プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ランドロス(霊獣) - ポケモン育成論サンムーン

【便利な】チョッキランドロス【おっさん】

2017/03/09 04:09:42

ランドロス(霊獣)

HP:HP 89

攻撃:攻撃 145

防御:防御 90

特攻:特攻 105

特防:特防 80

素早:素早 91

ツイートブックマーク4.524.524.524.524.524.524.524.524.524.52閲覧:41072登録:12件評価:4.52(13人)

ランドロス(霊獣)  じめん ひこう  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
いかく
努力値配分(努力値とは?)
HP:212 / 攻撃:44 / 防御:4 / 特防:220 / 素早:28
実数値:191-188-111-x-128-115
覚えさせる技
じしん / とんぼがえり / はたきおとす / がんせきふうじ
持ち物
とつげきチョッキ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
補助
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

  • 非公式の略称、用語を用いる
  • 特に指定がない限り、理想個体であるものとする

はじめに


初めまして。この育成論に興味を持って下さりありがとうございます。
初投稿ですので、読みにくい点や配慮の足りない点など多数見受けられるかもしれませんが、その際はコメントにてご教授願えればと思います。
また、不要との声が多い場合は削除します。

今回は、チョッキランドロスについての論になります。
SMになってからの論が無かった為、投稿しようと思った次第です。
チョッキランドロスの調整に悩んでいる方々に参考にしていただければと思います。
以下、常体で記述します。

このポケモンの役割について

威嚇が入れば受けれる程度の物理アタッカー(物理型ルカリオ、鉢巻でないガブリアスなど)に出して、相手の引き際を狙ってはたき落とすや蜻蛉帰りで場を整え、後続のサポートをする。先発でも強い。

ここまでは、少し耐久に振って有る霊獣ランドロスなら大抵は出来ると思うが、今回はこれに加えて突撃チョッキを持たせることにより、本来相手出来ない特殊アタッカーに対しても強気に投げていくことが出来るように。
これがあるとなんと現環境トップレベルの特殊アタッカーであろうカプ・テテフやカプコケコなど、そして物理型だと思ったルカリオが特殊型だった、なんて場合にも問題無く繰り出せるまでに特殊耐久が向上、より幅広い相手に出して仕事ができる。

また、威嚇がある為、HPが減った状態でも捨てずに取っておくと有効に働く場合もある。

※完全な受けポケモンではないため、使う際は「そこそこ固い」程度の耐久であることを忘れずに(特に物理方面)。

持ち物について


このランドロスはクッションとしての役割や、叩き落とす、蜻蛉帰り、岩石封じによる後続のサポートとしての役割を持たせるため、突撃チョッキで確定とする。
なお、アタッカーとして運用したい場合は全く別の型にすることをお勧めする。

性格について


種族値が一番高いところに補正をかけるのが一番効率が良い為、意地っ張りで確定とする。

特性について


威嚇のみとなる。言わずと知れた強力な特性で、このポケモンの繰り出し性能に大きく貢献してくれている。相手によっては素早さの判定も可能な点も優秀(登場時に特性が発動する相手なら、偶発で対峙した際に限り特性の発動順で判定することができるという事。
例:バンギラス、ギャラドス、カプ・レヒレなど。)。

努力値について


H212 A44 B4 D220 S28
実数値191-188-112-×-128-115

H :16n−1、6n−1
A :地震でB4ガブリアスを確定2発、H4メガガルーラを超高乱数2発(95.7%)
D:2n,控え目カプ・テテフのサイコフィールド下火力アップアイテム無しサイコキネシス確定3発
S:準速バンギラス、テッカグヤ抜き抜き調整、岩石封じ1発で最速ウツロイド(実際は104族まで)抜き

