新連載小説 ポケモンノベル
追更新小説
大人気小説

<< トップページに戻るご利用マニュアル | 表紙作成用BBS(休止中) | 小説の一覧

※ 小説の投稿には、「プレイ!ポケモンポイント!」の登録・ログインが必要です。

dummy

ピックアップ

  • 【2022/11/30】現在、画像の投稿がご利用頂けません。対応について検討中ですが、1ヶ月ほどお時間がかかる見込みです。
  • 自己紹介スレッド - 作者様方の自己紹介をまとめて掲載しています。
  • 短編ノベル集 - 1話完結の短編ノベルを投稿できます。

ポケモンノベルは、ポケモンのオリジナル小説を読んだり書いたりすることができるコミュニケーションツールです。


dummy

連載の小説

現在、該当する小説はありません。

加更新された小説

シャーリィとポニの鼓動

コメント : 4  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

じゃすみん

[ ストーリー ]

 アローラ地方、ポニ島の南西の海上に、幾つもの船によってつくられた海の民の村。
 ここで生まれ育った少女、シャーリィ。そして相棒のジャラコ、フェノウ。一人と一匹が紡ぐ、小さいながらも暖かな冒険譚。
 古くから伝わる風習、島巡りを拒んだ少女の征く短い道のり。その中で彼女たちは何と出会い、何と別れるのだろう?



サクッと読めるオムニバス形式(に近い気がするけどちょっと違う気がする)の小説。ほのぼの優しいお話に仕立てたい。


極寒丁冷堂 -氷と貴方とその願い-

コメント : 26  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

spica + 全てのライター

[ ストーリー ]

★☆表紙イラスト線画版投稿!掲載されたキャラクターは「参加ルール、設定」よりご確認を!



こんにちは、いらっしゃいませ。極寒丁冷堂へようこそ。わたくし店主の雪峰と申します。
貴方様は人間でございますか?であれば、わたくしの世界に来たのには理由がおありで?
…なるほど。それは大変でしたね。そのせいで感情が昂り、わたくしの吹雪に巻き込まれた、と…
突然の出来事なので驚かれているようですが、わたくし悪くは致しませんよ。
貴方は何をお望みで?必ずしや叶えて差し上げましょう────


Angler

コメント : 8  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

Cynothoglys

[ ストーリー ]

湧き上がる大歓声の中に俺はいた。
ポケモントレーナーの最高峰であるポケモンリーグで
惜しみない拍手と称賛の声を浴びる男を目に
俺はポケモントレーナーとしての限界を見た。
その日を境に俺はポケモントレーナーをやめた。

・・・・・・あ、誤解すんなよ。
ポケモンに関わることをやめたわけじゃないぜ?
ちょっくら楽しみ方が変わっただけさ。
じゃあ何をして楽しんでるかって?
そうだな、暇ならついて来いよ。
ひょっとしたら、でっけえ獲物がかかるかもしれねえぜ?

人気の小説

パラレルデータブック

コメント : 22  |  評価 : 4.224.224.224.224.224.224.224.224.224.22

[ 著編者 ]

風見鶏

[ ストーリー ]

人の数だけデータは存在し、データの数だけ世界が生まれ、世界の数だけ物語が紡がれる。
ポケモンの世界に迷い込んだ主人公たちは、知らず知らずのうちに物語の螺旋を描くでしょう。
パラレルワールドに散りばめられたデータが集束して形成された世界。
それがパラレルデータブック。
あなたの目の前にあるその本は、あなたが開くことによって別の色に染まり、やがてあなたの中で一つの世界になります。
さあ、新しい世界へ繋がる本がここに。
文章という道筋を辿るあなたは、もう物語の螺旋に巻き込まれているのです――。


刃物さんと嫌いな執事さん

コメント : 40  |  評価 : 4.674.674.674.674.674.674.674.674.674.67

[ 著編者 ]

窮爽

[ ストーリー ]

4月6日(金)完結致しました

「貴方は大切な人の求めていた事を手にしようとした事はあるかな?…いや、そんな深く考えないで欲しいな」

私は何やら意味深な質問に戸惑い、手に持っていたティーカップを机に置いた。
赤髪の主人は苦笑いを見せる。

「単にちょっと気になっただけだからさ。この世には様々な人間が居るから…」

遠い目で主人は小さく呟いた。
私は何を言っていいか分からずにただ黙り込んでいた。

「…どうして俺がこんな話するか気になる?…いいよ?ちょっと長い話になるんだけどね」

主人はそう言って淡々と語り始めた。


―雨上がりの昼下がり―

コメント : 17  |  評価 : 4.084.084.084.084.084.084.084.084.084.08

[ 著編者 ]

まめすずめ

[ ストーリー ]

青い空に白い砂浜、広がるエメラルドグリーンの海に見たことのないポケモン。
ジャングルのような森は木の実がたくさんなっている。
そして一番重要な自分たち以外の人の気配は……ない。



目が覚めると楽園のような南国の無人島にいたわけで。
そして何故かポケモンの言葉が分かってしまったわけで。

関西弁のロコンと、とことんマイペースなチルット、そして常識人のトロピウスを持つ国立タマムシ学園中等部2年、雪村スザクと、同じ学校同じ班の残り2人が繰り広げる物語。


―――さて、どうやって帰ろうか。





なん・・・だと・・・・
あらすじ書き換えた瞬間に元に戻っただ…と・・・?

結した小説

青いハンマー

コメント : 26  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

ななし?

[ ストーリー ]

カナヅチなアクア団員・キンシロウとその手持ちのグレイシア・ソフィア、時々その他もろもろによる日常のようなものを描く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも、4作目のななし?でございます。
一部キャラ崩壊があるかもしれませんがよろしくお願いします。
コメント下されば幸いです。


ポケモン不思議のダンジョン〜光の医療団〜

コメント : 104  |  評価 : 3.833.833.833.833.833.833.833.833.833.83

[ 著編者 ]

Cynothoglys

[ ストーリー ]

「私・・・探検隊やめたい。」
突如言いだしたエーフィの言葉・・・
それは僕の・・・僕らの運命を大きく変えることになる。
冒険から・・・救援に・・・
助けること・・・それが僕らの新たな始まり




完結しました。
今までありがとうございました!
この作品の続編である
「ポケモン不思議のダンジョン〜星の騎士団〜」
もご覧になってください。


メタグロス 海の魔物と鋼の覚醒

コメント : 2  |  評価 : 集計中

[ ストーリー ]

2月24日完結
太古に眠りし海の魔物の悪夢が蘇らんとき、鋼の力が結集する。
「これが覚醒した、鋼の力だ!」


小説の一覧はこちら