プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

バンギラス- ポケモン育成論サンムーン

受けル補完

2018/07/02 12:07:50

バンギラス

HP:HP 100

攻撃:攻撃 134

防御:防御 110

特攻:特攻 95

特防:特防 100

素早:素早 61

ツイートブックマーク5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:15433登録:5件評価:5.00(7人)

バンギラス  いわ あく  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
すなおこし
努力値配分(努力値とは?)
HP:236 / 攻撃:20 / 特防:252
実数値:205-172-130-103-152-81
覚えさせる技
おいうち / じしん / ストーンエッジ / ステルスロック
持ち物
ラムのみ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
物理 / 受け
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

猫を飼い始めました。スコティッシュという種類で、耳がペターンとして可愛いです。ニャスパーのモチーフだそうで、今度お店の人に進化するか聞いてみようと思います。現在生後4ヶ月。
それはさておき今日も受けループ布教活動を行います。お手柔らかにお願いします。

  • 特に指定しない限りは理想個体を想定します。
  • HP/攻撃/防御/特攻/特防/素早を略称としてH/A/B/C/D/Sと表記します。
  • ノーマル/電気/地面/格闘/エスパー/ゴースト/飛行/ドラゴン/フェアリーの各タイプは無/電/地/格/超/霊/飛/竜/妖という略称にて表記します。
  • 性格補正をかけて努力値を252振ったものを特化と表記します。
  • 各ステータスのランク変化を+1~6/-1~6と表記します。
  • 本論の調整は一つの案と捉えてください。努力値の詳細な調整は各個で行って頂ければと思います。
  • 本論の作成にあたり、主観での偏りが過度にならないよう当サイトの育成論や他サイト、ブログ、PGLデータを参考にさせて頂いております。
  • 荒れる原因となるようなコメントは述べられている内容が正論でも削除致します。

導入

受けループとは、耐久や耐性に優れたポケモンでパーティを構成し、回復技を使用して相手の攻撃を凌ぎつつ、毒や地球投げなどの定数ダメージを武器に戦う構築である。受けループによく採用されるポケモンとしてラッキー、ハピナス、エアームド、グライオン、ドヒドイデ、ヤドラン、フシギバナなどが挙げられる。
ポケモン対戦における読み合いや択ゲーが発生しづらく安定した戦術をとることができるが、現環境は高性能な積み技やメガシンカ、Z技により火力がインフレしており、受けきれずに崩されることも多い。また、一撃技持ちや滅びの歌、マジックガードなど、所謂「受けル対策」には様々なものがある。

受けループとメガゲンガー

受けループが苦手とするポケモンにメガゲンガーが挙げられる。このポケモンは特性かげふみによって交換を制限するため、受けを許さない。メガゲンガー自体は低耐久だが、毒や地球投げに耐性をもち、ラッキーやエアームドなどに容易に後出ししてくる。滅びの歌、催眠、挑発、道連れなども非常に厳しい。受けループの天敵と言ってもいいかもしれない。

そのため、受けループは何かしらのメガゲンガー対策を仕込むものである。シャドボ持ちラッキー、抜け殻持ちハピナス、あるいは補完としてメガゲンガー対策枠を設けることなどが挙げられる。
バンギラスは砂嵐込みの高い特殊耐久、霊毒耐性を有し、そして何よりメガゲンガーが逃げることを許さない追い討ちを覚えることからメガゲンガー対策枠としての適性を持つ。

ところで、サンムーンはミミッキュやカプ系統に代表されるフェアリータイプが席巻する対戦環境である。
サンムーンで登場したアローラベトベトンもメガゲンガー対策として適性を持ち、バンギラスと枠を争う立場となった。フェアリーにタイプ一致で弱点をつけ、カプテテフなどのフェアリー技にも対応できるベトベトンが現環境における汎用性の高さからやや優勢な印象であり、筆者自身も使用していた。

USUMにてアーゴヨンが登場した。このポケモンは悪巧みからのZ技で受けループを崩すことが可能である。バンギラスはアーゴヨンへの後出しが可能な数少ないポケモンであり、これはベトベトンに勝るポイントとなる。
以下、受けループ補完枠としてバンギラスを考察する。

採用理由

1 対メガゲンガー
導入でも述べたが、高い特殊耐久、霊耐性、追い討ちによりメガゲンガー対策が可能である。これが最大の採用理由だが、メガゲンガーの型は多様であり、気合玉、鬼火、催眠術、身代わり、金縛りなどにより役割を全うできないことをしばしば経験する。詳細は立ち回りの項目にて。

2 対アーゴヨン
バンギラスはアーゴヨンの悪巧みからの龍星群Zを耐え、返しの地震で倒すことができる。回復技こそないものの、アーゴヨンへの受けだしが比較的安定するポケモンである。

3 その他の役割
超霊狩り、砂嵐によるスリップダメージ稼ぎ、天候パの対策および牽制、技構成によっては特定のポケモンのメタ、ステルスロック撒きなど。
バンギラス自体が単純に高種族値のポケモンであり、相手のパーティに刺さっている場合にも選出を考慮できる。

調整

バンギラスの構成や調整は多岐にわたるため、あれもこれもと言い始めると収拾が付かない。ここでは筆者の採用しているものを紹介する。

いじっぱり
努力値 H236/A20/D252
実数値 205-172-130-103-152-81
技 追い討ち/地震/2つ選択
もちもの ラムの実

まず、対メガゲンガーを考えると一番厄介なのは催眠術や鬼火といった状態異常であり、両者の採用率を合わせると3〜4割程度となる。完全な対策にはならないが、ラムの実を持ってこれに抵抗する。回復実、弱点半減実、チョッキ、各種Z技などももちろん候補となるが調整が大きく異なってしまうため本論では割愛する。

努力値は+2アーゴヨンの龍星群Z耐えまで特殊耐久に振った。メガゲンガーの気合玉をいい乱数で耐えることが出来るが、シャドボへ受けだしてからの気合玉は耐えられない。やむなく火傷を受けてしまった場合や、アーゴヨンへおいうちをうつ場合などになるべく負担をかけるため、性格補正と残りの努力値は攻撃へ。あまり火力に割いていないため頼りなく感じるかもしれないが、これでも特化ベトベトンと同じ数値である。

技はメガゲンガー処理用の追い討ち、アーゴヨン処理用のじしんは確定。残り2枠は攻撃技、ステルスロック、吠える、まもる、毒毒などから選択。かなり選択範囲が広いので以下に簡単に説明する。
タイプ一致の岩技は命中不安なものの、単純に技の通りがいいことが多い。メガ進化前のリザードンへの安定択となる。受けループは総じて素早さが低いので岩石封じが起点回避になることは稀である。
攻撃技は3色パンチ、馬鹿力、アイアンヘッドなど豊富に揃っており、ピンポイントな対策が可能。
まもるや身代わりは地震とあわせてギルガルド対策になりうる。吠えるは起点回避用。

各論

1 対メガゲンガー
メガゲンガーは受けループ構成員の多くに有利であり、早めにメガ進化してかげふみを発動しようとするため先発で来ることが多い。
立ち回りの基本は先発で合わせるか、メガ進化のタイミングでバンギラスを後出しして追い討ちを打つことである。本論のバンギラスは気合玉を切っているため、外しに賭けるしかない。

ラムの実により状態異常耐性を持つが、もちろん完璧ではない。
催眠術が2連で命中かつ最速で起きない確率60%×60%×2/3=24%である。
受けだした際に鬼火を貰った場合、追い討ちを読まれて鬼火がくるケースがあり、この場合は狩り損ねてしまう。鬼火に合わせて地震を打ち、次に追い討ちをすると砂ダメと合わせて高乱数で突破可能である。

H167B100メガゲンガー
追い討ち成功時 93〜111%
追い討ち失敗時 48〜57%
火傷時の地震 39〜46%
砂ダメは毎ターン6%のダメージ

C222メガゲンガー
砂嵐下 きあいだま 88〜103%

C190メガゲンガー
砂嵐下 シャドーボール 9〜11%
砂嵐下 きあいだま 76〜90%

2 対アーゴヨン
受けループ相手に選出されるアーゴヨンは100%悪巧み持ちのZストーン持ちである。
バンギラスを後出しした際、悪巧みを積まれることがほとんどであり、地震で処理する。これを読まれて引かれてしまってもバンギラスは無傷であるため問題なく、2サイクル目へ移行するだけである。
受けだした際に龍星群が飛んできた場合は追い討ちが決まりやすい。
悩ましいのは受けだした際に龍星群Zが来るケースであり、この場合は相手が次に悪巧みを積むか引くかの択となる。地震がバレていない場合は悪巧みがくるケースが多い印象であり、Z技さえ消費させればラッキーでなんとかなるかなどを考えて筆者は選んでいる。

H151B93アーゴヨン
地震 93〜110%
追い討ち成功時 57〜66%
追い討ち失敗時 28〜34%

C179アーゴヨン
砂嵐下 +2龍星群Z 84〜99%
砂嵐下 龍星群 28〜34%

おまけ

メガバンギラスでゲンガー、アーゴヨン、リザードンXYの対策を兼ねることができるため紹介する。

わんぱく
努力値 H252/B108/D84 余り64
実数値 207-184-202-103-151-91
技 追い討ち/ストーンエッジ/地震/-
もちもの バンギラスナイト
特性 砂起こし

HP 16n-1
HB 特化メガリザXの+2げきりん耐え
HD 臆病アーゴヨンの+2龍星群Z耐え

アーゴヨンやゲンガーへの役割はそのままに、リザードンXの剣舞へ後出しができる点が強み。ゲンガーとリザードンの並びは受けループにとって厳しいが、そこに刺さる1体となる。メガシンカにより火力が伸びるため、交換読みの地震でルカリオを確定にできるのも地味ながら利点である。
メガシンカ後の特性も砂起こしなので、天候を変えようとメガシンカするメガリザY、後出しするペリッパーの思惑を制すことができる。

問題点はステルスロックで耐久調整が崩されること。特にリザードンはカバルドンと組まれやすく、挑発エアームドなどでカバに先手を打つ動きが求められる。ポリ2、クレセ、ナットレイ、エアームドなどに受けられるのも欠点。エッジの命中率はもちろん弱みで、岩雪崩では残念ながらリザXに届かなかった。

余りの努力値64をどこに振るかは調整中。耐久に振るとステロで調整を崩されづらくなる。リザY、ゲンガーの気合玉を意識してDに振るのがいいかと感じている。

ご意見、質問等はコメントにて承ります。

最終更新日時 : 2018/07/02 12:07:50

この育成論をフォークした育成論を探す (1件) >>

バンギラスの他の育成論を探す (8件) >>

スポンサーリンク

コメント (9件)

  • ページ:
  • 1
17/12/30 22:46
1あんこ (@kanpa_poke)
55555
投稿お疲れ様です。
今私が書いてる育成論と丸かぶりしまったので近いうちにこのバンギのフォーク論出させていただきます。
バンギは砂ダメも相手に与えられので本当に使いやすいんですよね。参考になったので評価は5とさせていただきます。
ちなみにスコティッシュはゴールデンレトリバーに進化するそうですね。
17/12/31 01:15
2小野芋子 (@O7FIm7ZTiOxTgvy)
うちの子猫が大型犬に進化するとかマジか。。

コメントに評価ありがとうございます。
フォークどうぞどうぞ〜
17/12/31 09:08
3けろろん
55555
私は受けルに詳しくないので毎回興味深く読ませていただいています。今回も読みごたえがあって参考になりました。
17/12/31 10:13
4とうふ (@habZWZDlcA2kP0p)
55555
某サイコパス守り神のせいで少し使いにくくなりましたがアゴに勝てるのは大きいですよね
ゲンガーのシャドボ気合玉を耐えるには慎重にしないといけないのが辛いです(追い討ちは威力50でもいいと思う)
まあ僕のバンギは今のところ気合玉回避率100%なんで問題ないですが()
17/12/31 12:44
5小野芋子 (@O7FIm7ZTiOxTgvy)
>3
そう言って頂けると育成論を書いた甲斐がありました。アーゴヨンの登場などで受けル自体が減っていて、逆に対策されてないパーティが散見されて最近はむしろ動きやすいです。

>4
そのバンギラスを私にください。
僕はゲンガーから気合玉が飛んで来た経験があまりなくて、本当に20%ものゲンガーが持ってんの?と感じています。同じく20%のゲンガーが所持している鬼火は頻繁に飛んでくる印象。
18/01/24 00:41
6受けルーパー
本当に対戦やったことあるんですかね?机上論で満足してませんか?
アーゴヨンは大体ステロとセットなんで慎重HDでも無理ですよ 意地なんてもってのほか
アーゴヨンに対して安定させるならチョッキを持つべきです メガゲンガーに対しては状態異常に対する耐性を失う代わりに気合玉に強くなれます

役割遂行率は
ラム…ゲンガー9割 顎2割
チョッキ…ゲンガー6割 顎10割
くらいで見積もった方がいいですよ

あとラムの場合なんですけどストーンエッジって誰に撃つんですか?リザなら雪崩でいいしかなり謎です
吠えるや眠る等もっと有用な技があるのにふざけてるんですか?
18/01/24 06:57
7鋼狐
>>6
たしかにエッジのダメ計見当たりませんけど、吠えるはちゃんと考察あります。あと煽りはだめです

>>0
ラムはあんまり考えたことなかったので参考になりました。ただこれで絶対崩れないかといえばそうではないですしね…要塞的な役割も望めそうな感じしました。
18/01/24 18:00
8小野芋子 (@O7FIm7ZTiOxTgvy)
>6
アーゴヨン対策にバンギラスを採用なさったのに8割も突破されてしまわれたのでしょうか。なんと言いますか、ご愁傷様でした。それは煽りたくもなりますよね、仕方のないことです。既に他の方から注意されておられますが、私は気にしておりませんのでご心配なく。
私も初めはチョッキバンギラスを採用していましたが、やはりメガゲンガーから状態異常を受けることが多くて安定感を欠くと感じたのが一点、アーゴヨン処理に余裕がある割に役割対象処理後に補助技を使えない不自由さがあったのが一点、そもそも私は瞑想ラッキーでアーゴヨン対策を重めにしていたのが一点、メガヤミラミでステロを牽制していたのが一点。以上から本論のバンギラスで何不自由ありませんでした。尚、瞑想ラッキーもメガヤミラミも私の育成論のものです。使っているものしか育成論は書きません。
ストーンエッジに関してですが、本論に記載した通り、技2つは自由に選択して頂ければ結構です。リザードンは岩雪崩で倒せますが、偶発対面時くらいしか打ちませんし、まず交代されるでしょうから裏にも一貫して負担をかけるという意味ではストーンエッジですね。お好みでどうぞ。吠えるやステロなども選択肢に入る旨は記載しております。
18/01/24 20:57
9小野芋子 (@O7FIm7ZTiOxTgvy)
>7
コメントありがとうございますダメージ計算を挙げ始めればきりがなく、それで育成論が長くなるのは本意ではないのであまり追加する気はありません。
ラムバンギはアーゴヨンよりゲンガーを重視した持ち物ですが、それでもゲンガーを狩りきれない経験をします。完璧な対策は難しいですね。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::バンギラス

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト内容に関する著作権を示すものです。

Copyright © 2002-2018 Yakkun All rights reserved.

dummy