dummy

ポケモンパーティ構築(ダブル)

S10ダブル 湿原誓いパ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:3326  いいね:24

投稿者:ロイ(@RADICAL7852)

ダブル / シーズン10

どうも。
毎月マスボまで上げてモチベーション無くなる系の者です。

シリーズ6により、ダブルで愛用していた以下のパーティーが使えなくなりました。
パーティ構築/237
そこで今月は後述の理由で親しみのある「湿原構築」を使うことにしました。
主にゴリランダーゴリランダーにより瀕死に追い込まれたこの構築も、ゴリランダーゴリランダーがいなくなればまた活躍できるだろうという考えからです。

マスボまでの戦績は8戦7勝1敗でした。
シングル同様、8戦の内容を後書きで簡単に紹介しています。
何らかの参考になれば幸いです。

なお本パーティーは、
https://luke-noivern.hatenadiary.jp
こちらのブログ記事内で紹介されている構築をほぼパクって大いに参考にさせていただいています。
そのため、細かい調整意図などはリンク先でご確認願います。
また誓いのギミックについてもそちらで詳述されていますので、このページでの説明は省略します。ややこしいので

スポンサーリンク

使用ポケモン

最速の誓い始動役
後述のシルヴァディシルヴァディとセットで初手に出すのが基本戦術。

猫とかウザイことをされそうなら守るから入り、そうでないなら積極的に誓いを狙う。
誓い後は凍える風でS操作をするのが主な仕事
誓い後も生きてたらの話だが

変えるとしたら悪波の枠が筆頭。ただ悪波もHCチョッキジュラルドンジュラルドンなんかに3割くらい与えられるのであると意外と便利だったりする。

参考元:上述のブログ内2020/03/01の記事
安定感のある誓い役
フシギバナフシギバナゴリランダーゴリランダーの退場処分により、まさかの草誓い役がジュナイパージュナイパーとの二択になってしまった。

猫を透かせる点やモロバレルモロバレルの存在からジュナイパージュナイパーにも魅力を感じたが、インテレオンインテレオンが紙耐久な分こちらには一定の耐久が欲しい…。
電磁波によるS操作兼嫌がらせや、ハイボによる守る択の回避など、使いやすさ・腐らなさでも優れている。
少なくともジュナイパージュナイパーはビギナーには扱いが難しいと思う。

モロバレルモロバレルニョロトノニョロトノキングドラキングドラのことを考えると、シャドボは放射か冷Bあたりに変えるべきかもしれない。
サマヨールサマヨール入りスイッチトリルが辛くはなるが。

参考元:ブログ内2020/03/01の記事
誓い役+湿原エース1
正直この環境・このパーティーで使うならもうちょっと調整変えた方が良かったかもしれない。

ニョロトノニョロトノキングドラキングドラなどのインテレオンインテレオンシルヴァディシルヴァディでは対処が難しいPT相手には、シルヴァディシルヴァディと組んで初手に出したりする。
(雨珠ダイストでシルヴァディシルヴァディが確殺されるため)

HBは現環境だと、A252鉢巻ウインディウインディのワイルドボルト確2、A252叩き後テラキオンテラキオンの岩雪崩(ダブルダメ)確2、A252ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)の130ダイサンダー乱1(6.3%)。
ダイマ状態でA特化ドサイドンドサイドンの弱保150ダイロック確2程度。

参考元:ブログ内の2020/06/28の記事
トリル封印+湿原エース2

潜ってみた限り、このパーティーにはナットレイナットレイが出されやすい。
パッチラゴンパッチラゴンと組んで2大エースとして暴れまわってくれた。
Sは+1で最速95族ウインディウインディ抜き。

参考元:ブログ内の2020/06/28の記事
湿原下の絶対的エース
驚異の選出率100%

かつてはドリュウズドリュウズと並ぶ湿原エースだったが、彼がいなくなった今パッチラゴンパッチラゴンの負担は激増している。
ぶっちゃけ湿原パでパッチラゴンパッチラゴン抜く理由無いんじゃないかな…。
S+1で最速100族リザードンリザードン抜き。