Sを少し振り、受けだしするであろうガブリアスやガルーラを2発で倒せる程度のAを確保して、残りは耐久に。
AやDを削って、もっとSに振ると岩石封じで抜けるポケモンが増えるので、少しSを調整するのもアリ。
今回は後攻で蜻蛉を打つ事や、現環境で最も多いテテフを相手にしたときにより安定するようにこの配分とした。

技構成について


どの技も高頻度で使用するため、確定欄4つで確定とする。

  • 地震
安定したメインウェポン。説明は不要だろう。

  • はたき落とす
相手が持ち物を持っている場合、それを使えなくする+威力が1.5倍になるという強力な追加効果を持つ悪技。適当に撃っても割と仕事する。
今作はメガストーンに加えてZクリスタルも叩き落とす事が出来なくなってしまった為、少し逆風ではあるが、依然としてこの技の汎用性は高い。
ポリゴン2やテッカグヤ、スカーフ持ちなどに対して撃てると後ろで処理がし易くなる事が多い。
※ORASでの教え技なので覚えさせるのを忘れないように注意。

  • 岩石封じ
当たれば素早さのランクを確定で1下げるという追加効果を持つ岩技。
これも後続のサポートとして使いやすい。
積みアタッカーを相手にこいつを捨てる時はこれを連打することで起点が回避できる事があるのも強み。
唯一の命中不安定技。いくら5%とはいえこの技のせいで負け筋が出来てしまうかも、という事も頭に入れて考えよう。
※下手に使用すると後攻蜻蛉帰りによる無償降臨が狙えなくなるので注意。あまり安易に打たないほうがいいかもしれない。

  • 蜻蛉返り
後攻で撃って受け出しが効かないポケモンを無償降臨する、この型のコンセプトとなる技。外す理由がない。
殆どAには振っていないが、元々種族値が高いので、思ったよりもダメージが入ったりする。
とても使いやすいので、迷ったらコレ!…と言いたい所だが、素直に負担を掛けに行った方が良い場合もあるというのを忘れずに。

ダメージ計算(与ダメージ)


  • 地震

B4ガブリアス:ダメージ: 93〜109
割合: 50.8%〜59.5%
回数: 確定2発

H4メガガルーラ:ダメージ: 88〜105
割合: 48.6%〜58%
回数: 乱数2発 (95.7%)

H4カプ・テテフ:ダメージ: 112〜133
割合: 76.7%〜91%
回数: 確定2発

HB特化ポリゴン2(奇石無し):ダメージ: 69〜82
割合: 35.9%〜42.7%
回数: 確定3発

B4H252メガゲンガー(火傷状態):ダメージ: 105〜124
割合: 62.8%〜74.2%
回数: 確定2発

B4H252バンギラス:ダメージ: 164〜194
割合: 79.2%〜93.7%
回数: 確定2発

B4メガリザードンX:ダメージ: 162〜192
割合: 105.8%〜125.4%
回数: 確定1発



  • 叩き落とす(全てアイテム所持状態で計算)

B4ガブリアス:ダメージ: 60〜71
割合: 32.7%〜38.7%
回数: 乱数3発 (99.46%)

HB特化クレセリア:ダメージ: 74〜88
割合: 32.5%〜38.7%
回数: 乱数3発 (98%)



  • 岩石封じ

B4メガリザードンX:ダメージ: 66〜78
割合: 43.1%〜50.9%
回数: 乱数2発 (2%)

無振りメガリザードンY:ダメージ: 176〜208
割合: 115%〜135.9%
回数: 確定1発

H4霊獣ボルトロス:ダメージ: 96〜114
割合: 61.9%〜73.5%
回数: 確定2発



  • 蜻蛉帰り

H4カプ・テテフ:ダメージ: 52〜62
割合: 35.6%〜42.4%
回数: 確定3発

ダメージ計算(被ダメージ)


※あくまでも味方の補助がメインの動きなので、ダメージ計算は少しだけ。
※補正有の表記がない場合は無補正で記述。
※表記がない限りはAorCに252振り。

  • 物理方面(全て威嚇込みで計算)

