プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ロズレイド- ポケモン育成論サンムーン

【初手】眼鏡ロズレイド【サイクル崩壊】

2018/10/04 07:09:04

ロズレイド

HP:HP 60

攻撃:攻撃 70

防御:防御 65

特攻:特攻 125

特防:特防 105

素早:素早 90

ツイートブックマーク4.514.514.514.514.514.514.514.514.514.51閲覧:6290登録:3件評価:4.51(12人)

ロズレイド  くさ どく  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
特性
テクニシャン
努力値配分(努力値とは?)
HP:188 / 防御:60 / 特攻:52 / 特防:4 / 素早:204
実数値:159-67-93-167-126-136 / 個体値:31-0-31-31-31-31
覚えさせる技
ヘドロばくだん / めざめるパワー / リーフストーム / ギガドレイン
持ち物
こだわりメガネ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
特殊 / 攻め
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

一般的な略称や表現を用います。
ダメージ計算はトレーナー天国さんのものを使用しています。
お互いに理想個体を前提としています。
不要という声が多ければ削除します。
王冠の使用を前提としています。


概要


バトルオブシンオウで注目を集めたポケモンロズレイドに眼鏡を持たせ、最低限の耐久調整を施した育成論です。以下常体。


採用理由


  • 高火力、技範囲の広さによる一瞬のサイクル破壊
特攻種族値125+拘り眼鏡による高火力、もしくは特性テクニシャンによって威力90で放つことができる目覚めるパワーで交代先に致命的な負担をかけ、1ターンにして勝ちが確定するようなアドバンテージを得ることが出来る。コンセプト。

  • 対カプ(テテフを除く)、カバルドン
現環境において猛威を振るうカプ系やカバルドン入りの構築に強く出ることができる。カバルドンにステロを撒かせることなく倒すことができるのは優秀。

  • 催眠対策枠

  • 奇襲

  • フシギバナとの差別化
フシギバナとの差別化としては威力90のめざパ、メガ枠を消費しない、アイテムを持つことができる、シャドーボールや神通力が使えるなどが挙げられる。相手により大きな負担をかけることができるのが一番の差別化要素であると筆者は考える。


拘り眼鏡の採用理由と他の持ち物との比較


  • 採用理由
条件なく火力を大幅に強化できる。一応補助技も使うことができる。
拘ってしまうため隙が生まれる。

  • 比較

・達人の帯 等倍相手との打ち合いに弱くなり相手の交代先への負担も減ってしまう。小回りが利くのは良い。

・拘りスカーフ 奇襲性能を最大限に生かすことができる。負担がかからず、隙も生まれてしまう。この場合はめざパ氷が妥当。

・草z ねむりごなzの型とリーフストームzの型があるが、どちらもサイクルに向かない。瞬間の火力はこちらのほうが上だが、一度しか火力を出せない。

・とつげきチョッキ 特殊相手への後出しが非常に安定する。環境に多いゲッコウガに対面で確実に勝てるようになる。補助技が使えず、火力も上がらない。

・命の珠 条件なく火力を増強でき、拘ることなく、補助技も使うことができる。しかし耐久調整をしたこの型には向かない。

・気合の襷 火力も耐久も上がらないが行動保障ができ、補助技も使える。受け出せないことが難点で、サイクルに向かない。

育成


1:対面重視HS

控えめ 188-x-60-52-4-204

H-16n‐1
B-ミミッキュのシャドクロ確定三発(シャドクロz、剣舞シャドクロ確定耐え)、A252キノガッサ岩封確定三発、特化メガラグの冷パン最高乱数切り耐え
C-無振りメガバンギラスリフストで確定一発、メガ前メタグロスめざパで確定一発
D-コケコのEF10万三連最高乱数以外四発、特化レヒレ怒り+zドロポン耐え
S-最速メガバンギラス抜き

対面性能重視で、耐久調整を最低限施し素早さに割いた調整。バンギラスに対して安定させるため確定欄はこの調整。相手にかける負担と対面性能を両立させようとした欲張りの結果。努力値の無駄がない。

2:対面重視HBC

控えめ 188-x-132-180‐4‐4

H-16n‐1
B-特化キノガッサの岩封二耐え
C-無振りバシャーモヘド爆で丁度確定一発
D-コケコのEF10万三連最高乱数以外四発、特化レヒレ怒り+zドロポン耐え
S-余り

