ポケモンパーティ構築(シングル)

【S2 シングル 最終63位】キョジオーンすっきすきサイクル

2023/02/01 16:39 / 更新:2023/02/02 23:10

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:21989  いいね:41

投稿者:くろ(@kurro_unite)

ポケモンSV / シングル / シーズン2 / 最終63位

レンタルチーム有

初めまして、くろという者です。
この度SVランクバトルS2で最終63位になることができたので、その構築を紹介しようと思います。
是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

構築経緯

キョジオーンキョジオーンは一体での対応範囲が非常に広く、対策を持ってない相手に対して単独で詰ませられるほどの圧力をかけることができる。
「性能」「ビジュアル」「塩漬けのパリパリゴリゴリという音」がとても自分好みであったため、このキョジオーンキョジオーンを軸に相性のいいポケモンと補完枠で構築を組んだ。

スポンサーリンク

使用ポケモン

個体解説

技構成は塩漬け、守る、自己再生までは確定。
残り一枠は身代わり、ステルスロック、鈍いなどいろいろ試してきたが、物理積みアタッカー(特に竜舞ダイスセグレイブセグレイブ)に積まれると試合が終わってしまうことが多かったため鉄壁を採用した。

当初はHDで使用していたが、前述の通り物理アタッカーに強くしたかったのでBに厚めに変更したが、これが当たってセグレイブセグレイブに負けることはほぼなくなった。
この構築はテラスも考慮すると初手セグレイブセグレイブに安定して投げられるポケモンがこいつしかいなかったので、相手の構築にいたら初手に合わせテラスしていた。
この構築では相手のドラパルトドラパルトキョジオーンキョジオーンで見ることが多かったため妖テラスを採用したが、鋼テラバ型も一定数いたため、サーフゴーサーフゴーにも併せて強くなれる水テラスを採用する余地もある。

とにかく身代わり持ちや隠密マント持ちを呼ぶ為、裏でうまく補完を取らないとすぐ置物になってしまうので選出段階である程度の試合の流れを脳内で組み立てる必要がある。(キョジオーンキョジオーンを選出する際、サーフゴーサーフゴーが隠密持ちでも対応できるか?サザンドラサザンドラが身代わりを張ってきた場合ケアできるか?等)

隠密サーフゴーサーフゴーが減ったと思いきや、終盤からルミコリクエスパトラクエスパトラが爆増したからなのか数を取り戻していてかなり辛かった。

このポケモンを使うことで「交代読み」「釣り交換」「体力管理」全ての技術が養われる為、おすすめである。

調整意図

個体解説

キョジオーンキョジオーンの友達であり、苦手なポケモンを破壊する枠。
特性のすり抜けが本当に偉く、身代わり持ちや展開構築には無類の強さを見せた。
特にこの構築では、渦カイリューカイリュー、妖テララウドボーンラウドボーン、壁コノヨザルコノヨザルクエスパトラクエスパトラオニゴーリオニゴーリを倒せるポケモンがこいつしかいない為、選出機会は非常に多かった。

全環境からであるが、どこからでも妖テラが飛んでくる為、鋼テラスと合わせてテラバーストを採用した。
大文字を採用しているがあまり打たなかったため、身代わりミミッキュミミッキュに強くなる蜻蛉返りでも良かったかもしれない。

個体解説

ドラパルトドラパルトの友達であり、物理受け枠。
ここまでで重いドドゲザンドドゲザンマスカーニャマスカーニャ、ルミコリクエスパトラクエスパトラ等を誤魔化すことができる。
剣舞黒い眼鏡悪テラドドゲザンドドゲザン強く意識したため、鉄壁ボディプレを採用、またSを準速50属抜きまで振っている。

使い方はこの構築で一番簡単で、物理相手にクッションとして投げ、エースドラパルトドラパルトや有利なポケモンを蜻蛉返りで対面操作しサポートする。
書いてあることは簡単だが、特にカイリューカイリューのマルスケを潰しながら後続に繋げる動きが強かった。
また、環境に多い神速地震カイリューカイリューを完封できるのも偉かった。

両刀ドラパルトドラパルトや炎テラガブリアスガブリアス、電テラセグレイブセグレイブによく破壊されるため、安易な物理受けとして出す動きは強くなかった。できればキョジオーンキョジオーンを絡めた選出を心掛けたい。

調整意図

  • S:準速50属抜き

個体解説

特殊受け枠。本構築のMVP。
当初この枠は隠密ドオーを採用していたが、「身代わり挑発サザンドラサザンドラの増加」、「相手の物理アタッカーに対して負荷をかけにくい」、「眼鏡特殊アタッカーを受けられない」、「とにかく挑発がきつい」などの点からあまり活躍出来ずに困っていた。
そんな時に急に頭に降りてきたのがこのハピナスハピナスであった。

この構築の特殊受け枠として求められる条件が

  • 眼鏡特殊ポケモンをある程度受けることができる
  • 相手の後続に負荷をかけられる
  • 身代わり挑発サザンドラサザンドラに勝てる
  • 隠密サーフゴーサーフゴーにテラスを切らせられる
  • ラウドボーンラウドボーンにテラスを切らせられる

なのだが、このハピナスハピナスは全てを解決してくれた。
環境に存在している一般的なハピナスハピナスは投げつけるや瞑想を採用しているが、投げつけるは一度使用してしまったら次のサイクルから使用できないし、瞑想は挑発に弱い。
あれもきついこれもきついと悩みすぎて、

「めんどくせぇ!!C振りだ!!」

という考えから生まれた神ポケモン。
隠密サーフゴーサーフゴーラウドボーンラウドボーンに対してはこちらのドラパルトドラパルトを通したいが、毎回テラス択になるのがきつかったため、ハピナスハピナスのクッション段階でテラスを切らせる動きが本当に強かった。
どういうことかと言うと、

  1. ラウドボーンラウドボーンハピナスハピナス後出し(フレアソングは微々たるダメージなので割愛)
  2. ハピナスハピナスのシャドーボール→ラウドボーンラウドボーンに半分程度のダメージ
  3. ラウドボーンラウドボーンテラスしてなまける
  4. ドラパルトドラパルトに交代 ラウドボーンラウドボーンの+2フレアソング→ドラパルトドラパルトに半分程度のダメージ
  5. テラス後のラウドボーンラウドボーンに有利な攻撃

色々な読みや択は簡略しているが、わかりやすく言うとこんな感じである。(尚、サーフゴーサーフゴーの場合は悪巧みによる遂行速度が速いためゴルラ読みテラスや卵生み等もっと複雑になる。)

一般的なハピナスのウェポンは火炎放射や地球投げな為、よくガブリアスガブリアスカイリューカイリューが後出しされるが、そこに刺さる冷凍ビームも偉かった。

テラスタルについて、主にキョジオーンキョジオーンを選出出来なかった時に、ドラパルトドラパルトを受ける為に切ることが多かった。
妖と鋼を入れ替えながら使っていたのだが、ドラパルトドラパルトを去なした後、妖ならサーフゴーサーフゴーが、鋼ならラウドボーンラウドボーンがきつくなったため一長一短である。

この構築は麻痺必殺技などの運要素が一切入っていないので追加効果による唯一の運ゲ枠でもある。期待通りよく凍らせ燃やしDを下げてくれた。
最終戦、ヒートロトムヒートロトムを去なし、カバルドンカバルドンを凍らせ、ドドゲザンドドゲザンを燃やして勝った時この型を思いついて本当によかったと思った。トラアタ没収されても天恵はやれる!

調整意図

個体解説

補完枠。ここまでで重い受けループ、ウォッシュロトムウォッシュロトムキョジオーンキョジオーン等を誤魔化すポケモン。
一時期流行っていたガブリアスガブリアス展開やカバルドンカバルドン展開に対して有利であり、また身代わりと合わせて諸々のテラス確認やサーフゴーサーフゴーの型判別など痒いところに手が届くところが重宝した。

受けループに対してはモロバレルモロバレル入り以外なら完封できるほどのパワーがあり、キョジオーンキョジオーンに対して身代わりが塩漬けを耐える為有利に展開できる。

調整意図

  • H:身代わり3回でチイラが発動する
  • A:無振りガブリアスガブリアストリックフラワー(新緑+チイラ)確定1発
  • HD:C185サーフゴーサーフゴーゴールドラッシュ確定耐え

    C172ウォッシュロトムウォッシュロトムボルトチェンジを身代わりが最高乱数以外耐え

  • S:最速110属抜き

個体解説

補完枠。ドラパルトドラパルトの友達Part2。正直最後まで悩んでた一枠。
ここまでの5体で眼鏡ジバコイルジバコイルが重かったため、電気の一貫切りとして入れたポケモンであるが、電気/格闘という技範囲が偉かったので結果として採用してよかったと思う。

ドラパルトドラパルトはHPが満タンでも半分でも対して変わらずに活躍できるので再起の祈りとの相性が良く、一緒に選出した際はドラパルトドラパルトに無理をさせることが正当化できる。
究極な話、例えば相手の初手出しのセグレイブセグレイブサーフゴーサーフゴーの型判別やテラス切らせのためにドラパルトドラパルトの命を捧げても試合を続けることができることがある。

余談として、特殊受け枠のドオーを変えたことで蝶舞ウルガモスウルガモスに勝てなくなったため、襷を残す前提で多めに選出し誤魔化していた。

戦術と解説

基本選出

相手の構築に満遍なく対応できる3体を選出することが多い為、決まった選出は基本なかったが、目安として

戦術

  1. エースドラパルトドラパルトで負担をかけつつ、クッションや受けを挟みながらサイクルをする。
  2. キョジオーンキョジオーンハピナスハピナスマスカーニャマスカーニャの一貫を作り、詰ませる。

受けポケモンを多く使用している関係上、どうしても交代読みや釣り交換が多くなる為、プレイング難易度は高めである。

レンタルID

F1GL1M

最後に

記事を読んでくださり、ありがとうございました!
ドラパルトドラパルトアーマーガアアーマーガアキョジオーンキョジオーンという並びはS1から通してずっと使っていた並びで愛着があり、且つバトンなどのギミック無しでカイリューカイリューサーフゴーサーフゴーを採用せずに環境を戦い抜けたことにとても満足しています!
来季からまた環境がガラッと変わるので頑張りましょう!

Special Thanks

  • 配信者デミルさん

いつも配信をBGMに潜っているとなぜか調子が良かった。(ゴースティングとかじゃないよ)
展開構築の権化であり、歌う空振り保険ラウドボーンラウドボーンの生みの親。
この型のラウドボーンラウドボーンにムカついたことがある方は是非配信に遊びに行ってみてはどうでしょうか?
※デミルさんと本構築記事との関連性は全くありません

投稿日時 : 2023/02/01 16:39

最終更新日時 : 2023/02/02 23:10

スポンサーリンク

コメント(1件)

1くろ(@kurro_unite)
レンタルチームのIDを掲載しました。
23/02/02 11:54

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。