ガブリアスの逆鱗:
ダメージ: 75〜88
割合: 39.2%〜46%
回数: 確定3発

補正有球バシャーモのフレアドライブ:
ダメージ: 99〜118
割合: 51.8%〜61.7%
回数: 確定2発

メガルカリオのインファイト:
ダメージ: 54〜64
割合: 28.2%〜33.5%
回数: 乱数3発 (0.1%)

メガルカリオのアイアンテール:
ダメージ: 90〜106
割合: 47.1%〜55.4%
回数: 乱数2発 (67.2%)

メガボーマンダの捨て身タックル:
ダメージ: 96〜114
割合: 50.2%〜59.6%
回数: 確定2発



  • 特殊方面

補正有カプ・テテフのサイコキネシス(サイコフィールド下):
ダメージ: 79〜94
割合: 41.3%〜49.2%
回数: 確定3発

眼鏡カプ・コケコのマジカルシャイン:
ダメージ: 52〜63
割合: 27.2%〜32.9%
回数: 確定4発

補正有霊獣ボルトロスのめざ氷:
ダメージ: 104〜124
割合: 54.4%〜64.9%
回数: 確定2発

無振りクレセリアの冷凍ビーム:
ダメージ: 68〜84
割合: 35.6%〜43.9%
回数: 確定3発

無振りポリゴン2の冷凍ビーム:
ダメージ: 88〜108
割合: 46%〜56.5%
回数: 乱数2発 (78.1%)

メガルカリオのラスターカノン:
ダメージ: 62〜74
割合: 32.4%〜38.7%
回数: 乱数3発 (97%)

メガリザードンYのオーバーヒート(晴れ状態):
ダメージ: 121〜144
割合: 63.3%〜75.3%
回数: 確定2発



最後に


初投稿ということもあり、拙い文章になってしまったかと思いますが、ここまで読んでいただきありがとうございます。
読んでくださった皆様がこの型のランドロスを使ってみたいな、と思っていただけたのであれば嬉しいです。
もし、誤字脱字やダメージ計算の追加、その他諸々のアドバイスなどございましたらコメント欄の方までよろしくお願いいたします。

最終更新日時 : 2017/03/09 04:09:42

ランドロス(霊獣)の他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (14件)

  • ページ:
  • 1
17/03/06 05:23
1高松 (@takamatu_yuma)
55555
簡潔に纏まっていて素晴らしい論だと思いました。チョッキランド、強いですね。使ってみたいと思いました。
被ダメの欄なのですが、チョッキ無しだと確定で飛ぶこと、そしてステロを撒かれるのを嫌うことからSの確認ができたらリザYのオバヒで突っ込むことが多々あるのであってもいいかなと思いました。この調整なら確定で耐えるので。
17/03/06 07:45
2海の民 (@poke_uminotami)
55555
この型のランドを使っていて使用感もよく、パーティーにいれやすいです。本文もまとまっていて読みやすかったので評価いれさせて頂きます。
一つ指摘としては、叩き落とすがORASの教え技ということを明記したほうがよいのではないでしょうか?
うっかりそのまま持ってきてしまう人も少なからずいると思います。
17/03/06 22:36
3もっし
バシャーモは珠持ちですか?
17/03/06 23:46
4アルテミス@電波塔 (@pokematrix1988)
55555
第六世代仕様の努力値で使っていますが,この振り方もいろいろ見られて便利ですし,"とんぼがえり"で有利対面に持っていける可能性があるのは有難い存在です。
17/03/07 02:33
5てぃーあいち (@T_aichi_pokezei)
>1

高評価ありがとうございます。ぜひぜひ使ってみてください!
また、リザYのオーバーヒートの被ダメを追加しました。ご指摘ありがとうございます。
17/03/07 02:35
6てぃーあいち (@T_aichi_pokezei)
>2

