プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ラティアス- ポケモン育成論サンムーン

【ラティクチ用】アタイの頭はゴッツゴツ!

2019/01/06 20:29:44

ラティアス

HP:HP 80

攻撃:攻撃 80

防御:防御 90

特攻:特攻 110

特防:特防 130

素早:素早 110

ツイートブックマーク3.733.733.733.733.733.733.733.733.733.73閲覧:4617登録:0件評価:3.73(8人)

ラティアス  ドラゴン エスパー  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早↑ 攻撃↓)
特性
ふゆう
努力値配分(努力値とは?)
HP:220 / 防御:36 / 素早:252
実数値:183-x-115-130-150-178 / 個体値:31-x-31-31-31-31
覚えさせる技
サイコキネシス / はねやすめ / リフレクター / いやしのねがい
持ち物
ゴツゴツメット

スポンサーリンク


このポケモンの役割
物理 / 受け
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

ラティクチ前提であることをご理解いただいた上で、この育成論の評価をお願いしたいです。
一応、ゴツメラティアスとしてはテンプレかなと思っております。

ラティアスの強み

  • 高い種族値と豊富な型
種族値は《80-80-90-110-130-110→600》というなかなか高く、メガ進化型やメガネ型など幅広い仕事ができるポケモンです。

  • 素早種族値110
ラティアスは素早種族値ランキング58位という高速ポケモンです。この素早種族値ランキングにおけるラティアスよりも早いポケモンの中で、シングルレートでよく見るポケモンは限られているため、殆どの場合、先攻を取ることができます。

  • 女神のようなビュジュアル
ラティアスを使っている方なら理解できると思いますが、なんといってもラティアスは可愛いです。こんな可愛いポケモンを受けとして使うのは気が引けますが、活躍している姿を見るのが一番だと思いました。

  • 7つのタイプに強い
ラティアスは所謂、多くの弱点はあるものの多くの強点があるポケモンです。そのため、サイクルパにはもってこいですね。

ゴツゴツメットの意味

初めに説明した通り、この育成論におけるラティアスはラティクチ前提となっております。そのため、クチートで受けれないポケモンをラティアスで受けるという形になります。簡単な例を挙げるとメガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモなどでしょう。物理型が多いので、クチートが対面で負けていると思った時にラティアスに引くという形が良いと思いました。
そして、無振りラティアスの火力ではHP満タンのメガバシャーモメガバシャーモを落とすことはできません(85.8%〜101.2%)。
しかし、ゴツメダメージを与えてからだと確1で落とせます。そのため、ゴツゴツメットは確定です。

クチートとラティアスのタイプ相性

  • クチート
弱点→地・炎
強点→ノーマル・飛・毒・岩・虫
   草・超・氷・龍・悪・妖
となっております。うん、強すぎ。

  • ラティアス
弱点→虫・霊・氷・龍・悪・妖
強点→格・炎・水・草・電・超
となっております。お互いがお互いの弱点をカバーしていますね。そのため、クチートと相性が良いと思われます。

努力値配分について

性格→臆病
努力値→220-0-36-0-0-252
実数値→183-90-115-130-150-178

Sに補正をかけないとガブリアスを抜けないため臆病。
更に、電磁波をかけたバシャーモを抜くため。
更に同速ポケモンに勝つため最速。
最速にする他の理由として、襷ゲンガーとの撃ち合いで勝てる可能性や、すぐ下にAキュウコンやカミツルギなど、抜いておく価値があるポケモンがいるため最速にする。
HとBは耐久のため。この辺は努力値振りが面倒だったので36nにしました。

オススメな技一覧(太字はこの育成論における確定技。細字は選択技)


  • サイコキネシス
メガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモなどの格闘ポケモンに対する打点。挑発をされた場合における唯一の攻撃技。タイプ一致でラティアスの覚えるエスパー最大火力技。サイコショックにするのもアリだが、本来はメガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモに対する打点ようなので、サイコキネシスが安定である。

  • シャドーボール
ラティアスラティアスを倒すためにミミッキュミミッキュギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)を後出しするのを読むと強い技。しかし、本来の目的から逸れるため選択技とする。この技を入れることによってメガメタグロスメガメタグロスに強く出れる。

  • はねやすめ
レートをこのラティアスで回している時に思ったのは回復技を入れた方が良いということである。

  • じこさいせい
こればっかりはエフェクトの好みである。

  • リフレクター
クチートに繋ぐ前に発動する技。
物理ダメージを軽減できる他、回復しながら耐久することが可能。これによってゴツメのダメージをより多く入れることができる。
コメント欄で間接的なご指摘を受けたので、リフレクターを確定技にしてみた。

  • でんじは
クチートに繋ぐ前に発動するための補助技。
でんじはを受けたポケモンの素早が50%になり、技を使える確率が75%になるため、マヒにしておくのはこちらとしてアドでしかない。
しかし命中率90%であるため、いわなだれが外れる確率と同じと考えると困ったものである。外したらお茶目なヤツだなぁと笑って誤魔化す広い心が必要。

  • どくどく
受けループ対策として採用するのもアリ。実際の所、技構成から変更するとしたらリフレクターをどくどくに変えるくらいである。

  • いやしのねがい
自分が『ひんし』になる代わりに、次に出す自分のポケモンの状態異常とHPが全回復するというラティアス屈指の強技。これで安心してクチートを降臨させることができる。

  • ほえる
ラティアスを強引に突破しようとして、積んできた際に発動すると便利な技。受けるだけの方が強くサイコキネシスに意味を見出せない方向け。

オススメ技構成

☆『お膳立てしてエースに繋げ』☆
いやしのねがい/はねやすめ/リフレクター/サイコキネシス
『ジリジリ削れ』
どくどく/はねやすめ/リフレクター/ほえる
『先発で場を荒らして起点を作れ』
どくどく/でんじは/リフレクター/ひかりのかべ

被ダメージ計算(後出し前提の壁無し)


A252メガバシャーモメガバシャーモフレアドライブ
→34.4%〜40.4%
A252メガバシャーモメガバシャーモ飛び膝蹴り
→36.6%〜43.7%
A252メガリザードンXメガリザードンXフレアドライブ
→37.7%〜44.8%
A252メガルカリオメガルカリオインファイト
→42.6%〜50.2%
A252メガルカリオメガルカリオ冷凍パンチ
→53.5%〜63.3%
A252メガメタグロスメガメタグロスアイアンヘッド
→55.7%〜65.5%
A252メガメタグロスメガメタグロス冷凍パンチ
→68.8%〜81.9%
A252メガラグラージメガラグラージたきのぼり
→21.3%〜25.6%
A252メガラグラージメガラグラージ冷凍パンチ
→54.6%〜64.4%
A252メガギャラドスメガギャラドスたきのぼり
→22.4%〜26.2%

相性の良いポケモン

はい。ですよね。こいつはなかなか素晴らしい相方です。

ラティクチも踏まえたポリクチが、レートで回した感じよかったです。クチートで補いきれないゴーストタイプにも強くでれます。
シャドーボールやれいとうビーム、トリックルームを覚えさせたHC型がオススメです。

クチートを選出しない場合におけるラティアスの引き先です。しかし、ゴーストタイプの一環がありますので、ポリゴン2を採用するのが前提です。

所謂、蜻ボルチェンですね。コケコのフィールドとボルトロスの威嚇がいい相性です。
筆者はポリクチ、ラティクチ、蜻ボルチェンを混ぜた「クチー蜻ボルチェン」と呼んでメガクチートメガクチートラティアスラティアスポリゴン2ポリゴン2カプ・コケコカプ・コケコランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)の編成を使用しています。

最後に

この度、初めて育成論を書いてみました。この育成論を見た方の中で「このポケモンのその技はどれだけ受けれるだろう」と思いダメージ計算した方もいると思います。弱点を突かれればラティアスは回復しても受けきれないダメージを与えるポケモンも多いですが、ラティアスの仕事としては
?ゴツメでなるべくダメージを入れつつクチートへ繋ぐ。
?ラティアスに強いポケモンへと流させる。
ことです。そのため、ラティアスを選出しない試合も勿論あります。
そのことを理解してもらいたいです。バシャーモが見えたら選出しましょう。大切にラティアスを違えば勝てるはずです。

育成論更新詳細

1月5日23時57分 選択技追加
1月6日16時7分 ゴツメ採用の理由修正
1月6日18時43分 確定技変更

最終更新日時 : 2019/01/06 20:29:44

ラティアスの他の育成論を探す (2件) >>

スポンサーリンク

コメント (13件)

  • ページ:
  • 1
19/01/05 21:13
1るりびたきさん (@po_geri)
ゴツゴツメットである必要が感じられにくかったです
バシャーモもメガバシャーモもクチートのじゃれを耐えられないのでわざわざ削らなくても次のサイクルで倒せると思うんですが……
19/01/05 21:31
2ルァウィヴァルォルイ
別にゴミって訳ではないんですが、火力インフレの中で数値的に受けれる相手が少ない(耐久が低め)ためゴツメ持たせてもあまり削れないのではないかなということと、クチートと組ませても相性補完では優れてるかもしれないが、出した相手に対して勝てない(火力不足で倒せないため電磁波まいて終わりみたいになりそう)ため強いのかなあって感じですね。あと羽休めは地面に降りちゃうので自己再生以外ありえないです。あとパーティウルガモス刺さってますね。
19/01/05 21:45
4わきやく (@Wakiyaku2525)
>2
コメントありがとうございます。
ラティアスはバシャーモやメガリザX専用の受けポケモンと考えてもらって大丈夫です。
炎の物理ポケモンには強く出れることが強みなので、このポケモンには弱いだろという発言はあまり適切ではないと思います。
それと、はねやすめしてもラティアスはひこうタイプではないので地面技は避けますよ。
19/01/05 23:15
5ルァウィヴァルォルイ
>4
調べてみたら羽休めは地面に着いた扱いにはならないんですね。失礼しました。弱いというか数値的に不安だなと思ったまでです。
19/01/06 12:35
6ファイド (@fido_pokemon)
強点という言葉は(最近では黙認される場合もあるようですが)基本的には誤用です。弱点の対義語という意味で使いたいのなら美点もしくは強みが正しいかと。

次に、ラティクチでのラティアスの強みは削りor麻痺を入れつつエースを蘇生できる点だと思うので、バシャとリザ専用は流石に無いと思います。あとどうせ他人のサイトを参考にするなら相性の良いポケモンにレヒレを入れてはいかがでしょう。鋼、地との打ち合いができ、カバやガッサ、鬼火持ち等に強くなります。

上の方もおっしゃってますが現状この論ではクチートとの相性補完が良いだけのクッションにしか見えないので、もう少し癒しの願い等のサポートについて掘り下げてみてはいかがでしょう。
19/01/06 15:52
7わきやく (@Wakiyaku2525)
>6
コメントありがとうございます。
僕も書いていて弱点の対義語は何だろうと探してみたら美点がヒットしました。
ですが強点の方がわかりやすいかなと思い強点にしました。美点が正しいことは重々理解しているつもりです。

それと、あとどうせという言葉遣いから察するに、パクったということでしょうか。
実際に、僕がオススメに書いたポケモン達は誰が考えても思いつくポケモン達なのでパクリではないです。
レヒレに関しましては、僕が実際にレヒレを入れていないので、自分からオススメすることはできません。すいません。m(_ _)m
やはり、オススメするという以上、責任を持たないといけないと思うので。

たしかに、このラティアスはクッションになりがちだと使用していて思いました。
しかし、どう考えても枠が足りないんですよね…。
だからこれが一番の技構成なのかな?と思いました。(ゴツメ型の場合)
19/01/06 16:03
8わきやく (@Wakiyaku2525)
>1
コメントありがとうございます。
ゴツメである理由に関しましては、無振りラティアスの火力ではメガバシャーモを飛ばすことはできません。しかし、ゴツメダメージを与えることによってラティアスの火力でもメガバシャーモを落とすことができます。これがゴツメである理由です。
しかし、育成論に書いていなかったことをお詫び申し上げます。編集しておきます。
19/01/06 18:23
9ファイド (@fido_pokemon)
>7
すいません、書き方が雑で上手く伝わってなかったみたいですね...

