スカンプー- ポケモン図鑑ダイパリメイク

スカンプー
スカンプー
スカンクポケモン
全国No.434
シンオウNo.084
高さ0.4m
重さ
  • 19.2kg
  • けたぐり威力40
タイプ
  • どく
  • あく
英語名
  • Stunky
タイプ相性による弱点
  • じめん2倍×2
  • ゴースト0.5倍×0.5
  • どく0.5倍×0.5
  • あく0.5倍×0.5
  • くさ0.5倍×0.5
  • エスパー0倍×0 (全く効かない)
さかさバトルを表示
  • ゴースト2倍×2
  • どく2倍×2
  • あく2倍×2
  • くさ2倍×2
  • じめん0.5倍×0.5
進化の流れ
ヘルプ◆ スカンプーの種族値
HP 63(285位)
こうげき 63(341位)
ぼうぎょ 47(410位)
とくこう 41(422位)
とくぼう 41(449位)
すばやさ 74(215位)
平均 / 合計 54.8 / 329(389位)
ヘルプ◆ 実数値最高無振下降最低
HP170170138138123
こうげき126115837461
ぼうぎょ10899676046
とくこう10293615441
とくぼう10293615441
すばやさ138126948471
ヘルプ◆ スカンプーを倒した時にもらえる努力値
HP 0
こうげき 0
ぼうぎょ 0
とくこう 0
とくぼう 0
すばやさ 1
ヘルプ◆ その他のデータ
ゲットしやすさ 225
初期なかよし度 50
基礎経験値 66
経験値タイプ100万(育ちは標準的な早さ)
カテゴリー通常ポケモン
ヘルプ◆ スカンプーの性別とタマゴ
性別♂:50% / ♀:50%
タマゴ歩数5397〜5653歩 (サイクル:20)
タマゴグループ陸上
ヘルプ◆ スカンプーの特性(とくせい)
あくしゅう相手に技のダメージを与えると、10%の確率でひるませる。/野生のポケモンと出会いにくくなる。
ゆうばく相手の直接攻撃で『ひんし』になった時、相手に相手の最大HPの1/4のダメージを与える。
ヘルプ◆ スカンプーの隠れ特性(夢特性)
*するどいめ命中率ランクが下がらない。また、相手の回避率ランクの変化の影響を受けない。/レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる(第7世代まで※未検証)。
◆ 野生のスカンプーが持っている道具
なし