高評価ありがとうございます。とっても使いやすいですよね!とりあえず誰にするか悩んだらこいつを入れたくなってしまいます。
叩き落とすの欄に注意書きを追加しました。ご指摘ありがとうございます。
17/03/07 02:37
7てぃーあいち (@T_aichi_pokezei)
>3

はい、球持ちで計算しております。抜けていた為追加しておきました。ご指摘ありがとうございます。
17/03/07 02:43
8てぃーあいち (@T_aichi_pokezei)
>4

威嚇+蜻蛉帰りが出来るというのは本当に使いやすいですね。
もしもっとDに厚くしたいな、と思ったりした際にはこの調整もお試しいただければと思います!
17/03/07 02:46
9てぃーあいち (@T_aichi_pokezei)
>4

抜けてしまいました…

高評価の方もありがとうございます。
17/03/07 04:47
10みるて (@myrte00)
調整、レイアウトともにかなり纏まっていて参考になりました。
なので少し細かいですが、いくつか追記・修正して頂きたい点を述べます。

1.特性について
「相手によっては素早さの判定も可能な点も優秀」とありますが、S115付近では一体どのポケモンの素早さ判定ができるのでしょうか?偶発対峙ギャラドスに対して有効等の具体例があるとより分かりやすいと思います。

2.このポケモンの役割について
「威嚇が刺さる相手などに出して」や「色々な相手に繰り出せる」では少々イメージしにくいです。具体的にお願いします。

3.このポケモンの役割について?
どうしてこのポケモンにチョッキを持たせるのかが不明瞭です。チョッキを持つことでどのポケモンに役割が持てるようになったのでしょうか。地面枠(対電)としての役割を安定させる為ではないのですか?特殊メガルカリオに対してスカーフで拘らずに役割を持つ為ではないのですか?

4.ダメージ計算について
ダメージ計算のクレセリア・ポリ2は役割対象出はなく、こちらからの有効打もないので記載している理由がわかりません。

以上です。
17/03/09 04:27
11てぃーあいち (@T_aichi_pokezei)
>10

細かいご指摘ありがとうございます。意見を参考に修正させていただきました。
これでより分かり易くなったでしょうか…?

4.についてですが、撃つ機会がまあまあ多く、そこそこ固いが物理受けではないガブリアスと、物理受け+抜群で入るポケモンであるクレセリアへの二つを載せておくことで、あくまでも目安にしていただこうと思って載せたものです。
この二つはほぼ同じダメージである為、冗長になってしまっているでしょうかね…?
削除するべきという意見があれば削除させていただきます。

続けて、ポリゴン2に対する地震の方ですが、これは削れていたポリゴン2に叩きを入れた後、ポリゴン2のHPが四割程度だったら削り切れる可能性があるよ、という事実を示したつもりです。
里奈さんは「ポリゴン2は役割対象ではない」と仰いましたが、叩き落とすを当てたい相手である以上、対峙することはあるはずで、既に削れていた場合に、地震でどのくらい入るのかが分かったほうが良いだろう、と思った次第です。
こちらもまた削除するべきという意見があれば削除させていただきます。

貴重なご意見ありがとうございました。また、修正に時間をいただいてしまい申し訳ございませんでした。
17/03/19 16:03
12ワジャイナはるはる (@ZvRwg25Dr1WX1Fm)
55555
とても分かりやすく書かれていて良かったです
叩き忘れて連れてきてしまって(涙)
アームハンマーでいいですか?
17/03/21 00:30
13泉K
威嚇込みの、意地っ張り適応力シザリガーのクラハンは耐えますか
17/04/24 12:04
14
>13
37.5%の乱数一発です
計算ツールがあればすぐ分かることなので自分で調べましょうね
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::サン/ムーン::ポケモン育成論サンムーン::ランドロス(霊獣)

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト内容に関する著作権を示すものです。

Copyright © 2002-2017 Yakkun All rights reserved.

dummy