dummy

ポケモンパーティ構築(シングル)

[s11シングル 最終284位] カムラエアームド始動対面構築

★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:1924  いいね:4

投稿者:なぎ(@poke_nagi_7)

シングル / シーズン11 / 最終284位

s10、s11と2期連続でレート1900達成できたので初めて構築記事を書いてみました。書き方などのアドバイスいただけると嬉しいです!

スポンサーリンク

使用ポケモン

初手ステロ要因。
岩石封じ+ステルスロックにより相手の1体目のsを下げ、場をつくることで裏のエースポケモンを通しやすくする。
できるだけ上から動き、カムラの実を発動させたいため最速as振りにした。
たすきアシレーヌのうたかた+アクジェ耐えまで振った方がよかったかもしれない。
ブリムオン入りにはステロを跳ね返されるため極力ださなかった。
もう1体の初手の様子見要因もしくは裏のスイーパー役としてフルアタゲンガーを採用した。
水ウーラオスがだせないとき、ドサイドンやホルードが重くなってしまうためエナジーボールを採用した。
水地面に対しても選出できる点が強かった。
Cが130あり火力もあるためダイマックスをゲンガーに切っても強かった。
ダイマエース1
意地っ張りにするとA+1でステロ+ダイサンダーで、だいたいのダイマアシレーヌやマリルリを倒せるという強みはあったが、構築で重めのポケモンであるポリゴンZに上をとられることが気になり陽気にした。
陽気でもダイナックルでAが上がれば十分な火力が出た。
選出率1位。
ダイマエース2
アーマーガアが爆増したため採用。
ハピナスとラッキーがいると出せないが、ウーラオス、アシレーヌ、草タイプの物理受けなどに強くて使いやすかった。
ダイマエース3
地面枠。
ニンフィアとセットでだすことが多かった。
受けパに対してニンフィアの身代わりを盾に剣舞して全抜きできると気持ちよかった。
ほのおのパンチはナットレイやモジャンボ、アーマーガア意識でギガインパクトから変更。
ステロと相性のいいあくびニンフィアを採用。
あくびで対面操作して有利対面で身代わりを残しバトンタッチするとロトムやホルードの積みの起点にすることができた。
今回はムーンフォースのcダウンの恩恵を受けたいがためにメロメロボディを採用した。♂個体を使用していたがどう考えてもウーラオスは♂の割合の方が高いため♀の方が良い。
ごくまれだがメロメロボディが発動すると無理やり交代先にあくびを入れることができ、強い場面が多少あったため妥協せずに♀個体を使えば良かった。

戦術と解説

[選出パターン]
エアームド+ゲンガー+ダイマエース
エアームド+ニンフィア+ダイマエース
この2つのパターンが多かった。
エアームドが出せない時は初手にゲンガーを置くか、初手ダイマして裏にゲンガーを置くなど臨機応変に動いた。

[立ち回り]
できるだけ相手のエースポケモンよりも早くこちらのエースを展開することを意識した。
後発でダイマした方が強いときはエアームドの岩封、ゲンガーの凍風、ニンフィアのあくびで相手のダイマをごまかしてからこちらのエースを通した。

[苦手なポケモン]
てんねんアッキピクシー+ハピナス
サンパワーリザードン
ポリゴンZ
弱保ラプラス
スカーフ水ウーラオス
スカーフアシレーヌ

[反省点]
・ダメージ感覚がガバガバでプレミが多かった。
・ダイマさせるポケモンとダイマさせないポケモンではっきりしてたため、できるだけダイマしてもしなくても強いポケモンを使うような構築にする。


来季から環境が変わることもあり、今期の構築記事はあまり需要はないかもしれませんが、前期初めてレート1900を越えることができ、今期は前期よりも個人的にいい構築ができたと思ったので、自己満足で簡単ではありますが書かせていただきました。
今回の反省を生かして今後よりよい構築つくれるようになりたいです。

準伝説たちが使用できるS12がどんな環境になるかとても楽しみです!

[Twitter]

投稿日時 : 2020/11/01 20:44

最終更新日時 : 2020/11/01 20:55

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク

dummy