対面で確実にキノガッサに勝て、交代先に対する負担を上げた調整。努力値の無駄がない。

3:負担重視HC

控えめ 188-x-60-252-4-4

H-16n‐1
B-ミミッキュのシャドクロ確定三発(シャドクロz、剣舞シャドクロ確定耐え)、A252キノガッサ岩封確定三発、特化メガラグの冷パン最高乱数切り耐え
C-極振り
D-コケコのEF10万三連最高乱数以外四発、特化レヒレ怒り+zドロポン耐え
S-余り

交代先に対する負担を上げた調整。

4:サイクル重視HD

252-x-20‐76‐140-20

H-極振り
B-ミミッキュのシャドクロ二連最高乱数以外三発(シャドクロz、剣舞シャドクロ確定耐え)、A252キノガッサ岩封確定三発
C-余り
D-レボルトのめざ氷が確定三発
S-準速61族抜き

レボルトに確実に勝てる調整。電気全般に役割を持たせたいなら。

5:めざパ地面CS

控えめ 60-x-60-124‐12‐252

H-16n-1
B-A252ランドの地震耐え
C‐H252メガクチートをめざパで確定一発
D-余り
S-最速ヒードラン抜き

眼鏡型ではヒードランを抜く必要があり、その場合で最低限の耐久調整をした型。眼鏡の良さはあまりないがめざパ地面の場合はこの調整になる。調整をせずにCS極振りにしたほうがいい気もする。


技構成


ヘドロばくだん/めざめるパワー/リーフストーム/ギガドレイン

  • 確定技

ヘドロばくだん/フェアリー環境ということもあり外す理由がない。

めざめるパワー/奇襲、交代読み。タイプについては後述。

草技(リーフストーム・マジカルリーフ・エナジーボール)/
火力重視・対メガバンギのリーフストーム、連打できるマジカルリーフとエナジーボールから選択。負担がかかるのはリーフストームなのでコンセプトに従って確定欄はリーフストーム。対ブルルドヒドイデでは甘えて引いてくるドヒドイデをグラスフィールド込で確一にできる。マジカルリーフは回避率に関係なく当たり、PPも多いので小さくなるやムラっけ対策になるかもしれない。エナジーボールに関してはあまり強みを感じなかった。特防ダウンが活きることはあまりない。

  • 選択技

ギガドレイン/サイクルが長引いてしまった時の回復手段として優秀。過労死を減らすために確定にしたいが火力が足りない。

シャドーボール/ミミッキュ、メガゲンガーに。多くのポケモンに等倍で入るので読みが難しい場合に安定択となる。

マジカルシャイン/サザンドラ、ジャラランガ、ボーマンダに。ジャラランガには起点にされにくくなるが、HDマンダを落とすにはCに厚く振りステロを撒かなければならない。

ウェザーボール/リザードンYと組ませて四倍勢、ギルガルド・テッカグヤ等二倍勢もすべて確一。バンギラス・カバルドンと組ませて四倍勢、レボルト・マンダ・ギャラドス等確一。雨パに組み込んでランドロス・ヒードラン・ドリュウズ等の水二倍勢すべて確一。霰パに組み込んで四倍勢、レボルト、アーゴヨン等確一。このように書けばとてつもなく強く見えるが天候という条件に加えて読みが必要な相手も多いのであまり打てる機会は多くない。

じんつうりき/本来はバナやドヒドイデに打つ技だが、眼鏡の場合どちらもタイプ一致技で確二がとれるのでわざわざ高難易度な厳選をする必要性は薄い。

補助技に関しては拘りでの採用なので小回りが効かない。論が冗長になることも考慮して割愛。

  • めざパのタイプについて(KP60以上)
・炎
汎用性が高く最も活躍が見込める。読まれることが稀にある。(グロス ガルド カグヤ ナット クチート ルカリオ カミツルギ ドリュウズ ハッサム オニゴーリ モロバレル ジバコイル)
・地面
炎に比べ読まれない。ドランを抜くため最低でも無補正252振りまでSを振る必要がある。(グロス ガルド クチート ルカリオ ドリュ ジバコ バシャ ゲンガー ドラン アゴ ドヒド ウツロ)

・岩

全く読まれない。打ちたいウルガやリザには抜かれるが、ロズレイドを起点にしてきやすいポケモンに刺さるのが魅力的。(リザ マンダ ギャラ レボルト ウルガ)