参考元:ブログ内の2020/02/01の記事
威嚇牽制+湿原エース4
ドリュウズドリュウズの代わり。大分違うけれど…。

ここまでの5体だと何よりもフェアリーがゲロ重い。
そこで湿原エースに相応しい攻撃能力などを持った鋼タイプを探すと、キリキザンキリキザンジュラルドンジュラルドンルカリオルカリオあたりがヒット。
そこで諸々考えた結果、色違い持ってるキリキザンキリキザンでいいや!という訳で採用。

そんなわけなので、本パーティー唯一のオリジナル個体。
つまり調整がテキトー
技から持ち物から努力値振りまで、まだまだ考えるべき余地がある。

戦術と解説

冒頭で述べた通り、本パーティーは大いにパクっています。
それは"私にとっての「湿原パ」=参考にさせていただいた方の構築"だからです。(言い訳)
私がダブルバトルで初めてマスボに上がれたのは、その方のレンタルパを使用していた時でした。
そのブログ記事では、私のようなビギナーでも理解できるよう丁寧に解説がされています。
湿原のことをあまりご存知でない方は是非、一読されることをオススメいたします。
https://luke-noivern.hatenadiary.jp(再掲)

最後に、以下に8戦の簡単な内容とレンタルコードを貼っておきます。

もし「○戦目の詳細が知りたい」などあればコメント願います。覚えている範囲でお伝えいたします。

上手な方の構築をほぼパクっただけあって、ギミックさえ理解していれば初心者でも勝ちやすいかと思います。
【0000 0003 YW71 TP】

なお、もし参考元の方からご意見等いただきましたら真摯に対応させていただく所存です。
勝手ながらよろしくお願いいたします。


【追記(自分用メモ)】
・初手ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)+ライチュウライチュウトゲデマルトゲデマル等の対面は泣きたくなる。特にスカーフウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)は無理ゲーくさい。
キリキザンキリキザンの調整テキトーすぎた。特にS。あと珠をアシレーヌアシレーヌに渡して鉢巻とか防塵ゴーグルとかにするのもいいかも。

(来月に向けて)
サマヨールサマヨールドサイドンドサイドンウォーグルウォーグルなどを投入してスイッチトリパ気味にするのも面白そう。
このパーティーから残留するのはアシレーヌアシレーヌシルヴァディシルヴァディパッチラゴンパッチラゴンくらいになりそうだけど…。

投稿日時 : 2020/09/02 16:07

最終更新日時 : 2020/09/09 13:26

スポンサーリンク

コメント(4件)

1Luke
はじめまして。参考にして頂いたブログを書いた者です。
記事拝見しました。キリキザンの採用面白いと思います。
参考についてですが、引用元を明記して頂ければブログの内容は自由に取り上げてもらってかまいません。

以前使用していたこの構築を今シーズンも使用しているわけではないので聞き流してもらって構わないですが、ウーラオス+ライチュウ(トゲデマル)とインテレオン+シルヴァディに対面についてです。
インテレオン守る+シルヴァディダイアタックで一応の対処は可能かと思います。
シルヴァディにダイマを切るためあまり好ましい展開ではありませんが
・守ったインテレオンを無視してシルヴァディ集中
・雷Pか暗黒強打とアクジェか不意搭載のウーラオスでインテレオンに暗黒強打+シルヴァディにほっすり
以外はダイアタック後インテレオンが先制して動けるため、凍える風から有利な展開を作れると思われます。
いずれも相手にとってリスクを伴う行動でしょうし、本構築のウリである湿原初手の対応範囲の広さを諦めてまで選出を歪めるほどではないと私は思います。
一応、スカーフ等の大して耐久に振っていないウーラオスであればダイアタック+凍える風で多くの場合は落とせます。ウーラオスがどうしても怖ければシルヴァディにダイジェットを入れてみてもいいかもしれません。
ブログに記載したダイジェット+猫相手と似たような感覚の相手ですね。

