやさ』ランクを1段階下げる。(『カーリーヘアー』と同じ効果??)ヒメンカ
ワタシラガ
たまひろい最初に投げたボールが捕獲失敗した時、自分が道具を持っていなければ拾うことができる。ワンパチ
じょうききかん『みず』タイプか『ほのお』タイプの技を受けた時、自分の『すばやさ』ランクが3段階上がる。タンドン
はらぺこスイッチ毎ターン、フォルムが変化して『でんき』タイプと『あく』タイプが入れ替わる。モルペコ
かがくへんかガス周りのポケモンの特性の効果を無効にする。場から離れると、無効となっていた特性が発動する。マタドガス(ガラル)
ミラーアーマー能力ランクを下げる効果を跳ね返して相手に与える。アーマーガア

冒険の舞台は「ガラル地方」

ガラル地方
※画像は公式サイトから引用

『ソード・シールド』の冒険の舞台は「ガラル地方」!

美しい自然、歴史を感じせる建物、電車が走る近代的な都市、鉱山、雪山など様々な要素が盛り込まれています。

マップの雰囲気的に、南(下)から北(上)に進んでいく感じになりそうです。サンムーンでは雪山(ラナキラマウンテン)を登るとポケモンリーグでしたが、今作も雪山が終盤にありそう。

舞台のモデルは「イギリス」?

地形などからイギリスがモデルになっていると言われています。イギリスではサッカーが盛んですので、スタジアムのような形をしたジムはサッカーを意識したのかもしれませんね。

ジム
※画像は公式サイトから引用

ポケモンジムが復活!

ジム
※画像は公式サイトから引用

くさタイプのジムを確認できます。サンムーンでは試練という形になっていましたが、今作ではジムが復活するとのこと。ジムをめぐって、チャンピオンを目指すのもこれまで通りみたいです!

今作のジムでは、ジムリーダーがポケモンをダイマックスしてくるので、迫力のバトルが楽しめるようです。

野生のポケモンとバトル!

野生のポケモン
※画像は公式サイトから引用

ピカブイでは、フィールド上にポケモンの姿が出現して、接触するとゲット画面になるシンボルエンカウント方式が採用されましたが、今回は「シンボルエンカウント」と従来の「ランダムエンカウント」の形のハイブリット(両方)になるとのことです。

また、野生のポケモンとバトルしてから捕まえる形も復活のようです!

ワイルドエリア

ワイルドエリア
※画像は公式サイトから引用

オープンワールドを彷彿とさせる広大なフィールド『ワイルドエリア』が登場。サファリゾーンの進化版と言えば分かりやすいでしょうか。場所や天気によって異なる様々な野生のポケモンが出現します。また、ワイルドエリア限定で、カメラ(画面の向きなど)を自分で動かすことができるとのことです!

また、ポケモンを探すために木を揺らしたり、口笛を吹いて呼び寄せたり、釣りをしたり、自転車に乗ったりといった様々なアクションができるようです。自転車は、補助浮き輪がついて、水の上も走りることができます。天気は毎日変わり、雨なら『みず』タイプのポケモンなどが出やすいとのこと。

ワイルドエリアのピンク色の光の柱は「ポケモンの巣」で、マックスレイドバトルが可能!

1番道路のすぐあとの街に電車が!

駅
※画像は公式サイトから引用

この建物は「駅舎」のようで、停車している電車も確認できます。動画では別の大きな街にも電車が映っていましたが、もしかすると最初からいきなり電車に乗って中心の街に移動するのかもしれませんね。

時間帯による変化も!

夜
※画像は公式サイトから引用

夜の時間帯の映像が確認できます。旧来のポケモンのように、時間帯によって出現するポケモンが違うなどの要素がありそうです。また雪も降っていることが確認できます!

主人公と登場人物

主人公

今作もソフトによらず、男の子か女の子かをゲーム内で最初に選べます。

主人公
※画像は公式サイトから引用

主な登場人物

画像名前
説明
ダンデダンデ
ガラル地方の現チャンピオン。公式戦無敗の強キャラ。『リザードン』がパートナーの模様。
ホップホップ
今作の「ライバル」。ダンデの弟。
マグノリアマグノリア
ガラル地方のポケモン博士。ダイマックスを研究している。
ソニアソニア
マグノリア博士の孫娘でダンデの幼馴染。博士の助手。
ヤローヤロー
最初のポケモンジムのジムリーダー。『くさ』タイプの使い手。『ワタシラガ』を使用。
ルリナルリナ
『みず』タイプのジムのジムリーダー。『カジリガメ』を使用。
サイトウサイトウ
ソード版のみ登場。『かくとう』タイプのジムのジムリーダー。『カポエラー』を使用。
オニオンオニオン
シールド版のみ登場。『ゴースト』タイプのジムのジムリーダー。『ミミッキュ』を使用。
ローズ
ガラルポケモンリーグ委員長。
オリーヴ
委員長の秘書。
エール団
『マリィ』をチャンピオンにするために、主人公たちを妨害する活動をしている。
ビート
主人公のライバルの1人。委員長ローズから推薦状をもらうほどの高い実力を持つ。
マリィ
主人公のライバルの1人。『モルペコ』がパートナー。エール団に応援されている。

※画像は公式サイトニンテンドーダイレクトから引用

新しい道具やシステム

ルームサービス

ポケモンに持たせると、戦闘で『トリックルーム』が発動したタイミングで自分の『すばやさ』ランクが1段階下がる。

だっしゅつパック

ポケモンに持たせると、戦闘で能力ランクが下がった時、手持ちポケモンと交代できる。(技を受けた後)

スマホロトム

ロトム図鑑の進化版(?)『スマホロトム』が登場し、この中に「ポケモン図鑑」の機能があるようです。

ダイマックスバンド

このリストバンドを持っているトレーナーだけが、ダイマックスを使いこなすことができるようです。

ダイクリスタル

ダブルパック購入特典で入手でき、『ジャラコ』『ヨーギラス』とのマックレスレイドバトルに挑戦できます。

ポケジョブ

様々な仕事の依頼に対して、ポケモンたちをお手伝いに派遣することで、経験値・努力値や珍しいアイテムを獲得できるとのことです。

ポケジョブの依頼は、ポケモンセンターに置かれている「ロトミ」から受けることができます。

「ソード」と「シールド」の違いは?

ポケットモンスター ソード&シールド
※画像は公式サイトから引用

これまでのポケモンでは、出現する野生のポケモンや伝説のポケモンが一部違ったり、物語やイベントに対応する登場人物がすこし異なるなどの差がありました。主人公に違いはありません。

現在判明している異なるポケモン
ソードシールド
ジャラコヨーギラス
モノズヌメラ

今作ではジムリーダーも異なり、ソードでは『サイトウ』、シールドでは『オニオン』が登場するようです。

「剣」と「盾」がキーワードですので、パッケージに描かれている伝説のポケモン『ザシアン』『ザマゼンタ』が違ったり、互いに別の角度から見た物語を体験できるのかもしれません。

発表直後のアンケートでは、少しだけ『ソード』のほうが人気があるようでした!

対応機種は「ニンテンドー スイッチ」

Nintendo Switch Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ

ピカブイからハードは「Nintendo Switch(スイッチ)」になりました。「Nintendo Switch Lite」でも遊ぶことができます。3DSや2DSでは遊べませんので、まだ買っていない人は今のうちに準備しておきましょう!

気になる発売日は?

2019年11月15日(金)

最近のポケットモンスターシリーズ同様に11月の発売でした。また、2019年7月12日(金)から予約開始とのことですので、忘れずに予約しましょう!

パッケージ版・ダウンロード版ともに販売されます

メインスタッフ

プロデューサーは、おなじみ増田順一さん。ディレクター(監督)は、ORASやサンムーンでもディレクターを担当した大森滋さん。

ちなみに、増田さんはピカブイを最後にディレクターをやめ、プロデューサーに専念すると表明されていました。

プロデューサー
増田順一 氏
ディレクター
大森滋 氏
開発
株式会社ゲームフリーク

商品情報

ポケットモンスター ソード ポケットモンスター シールド

発売日
2019年11月15日(金) 予定
予約開始
2019年7月12日(金)
希望小売価格
各 5,980円(税抜)
対応機種
Nintendo Switch(スイッチ)
ジャンル
RPG
プレイ人数
1人 (対戦・交換など:2〜4人)
通信機能
ローカル通信対応、インターネット通信対応
対応言語
日本語・英語・スぺイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)
販売形態
パッケージ版/ダウンロード版
発売
株式会社ポケモン
販売
任天堂株式会社
制作
株式会社ゲームフリーク

ダブルパックも発売!

ソードとシールドが両方セットになった「ダブルパック」も発売。購入特典として、『ヨーギラス』『ジャラコ』とのマックレスレイドバトルに挑戦できる特別な道具『ダイクリスタル』がもらえます。

ポケットモンスター ソード・シールド ダブルパック ポケットモンスター ソード・シールド ダブルパック

タイトル
ポケットモンスター ソード・シールド ダブルパック
発売日
2019年11月15日(金) 予定
希望小売価格
11,960円(税抜)
販売形態
パッケージ版/ダウンロード版

公式サイト:https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソード・シールド(剣盾)攻略・最新情報まとめ

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2019 Yakkun

dummy