ポケモンパーティ構築(ダブル)

【S34最終39位】物理ルギア+コーチングザマゼンタ【剣盾ダブル】

2022/10/02 13:59 / 更新:2022/10/02 19:04

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:5898  いいね:63

投稿者:ユークリ(@glalie20000)

剣盾 / ダブル / シーズン34 / 最終39位

レンタルチーム有

はじめに

ユークリ(@glalie20000)と申します。
今回は物理ルギアとコーチングザマゼンタを使ってダブルS34で最終39位(レート1882)を達成できたのでパーティを投稿します。
  • レンタルチームID
0000 0006 L5LV YM

スポンサーリンク

使用ポケモン

  • B:A202 (陽気A252or意地A108振り) までのグラードンのダブルダメージ断崖が確定3発
  • D:C222の珠130アースが12.5%の低乱数1発
選出率ほぼ100%を誇るこの構築の主軸。コーチングとバークアウトで味方の耐久を補強していきます。
努力値はHS252でB4振り。最速にすることで相手のザシアンに先制してコーチングしやすくなり、型の判別もしやすくなります (ザマゼンタの方が速ければ耐久振りで、相手ザシアンの方が速ければASに近いと推測できる)。

技構成はバークアウトとコーチングが確定で、残りはワイドガードとインファイトとしました。
ワイドガードはしおふき、断崖の剣、アストラルビットから身を守れるので「これさえ防げれば勝てる!」という場面で押すことでイージーウィンを狙え、安定した勝利に貢献してくれました。
インファイトは巨獣弾より威力が高く、重めのガオガエンへの打点にもなります。耐久ダウンのデメリットがありますが、そもそもザマゼンタのHPが僅かな時に打つことも多く、ほとんど気になりませんでした。
  • S:最速91族+1
この構築のエース。耐久が高すぎるため実質弱点無しのダイジェット使いとして扱うことができるのが魅力。
仮にエースとして動けない状況に追い込まれても電磁波をバラ撒いてS操作役になれたり、自己再生でHPを回復して様子を見ることができるのがとても強かったです。

努力値は低すぎるA種族値を補うためにA252は確定で、Sを最速91族抜きまで確保して残りを耐久に振りました。
火力の低さを感じることもありましたが、ミリ耐えしての勝利が非常に多かったため、意地っ張りAS252振りより勝率は上がるのではないかと思っています。
  • A:A+2巨獣斬でH199-B136 (H252-B4振り) ザシアンが81.25%の乱数1発
  • D:C202の珠130アース(バーン)が31.25%の乱数1発
最強のアタッカー。
この構築はイベルタルへの打点に乏しいので、ダイマ非ダイマ問わず大ダメージを与えることができるこのポケモンは必須でした。

努力値調整もややイベルタルを意識しており、C特化イベルタルの珠ダイバーンを高確率で耐えるラインまで耐久を上げています。
  • A:A+1珠不意打ちでH179-B111までのカイオーガ確定1発
  A+2珠130アークでH179-B136までのザシアン確定1発
  • S:S+1で最速150族+1
ダイマ非ダイマ問わず活躍できる超万能ポケモン。
ダイマしてジェットする立ち回りと、削れている相手を非ダイマ時の超火力不意打ちで刈り取る動きを使い分けられる点が非常に強力でした。

努力値調整はジェット1回で最速黒バドレックスやザシアンを抜ける所まで確保し、残りを攻撃とHPに振りました。HPを209にすることで命がけビクティニに不意打ちを強要されないという副産物もあります。
  • A:ダブルダメージ断崖でH168-B136 (H4-B4振り) ザシアンが確定1発
カイオーガ・ザシアン・ガオガエンに対抗できそうなポケモンとして採用。
HDベースにやわらかいすなを持たせることで、A特化グラードンの断崖を僅かに上回る火力とカイオーガにある程度後出しできる特殊耐久、ザシアン対面で守るコーチングしてHPをより多く残せる立ち回りの両立を図りました。
一見してHAS振りのチョッキっぽい火力と耐久を持ちながら突如守ることができるため、それで相手の想定を崩して勝つ事もありました。