参考になれば幸いです。失礼します。
20/09/08 18:24
2ロイ(@RADICAL7852)
>>1
Luke様、コメントありがとうございます!
そして遅れながら、勝手なことをしてしまい申し訳ありませんでした。
適切でないかもしれませんが、本コメントにてお返事をさせていただきます。
また、本来ならば私の方から予めお伺いを立てるべきところをLuke様にお手間かけさせてしまいましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

まず勝手ながら参考にさせていただいている件ですが、「引用元を明記して」というのは"Luke様のブログのURLを貼り、参考元として冒頭などに記載する"という解釈でよろしいでしょうか?
ポケモンやネットにおける引用のルールをイマイチ理解できていないため、恐縮ですがお教えいただけると幸いです。

また後書きの(自分用メモ)に関してもご助言くださり、ありがとうございます!
正直申し上げるとこれは某波乗りされている方の配信を見ていて、「ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ライチュウライチュウで来られると難しそうだなぁ…」と思いメモした程度ですので、あまり考察もまだできていなかったりします…。
ただ懸念していた点はおおよそご指摘の通りでした。
つまり、シルヴァディシルヴァディのダイマックスを半ば強要される点と、それを読まれて動かれた場合に非常に苦しくなりそうだという点です。
特にシルヴァディシルヴァディへのほっすりは、大爆発や誓いの可能性を考えても案外とんできやすいのでは?と思っていました。
しかし仰る通り、相手側からすると確かにリスキーな選択になるわけですので、そこまで深く懸念する対面では無いのかもしれませんね。
(私はどうも、お相手の選択肢を読むことにはようやく慣れてきたと思うのですが、それらのリスク=選択する確率にまではまだまだ考慮が至らないようです…。)
マスボに上げてしまった以上、今月はもう潜るつもりはありませんが、来月に向けて参考にさせていただきたいと思います。

加えてキリキザンキリキザンについてお褒めくださりありがとうございます。
当初はASドサイドンドサイドンなどと競合していたのですが、論中で述べた雑な理由で採用に至りました。
より詳しく言うと、ラプラスラプラスキュワワーキュワワーの並びなどがキリキザンキリキザン以外の5体だと厳しそうだったので、そこに強気に出られることに注目しました。
(加えて言うと対ジュラルドンジュラルドンラプラスラプラス等の面を加味してルカリオルカリオにすべきか非常に悩んでいましたが、威嚇牽制と悪タイプであることを重視してキリキザンキリキザンにした次第です。)
…まあ実際のところは、幸か不幸かラプラスラプラスキュワワーキュワワーには出会わず、キリキザンキリキザンをさほど活躍させられないまま終わってしまったわけなのですが…。

長々と書いてしまい、お目汚し失礼いたしました。
お手数ですが、引用の件についてお返事いただけると非常にありがたいです。
最後になりますが、コメントをくださったことに改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました。
20/09/08 23:57
3Luke
引用というのはその解釈でいいと思います。
ポケ徹の育成論やパーティ投稿を利用しないのでサイトのルールとかはわかりませんが、よそのページのリンクを貼ったりするのがOKならそれでいいと思います。
20/09/09 01:20
4ロイ(@RADICAL7852)
>>3
お返事ありがとうございます!

かしこまりました。
では利用規約にて、
「他の個人Webページの紹介や宣伝は基本的に認められません。URL(アドレス)を貼り付けるだけでも紹介行為とみなします。ただし、情報の引用元の出典明記としてURLの書き込みが必要である場合は、ご自身の責任の下で行って頂いて構いません。また、ポケモン公式サイトやYahoo!などの大手企業サイト、自分のホームページなどの場合はこの限りではありませんが、常識的な範囲内でお願い致します。」
との文言を確認いたしましたので、これに則って改正していきたいと思います。
(今の状態でも実はグレーゾーンな行いだったのかもしれませんね…。反省いたします。)

それに伴い論内の記述なども変更することになりますが、もしそれらの文言あるいは構成がLuke様にとって不都合なものであった場合は、お手数ですがお教え願います。
20/09/09 12:45

削除キー:

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::掲示板ソードシールド(剣盾)::ポケモンパーティ構築::ダブル::S10ダブル 湿原誓いパ

このサイトについて | プライバシーポリシー | ポケ徹@Twitter

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy