ポケモンパーティ構築(シングル)

S12【最終826位 R1927】テツノツツミ入り受けループ

2023/12/01 23:29 / 更新:2023/12/02 00:19

★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:4789  いいね:13

投稿者:紫髪のぽき(@pocky_nozomi)

ポケモンSV / シングル / シーズン12 / 最終826位

レンタルチーム有

ご高覧ありがとうございます!受けループ使いの紫髪のぽきと申します!
今シーズンは人生初の最終3桁に到達できたのでその構築をご紹介したいと思います。
レンタルIDも公開しているので是非最後までご一読ください!

戦績
TNぽき
96勝64敗(勝率60%)
R1927 826位

TNぽ
70勝43敗(勝率62%)
R1895 1206位

スポンサーリンク

使用ポケモン

選出率6位
受けループといえばのポケモン。ただ実際は他に対策必須のポケモンが多すぎてほとんど出せなかった。とはいえいるだけで相手に毒対策を強いる圧力があり、相手の選出がカイリューカイリューサーフゴーサーフゴー+@1となることが多く、非常に戦いやすくしてくれていたと思う、影の功労者。前シーズンまではアクブレを黒い霧で採用していたが、裏に天然持ちが2体いること、どくどく持ちのテツノドクガテツノドクガなどが厳しかったため、その辺りを意識してアクブレを採用。
持ち物はヘドロやタスキが他に多く採用されているが、ドヒドイデドヒドイデの仕事は初手の毒撒きが9割だと考えているので、それを確実に遂行できるメンタルハーブを採用。
テラスタルは弱点の地面電気半減かつキノガッサキノガッサのキノコの胞子を無効に出来る草。キノガッサキノガッサ入りには初手に出してテラスタルを切ることが多かった。
役割対象:痛み分けハバタクカミハバタクカミテツノドクガテツノドクガキノガッサキノガッサ連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)など

選出率1位
Mr.地割れ。
弱点を突かれない物理全般を見る。基本的には初手に出して隙あらば地割れを打ち込む無理なら引く。ゆきなだれはカイリューカイリューランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)トドロクツキトドロクツキ等に弱点を突けるため採用。渦アンコカイリューに対して雪雪崩を連打してテラスを切らせる→地割れの一貫を作るという動きがかなり強かった。
寝言の枠が一般的には守るのことが多いが、以下の点から寝言を採用している。
・火力が高いポケモンが多いため、眠るのディスアドを減らして積極的に使用したい
・眠っているターンにも地割れのワンチャンや雪雪崩で相手に圧を与えられる
・叩き落とす採用が増え、たべのこしが叩かれた場合に守るが死に技になってしまう
アンコールが効かない
↑知ってましたか!?実は寝言ってアンコールされないんです!3桁帯の人でも知らない方普通にいたので所見殺し力は高めでした。
ただ、守るにも利点は多くある(釣り交換に強い、こだわり持ちなどに様子見が可能)ため、どちらを選択するかは環境によると思う。
寝言採用によって眠るを躊躇無く使える最も大きなシーンはコノヨザルコノヨザル対面である。ヤツはいのちがけで共倒れを狙ってくるが、それに合わせて眠るを押すことでほぼディスアド無しで1体倒すことが出来る。
テラスタルは弱点を突かれにくく、げきりん等を無効に出来るフェアリーを採用。
役割対象:カイリューカイリューウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)トドロクツキトドロクツキなど

選出率2位
特殊全般を見る。ラッキーラッキーとの差別化点はなげつけるによるトリック耐性にある。
どくバリを投げることで裏に毒を入れてサイクルを有利に出来る点も非常に優秀。
ウェポンはガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)に打点を持つためにシャドーボールではなくかえんほうしゃを採用。やけどワンチャンもあるのが強い。
終盤はいたみわけハバタクカミハバタクカミに多く当たったが、毒による削りも相まってほとんど負けなかった。
あくびガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)に対してはあくびをもらった次のターンにめいそうをして眠れば大邸相手から引いてくれる。こちらは自然回復で引くと眠りが回復するのでまた受けに行ける。
テラスタルはメガネイーユイイーユイのオバヒを受けるみずタイプにしているが、ヘイラッシャヘイラッシャハピナスハピナステツノツツミテツノツツミと選出した場合、全員水タイプになってしまうため、ほのおタイプもアリだと思う。(こうなるとガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)の大地の力がしんどくなるが)
役割対象:特殊全般、特にサーフゴーサーフゴーハバタクカミハバタクカミウォッシュロトムウォッシュロトムヒートロトムヒートロトム

選出率5位
ハピナスハピナスとの差別化点はメガネイーユイイーユイに対して強く出られる点。
ハピナスハピナスではメガネイーユイイーユイに若干耐久が足りずに押し切られることが多くあった。そのため、崩される原因となるサイクルやイーユイイーユイに強く出るためのステルスロックを採用。ウェポンは素の火力がなさ過ぎるので地球投げにしているが、これではハバタクカミハバタクカミサーフゴーサーフゴーに手が出せないのでこれらがいる場合はハピナスハピナスを優先的に投げていた。なお、ハバタクカミハバタクカミだけであれば、ドヒドイデドヒドイデのどくびしがあればラッキーラッキーでも対応することが可能。
テラスタルはジャラランガジャラランガやボディプレスジバコイルジバコイルを考えてゴーストタイプにしているが、前述の通りイーユイイーユイやサイコショック、ルミナコリジョンに強くするためにあくタイプでも問題ないと思う。
役割対象:特殊全般、特にトリックを持たないポケモン、イーユイイーユイ

選出率3位
本構築のMVP。自信を持ってオススメできる1体。
役割対象を見ていただければ分かると思うが、受けループが苦手としているポケモンをまとめて見ることが出来る。
特にオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)である。コイツは超火力を持ちながらかたやぶりで天然を貫通してくる非常に厄介者であるが、『とくせいガード』を持つことでメインウェポンを半減しながら悠々と受けることが出来る(アンコールには細心の注意を払うこと)。
そして受けルーパーが最も嫌いな技でおなじみのみがわりに対してもフレアソングで貫通しながら攻撃が可能。むしろ無駄に体力が減るのでご褒美である。
さらにくさタイプテラスにすることでオーガポン(いど)オーガポン(いど)のメインウェポンを半減しながらやどりぎのタネも防ぐことが出来る。
ちなみにキョジオーンキョジオーンに対してもボディプレスは無効、みがわり貫通、火力は上昇し続けると、ほぼ全キョジオーンキョジオーンに勝てる。
その上、おにびで裏に定数ダメージを入れることでサイクルを有利に出来るおまけ付き。
ただ、唯一の弱い点がステロが痛いこと。
そのためあつぞこブーツも採用圏内。というかむしろその方が戦いやすいと思う。筆者は絶対に剣舞オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)に負けたくなかったためこうしていた。
ちなみに一度だけクレセリアクレセリアのスキルスワップをとくせいガードで防いで勝った試合があった笑
役割対象:オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)オーガポン(いど)オーガポン(いど)チオンジェンチオンジェンキョジオーンキョジオーンキノガッサキノガッサ

選出率4位
高速高火力アタッカー。
受けるのがめんどくさい相手を上から水テラスドロポンで吹き飛ばす役割。
並の耐久ではほとんどワンパン可能である。耐久無振りの連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ですら水テラスドロポンで8割ほど(77.7~92.0%)持っていける。
基本的には裏から出して3タテまたは2タテを狙う。
序盤は初手に出していたが、相手の初手に高確率でSブーストハバタクカミハバタクカミサーフゴーサーフゴーイーユイイーユイなどのスカーフの可能性があるやつが来たので、初手出しは止めた。実際裏から出した方が、相手がテラスタルを切って一貫が取りやすい盤面になっていたのでこれで正解だと思う。
大事なところでドロポン外しまくってたが、そんなところも可愛いヤツ。
役割対象:テツノツツミテツノツツミより遅いやつ全員

戦術と解説

キツいポケモン

両刀ポケモン
流星群持ちカイリューカイリューテツノブジンテツノブジンヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)など

一撃技持ち
ドドゲザンドドゲザン、零度パオジアンパオジアン、地割れヘイラッシャヘイラッシャディンルーディンルーなど

マシマシラマシマシラ
↑コイツ。
最強の受けループ対策ポケモンだと思う。スカーフトリック、毒の鎖による猛毒付与、タイプ一致サイコショック持ちと一切の受けを許さない性能。それでいてスカーフなのでテツノツツミテツノツツミより速い。コイツがいる構築には冗談抜きで一回も勝てなかった。数が少ないのがまだ救い。

選出についての考え方

ハピナスハピナスを選出

ラウドボーンラウドボーンを選出

  • 一致弱点ついて来なさそうな物理(大体全ての物理)に対して

ヘイラッシャヘイラッシャを選出

テツノツツミテツノツツミを選出

  • 毒びしの通りが良いまたは毒びし撒きが相手にいるかつヘイラッシャヘイラッシャで相手の物理を全員見れそう

ドヒドイデドヒドイデを選出

ラッキーラッキーを選出

これで100%ではないですが、大体こんな感じの考え方で選出を決めてました。

よく使った選出
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)オーガポン(いど)オーガポン(いど)入り
ヘイラッシャヘイラッシャハピナスハピナスラウドボーンラウドボーン

オーガポン無し
ヘイラッシャヘイラッシャハピナスハピナステツノツツミテツノツツミ

サーフゴー、オーガポン無し
ドヒドイデドヒドイデラッキーラッキーヘイラッシャヘイラッシャ

ここまでのご高覧ありがとうございました!
質問やご意見等あれば是非コメントいただければと思います!

レンタルID
N0BN5P

投稿日時 : 2023/12/01 23:29

最終更新日時 : 2023/12/02 00:19

スポンサーリンク

コメント(4件)

1名ナッシー
受けループパーティー使ってみたいけど初心者で何がなんだかって感じでしたが、とても分かりやすく参考になりました!レンタルさせていただきます!
23/12/06 17:00
2あああ
一致弱点をついてくる物理ってどんなのですか
23/12/15 17:18
3紫髪のぽき(@pocky_nozomi)
>1
ありがとうございます!
少しでも多くの方に受けループについて知って欲しい!と思いこの記事を書いたので参考になっていましたら幸いです
23/12/30 11:34
4紫髪のぽき(@pocky_nozomi)
>2
本文にもある通り、ヘイラッシャはほとんどの物理に対して投げられるのですが、ちょっと出すのを躊躇うのは主にパーモット、テツノカイナですね。ただこれらにラウドボーンが不利取らないのと、ラッシャもテラス切れば何とかなるので全然ラッシャ出すこともありますね。
23/12/30 11:39

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。