技はヒートスタンプが諸説ありますが、モロバレル等への打点の高さを評価しました。
  • C:C+1メテオビームでH202-D139 (慎重H252-D132) までのガオガエン確定1発
  • D:C217黒馬のダブルダメージ珠アストラルビットが37.5%の乱数1発
補完枠。ガオガエンを瞬殺できる高耐久トリックルーム使いを探していた所ヒット。あまり選出率は高くないですが、やや処理に困るリザードンやホウオウに大ダメージを与えることができるのも良いです。

努力値調整は色々なガオガエンを考慮してCにほぼ全振り、残りを耐久に振りました。
HPはあと少しBDに振り分けた方が総合耐久が上がるのですが、H244-D12振りを崩すと珠アストラルビットの乱数が不利になってしまうのを嫌った結果です。

技構成はシャドーレイ・メテオビーム・トリックルームが確定で、最後をサイコショックとしました。トリル下でダイサイコすることで、相手の裏から出てくるイベルタルの不意打ちをシャットアウトしダイロックで葬ることができたり、ダイホロウのBダウンをダイマ終わりに活かすことができます。

戦術と解説

選出など

■基本選出
先発:ザマゼンタ+ルギア
後発:ザシアン+イベルタル

初手でルギアをダイマックスさせてコーチング+ダイジェットしても良いですが、追い風構築などに対してはルギアで電磁波、ザマゼンタでコーチングorバークアウトを選択し、自己再生で回復しつづける事で効率的に追い風ターンを稼ぐ事もできます。
シーズン終盤はエルフーンを軸にした追い風PTが多く、この動きは非常に強かったです。


上記の戦い方ならルギアに脱出ボタンすり替えされても問題ありません。


ダイマイベルタル+ザシアンにも問題なく対応できます。


■ガエン入りで地面や岩の通りが良い時
先発:ザマゼンタ+ルギア
後発:グラードン+ザシアン or ルナアーラ

イベルタルが腐りやすく地面・岩の通りが良い時はグラードンやルナアーラを出していきます。グラードンは全体技である断崖の剣で効率よくダメージを与えられ、ルナアーラは非常に高い耐久からトリックルームでS操作できます。
この2体はザシアンの攻撃が通りにくい相手を倒していけるため、適宜選出していきたいです。

投稿日時 : 2022/10/02 13:59

最終更新日時 : 2022/10/02 19:04

スポンサーリンク

コメント(6件)

1みつりんご
この構築を少しアレンジさせてもらって使わせて頂いてます!確かに物理ルギアは読まれないですね!アレンジ箇所はグラの持ち物を柔らかい砂やなくて威嚇やドラグーンのAダウン嫌って白いハーブにしてザマゼンタのインファ枠を怖い顔にしてます!
22/10/05 06:19
2ユークリ(@glalie20000)
>>1
コメントありがとうございます。
ザマゼンタの怖い顔は私も最後まで迷っていた技なので良いと思います。
22/10/05 18:52
4みつりんご
勝手にアレンジして使ってごめんなさいm(_ _)m
アレンジしながら思ったんですけどルナアーラとイベルって書いてたとこなんですけどそもそもイベルが相手の構築にいるのにルナアーラ出す必要あるかな?って感じてそれならいっそうのことサイコショック枠をエアスラに変えてトリルかダイジェットでのS操作の方が使い勝手良さそうだなって思いました!ジェットホロウで例えばグラルナアーラって出せば相手の技選択次第でジェットホロウで1ターン目はグラ守るルナアーラジェットで2ターン目にルナアーラホロウグラ断崖とかで火力出せますし!ってウチは思ったんですけどどうでしょう?長文失礼します!
22/10/05 21:46
5しー
ルギアのでんじはがかなり小回りというかごまかし効いてめちゃ強いすね!!
ザマゼンタb4振りですけどなにか意図あるんでしょうか、幻環境ポリ2少ないのでどうでもいいかもしれませんが…
22/10/13 20:32
6めんたいこ
@しーさん、Bに4振ることで数値が偶数になり、不屈の盾による耐久上昇の恩恵を得やすくなります。
22/10/14 16:09
7しー
なるほど!
というか、そもそもですけど不屈の盾でB上がるからDL対策も何もないのかw 失礼しました^^;
22/10/15 20:26

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク