ポケモンパーティ構築(シングル)

【2ロムR2000達成】s19シングル 超復活ラブパゴス【最終205位】

2024/07/03 20:09 / 更新:2024/07/04 13:14

★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:3279  いいね:6

投稿者:ぶらきうむ(@Brachium_poke)

ポケモンSV / シングル / シーズン19 / 最終205位

レンタルチーム有

はじめに

こんにちは。ぶらきうむと申します。
普段はレジギガスと共にゆっくり実況をしています。

今回は自身初の2ロムレート2000を達成したので記念に記事に残そうと思います。

初めて構築記事を書くので見にくく拙いところもあると思いますが是非見ていってください。

コンセプト

初手メガネテラパゴステラパゴスで暴れまわり、『おいかぜ』『いやしのねがいラブトロス(化身)ラブトロス(化身)で復活させたテラパゴステラパゴスで全てを破壊する。

構築経緯

  1. 前シーズン、ミライドンミライドンバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)のサイクル構築を使っていたが結果は4万位と全然勝てず、久々のランクマなのもありサイクルを使うのは厳しいと悟る。
  2. なのである程度システム的に勝てる構築記事を探していたら、きょうさんの【svシーズン18 シングル 最終200位】爆速ゾンビテラパゴス という記事を見つける  https://kyo-shinoalice.hatenablog.com/entry/2024/06/01/110046 ※無許可掲載のため問題あれば削除します。  
  3. この構築に触れたのは6月26日と終盤だったが、使ってみるとあっという間にレート1800を達成できた。
  4. すごいぞこの構築!これはパク参考にするしかない!
  5. 記事のラティアスラティアスいいなぁ。だけどもっと火力ほしいなぁ。代わりっているかなぁ。流石にいないよなぁ。
  6. ラブトロス(化身)ラブトロス(化身)<ああーい  え…?いけるんかこいつ…?
  7. テラパゴステラパゴスミミッキュミミッキュラブトロス(化身)ラブトロス(化身)の並びに加え、取り巻きのポケモンも参考記事と少し変えて完成!テツノワダチテツノワダチウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ハッサムハッサム

※戦術自体はきょうさん考案のものなので問題あればこの記事自体を削除します。

スポンサーリンク

使用ポケモン

構築のエース。
初手に投げて『テラクラスター』連打で相手を吹き飛ばす!相手の初手ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)がテラパゴスより遅いことが多く、何度も一撃KOを決めてくれました。
技はテラクラスターと大地の力は確定、他2つは諸説あり『マジカルシャイン』はコライドンコライドン、『ラスターカノン』はハバタクカミハバタクカミと対面したときに押してました。が、全対面コライドンコライドン引っ込められるしハバタクカミハバタクカミも『めいそう』『マジカルフレイム』のせいで結局落としきれない(なので『かえんほうしゃ』『れいとうビーム』『あくのはどう』『むしのさざめき』からよく入れ替えてました。)

まあ困ったらテラクラスター打つのがなんだかんだ一番強い。
選出率1位

調整はあまにさんの構築記事を参考
https://amaniiii.hatenablog.com/entry/2024/06/01/190704
※問題あれば削除します。

as:『クォークチャージ』で素早さ上昇調整
hd:無補正バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)のアストラルビット確定耐え

諸説枠その1。
きょうさんの記事だとこの枠はガチグマガチグマでしたが出す機会がほぼなかったのでテラパゴステラパゴスが対面して嫌な初手キラフロルキラフロルパオジアンパオジアンハバタクカミハバタクカミミライドンミライドン牽制枠として採用。
と思ったが全然出てきた。なんでや。
体感パオジアンパオジアンが少しだけ出てこなくなった気がする。

初手に出しても出落ちしないかつ明らかに刺さってる時のみ選出しました。
受けループおらんやろと思ってガチグマガチグマから変えたのに結構当たったからガチグマのままのが良かった説ある。

だけど何故かぶっ刺さってる時がちょこちょこありアイススピナーが全く警戒されず初手カイリューカイリューを4回は葬りました。
草テラスは重めなキノガッサ意識

選出率4位(ほぼウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)と同じくらい)

調整はぐんささんの記事を参考
https://gunsa-poke.hateblo.jp/entry/2024/06/01/215123
※問題あれば消します
パオジアンパオジアン特化電気テラバを93.75%で耐え、ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)特化ノマテラ『ブラッドムーン』を確定耐え、あまりA

パオジアンパオジアン牽制枠第2号。
きょうさんの記事だと『こだわりハチマキ』でしたが一度不利対面作った時にこの構築じゃ引けないので対面性能の高い『とつげきチョッキ』に変更。これによりハバタクカミハバタクカミバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)と対面してもテラス込みで返り討ちにすることができました。テラパゴステラパゴスが勝てないグライオングライオン対策枠でもあります。一度も対面しなかったけど。

テツノワダチテツノワダチと同様相手に一撃で落とされないと判断した時のみ選出。後続から出すことが多かったです。
裏から出すとこだわってると思われてるのか受け出しに来たカイリューカイリューをアイススピナーで返り討ちにすることも。

相手のポケモンを1体は持っていくポテンシャルを秘めてるすごいヤツ。選出こそあまりしなかったものの出した時はだいたい活躍してくれました。

選出率5位(ほぼテツノワダチテツノワダチと同じくらい)

調整はかもねぎなべさんの記事を参考全部人の調整じゃねぇか
http://blog.livedoor.jp/tbh_poke_oka-sm63/archives/51193798.html
※問題あれば消します
A
・177-165グライオングライオンを+4テラス叩き落とすで最低乱数以外1発
・197-116カイリューカイリューを+2ダブルウイング+バレパンで確定

B
・4振りグライオングライオンの地震×4を93.2%耐え(残飯込み)
・悪テラス時に特化パオジアンパオジアンの鉢巻テラス噛み砕く×2を97.7%耐え(残飯込み)
カイリューカイリューの鉢巻地震94.1%2発耐え(残飯込み)

諸説枠その2。そしてパオジアンパオジアンハバタクカミハバタクカミ牽制枠。
きょうさんの記事だとオボンのみインファイトの型でしたがテラパゴステラパゴスじゃ勝てないグライオングライオンに強い調整に変更。ついでにルナアーラルナアーラルギアルギアにも勝てたらいいなと思ってました。

けどミライドンミライドンコライドンコライドンラウドボーンラウドボーンヘイラッシャヘイラッシャイーユイイーユイオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)などと組まれてるだけで出しづらく、出したら出したで選出がすごく歪むので使いこなせませんでした。

おまけにルギアルギアには『エアロブラスト』で返り討ちに遭い牽制しているはずのハバタクカミハバタクカミはどんどん出てくるので変えるならまずこの枠かなと思います。

それでも壁オーロンゲオーロンゲにあらがえるのがこいつかギリウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)なのでちょこちょこ選出しました。壁ブラックキュレムブラックキュレム構築はこいつ1体で全滅できたぞ!

選出率6位

 H→化けの皮効率
 A→ぶっぱ
 S→あまり
※調整はきょうさんの記事のまま使わせていただきました。
https://kyo-shinoalice.hatenablog.com/entry/2024/06/01/110046
強い点はきょうさんの記事に簡潔にまとめてあります。

テラスだけ地面からノーマルに変更したが一度も切りませんでした。
主に初手テラパゴステラパゴスからの引き先となり、安全に後述のラブトロス(化身)ラブトロス(化身)を繰り出すためのクッションの役割となります。

記事見た時は何が強いんだコレ?と思ったがいざ使ってみるとめちゃくちゃ強い。
クッションのはずなのにゴツメや呪いダメージで物理相手ならそのまま倒してしまうこともありました。
それだけでなく呪いによる安定したダメージ稼ぎ、こらえるによる壁や『トリックルーム』の時間稼ぎ、かげうちでタスキを削るなどかゆいところに手が届く最高のポケモンでした。
おかげでバドレックス(はくば)バドレックス(はくば)構築には全勝でした。

選出率2位(ほぼラブトロス(化身)ラブトロス(化身)と同じ)

努力値は脳死ブッパ。

初手で暴れたテラパゴステラパゴスを追い風癒やしの願いで復活させる重要な役割を担ってます。

きょうさんの記事だとこの役割はラティアスラティアスが担っていますが、意外とラブトロスにしかできないこともあり、こちらを採用しました。

ラティアスラティアスラブトロス(化身)ラブトロス(化身)を両方使ったところお互いに良い点、悪い点があったのでまとめると、

ラティアスラティアス
【良い点】
・相手のウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)に強く、タスキ貫通の心配がない
・耐久があるためラブトロス(化身)ラブトロス(化身)より役割をこなしやすい

【悪い点】
・火力がラブトロス(化身)ラブトロス(化身)より劣り、技もクセが強く決定打に欠ける物が多い。

ラブトロス(化身)ラブトロス(化身)
【良い点】
・『ムーンフォース』『だいちのちから』の技範囲が広く、特攻も高いためスキが少ない。
テラパゴステラパゴスが暴れたあと『おいかぜ』『ムーンフォース』で自らエースになることが可能。
・『あまのじゃく』でたまにミラクルを起こす。

【悪い点】
・スカーフウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)と対面した瞬間何もできず死亡(致命的)
・耐久がなく些細な先制技が飛んでくるだけで役割が十分にこなせない
見た目がちょっと

テラスはザシアンザシアンカイリューカイリューの先制技対策でゴーストにしてます。2回切ることがあり、そのおかげで勝つこともありました。

あまのじゃくは『メロメロボディ』と選択ですが、被弾しないと発動しない関係上、そもそも癒やしの願いで自滅するので消去法であまのじゃくにしました。
発動しないだろと思ったらハバタクカミハバタクカミのムンフォで特攻が上がって裏のコライドンコライドンごとしばいたり、ゴリランダーゴリランダーの『ドラムアタック』で素早さが上がってそのまま無双するなどたまにミラクルを起こすので見てて面白いです。

最初はラティアスラティアスの代わりで使うくらいの気持ちでしたが、テラパゴステラパゴスミミッキュミミッキュが暴れたあとだとムンフォの一貫が凄まじく、追い風ムンフォ連打で自分で勝利を決めることも多々あったり、明らかに負け盤面なのにコイツの不気味さにビビった相手が何故か交換して勝ち筋を掴んだりとコイツにしかできない勝ち方を魅せてくれて、気づけばコイツしか有り得ない思考になっていました。ありがとう、ラブトロス。
あとは見た目をなんとかしてくれ

選出率3位(ほぼミミッキュミミッキュと同じ)

戦術と解説

【基本選出】テラパゴステラパゴスミミッキュミミッキュラブトロス(化身)ラブトロス(化身)

8割はこれです。

  1. テラパゴステラパゴスで頑張って1体以上倒す。
  2. ミミッキュミミッキュに交代し、相手を削る。(相手の積みタイミングで出せるとすごい流れ良くなる)
  3. 氏に出しラブトロス(化身)ラブトロス(化身)で『おいかぜ』→『いやしのねがい』で退場する。(勝負を決めれそうならそのまま殴る)
  4. 最後フルパワーとなったテラパゴステラパゴスで全てを破壊する。

きょうさんの記事まんまじゃねえか

グライオングライオンがいたらウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ハッサムハッサム
ステロが刺さってて出落ちしないだろと判断したらテツノワダチテツノワダチを出すこともありましたが、困ったら基本選出出しとけばオーケー!

重い相手

スカーフコライドンコライドン
とんぼがえり』で『テラスシェル』を剥がして逃げていくうえ、格闘技で確実にテラパゴステラパゴスが吹き飛びます。しかも追い風下でも抜けないためほぼ無理です。
シーズン18でコライドン減ったって聞いたのに普通にめっちゃあたって泣きそうでした。
タスキ『こおりのつぶてパオジアンパオジアン
初手ならなんとかなりますが、裏から来るとラブトロス(化身)ラブトロス(化身)が展開できないため負け直行です。ミミッキュミミッキュで事前に削ってもラブトロス(化身)ラブトロス(化身)が結局一回しか行動できないので厳しいです。(テツノワダチテツノワダチウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ハッサムハッサムで牽制してるのはそのため)
チョッキミライドンミライドン
テラパゴステラパゴスでも打ち合いで負けるので厳しいです。幸い一度しか当たりませんでした。
ホウオウホウオウ
まさかの手持ち全員不利。なので無理。2回くらいしか勝ててない。当たらないことを祈りましょう。
受けループムゲンダイナムゲンダイナラッキーラッキーヘイラッシャヘイラッシャ
無理。当たらないことを祈りましょう。
めいそう再生持ちルギアルギアルナアーラルナアーラ
テラパゴステラパゴスじゃ積まれて突破できません。
特にルナアーラルナアーラは『シャドーレイ』でミミッキュミミッキュの皮ごと貫くのでヤバいです。
ハッサムハッサムで頑張りたいがヘイラッシャヘイラッシャオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ラウドボーンラウドボーンあたりがいるともう無理。
グライオングライオン
テラパゴステラパゴスの上からまもみがされるだけでPPが枯れます。
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ハッサムハッサムなら対処できますがミライドンミライドンコライドンコライドンヘイラッシャヘイラッシャと組まれてるだけで無理です。出てこないことを祈りましょう。
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
初手でテラパゴステラパゴスとかち合うと『かたやぶり』で『テラスシェル』を貫通されます。一応テラス前のテラクラスターで無振りオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)を8割くらいで倒せますが、少しでも耐久に振られたら結局勝てません。
裏から来てもミミッキュミミッキュの皮ごと貫く上に『ツタこんぼう』が非接触なのでダメージも稼げません。つらい。
初手ステロキラフロルキラフロルランドロス(化身)ランドロス(化身)ディンルーディンルー
裏のラブトロス(化身)ラブトロス(化身)のタスキが潰されるのできついです。
特防に厚いドオードオー
テラパゴステラパゴスラブトロス(化身)ラブトロス(化身)でも毒を絡めて粘られるともうキツイ。3対2の状況からまくられ負けたこともありました。ど忘れって何やねん
ゼクロムゼクロム
誰だよこんなバケモン生み出したの
テラパゴステラパゴスミミッキュミミッキュの特性を貫通され全員吹き飛びます。

レンタルコード

QPYWJJ

対戦動画

最後に

レート2000を超えたのはシーズン1依頼と超久々だったのですごいうれしいです!
この構築の元となったきょうさんには頭が上がりません。きょうさんに最大の敬意を表して締めさせていただきます。次は自分だけのギミック構築で勝ち上がって行きたいです!

投稿日時 : 2024/07/03 20:09

最終更新日時 : 2024/07/04 13:14

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク