プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

シビルドン- ポケモン育成論サンムーン

火を吹き毒を吐き、宙に浮いてるウナギがいるらしい

2018/10/23 10:53:20

シビルドン

HP:HP 85

攻撃:攻撃 115

防御:防御 80

特攻:特攻 105

特防:特防 80

素早:素早 50

ツイートブックマーク4.804.804.804.804.804.804.804.804.804.80閲覧:5442登録:3件評価:4.80(8人)

シビルドン  でんき  【 ポケモン図鑑 】

性格
なまいき(特防↑ 素早↓)
特性
ふゆう
努力値配分(努力値とは?)
HP:220 / 防御:180 / 特防:108
実数値:188-120-123-125-125-49 / 個体値:31-1-31-31-31-0
覚えさせる技
ボルトチェンジ / かえんほうしゃ / いかりのまえば / どくどく
持ち物
フィラのみ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
特殊 / 受け
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

シビルドン...

世にも不思議なポケモンですね。

電気ウナギポケモンのはずなのになぜか宙に浮いてるし、火を吐いたり(火炎放射)、毒吐いたり(アシッドボム、どくどく)、なんか吸い取ったり(ギガドレイン)、なぜか腕があってパンチできたり、無駄に覚える技が多い...。その割に水系の技はほとんど覚えない。本当にこいつはうなぎなのか!?

6世代でグラフィックが変わりすぎて『お前誰やねん』ってなったのは僕だけじゃない...はず。


採用理由


優秀すぎる耐性

シビルドンの採用理由はいたって単純。「電気単・浮遊」という耐性が優秀すぎる、これに尽きます。というか他にないだろとか言わないで

電気タイプで地面無効のポケモンはこいつ以外に、ボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)ヒートロトムヒートロトムウォッシュロトムウォッシュロトムサンダーサンダークワガノンクワガノンなどがいます。

シビルドンはボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)と異なり岩技で弱点を突かれないためランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)に後出ししやすく、
ヒートロトムヒートロトムと異なり水が等倍なのでゲッコウガゲッコウガに対面有利を取ることができ、
サンダーサンダーウォッシュロトムウォッシュロトムと異なり電気耐性を持つためカプ・コケコカプ・コケコへの後出しが視野に入り、
クワガノンクワガノンと異なり飛行耐性を持つためメガボーマンダメガボーマンダに強めです。
つまり耐性だけでほぼ差別化は完了。

メガメタグロスメガボーマンダメガギャラドス辺りとの相性補完は実際かなり優秀で、マイナーながらも補完として非常に採用しやすいポケモンです。

もう一つの特徴としてはその低すぎるSから繰り出される、ボルトチェンジがあります。
今上に挙げたボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)ヒートロトムヒートロトムウォッシュロトムウォッシュロトムサンダーサンダーより圧倒的にSが低いシビルドン...。

ポリゴン2ポリゴン2ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)テッカグヤテッカグヤカプ・レヒレカプ・レヒレドヒドイデドヒドイデなど、ほとんどの耐久ポケモンの下からボルチェンを打ち、エースを無償光臨させることが出来ます。
ボルチェンで交代する際、エースが耐久ポケモンの攻撃技/補助技を被弾しないのは重要な長所になりえます。

つまり、シビルドンの戦い方は、
相性補完の取れるエースメガメタグロスメガメタグロスメガボーマンダメガボーマンダメガギャラドスメガギャラドスの取り巻きとして採用しつつ、
後攻ボルチェンで繰り出しをサポートしていく
といった感じが基本になるわけですな。


シビルドンの欠点


さて、ここまでシビルドンの良いところばかり書いてきました。

ここで、勘の良い方は疑問に思うはずです。
『そんなに強いポケモンなら、もっと使われてるはずでは???』

それもそのはず。
こいつはガチ環境で使うには種族値がかなり控えめなのです。
鈍足に加え、お世辞にも高いとは言えない耐久と火力。

一番の問題は回復技がないことですね。
有利な相手に受け出せる回数にかなり限りがあり、サイクルパーツとして採用するにはどうしても物足りなく感じてしまうスペックです。

それを緩和するために、大きく2つの路線が考えられます。

一つはとつげきチョッキ、もう一つは回復系アイテムです。

チョッキ型はシビルドンで最もメジャーな型ですね。特殊耐久を持ち物で補うことで火力に割く余裕ができ、火力と耐久の両立が実現します。

回復系アイテム型は火力に努力値を割く余裕がないので、特殊アタッカーへの対面性能では、チョッキ型にかなり劣ってしまいます。

一方、物理ATに対しても受け出しの回数が増やせる点は重要なメリットになります。

例えば、持ち物として半分回復木の実(フィラの実など)を持たせた場合、発動しさえすれば実質の物理耐久は1.5倍になるわけです。当然、受け出せる回数もその分増えるのが分かりますね。

もう一つは補助技を使える点。特にどくどくを使えるのが大きくて、ポリゴン2ポリゴン2サンダーサンダーカバルドンカバルドンなどの耐久ポケモンへの役割破壊が可能になります。

シビルドンと相性の良いエース(メガメタグロスメガメタグロスメガボーマンダメガボーマンダメガギャラドスメガギャラドスなど)はみな耐久ポケを苦手としているため、シビルドンの毒で役割破壊が狙えることは大きな意味があるのです。


  • まとめ
シビルドンシビルドンの種族値は低めで、チョッキを持たせるか、回復系アイテムで受け出しの回数を確保するかしてようやくサイクルパーツとして実用的なレベルになる。

・チョッキ型は特殊耐久と火力の実現ができ、対特殊AT性能の高さが特徴。

・回復系アイテム型は物理ATに対しても受け出しの回数が増え、またどくどくを採用することで耐久ポケモンへの役割破壊が可能。

チョッキ型は既に育成論が出ているので、今回は回復系アイテムによってサイクルを回せる回数を増やす型を考察します。


持ち物


数ある回復系アイテムの中でも、半分回復きのみが最も有力。

発動しさえすれば最強の回復系アイテムです。たべのこし8回分、オボン2個分の回復量で、発動後に役割が十分維持できます。

このアイテムで一番の問題は発動するかどうか(体力が1/4圏内に入ってくれるかどうか)ですが、、、

基本的にシビルドンは耐性の多いポケモンなので、発動の機会には恵まれやすい部類といえます。


確定欄の努力値振りで、
マジシャ/10万×3で発動
10万Z→マジシャ/10万で発動

ハイドロカノンZで発動
悪の波動/熱湯×3で高確率で発動

アイへ→冷凍パンチ×2で高確率で発動

とんぼがえり×3または4で高確率で発動

おんがえし×3で発動
1舞おんがえし×2で発動

こんな感じで、メジャーなポケモンの攻撃技でいい感じに発動することが多いので、今回は半分回復実を持たせることを前提として技構成や努力値を考えていきます!シビルドンシビルドン


努力値


サイクル重視型のシビルドンシビルドンは、まず十分な耐久を維持することが最優先になります。

耐久が安定すればその分受け出せる回数も増えるし、後攻ボルチェンを決められる回数も増えるわけですね。

それを踏まえると、努力値の一例としてはこんな感じ。

188-120-123-125-125-49
HP220B180D108 なまいき

HPは16n-4調整(砂や毒ダメを抑えつつ、ガーディアンデアローラできのみ発動)
欠伸カビゴンに後攻ボルチェンを決められる可能性を残す最遅
ポリ2のイカサマの被ダメを抑えるため、できるだけ低いA個体値
この3つは確定。

特攻に関しては、あまり振る必要はありません。
というより、本来はもちろん振りたいけれど、シビルドンの特攻が半端すぎて、相当いっぱい振らないと仮想敵への確定数が変わらないのです。

例えば仮想敵の一つであるゲッコウガゲッコウガゲッコウガへのボルトチェンジのダメージは

C125シビルドン→147-92ゲッコウガ
73.4~87.0%...😱

なんとも微妙な火力ですね。

しかし、、もしこれを確1に持っていこうと思ったら、特攻を171(244振り+性格補正)まで上げなくてはなりません。

かなり耐久を犠牲にしなくてはいけないのがわかりますね。

つまり、対ゲッコウガを意識するなら特攻に振るよりも『後続との連携で倒す』ことを考えた方が良いです。
例えば、ゲッコウガゲッコウガはボルトチェンジで削って、残りのHPを後続のメガメタグロスのバレパンで縛ろう、といった感じですね。後続に合わせてC調整するのはありです。

一応ボルトチェンジの火力としては、無振りでも某○罪者オニゴーリオニゴーリのみがわりを割れるくらいはあります。

  • C125ボルトチェンジ
177-111オニゴーリのみがわり 102.2%~
189-112メガマンダのみがわり 75.0%乱1
205-142[1↑]スイクンみがわり 68.8%乱1
175-151カプレヒレ 37.7~45.7
204-122テッカグヤ 41.1~48.0


一番考えるべきはBDの振り分け方ですね。

確定欄では大抵のマンダメガボーマンダメガボーマンダの1舞おんがえしを2耐えする物理耐久を確保して、残りをDに回しています。


  • 物理耐久
特化ミミッキュ ぽかぼかフレンドタイム
割合:72.3~86.1(81.3%できのみ発動)
特化メガバシャーモ とびひざげり
割合:73.9~87.7(93.8%できのみ発動)
特化珠フェローチェ とびひざげり
割合:85.6~101.5(12.5%乱1)
陽気AS[1↑]メガボーマンダ おんがえし
割合:43.6~51.5(10.9%乱2)
陽気ASメガメタグロス れいとうパンチ
割合:31.9~37.7
陽気AS霊獣ランドロス とんぼがえり
割合:22.8~27.1(39.6%乱4)
特化[2↑]ドリュウズ アイヘZ+いわなだれ
割合:79.7~94.1+50.5~59.5
↑砂ダメ含めると耐えないことが多い...
無邪気ASゲッコウガ 一致ダストシュート
割合:43.6~51.5(9.4%乱2)

  • 特殊耐久
臆病CSゲッコウガ ハイドロカノンZ+ハイドロカノン
割合:75.0~88.2+55.8~65.9
同 なみのり
割合:34.0~40.4(×2で39.1%きのみ発動)
同 あくのはどう
割合:30.3~35.6(30.4%乱3)
臆病CSカプコケコ 10万ボルトZ
割合:46.2~54.2
同 マジカルシャイン
割合:28.7~34.0(1.5%乱3)
同 10万ボルト
割合:23.9~28.1(×3で88.0%きのみ発動)
特化カプテテフ サイコキネシス
割合:65.4~77.1(25.0%できのみ発動)
C176眼鏡テテフ サイコキネシス
割合:85.1~101.1(6.3%乱1)
特化ギルガルド シャドーボールZ
割合:85.1~101.1(6.3%乱1)
C191メガゲンガー ヘドロ爆弾
割合:41.4~49.4

レボルトの悪巧みきあいだまZやレヒレの瞑想ドロポンZは耐えないので、後出しは控えた方が無難です。


技構成


確定技

  • ボルトチェンジ

選択肢

  • どくどく ★★★★★

耐久の高いポケモンに打ち、後続エースでの処理を容易にするための技。
サイクルを回す選出と好相性なこともあり、ほぼ確定。


  • かえんほうしゃ ★★★★☆

ナットレイナットレイを始めとした鋼への有効打。
どくどくが通らないポケモンの多くに刺さり、有効打を持てる範囲が一気に広がるため優先度はかなり高め。
ウォッシュロトムウォッシュロトムには真似できない技。


  • めざめるパワー氷 ★★★★☆

メガボーマンダメガボーマンダを見るために必要な技。
マンダに対しては、めざパで攻撃しつつ羽休めのタイミングで毒を入れるのが基本です。
シビルドン一匹に任せるのではなく、何体かで協力して戦うようにしたい。
個体値31-奇-31-31-31-0でめざ氷になります。


  • いかりのまえば ★★★★☆

シビルドンの攻撃技で最も高性能な削り技。
一貫性も高くオススメ。
一応マンダのみがわりも割れます。


  • とんぼがえり ★★★☆☆

カバルドンのあくびループを抜けられる技。
カバルドン対策に頭を抱えているなら考慮に入れてもいいです。
その場合、ボルトチェンジはほうでんなど他の電気技に変えるのもアリ。


  • アシッドボム ★★☆☆☆

火力に振らない型なので、高耐久ポケモンは攻撃で崩すより毒を入れてサイクルの中で崩すことを考えた方が理にかなってますな。


  • まもる ★★☆☆☆

毒毒による削り性能を高めることができる技。技スペに余裕があるならオススメ。
これを入れる場合持ち物はたべのこしの方がいいです。
----調整例
192-120-113-125-132-49
HP252B100D156 なまいき

陽気AS[1↑]メガボーマンダ おんがえし
割合:46.8~55.2(残飯込み15.2%乱2)
臆病CSゲッコウガ カノンZ+波乗り
割合:69.2~81.7+31.2~37.5
↑残飯2回込でカノンZ+一致冷Bほぼ耐え


  • かえんほうしゃ
HBナットレイ 70.7~83.9
H4ドリュウズ 54.8~64.5
H4カプ・コケコ 30.8~36.9(72.9%乱3)
HBモロバレル 38.0~45.2
H振り剣ガルド 71.8~85.0

  • めざ氷
171-110メガマンダ 63.1~74.8
201-129メガマンダ 43.7~53.7(21.9%乱2)

  • とんぼがえり(A個体値31)
147-87ゲッコウガ 55.7~66.6


組み合わせの例


個人的には


という組み合わせが使いやすくて好きです。

グロス+レヒレの組み合わせで気になる、電気や地面、相手のグロスの一貫をシビルドンで緩和することができます。

他にも色々なメガ枠と相性が良いので、色々試してみて下さい!



うなぎ好きならやっぱり、こいつを使いこなすしかないですよね^^
長くなりましたがこれで終わります。

最終更新日時 : 2018/10/23 10:53:20

シビルドンの他の育成論を探す (3件) >>

スポンサーリンク

コメント (12件)

  • ページ:
  • 1
18/10/18 12:24
1ポリ田中
シビルドンは独特の耐性と対面操作技のおかげで優秀なクッションになりますね。
対面操作技ですがボルチェンの代わりに蜻蛉返りも候補に入ると思われます。S下降補正ならカバの下をとって欠伸ループを抜けられる点、ゲッコウガの激流を発動させずに裏に引ける点などが優位点ですね。
18/10/18 14:09
2DK (@fukwatari79)
クワガノンも電気タイプで地面無効、草半減でハサミギロチンを覚え、羽休めという高速再生技を使えるため相手のナットレイ等受けサイクルへの回答となります。タイプ上差別化できてると思いますが、おそらく忘れられてるので記載した方がいいのではないでしょうか。
18/10/18 19:57
3ToLoveる
ドランに逆に毒入れられる図が思い浮かぶ。
ついでに言っておきますとボルチェンでH252D164補正ドランの身がわり割れませんよ。後投げするなら全く問題ありませんが耐久ポケに毒撃ったらドラン出てきたりしたら面倒くさそうですね
18/10/18 23:41
4GOLDEN DARKNESS (@darkness_poke)
>1
コメント感謝です!
とんぼがえりはこの型だと技スペ的に入れにくいですが、メリットが大きいので記載する価値はありそうですね。
>2
お察しの通りクワガノンは忘れていました(焦)
回復技も一撃技もあり、種族値も上位互換なので正直一番の競合相手かもしれませんね。ご指摘ありがとうございます!
>3
HDドランのみがわりはC特化しても割れません。悲しい...
毒毒に繰り出されると厳しいので、うまく後出しを読んでボルチェンを撃ちたいですね。
正直ドランもガルドも苦手なので、ちゃんと対策枠を用意しておく必要があります...。
18/10/19 06:46
5Rj (@yamadatarou1227)
55555
投稿お疲れ様です。
シビルドンの強みが分かる論でした。

私ならですが、回復ソースに関しては残飯+守るよりもオボンや1/2回復実の方が役割が長持ちし、技スペも無駄にしないかと思います。めざ氷は必須ですし(この辺はちゃんと論中に記載されてますが)

シビルドン自体が場持ちが良くない、というか毒を採用しても居座り向きではないと思います。呼ぶ範囲で打点の無いリザXやアゴ辺りに起点にされたり、マンダドランなどに毒みが展開されることを考えると守るで悠長に居座るよりは、地面タイプを呼ばずに後攻ボルチェン出来る点を評価するかなと。
18/10/19 12:12
6GOLDEN DARKNESS (@darkness_poke)
>5
確かに...6世代だったらどくまも残飯確定、で良かったかもしれませんが今は半分回復実という便利なアイテムがありますもんね...。うまく体力を半分実の圏内に入れられさえすればそちらの方が効率は良いですし、技スペ圧迫にもなりますね。
これは変更した方が良い気もしてきました...。とりあえずまもるは選択にしようと思います。そうすると調整も変わってきますね(ガッツリ守るありきで耐久調整してるので)
貴重なご意見ありがとうございます!高評価も感謝です!
18/10/19 19:15
7あれ?
凄すぎません?シビルドン(この論の)?
生意気A0S0個体もらってどうしようかなと思って
いたらこの論の投稿w
是非育成します!
18/10/20 04:15
8雨乞い
自力ではないけども、アクアテール使えるのでコイツはれっきとしたウナギですぜ。(放射もギガドレも自力じゃないですし)
だからドラン後出しなんて真似はしないでもらいたいなあ
18/10/20 23:04
9GOLDEN DARKNESS (@darkness_poke)
Rjさんのご意見を参考に、どくまも残飯型から半分実型に、育成論を大幅に変えました。
変える前の育成論で参考にして下さった方には申し訳ありませんでした。
>7
ありがとうございます!
シビルドンは本当に無駄にAが高いので、A0は地味に大きいんですよねw
>8
シビルドンアクテ覚えるんですか!?
確認不足でした。。
これはアクテZでドランを吹き飛ばす型、始まりましたね(始まらない)
18/10/21 01:09
10
種族値を犠牲にしてこの耐性と技範囲を手に入れたんですね、わかります…
カスタマイズ性が高くて自分も好きな1匹です。5世代じゃ物理型でも割とやれた方なんですが、今の環境じゃさすがに特殊主体ですかね…
残飯は以前持たせたことあるんですが、懸念されていた通り居座りにくいのがアンチシナジーでした。
それからはチョッキ使ってたんですが、回復きのみもよさげですね!ぜひ使わせていただきます!

誰かZ馬鹿力でドランを破壊する論書いてくれ()
18/10/21 04:26
11アンダルシア
ちなみに物理型なら
「とんぼがえり」で後攻交換、「ワイルドボルト」で自主退場
「ドレインパンチ」でHP調整、「はたきおとす」で耐久潰しと
状況をコントロールできますよ。

遅いポケモンのどくどくは、みがわりのリスクが伴いますし
物理型を目指すなら参考にしてください。
18/10/21 07:52
12GOLDEN DARKNESS (@darkness_poke)
>10
コメントありがとうございます!
馬鹿力Zはラッキー辺りにも大ダメージが期待できるので、普通にありかもしれませんねw
>11
特殊技の豊富さにしか目がいってなかったんですが、こいつ物理技めっちゃ覚えますね...。A無駄とか言ってすみません
物理型も考察の甲斐がありそうです!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::シビルドン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2018 Yakkun

dummy