プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

エルフーン- ポケモン育成論サンムーン

【後続補助】エルフーン is 可愛い

2018/11/27 14:30:49

エルフーン

HP:HP 60

攻撃:攻撃 67

防御:防御 85

特攻:特攻 77

特防:特防 75

素早:素早 116

ツイートブックマーク4.654.654.654.654.654.654.654.654.654.65閲覧:8496登録:5件評価:4.65(7人)

エルフーン  くさ フェアリー  【 ポケモン図鑑 】

性格
ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)
特性
いたずらごころ
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:236 / 特攻:20
実数値:167-78-148-100-95-136 / 個体値:31-31-31-31-31-31
覚えさせる技
ムーンフォース / おいかぜ / ちょうはつ / おきみやげ
持ち物
だっしゅつボタン

スポンサーリンク


このポケモンの役割
特殊 / 補助
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

はじめに

Milerといいます。よろしくお願いします。
今回が初投稿ですので、至らぬ点が多々あると思います。内容について不備や質問があれば、コメントにてお知らせ下さい。
なお、不要との声が多ければ削除します。
  • ポケモンは全て理想個体を想定しています。
  • ある程度の略語を使用します。
  • コストベネフィットという言葉を欠点利点と類似した意味で使用します。
  • ダメージ計算はトレーナー天国様のものを使用させていただきました。
それでは論に移りましょう。

エルフーンについて

第五世代(BW)にて初登場。
変化技を広く覚えることと、特性いたずらごころとのシナジーが評価され、多くの型が存在する。
第7世代に突入し、いたずらごころが弱体化(悪タイプに対する変化技無効、サイコフィールド化で先制変化技の使用不可)したため、現在シングル戦においては使用率が低いが、ダブル戦においてはおいかぜ要員などとして需要があり、使用率ランキング上位に入選している。
種族値は後述。

採用理由

  • 特性いたずらごころによって変化技(特にちょうはつ)を先制で打つことができる。つまり、先発でエルフーンを出す事で相手に変化技を打たせず、安全かつおいかぜ下でこちらのエースを投入することができる

  • シングル戦においては、(他の手持ちポケモンにもよるが)コットンガードを搭載した物理受けエルフーンだと思われることが多く、初手で出すことで意表を突くことができ、理想的なムーブがしやすい。

化身トルネロスとの差別化

補助型エルフーンと似たポケモンに、補助型化身トルネロスがいます。彼もエルフーンと同じく、特性いたずらごころを持ち、おいかぜとちょうはつを覚えるポケモンです。
  • 化身トルネロスの種族値
H79 A115 B70 C125 D80 S111

  • 化身トルネロスのコストベネフィット
コスト:おきみやげを覚えない。ひかりのかべを覚えない。

ベネフィット:攻撃・特攻種族値が高く、努力値を振らずともある程度の火力が出せる。特殊耐久がエルフーンより優秀。型バレしにくい。地面技を透かせられる。

  • エルフーンの種族値
H60 A67 B85 C77 D75 S116

  • エルフーンのコストベネフィット
コスト:火力が出ない。耐久が心もとない。弱点が5つある。環境に多いマンダ、リザ、グロスに弱点を突かれる

ベネフィット:おきみやげを覚える。ひかりのかべを覚える。半減が5つある。ドラゴン技を透かせられる。耐久型と惑わせられる。
脱出後やタスキ耐え後の、おきみやげの有用性がかなり高く、こちらの裏のポケモンが非常に動きやすくなるので、おきみやげを覚えるエルフーンを採用します。

持ち物について

だっしゅつボタンきあいのタスキとの択です。
  • だっしゅつボタンのコストベネフィット
コスト:おいかぜだけ打ってワンパンされる危険性がある。一度も起こったことは無いが、初手で相手の先制攻撃技を受けると脱出してしまう。

ベネフィット:おいかぜターンを3ターン残せる可能性がかなり高い

  • きあいのタスキのコストベネフィット
コスト:おいかぜターンが最高でも2ターンしか残せない。

ベネフィット:ほぼ確実におきみやげを打つことができ、こちらの後続にとって有利な状況を作り出せる。
私はよくニドクインを一緒に連れていたのですが、おいかぜが2ターンだと足りない事が多く、だっしゅつボタンを採用しました。

技構成について

おいかぜ/ちょうはつ/選択技/選択技

  • 確定技
おいかぜ:この型のコンセプトなので確定。★★★★★

ちょうはつ先発で出すと想像以上に刺さる。カバルドンなどの起点作り要員や、ミミッキュなど打点無しかつ積み技有りポケモンへの回答となるので、ほぼ確定。★★★★★

  • 選択技
ムーンフォース:一致安定メインウェポン。挑発対策であり、キノガッサ対策である。キノガッサ対策が他のポケモンで行えている場合に外れる。★★★★☆

しぜんのちから:通信対戦で使用するとトライアタック(ノーマル/威力80)に変わる、ノーマルタイプの変化技。つまり、特性いたずらごころによって先制で打つことができる。さらに、レヒレのミストフィールドと組み合わせることで、トライアタックからムーンフォースに変わるので、HBに厚く振った事による素早さの低さを補える。レヒレで削ってミリ耐えされた相手ポケモンを先制で狩るムーブが強く、アンコ読み交代されても相手を混乱させやすく、起点を作りやすい。ただ、挑発を打たれる、いたずらごころの弱点である悪タイプと対面する、フィールドを塗り替えられてしまう、などによって機能しなくなるので、基本的にはムーンフォースを積むべきである。★★★☆☆

とんぼがえり:不一致安定。襷の場合に搭載可能で、先発で出した時に挑発を打たれても襷を残しつつ相手の襷、ばけのかわを潰して交代することが可能。さらに、再登場した時においかぜとおきみやげをほぼ確実に打つことができるので、不利対面の時に融通が利いて良い。ただ、ダメージは決して期待できるものでない。挑発対策枠なのでムンフォとの択だが、キノガッサの存在を考慮すると優先度は低い。(コメントありがとうございました)★★★☆☆

おきみやげ:次のターンで気絶する時、またはおいかぜターンを残すために退場する時に押す技。これによって起点を作り出せた試合がかなり多かった。脱出後や蜻蛉帰り後に再登場した場合にも起点を作ることができる。相手のエースに刺さるが、陰キャ系ポケモンには効果が薄い。★★★★☆

がむしゃら:おきみやげと同じような使い方をする。タスキを持たせる場合のみ搭載可能だが、タスキが発動しなかった時に腐る。他の技を積みたいところだが、まず読まれないので刺さる時は刺さる。耐久ポケモンに刺さるが、先制技持ちやスカーフポケモン等に弱い。他おきみやげの方が使い勝手が良いので、優先度は低め。★★☆☆☆

ひかりのかべ:後続を特殊相手に対してさらに硬くする。先制で打てるのでエルフーンが受けるダメージも半減可能。こちらに余裕がある時に押すが、あまり使わなかった。しかし、脱出後再登場した時に、後続が相手より確実に早く動ける場合に重宝する。★★★☆☆

あまえる:物理相手に負担をかける。先制で打てるので、エルフーンが受けるダメージも激減する。うまくいけば起点になるが、おきみやげの方が使い勝手がよい。(コメントありがとうございました)★★☆☆☆

アンコール:初手出しとの相性が悪く、ほぼ押すことがなかった技。エルフーンのアンコールは有名なため、対面で積み技を押してこない等の警戒をされることが多い。主に脱出後の再登場時に使う。★★☆☆☆

性格・努力値について

  • 性格:ずぶとい(B↑A↓)
  • 努力値:H252 B236 C20
  • 実数値:H167 Aー B135 C100 D95 S135
ミミッキュZ+かげうちを確定耐えするようにすると、HB補正という形になりました。
余りをCに振っているのは、H4キノガッサへのムーンフォースの乱数を75.0%から93.8%に引き上げるためです。
(ムーンフォースを搭載しない場合は、余りをBに16、Dに4振ることをオススメします)

素早さについて

おいかぜ下無振り:272(最速スカーフジャローダ、+1最速ペンドラー、雨下最速ラグラージ、最速スカーフラティ兄妹抜き)
おいかぜ下4振り:274(準速スカーフ130族抜き)
おいかぜ下12振り:276(雨下準速キングドラ抜き)
おいかぜ下20振り:278(雨下最速ガマゲロゲ抜き、最速スカーフエンニュート抜き)

無振り:136(最速メガバンギ抜き)
4振り:137(特になし)
12振り:138(最速73族、準速85族抜き)
20振り:139(準速ロトム抜き)

ダメージ計算

  • 与ダメ
ムーンフォース(142)
H4キノガッサ:98.5〜119.1%(乱数1発 93.8%)
H4ミミッキュ:32.8〜39.6%(乱数3発 99.9%)
H252D4カバルドン:26.9〜32.0%(確定4発)
H252チョッキランド:18.3〜21.9%(乱数5発)
H4メガマンダ:59.6〜70.1%(確定2発)
とんぼがえり(70)
H4ギャラドス:7.0〜8.1%
  • 被ダメ
特化キノガッサのタネガン:8.3〜10.1%(瀕死率は3ターン目で24.5%、4ターン目で79.4%)
特化ミミッキュのミミZ:66.4〜79.0%
特化ミミッキュのかげうち:14.9〜17.9%
C252無補正ゲッコウガの冷ビ:100.5〜118.5%
特化ランドのじしん:25.1〜29.3%(確定4発)
特化メガマンダのすてみタックル:141.3〜168.8%