・氷
打ちたい相手が自分よりも早い場合が多いので眼鏡には向いていない。

本論では炎を採用することとする。


立ち回り(KP30以上)


基本的な動きは

初手出しor受け出し→交換先を読んだ攻撃技

でそのまま倒したり後続の圏内に入れたりする。例えばレヒレ対面でグロス読みめざ炎を打つような立ち回りをする。一度でも交代読みが決まれば勝利に大きく近づくことが出来る。コケコには逃げられるが、これはサイクル崩壊の起点とできるので問題ない。目の前の役割対象よりも交代先を潰しにかかるような立ち回りが求められる。起点にされやすいので、ストッパーになる物理受けやスカガブを添えると安定する。


  • 対ミミッキュ

こちらがシャドボを持っていて、相手がミミzだった場合に乱数で勝つことができる。

  • 対ゲッコウガ

冷ビ読み後攻めざ炎で襷か珠以外突破可能。激流ゲッコウガの身代わりはロズレイドのめざ炎を耐えない。

  • 対リザードン・ボーマンダ

よく強引に後出しされる。無振りならどちらもヘドロばくだんで致命傷を与えることができる。HDマンダに関しては受け切られてしまうが羽休めを強制できる。

  • 対カプ・コケコ、カプ・レヒレ

ボルチェンや交代で帰られるのを読んで後続に負担をかける。何度も受けることはできないが、相手のサイクルはこちらよりはやく崩壊するので問題ない。調整意図。

  • 対カバルドン

リーフストームでHD特化でも確定一発。

  • 対メタグロス、ギルガルド、テッカグヤ

交代読みめざパで確定二発。テッカグヤは宿木読みで後出しから狩ることもできる。ギルガルドは対面の場合弱点保険やゴーストzには勝てない。

  • 対メガゲンガー

めざパ地orシャドボor神通力で確定一発。

  • 対バシャーモ

甘えた後出しにヘドロばくだんで毒込約41%で突破でき、できずともフレドラの反動圏内に入れられる。めざパ地は勿論確一。

  • 対バンギラス

リーフストームで対面から勝てる。調整意図。

  • 対キノガッサ

陽気キノガッサなら勝てる。意地でも30%の毒で勝てる。

  • 対ナットレイ、クチート、ヒードラン、ルカリオ、アーゴヨン、カミツルギ、ドリュウズ

対応するめざパでメガ進化したクチート(62.5%)以外は確定一発。相手の持ち物によって交代読みが必要なこともあるが、基本的に対面でも勝つことができる。

  • 対ボルトロス

こちらが上をとっていたり、相手のめざ氷が確定三発であれば勝てる。これに関しては相手側の調整によって勝てるか変わってくるが、筆者の経験では七割程度で勝てるように思う。

  • 被ダメ

特化ミミッキュ シャドークロー
ダメージ: 67〜79
割合: 42.1%〜49.6%
回数: 確定3発

C252変幻自在ゲッコウガ れいとうビーム
ダメージ: 126〜150
割合: 79.2%〜94.3%
回数: 確定2発

特化霊獣ランドロス じしん
ダメージ: 132〜156
割合: 83%〜98.1%
回数: 確定2発

C252カプ・コケコ 10万ボルト
ダメージ: 45〜53
割合: 28.3%〜33.3%
回数: 乱数3発 (0.02%)

特化カプ・レヒレ zハイドロポンプ
ダメージ: 67〜79
割合: 42.1%〜49.6%
回数: 確定3発

C252霊獣ボルトロス めざめるパワー氷
ダメージ: 72〜86
割合: 45.2%〜54%
回数: 乱数2発 (37.1%)

A252キノガッサ がんせきふうじ
ダメージ: 67〜79
割合: 42.1%〜49.6%
回数: 確定3発

特化メガラグラージ 冷凍パンチ
ダメージ: 136〜160
割合: 85.5%〜100.6%
回数: 乱数1発 (6.3%)

  • 与ダメ

・ヘドロばくだん

カプ・コケコ
ダメージ: 266〜314
割合: 183.4%〜216.5%
回数: 確定1発

メガ前リザードン
ダメージ: 121〜144
割合: 79%〜94.1%
回数: 確定2発

H4メガボーマンダ
ダメージ: 117〜138
割合: 68.4%〜80.7%
回数: 確定2発

D4バシャーモ
ダメージ: 139〜165
割合: 89.6%〜106.4%
回数: 乱数1発 (37.5%)
(毒込41.41%)

H4霊獣ボルトロス
ダメージ: 127〜151
割合: 81.9%〜97.4%
回数: 確定2発

H252メガフシギバナ
ダメージ: 91〜108
割合: 48.6%〜57.7%
回数: 乱数2発 (94.9%)

・めざめるパワー炎

ゲッコウガ(氷タイプ)
ダメージ: 186〜220
割合: 126.5%〜149.6%
回数: 確定1発

メガ前メタグロス
ダメージ: 156〜184
割合: 100.6%〜118.7%
回数: 確定1発

H252ギルガルド
ダメージ: 102〜120
割合: 61%〜71.8%
回数: 確定2発

H252テッカグヤ
ダメージ: 140〜166
割合: 68.6%〜81.3%
回数: 確定2発

HD特化ナットレイ
ダメージ: 184〜220
割合: 101.6%〜121.5%
回数: 確定1発

H252メガ前クチート
ダメージ: 206〜244
割合: 131.2%〜155.4%
回数: 確定1発

H252メガクチート
ダメージ: 136〜160
割合: 86.6%〜101.9%
回数: 乱数1発 (12.5%)

・リーフストーム

H4ランドロス
ダメージ: 184〜217
割合: 111.5%〜131.5%
回数: 確定1発

カプ・コケコ
ダメージ: 193〜228
割合: 133.1%〜157.2%
回数: 確定1発

HD特化カバルドン
ダメージ: 270〜320
割合: 125.5%〜148.8%
回数: 確定1発

メガ前メタグロス
ダメージ: 84〜99
割合: 54.1%〜63.8%
回数: 確定2発

メガメタグロス
ダメージ: 71〜84
割合: 45.8%〜54.1%
回数: 乱数2発 (46.1%)
(メガ前+メガ後で丁度確定)

H252カプ・レヒレ
ダメージ: 246〜290
割合: 138.9%〜163.8%
回数: 確定1発

メガバンギラス
ダメージ: 176〜210
割合: 100.5%〜120%
回数: 確定1発

・めざめるパワー地面
HD特化ヒードラン
ダメージ: 200〜236
割合: 101.5%〜119.7%
回数: 確定1発

後は各自でお願いします。


役割対象(KPトップ60、めざパ炎の場合)


後出し・対面
コケコ、カバ、ガルド、レヒレ、レボルト、カグヤ、ガッサ、ナット、クチート、ルカリオ、ドヒド、サンダー、ハッサム、ジャロ、ラグ、バナ、ムドー、ミトム、マリルリ、バレル、アシレ、スイクン、ブルル、ヤドラン

相性のいい味方


相性補完に優れ、バンギにチョッキを持たせればバシャーモ入り以外のほぼすべての並びに対応できる。ウェザーボール岩を使えるが砂で耐久調整が崩される。

  • ポリゴン2+スカーフガブリアス
ロズレイドを起点にしようとするポケモンを確実に止められる。ロズレイドが削りきれなかったポケモンをスカガブで一掃できる。

  • 物理受けカバ(+リザ)
カバルドンによる選出誘導(草タイプ、水タイプ、コケコ)でロズレイドの交代読みが刺さる。ロズレイドを起点にしてくるポケモンにカバルドンが強い。リザも合わせると草、毒、地面、岩、炎の5タイプの攻撃技が打てたりする。レート2000の実績のある並び。

  • レヒレorマリルリ

相性補完に優れ、苦手なバシャーモや起点にされるリザXを受けられる。雨パに非常に厚くなり、マリルリはチョッキを着せるとリザYにも対応できる。マリルリはロズレイドの削ったポケモンをアクアジェットで一掃する動きが強力。

  • ゲッコウガ

役割の補完が優れている。お互いの苦手なポケモンにお互いが強く、制圧力に長けている。サイクルを回しにくいのが難点となるが2匹合わせた技範囲が非常に広く強力である。


最後に


余る努力値のないかなりきれいな調整になりました。僕の一番好きなポケモンなのでこの育成論を読んで使っていただけたら嬉しいです。ロズレイドロズレイド

最終更新日時 : 2018/10/04 07:09:04

ロズレイドの他の育成論を探す (3件) >>

スポンサーリンク

コメント (17件)

  • ページ:
  • 1
18/09/16 21:30
1たたみ (@t7ZVtvdOgFLg0fz)
33333
中途半端なヤケモンのように感じます。与ダメージとしてもメガ前のポケモンが多く、技を当てるのも交代時の時が多そうです。仮にタイマンで技をあてようとしてもコケコ、ボルト、ミトム等はボルチェンでにげられ 、不利対面になれば逆に起点になる恐れもあります。また役割対象のメガラグは冷パン乱1なので微妙。サイクル破壊もHDマンダに羽休めで受けきられてしまいます。もしサイクル破壊なら他のポケモンがいると思います。ロズレイドが良いのなら拘り系のアイテムを他のものに変えた方が良いと思います。長文失礼しました。
18/09/16 23:48
2Rito (@Ritopoke0812)
>1
コメントありがとうございます。
そもそも眼鏡ロズレイドは目の前にいる役割対象に対して技を打つのではなく交代先に技を打つことによりサイクルを崩すことを想定しています。コケコにボルチェンで逃げられることは相手の交代先に攻撃できる、つまりこちらが相手のサイクルを崩すことができるタイミングが生まれるということです。これはこの育成論のコンセプトであり、立ち回りの部分に明記していたのですが、伝わらない方もいるようなので書き加えておきます。
メガラグに対して微妙、と仰っていますが乱数の確率は6.3%で、人によって感覚は違うかもしれませんが多くの人は十分な確率であると認識するでしょう。
サイクル破壊に関しての差別化が足りない点や、HDマンダに受け切られる点に関しては仰る通りです。追記しておきます。
18/09/17 02:39
3ryona (@ryona30914386)
ウルガリザを呼びやすいのにめざ岩が候補に入っていないことに違和感があります。
特にリザXのニトチャでほぼ確1なので、ヘド爆で大ダメージを与えても抜き体制を整えられる可能性が高いように思います。
18/09/17 03:52
4
投稿お疲れ様です。
2点質問があります。
1点目は、初手で出すとありますが、
雨パ相手の場合ペリとんぼ→メガラグ冷パンでほぼ落ちますし、ペリとんぼ→ナット交換でサイクル負けしませんか?
2点目はゲッコウガの冷ビのダメ計がひかえめになっていませんか?
18/09/17 07:13
5Rito (@Ritopoke0812)
>3
コメントありがとうございます。
書いた部分を消してしまっていたようです。申し訳ございません。修正しておきました。
起点にされる対策として裏にスカガブのようなストッパーとなるポケモンを刺しておくことをお勧めします。
>4
コメントありがとうございます。
残念ながら雨パに対してはこのポケモンは一匹で対処することができません。この点も耐久振り帯持ちに劣る点となります。相性のいいポケモンとしてレヒレやマリルリがいますのでその部分に追記しておきます。
ゲッコウガ補正ありで計算してしまっていますね…修正しておきました。
18/09/17 09:18
6ダダダりん (@goldexpelience)
44444
投稿お疲れ様です。
ロズレイドは運用にどうしても読みが絡んで難しいため、扱いやすい帯に自分は頼ってしまいますが、流行りのグロスをワンパン出来る眼鏡型も悪くないですね。ただ7世代は積み構築も多く、交代読みめざパで1体突破しても別のエースの起点にされたり、カバ対面で眠り粉や身代わりといった安定択もとれる帯持ちの方がやはり使いやすくは感じます。

調整について、
眼鏡型にするならば個人的にはCは振り切った方が絶対いいと思います。自身で仰るよう後続への負荷を最優先にするべきで、役割として微妙な対面メガバンギラスメガバンギラスキノガッサキノガッサミミッキュミミッキュを意識するよりも、メガ後メガメタグロスメガメタグロスメガバシャーモメガバシャーモメガリザードンXメガリザードンXを追加毒込みで7割以上の確率で突破できたり、メジャーなHD調整のメガ前ボーマンダボーマンダをステロ+マジカルシャインで落とせる等の方がずっと優先度が高いでしょう。HCかCSベースになると思いますが、特殊水、電気への繰り出しを考えるとHCベースがいいでしょうね。

あと4枠目の技は上記のマンダや防弾ジャラランガジャラランガに起点にならないマジカルシャインを推します。
18/09/17 12:07
7ryona (@ryona30914386)
交代先に技を撃つ前提なのに、「Sが負けている」と問題点のように書いているのは何故でしょうか?
論者的になってしまいますが、交代先に撃ちたければSの優劣は気にする必要が無いように思えます。
18/09/17 12:59
8ナナナ
メガネである意味が感じられなかった。メガネって足りない火力を補う場合と半減でもゴリ押ししたい場合に使われると思うが、ゴリ押しするほど火力もなくテクニめざパで弱点をついてくこいつとは相性が悪そう。
18/09/20 01:06
9あーあーあーあ
ギガドレよりもメガドレの方がテクニシャン補正かかるからいいと思います
18/09/20 02:05
10
>9
メガドレはテクニ込みでも威力60ですよ
18/09/20 02:31
11Rito (@Ritopoke0812)
>6 >7
コメントありがとうございます。返信が遅れてしまい申し訳ございません。HCの調整案の要望が多く見られたので二日間他の調整案を考察させていただきました。少し時間がかかってしまいましたが、論の考察の幅を広げられたのではと思います。マジシャについても少し書き加えておきました。
>8
ご感想ありがとうございます。
>9
たしかにロズレイドの長所であるテクニシャンを発動させることができるのはメガドレインで、PPも5多いですが威力はテクニシャン込みで60とギガドレインの4/5にしかなりません。第四世代までのギガドレインなら威力90の吸収技が使えたんですが…
18/09/23 18:05
12綿楮
カットムとの差別化っていりませんか?
18/09/24 11:30
13Rito (@Ritopoke0812)
>12
種族値耐性技範囲どれをとっても全然違うので必要ないと思います。どちらが優れているといった優劣もつけられません。
18/09/29 20:31
14夏の風物詩抹茶かき氷
眼鏡ロズレを使っている者から言いますが、スカーフゲッコウガなどと組ませて使っていました。火力は少し足りないので、ギルガルドなどでサイクルを回しました。
18/10/02 03:52
15
>5
返信&対応ありがとうございます。
雨パに対してはレヒレマリルリも入れて対応するのですね。
総じて読みの力がかなり重要である玄人向けのポケモンという印象を受けましたが、論としては良いと思います。
心内で申し訳ありませんが評価5です。
18/10/04 00:58
16Rito (@Ritopoke0812)
>14
コメントありがとうございます。スカーフと水zで30戦回してみましたがゲッコウガすごく相性いいですね。スカーフの場合ロズレが起点にされたときのストッパーになったり、水zの場合ゲッコウガの苦手なコケコやレヒレをロズレがサイクル崩壊の起点にできたりして強力でした。ゲッコウガは初手にこれらのポケモンを呼ぶので初手ロズレが非常に安定したのも魅力でした。ギルガルドとの相性補完も言わずもがなで、サザンガルドマリルリバナのような回し方ができますね。ガルドはいなくなりますがメガ枠としてメタグロスを加えてロズレマリルリ(レヒレ)サザングロスでも強力だと思います。ゲッコウガについては追記しておきたいと思います。ご意見ありがとうございます。参考になります。
>15
コメント・心内評価ありがとうございます。レヒレマリルリは構築に自然に入ってくることが多いので雨パに重くなることはないのではないかと思います。おっしゃる通りこのポケモンは立ち回りに強気な読みが求められる玄人向けのポケモンです。使い始めは運用が難しいかもしれません。
18/11/16 16:50
17ななしのロズレイド
育成論を読ませていただきました。チョッキめざ地面(炎)をよく採用していますが、眼鏡を持たせることで交代先や役割対象へ負担をより重く掛けれる点は魅力的に感じました。

一つ質問なのですが、なぜ育成論の調整がメガバンギラスを意識されているのでしょうか?カプコケコやカプレヒレなど環境トップの特殊が主な対象だと思っているため、バンギラスを意識した理由を教えていただけないでしょうか。

また、最速バンギラス抜きまで素早さを上げるメリットがそこまでないように感じました。実際陽気A252のストーンエッジ(冷凍パンチなど)は防御に厚ければ余裕を以て耐えるので、耐久により回した方がいい気がしました。

長文を失礼しましたが、ご回答のほどよろしくお願いします。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::ロズレイド

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2018 Yakkun

dummy