僕が言いたかったのは、技構成やクッション性能よりもサポート性能(特に癒しの願い)に重きを置いてはどうか、ということです。
ぶっちゃけラティクチってクチートTUEEEEEEってだけの構築ですよね?この時ラティアスの役割はクチートが暴れられるようにお膳立てする事で、ここで相性補完と素早さが活きてくると思います。なので最悪の場合、
ラティ後出し→受ける(あわよくばゴツメ)→上から即癒しの願い
みたいな動きでもある程度仕事が出来てると思うんです。ただ今の論だと>2の方のように"そこそこの耐久でちょっと速いだけのクッション"のような印象を受けかねないかなと思うので癒しの願いを掘り下げてはどうか、と言った次第です。

あとこれ書いてて思ったんですがランドガブ対策に冷凍ビームはどうでしょうか。(ここまで少しポリ2との違いを意識して書いてきたのですが主さんは両方入れてたようなので若干噛み合わないかもしれないです。)

ちなみに「どうせ〜」のところは、コメントするにあたって参考にしたサイトと持ち物や配分、明確な調整先がないなど一致する所が多かったので参考にされたのかと思ったまでです。本論とは関係ないので違うのであれば別に良いです。
長文失礼しました。
19/01/06 18:39
10わきやく (@Wakiyaku2525)
>9
丁寧なコメントありがとうございます。
こちらも少し感情的になってしまいましたことをお詫び申し上げます。
よく考えてみると、たしかにと納得する箇所が多いと思いました。
クチートに繋ぐ事に焦点を置くのであれば、リフレクターなどの技が良いのでしょうか。
そうなると、物理ポケモンのダメージを軽減できますね。
19/01/07 10:47
11eos (@eos_po)
強点じゃなくて単純に耐性でいいんじゃないですかね。
あとゴツメにするなら同じようなことができるゴツメみかまいクレセとの差別化は必要だと思うのですがどうでしょう。
19/01/09 06:35
12わきやく (@Wakiyaku2525)
>11
コメントありがとうございます。
ゴツメみかづきのまいクレセリアとの差別化に関しましては、すこし考えてみました。
そもそもの話、書いている本人がゴツメクレセリアを知らなかった新参トレーナーであることを頭に入れて欲しいですm(_ _)m
まず、クレセリアとラティアスの違いはタイプですね。
クチートに重いとされるメガバシャーモに安定して引けるのがラティアスだと思います。
クレセリアのみかづきのまいは技ppも回復するので、いやしのねがいの完全上位互換ではありますが、正直、クチートの技を回復したいと思うほど技を使わないのが印象です。
つまり、ラティアスの方がクレセリアよりも、クチートと合わせるのであれば相性が良いと思われます。
19/01/09 13:07
13ソレイユ
>>12
ゴツメクレセリアは三日月の舞のほかにトリックルームのs操作によりクチートの全抜きをより手助けできます。特化メガバシャでもフレドラ如き確定3発で抑えられるので、後出し→フレドラ→ゴツメ→フレドラ→ゴツメ→トリル→三日月の舞とトリル中であれば圧倒的クチート有利なので、別にラティアスで無理やりメガバシャを倒す必要性があるのかは正直疑問に思いました。
19/01/09 18:17
14わきやく (@Wakiyaku2525)
>>13
コメントありがとうございます。
ラティアスである理由の一つである素早の高さで、上から受けに余裕ができたらサイコキネシスで殴ることができるというのも美点ではあります。
ルカリオやリザードンなんかはいい例ですね。
受けて上から殴れれば相手は積むことでしか上から殴らないので。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

コメント設定により登録ユーザーに限定されています。「ポケ徹サービス」に、ログインしてください。


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::ラティアスの育成論::【ラティクチ用】アタイの頭はゴッツゴツ!

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2019 Yakkun

dummy