プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

サイドン- ポケモン育成論サンムーン

【ピカブイ環境】鈍塞サイドン

2019/02/24 12:24:25

サイドン

HP:HP 105

攻撃:攻撃 130

防御:防御 120

特攻:特攻 45

特防:特防 45

素早:素早 40

ツイートブックマーク5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:2919登録:1件評価:5.00(5人)

サイドン  じめん いわ  【 ポケモン図鑑 】

性格
わんぱく(防御↑ 特攻↓)
特性
ひらいしん
努力値配分(努力値とは?)
すべて、0
実数値:180-150-154-45-65-60 / 個体値:31-31-31-0-31-31
覚えさせる技
じしん / いわなだれ / ステルスロック / メガホーン
持ち物

スポンサーリンク


このポケモンの役割
物理 / 攻め
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

注意

  • この育成論はピカブイ環境を想定しています。USUM環境には対応しておりません。
  • ピカブイの人口が増えるまで私はあきらめません。たとえ需要が無いと言われても。
  • ペース速めですがしっかり使ってから投稿してるので大丈夫です(震え)

サイドンサイドンサイドンの魅力

ステルスロックを撒けるポケモンは多くいますが、中でもサイドンサイドンサイドンは珍しくメガプテラに一方的に有利なポケモンです。
メガプテラの最高打点を2発耐えうるステロ撒きとしてはサイドンの他にサンドパンサンドパンサンドパン・プクリンプクリンプクリン・ピクシーピクシーピクシーがいますが、彼らはメガプテラを2発で落とすことができず、羽休めを挟まれれば結局対面負けしてしまう可能性すらあります。
これに対し、サイドンは防御に補正をかけるとメガプテラの地震を高確率で2発耐え返しの岩雪崩でメガプテラをステルスロック圏内にまで削ることができます。
初手でプテラ・サイドン対面となった場合、相手はメガ枠のプテラを犠牲にサイドンのHPを大きく削って後続で仕留めるか、サイドンを受けるためにプテラを下げなくてはなりません。
このようにして、サイドンは厄介な初手メガプテラ展開を大きく抑制できるのです。
ちなみに、ゴローニャゴローニャゴローニャでは若干耐久数値が足りません。

  • 一致岩技を持つ地面枠
ピカブイ環境では地面タイプが非常に強力です。というのも、
・ピカブイにはめざめるパワーや草結びなどのインチキ技が存在しないので、電気タイプから役割破壊をされない(※ざぶざぶサーフを覚える相棒ピカチュウは例外)
・ほぼ全試合で展開されるであろうステルスロックに対して耐性を持つので、サイクルを回す中で躊躇なく繰り出していける
・特性浮遊が存在せず、また草タイプは毒複合が多いため、地面の一貫性が比較的高い
など、攻撃面・防御面ともに優れているからです。
地面技は基本的に飛行で受けることになりますが、サイドンはもう一つのメインウェポンである岩雪崩で飛行に対して大きく圧力をかけられるのもポイントです。

  • 脳筋
図鑑でやたら「二足歩行になり知能が発達した!!」とプッシュされていますが、結局ドリルと筋肉で真っ向から突っ込む戦法しか取れていないように見えます。
本当に知力は上昇しているのでしょうか。かわいいですね。

それはどうでもよくて、サイドンは130という非常に高い攻撃種族値と広い技範囲を持つので、攻撃性能が非常に高いです。
具体的には、ステルスロック+地震+地震で補正メガフシギバナメガフシギバナメガフシギバナを確定、ステルスロック+メガホーン+メガホーンで補正メガヤドランメガヤドランメガヤドランを確定と、タイプ的に圧倒的に不利である高耐久メガポケモンですらも返り討ちにしうるほどです。

実際の役割対象は電気マルマインマルマインサンダースサンダースサンダーサンダー飛行メガプテラメガプテラメガピジョットメガピジョットファイヤーファイヤーベトベトン(アローラ)ベトベトン(アローラ)メガスピアーメガスピアーなどになります。その他、地味に受けづらいケンタロスケンタロスカイリューカイリューなんかにも比較的有利です。
スペックが非常に高いポケモンなので、パーティを組んでこれらのポケモンが重いと感じた場合、積極的に採用してよいでしょう。

性格

わんぱくです。
電気から特殊技を受けないのでしんちょうにする必要はなく、仮想敵への確定数の変化も見られないのでいじっぱりの必要もありません。
加えて、無補正ですとメガプテラの地震で76.1%の中乱数2発となり有利不利が逆転してしまいます。

実数値は180-150-154-*-65-60となります。


  • じしん
最高火力です。草毒複合フシギバナフシギバナへの圧力にもなります。確定です。
無補マルマインマルマイン 139.2-165.9
無補サンダースサンダース 151.4-180.0
無補ベトベトン(アローラ)ベトベトン(アローラ) 100.0-117.7
無補メガスピアーメガスピアー 101.4-120.0
無補メガリザードンXメガリザードンX 86.2-101.9/乱数1(6.2%)
無補ニドキングニドキング 112.8-134.0
無補メガフシギバナメガフシギバナ 38.7-46.4/ステロ込確定2
無補スターミースターミー 60.0-71.1
補正ヤドランヤドラン 35.2-42.3
無補カビゴンカビゴン 42.5-50.2/乱数2(1.1%)/ステロ込確定2