対面の有利不利について

  • 有利対面
キノガッサキノガッサカバルドンカバルドンランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ガブリアスガブリアス
起点作りポケモンや補助ポケモンには先制ちょうはつを押すことで安全においかぜが打てます。
霊獣ランドロスははたきおとすを押してくることが多いです。
  • 不利対面
バシャーモバシャーモカプ・テテフカプ・テテフメタグロスメタグロスボーマンダボーマンダリザードンリザードンゲッコウガゲッコウガ
バシャテテフが相手の手持ちにいたら、エルフーンの選出は控えたが方がいいでしょう。
とにかく初手バシャーモが重いので、マンダなどでの対策が重要です。
また、霊獣ボルトロスと対面した時、鋼タイプと入れ替えることでヘドウェやめざ氷を見れます。

相性のいいポケモン

  • エース
ギャラドスギャラドスボーマンダボーマンダデンジュモクデンジュモク
  • 補完
ニドクインニドクインヒードランヒードランランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
火力は出るが、素早さが微妙に足りないポケモンとのシナジーがあります。
また、脱出後の運用としてメガゲンガーメガゲンガーなどがほろびのうたを打った後や、エースのこだわりを解除する時のクッションとしても使用可能です。ただ、初手でおいかぜを打つ時に1ターン分の猶予を相手に与えていることもあり、脱出時には大ダメージを受けることが多いため、脱出後に受けやクッションとして運用する場合は、次のターンでおいかぜを打って倒されるか、おきみやげを打って自主退場することが常です。(コメントありがとうございました)

おわりに

いかがだったでしょうか。
これを機に少しでもエルフーンに興味を持って頂ければ幸いです。
感想、質問、不備等ありましたら、コメントにてお伝えください。お待ちしています。
最後まで読んで下さりありがとうございました。

最終更新日時 : 2018/11/27 14:30:49

エルフーンの他の育成論を探す (7件) >>

スポンサーリンク

コメント (7件)

  • ページ:
  • 1
18/08/06 15:20
1刃金狐 (@zeninage_Hero)
55555
私はキッズ(自称)なのでベネフィットとかコストベネフィットなどというマーケティング用語を知りませんでした。そこそこ知識のある人じゃないと知らなそうな言葉に感じますので、いちおうそこだけ指摘しておきます・・・

論については文句なしです。ミミZ+影うち確耐えは優秀ですね。
ニドクインと一緒に採用していたそうですが、他に使えるエース格はなにかありましたら教えていただきたいです。やっぱマンダですかね?
18/08/06 15:46
2Miler (@Miler_poke)
>>1
コメント、評価どうもありがとうございます!
コストベネフィットについては、利点汚点や長所短所と書くよりも良いかと思いまして...
この機会に合わせて学んでいただければと思います。
例えば、両刀マンダ、両刀ルカリオなどはどうでしょう?
おいかぜのおかげでSに振る努力値を火力に振ることができ、抜き性能が上がると思います。
使ったことがないので保証はできませんが...
18/08/08 19:39
3(@M75774732)
技候補に蜻蛉返りは入りますか?
襷の場合に限られますが
1.主さんの論中にある動き(追い風+置き土産)とは別に追い風+蜻蛉で一度退場→エースがやられた後に死に出しして追い風or置き土産で退場といったように2回起点作りの役割が担えるようになる。(まあエース2体選出とかしない限り意味が薄そうですが)
2.初手で挑発された時の退場手段。

これらの点から採用する価値はあると思うのですが...
18/08/08 19:46
4(@M75774732)
55555
あ、評価入れさせて貰いますね。
18/08/09 16:53
5ColorCircle (@sikisou)
44444
論については問題ないと思います。
が、技候補でエルフーンは「光の壁」は覚えても「リフレクター」は覚えないんですよね・・・物理相手に起点を作ろうと思ったらモンメンの時にしか覚えない「甘える」を使うのがいいかと思います。

あと、脱出ボタン持ち単体で起用すると先発くらいしか出番がないので滅びメガゲンとの脱出滅びコンボやこだわり持ちのクッションに使うといったところも視野に入れた記述もあったほうがいいと思います。
18/08/09 17:41
6Miler (@Miler_poke)
>>>3
コメント、評価ありがとうございます。
結論から申し上げると、その通りでございます。襷の場合は蜻蛉の採用も考えなければいけませんね。大変参考になりました。ただ初手でちょうはつを入れた時は次ターンに突っ張ってくる相手(氷のキバ持ちカバなど)もおり、襷を潰されました。その場合を考慮すると、おきみやげは外せないですし、挑発対策の意味を含めると、ムンフォとの択になりそうですね。追記させて頂きます。重ね重ねありがとうございました。
18/08/09 17:46
7Miler (@Miler_poke)
>>>5
コメント、評価ありがとうございます。
大変申し訳ございません。リフレクターに関して訂正し、あまえるを追記します。

滅びメガゲンとの組み合わせは使ったことがありませんので机上論にはなりますが、クッションについての考察と合わせて追記します。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

コメント設定により登録ユーザーに限定されています。「ポケ徹サービス」に、ログインしてください。


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::エルフーン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2018 Yakkun

dummy