スポンサーリンク

◆ スカンプーの生息地
場所ダイヤパール
206番道路25%×
214番道路15%×
221番道路20%×
広めの空洞
(地下大洞窟)
[かいりき入手後]7.5%[きりばらい入手後]4.7%[キッサキジム勝利後]4.2%[たきのぼり入手後]3.7%[全国図鑑入手後]1.3%×
草原の空洞
(地下大洞窟)
[かいりき入手後]7.1%[きりばらい入手後]5.5%[キッサキジム勝利後]5.1%[たきのぼり入手後]4.7%[全国図鑑入手後]1.0%×
河岸の空洞
(地下大洞窟)
[かいりき入手後]8.6%[きりばらい入手後]6.5%[キッサキジム勝利後]4.7%[たきのぼり入手後]3.4%[全国図鑑入手後]1.1%×
陽だまりの大空洞
(地下大洞窟)
[かいりき入手後]7.1%[きりばらい入手後]5.5%[キッサキジム勝利後]5.1%[たきのぼり入手後]4.7%[全国図鑑入手後]1.0%×
水鏡の大空洞
(地下大洞窟)
[かいりき入手後]8.6%[きりばらい入手後]6.5%[キッサキジム勝利後]4.7%[たきのぼり入手後]3.4%[全国図鑑入手後]1.1%×
◆ その他の主な入手方法
  • 進化・タマゴで入手
  • 野生のスカンプーを捕まえる
◆ スカンプーがレベルアップで覚える技
タイプ分類威力命中PP説明
基本ひっかく
ノーマル物理4010035通常攻撃。
基本どくガス
どく変化-9040×相手全体が対象。相手を『どく』状態にする。『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。
Lv.3フェイント
ノーマル物理3010010×必ず先制できる(優先度:+2)。相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる(使用していない場合は通常攻撃)。『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。
Lv.6えんまく
ノーマル変化-10020×相手の命中率を1段階下げる。
Lv.9アシッドボム
どく特殊4010020×100%の確率で相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。
Lv.12みだれひっかき
ノーマル物理1880151ターンに2〜5回連続で攻撃する。
Lv.15きあいだめ
ノーマル変化--30×急所ランクが2段階上がる『きあいだめ』状態となり、今後自分の技が急所に当たりやすくなる。
Lv.18かみつく
あく物理601002530%の確率で相手をひるませる。
Lv.21ベノムショック
どく特殊6510010×相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる。
Lv.24いやなおと
ノーマル変化-8540×相手の『ぼうぎょ』ランクを2段階下げる。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。
Lv.27どくどく
どく変化-9010×相手を『もうどく』状態にする。『もうどく』状態は通常の『どく』状態と違い、受けるダメージが1/16、2/16、3/16・・・と増えていく。『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。
Lv.30ふいうち
あく物理701005必ず先制できる(優先度:+1)。相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。(第6世代は威力:80)
Lv.33おきみやげ
あく変化-10010×自分が『ひんし』になる代わりに、相手の『こうげき』『とくこう』ランクを2段階ずつ下げる。
Lv.36つじぎり
あく物理7010015急所に当たりやすい(急所ランク:+1)。
Lv.39ゲップ
どく特殊1209010×この技は『きのみ』を食べると使えるようになる。
Lv.42ベノムトラップ
どく変化-10020×相手全体が対象。『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。
Lv.45だいばくはつ
ノーマル物理2501005×自分以外全員が対象。攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。
◆ わざマシンで覚える技
技.05ほえる
ノーマル変化--20×必ず後攻になる(優先度:-6)。相手のポケモンを強制的に交代させる。野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。ダイマックスしている相手には無効。野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。
技.06どくどく
どく変化-9010×相手を『もうどく』状態にする。『もうどく』状態は通常の『どく』状態と違い、受けるダメージが1/16、2/16、3/16・・・と増えていく。『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。
技.11にほんばれ
ほのお変化--5×5ターンの間、天気を『にほんばれ』にする。『ほのお』タイプの技のダメージが1.5倍になり、『みず』タイプの技のダメージが半減する。『こおり』状態にならない。
技.12ちょうはつ
あく変化-10020×3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。(変化技を使えなくする)
技.17まもる
ノーマル変化--10×必ず先制でき(優先度:+4)、そのターンの間、相手の技を受けない。連続で使うと失敗しやすくなる。ダイマックス技や第7世代のZワザの攻撃技は貫通し、1/4のダメージを受ける。
技.18あまごい
みず変化--5×5ターンの間、天気を『あめ』にする。『みず』タイプの技のダメージが1.5倍になり、『ほのお』タイプの技のダメージが半減する。
技.23アイアンテール
はがね物理100751530%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
技.28あなをほる
じめん物理80100101ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。
技.30シャドーボール
ゴースト特殊8010015×20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる。
技.32かげぶんしん
ノーマル変化--15×自分の回避率を1段階上げる。
技.35かえんほうしゃ
ほのお特殊9010015×10%の確率で相手を『やけど』状態にする。
技.36ヘドロばくだん
どく特殊9010010×30%の確率で相手を『どく』状態にする。
技.38だいもんじ
ほのお特殊110855×10%の確率で相手を『やけど』状態にする。
技.41いちゃもん
あく変化-10015×使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。ダイマックスしている相手には無効。
技.42からげんき
ノーマル物理7010020自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。
技.44ねむる
エスパー変化--10×HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。
技.45メロメロ
ノーマル変化-10015×相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。『メロメロ』状態になると、50%の確率で相手は自分に攻撃できなくなる。自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。
技.46どろぼう
あく物理6010025相手が持っている道具を自分の物にする。自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。
技.58こらえる
ノーマル変化--10×必ず先制できる(優先度:+4)。そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。連続で使うと失敗しやすくなる。
技.63わるだくみ
あく変化--20×自分の『とくこう』ランクを2段階上げる。
技.64だいばくはつ
ノーマル物理2501005×自分以外全員が対象。攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。
技.65シャドークロー
ゴースト物理7010015急所に当たりやすい(急所ランク:+1)。
技.66しっぺがえし
あく物理5010010自分が後攻の時、威力が2倍になる。
技.78バークアウト
あく特殊559515×相手全体が対象。100%の確率で相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。
技.79あくのはどう
あく特殊8010015×20%の確率で相手をひるませる。
技.82ねごと
ノーマル変化--10×自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。PPが減少するのはこの技のみ。
技.87いばる
ノーマル変化-8515×相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。(第6世代は命中率:90)
技.90みがわり
ノーマル変化--10×自分のHPを最大HPの1/4だけ減らして、減らしたHPと同じHPの自分の分身を作り、分身のHPが0になるまですべての攻撃を自分の代わりに分身が受ける。分身は状態異常にならない。ただし、音系の技などはそのまま受ける。相手のダイマックス技も防げるが、自分がダイマックスすると分身が消える。
技.93いあいぎりNew
ノーマル物理509530通常攻撃。
技.97きりばらい
ひこう変化--15×相手の回避率を1段階下げる。相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。
技.98いわくだきNew
かくとう物理401001550%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
◆ スカンプーのタマゴ技
遺伝すてみタックル[遺伝経路]
ノーマル物理12010015相手に与えたダメージの33%を自分も受ける。
遺伝にらみつける[遺伝経路]
ノーマル変化-10030×相手全体が対象。相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
遺伝くろいきり[遺伝経路]
こおり変化--30×すべてのポケモンの能力ランクの変化を元に戻す。
遺伝スモッグ[遺伝経路]
どく特殊307020×40%の確率で相手を『どく』状態にする。
遺伝きりさく[遺伝経路]
ノーマル物理7010020急所に当たりやすい(急所ランク:+1)。
遺伝こわいかお[遺伝経路]
ノーマル変化-10010×相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。
遺伝かみくだく[遺伝経路]
あく物理801001520%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。
遺伝おどろかす[遺伝経路]
ゴースト物理301001530%の確率で相手をひるませる。
遺伝イカサマ[遺伝経路]
あく物理9510015自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する。
遺伝じゃれつく[遺伝経路]
フェアリー物理90901010%の確率で相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。
◆ 過去作でしか覚えられない技
スピードスター[マシン40(剣盾),教え技(HS/Pt)]
ノーマル特殊60-20×相手全体が対象。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。
いびき[マシン24(剣盾),教え技(USUM〜Pt)]
ノーマル特殊5010015×自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。30%の確率で相手をひるませる。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。
おんがえし[技27(USUM〜HS)]
ノーマル物理-10020ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最大102。
やつあたり[技21(USUM〜HS)]
ノーマル物理-10020ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。最大102。
めざめるパワー[技10(USUM〜HS)]
ノーマル特殊6010015×自分の個体値によって『タイプ』が変わる。(BW2までは威力も個体値によって変化)
よこどり[技49(HS),教え技(USUM/ORAS/BW2)]
あく変化--10×必ず先制でき(優先度:+4)、相手が使おうとした、能力ランクを変化させる技や回復系の技の効果を奪い、自分にかける。
ひみつのちから[技94(ORAS),技43(HS)]
ノーマル物理7010020×30%の確率で相手に以下の追加効果を与える。地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。
しぜんのめぐみ[技83(HS)]
ノーマル物理-10015×持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。『きのみ』はなくなる。
ダメおし[マシン58(剣盾)]
あく物理6010010そのターン、相手が既にダメージを受けている時、威力が2倍になる。
ゆうわく[技78(HS)]
ノーマル変化-10020×相手全体が対象。相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。
つめとぎ[技01(ORAS〜BW)]
あく変化--15×自分の『こうげき』『命中率』ランクが1段階ずつ上がる。
りんしょう[マシン76(剣盾),技48(USUM〜BW)]
ノーマル特殊6010015×同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。(ダブルバトル用)
たたりめ[マシン77(剣盾)]
ゴースト特殊6510010×相手が状態異常の時、威力が2倍になる。
やきつくす[技59(ORAS〜BW)]
ほのお特殊6010015×相手全体が対象。相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。
スイープビンタ[マシン84(剣盾)]
ノーマル物理2585101ターンに2〜5回連続で攻撃する。
ないしょばなし[技100(USUM〜XY)]
ノーマル変化--20×相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない(『ダイウォール』を除く)。音系の技。相手の『みがわり』状態を貫通する。
じごくづき[レコ.95(剣盾),教え技(USUM)]
あく物理8010015相手は2ターンの間、音系の技『いびき』『いやしのすず』『いやなおと』『うたう』『うたかたのアリア』『エコーボイス』『おしゃべり』『おたけび』『きんぞくおん』『くさぶえ』『さわぐ』『スケイルノイズ』『すてゼリフ』『チャームボイス』『ちょうおんぱ』『とおぼえ』『ないしょばなし』『なきごえ』『バークアウト』『ハイパーボイス』『ばくおんぱ』『ほえる』『ほろびのうた』『むしのさざめき』『りんしょう』『ソウルビート』『オーバードライブ』『ぶきみなじゅもん』を使えなくなる。
おいうち[タマゴ技(USUM〜DPt)]
あく物理4010020相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。
おしおき[タマゴ技(USUM〜DPt)]
あく物理-1005威力は60を基本として、相手のいずれかの能力ランクが1つ上がる度に20上がる。(最大200)
はじけるほのお[タマゴ技(USUM〜BW)]
ほのお特殊7010015×ダブルバトルの時、相手の周りにいるポケモンにも相手の最大HPの1/16のダメージを与える。
ずつき[教え技(HS)]
ノーマル物理701001530%の確率で相手をひるませる。
どろかけ[教え技(HS/Pt)]
じめん特殊2010010×100%の確率で相手の命中率を1段階下げる。
れんぞくぎり[教え技(HS/Pt)]
むし物理409520連続で使用すると攻撃が当たる度に威力が倍増していく(最大160)。攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。
うっぷんばらし[教え技(剣盾)]
あく物理751005そのターンの間に自分の能力ランクを下げられていると、威力が2倍になる(通常は後攻で攻撃する必要があるが、場に出た時に能力ランクを下げられた場合も対象となる)。
ふしょくガス[教え技(剣盾)]
どく変化-10040×自分以外全員が対象。道具を持っているポケモンは、道具を持っていない状態になる。

※現在、正規の遺伝経路のないタマゴ技は覚えられないものとして扱っています。

スポンサーリンク