  • いわなだれ
こちらは飛行への遂行技です。重要な技ですのでこれも確定とします。
無補メガプテラメガプテラ 78.7-94.1/ステロ込確定
無補サンダーサンダー 73.9-88.4/ステロ込乱数1(93.8%)
無補カイリューカイリュー 68.6-80.7/ステロ込乱数1(43.7%)
無補メガピジョットメガピジョット 81.0-96.2
無補ラプラスラプラス 62.4-74.1
無補ギャラドスギャラドス 77.6-91.7
無補パルシェンパルシェン 52.8-62.4

  • ステルスロック
同じ文言を繰り返すようで申し訳ないのですが、交代戦環境ではこの技はひたすらに強力です。この技を組み込んでいない構築は無いといっても過言ではありません。
撒かないとこちらがサイクル不利にすらなるので、覚えるポケモンには積極的に搭載しておきましょう。
当然確定です。

  • メガホーン
繰り出されるヤドランヤドランスターミースターミーへの打点です。ステロ込みでこいつらをしばけます。
命中に難ありですが水エスパー組は多く見かけるので、有用性を考えてこれを確定欄に据えておきます。変えるならこの技です。

無補スターミースターミー 96.2-114.0/乱数1(75%)
補正ヤドランヤドラン 56.4-67.0
補正メガヤドランメガヤドラン 37.6-44.7/ステロ込確定2

以下はメガホーンを採用しない場合の技候補です。

  • つのドリル
フシギバナフシギバナの繰り出し際やカビゴンカビゴンへ連打して無理やり崩しに行けます。
同タイプのイワークイワークゴローニャゴローニャにはできない芸当です。

  • かわらわり
役割対象の電気タイプが姑息な壁張りでしのごうとした時にあざ笑ってやれます。ただし威力自体は2倍弱点でも一致地震と同じです。
より火力の高いばかぢからも習得可能ですが、メガ前ステロ込でもメガギャラドスメガギャラドスを落とすことはできず、カビゴンカビゴンもステロ込で落とすことはできません。また、ラッタ(アローラ)などはかわらわりでも確定1発です。

この他、カイリューカイリューを一撃で持っていけるれいとうパンチ、物理への対面性能が上がるカウンター、ステロと相性の良いドラゴンテールなども覚えます。

被ダメージ計算


  • 物理
無補メガプテラメガプテラ/じしん 43.3-51.1/乱数2(5%)
無補メガスピアーメガスピアー/ドリルライナー 37.7-44.4
補正カビゴンカビゴン/じしん 38.8-46.6
補正ベトベトン(アローラ)ベトベトン(アローラ)/れいとうパンチ 28.8-34.4
補正メガリザードンXメガリザードンX/じしん 45.5-54.4/乱数2(55.8%)
補正カイリューカイリュー/じしん 46.6-55.5/乱数2(76.1%)
補正カブトプスカブトプス/アクアジェット 48.8-60.0/乱数2(93.7%)
補正ラッタ(アローラ)ラッタ(アローラ)/+2かみくだく 32.2-38.8/乱数3(98.6%)
無補ニドキングニドキング/じしん 64.4-76.6
無補ケンタロスケンタロス/じしん 33.3-40.0/確定3

  • 特殊
無補サンダースサンダース/シャドーボール 33.8-40.0
無補メガピジョットメガピジョット/エアスラッシュ 28.3-33.3/確定4
補正メガリザードンXメガリザードンX/りゅうのはどう 67.2-80.0
無補ゲンガーゲンガー/シャドーボール 58.3-68.8
補正ファイヤーファイヤー/だいもんじ 42.2-50.0/乱数2(0.3%)

相性のいい味方

サイドンの苦手な水に対しサンダーが比較的有利で、サンダーの苦手な岩にはサイドンが比較的有利です。ただしドリルくちばしでも採用しない限りフシギバナの突破方法がありません。
どうでもいいですが私がピカブイで初めて組んだ構築はサンダー+サイドンのサイクル構築でした。両者とも申し分ない数値で活躍してくれました。

この組み合わせも、メガピジョットが苦手とする電気と岩にサイドンが有利なので強力です。
エアスラッシュ/破壊光線/身代わり/羽休めという構成にすればフシギバナへの回答にもなり優秀です。ちなみに初代を象徴する技である破壊光線ですが、ピカブイにおける破壊光線最高火力はメガピジョットのものだったりします。

最後に

この論を改善できる提案があれば是非コメントしてください。
低評価を頂くことは全く構いませんが、理由を明記してもらえれば幸いです。

2/24 初版公開

最終更新日時 : 2019/02/24 12:24:25

サイドンの他の育成論を探す (2件) >>

スポンサーリンク

コメント (0件)

コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::サイドンの育成論::【ピカブイ環境】鈍塞サイドン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2019 Yakkun

dummy