ポケモンパーティ構築(シングル)

S25 最終671位 リ ボ ン デ ィ ア ル ガ 

2022/01/01 03:12 / 更新:2022/01/01 23:02

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:8448  いいね:39

投稿者:Hydrogen(@Hydroge24679262)

シングル / シーズン25 / 最終671位

レンタルチーム有

お久しぶりです。Hydrogenと申します。S25お疲れさまでした。前ルールのスカーフグラードン同様、今シーズンは何とかおもしろポケモンで最終3桁にのることができました。そしてツイート通りに最強のアブリボン使いになることができました!(大晦日の9時に見切り発車で書いてますが、恐らく修正しなくていい…よね?)ぜひ最後まで読んでいってください!

スポンサーリンク

使用ポケモン

【調整】
C:ムーンフォースで 水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を確1
S:エースバーンエースバーン抜き、S+1で最速エースバーンエースバーン抜き
HB:意地ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)の暗黒強打+不意打ち確定耐え
  アブリボンアブリボンのみがわり下ディアルガディアルガが、A252のネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)の    
  メテオドライブをみがわり残して耐える。

本構築のバトン枠&アイドル枠(♂)←ここ重要。 S124という高い素早さを活かし、環境トップのサンダーサンダーすら起点にすることができる。特性りんぷんのおかげで、追加効果に怯えることなく積むことができるため、確実に後続に繋ぐことができる。S24及びS25序盤までは「しびれごな」を採用していたが、重要な局面で外しを連発したり、当てても全くしびれなかったりと、散々だったので「みがわり」に変更。ラッキーラッキー、{ポリゴン2}などの「でんじは」やナットレイナットレイテッカグヤテッカグヤの「やどりぎのタネ」をすかして安全にディアルガディアルガもしくはファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)を着地させることができる。ただ、「うたう」持ちラッキーラッキーはかわすことで対策にしよう!(槍投げ)
余談だが、このポケモンは親友のテープのり君に、ディアルガ軸の考案を条件に提供してもらった色個体。デザインがとてもかわいいいので、とても気に入っている。ただ、僕は性別♀で注文したのだが、彼は一向に送ってこない。それどころかこの構築ではなく、自作のネクロ軸を使い最終日までハイパーで足踏みをしていた。彼いわく、「バトンパはやること同じでおもんない。」…悪かったな。
【調整】
H: みがわりが地球投げを耐える
S: 準速75族ウオノラゴンウオノラゴンパッチラゴンパッチラゴン抜き
B:余り
壁下+B↑2でみがわりが意地A252ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)の地震をみがわりが耐える
C:端数
D:端数
  D↑1でみがわりがC4振りサンダーサンダーの熱風を
  耐える
  

本構築の伝説枠。単体でも十分強いがアブリボンアブリボンの蝶舞と合わせることで特殊すらも受けきることができる。みがわりを採用することで、ディアルガディアルガを受けに来るラッキーラッキーハピナスハピナスポリゴン2ポリゴン2や欠伸で流そうとするラグラージラグラージ、怪電波サンダーサンダー等を状態異常や追加効果を恐れず、一方的に起点にすることができる。
また、後述するラプラスラプラスの壁を絡めて、相性不利なマンムーマンムードサイドンドサイドンにも、積み切った上でみがわりを残した上で倒すことができる。
竜技を採用していないため黒い霧ドヒドイデドヒドイデや天然地震もちヌオーヌオーにはどうあがいても勝てない。しかし、ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)サンダーサンダーの圧力、珠持ちダイマディアルガディアルガの可能性が考慮されたのか、全く選出されることはなかった。
【調整】
Sぶっぱ、Hなるべく高く、あまりB

https://www.maikeruexe.jp/entry/2020/12/04/182146
↑こちらの調整のうちの一つを丸パクリ
普通の怪電波型。S24最終日まではテンプレ型の熱風の枠がバトンタッチの珠サンダーだったが、ラプラスラプラスディアルガディアルガにダイマを切りたい場面が多く、当初構想にあったアブリボンアブリボンサンダーサンダーディアルガディアルガのバトンリレーが決まらなかったので変更した。これによって、アブリボンアブリボンが選出できない場合でも、珠サンダーサンダーに抵抗できるようになった。また、ディアルガの起点を作れるようになった点も良き。
【調整】
https://mamesora00.hatenablog.com/entry/2021/05/01/153652
↑こちらの記事を参照

本構築のMVP。ディアルガディアルガが対面不利なイベルタルイベルタルカイオーガカイオーガランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)マンムーマンムーガマゲロゲガマゲロゲなどへの対抗札。相手の選出が物理+受け駒の場合、鉄壁ディアルガで十中八九勝ちなので、壁だけのためにダイマ権を切る価値は十二分にある。滅びの歌で相手の積みポケ(主にネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)ジガルデ(50%)ジガルデ(50%))を流すことができるのもポイント。
【調整】
ASぶっぱあまりH

なんの変哲もないスカーフランドロス。ザシアン(王)ザシアン(王)を上から処理できるポケモンだったので採用。サイクルを回したり、スイーパーとして暴れたりと、分かりやすく強かったポケモン。自爆を採用したことでサンダーサンダーにダイジェットを積ませずに蝶舞アブリボンアブリボンに繋ぎ、ディアルガディアルガ無双する並び、通称「ランドリボンディアルガ」を確立。安定した立ち回りを取ることができた。
余談だが、初手日照りコータスコータスが威嚇で脱出パックで帰り、次に出てきてダイマを切ったリザードンリザードンがエッジで沈んでいったときは声を出して笑った。
【調整】
https://note.com/z5s1832/n/nb1751f8c694b
こちらの記事のものを丸パクリ

普通のカゴファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)対策として採用。元々HDチョッキガオガエンガオガエンだったが、カバルドンカバルドン展開やバシャーモバシャーモ、蝶舞バトン前提でコスモパワームゲンダイナムゲンダイナの対策として機能し、より幅広い活躍を期待できたため変更した。蝶舞バトンと相性がいいので第二のダイマエースとしても活躍した。運勝ちを狙える技を二つも覚えているが、よく急所被弾によって逆に運負けを何回も引き起こした罪深きポケモン。

戦術と解説

基本選出

 ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ディアルガディアルガファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)以外から一体
やや有利。
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)カバルドンカバルドンがいなければ、ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)アブリボンアブリボンディアルガディアルガの並びが、上2体のいずれかがいれば最後の一匹にラプラスラプラスを置く選出が非常に安定する。…とは言うものの、圧倒的に有利というわけではなく、バトンが決まらず、ザシアン(王)ザシアン(王)や珠サンダーサンダーにボコボコにされることもあるので、取り巻きを見つつ、慎重な選出が求められる。


 ディアルガディアルガ+@2
圧倒的有利マッチ。壁下のディアルガディアルガでほとんどのポケモンを起点にして積ませることができた。
ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)にダイマを切る構成であるため、総じてサンダーサンダーにパワーがなく、ディアルガディアルガの起点にすることさえあった。
ただし、瞑想型の場合、ほとんどがHBであるため、スチル連打でボディプレスが受けられ逆に起点になるので、ダイマが切れたタイミングでラプラスラプラスを出し滅びの歌で流す立ち回りが重要。


メタモンメタモンなし アブリボンアブリボンファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)ディアルガディアルガランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)から3体
メタモンメタモン入り アブリボンアブリボンディアルガディアルガ+@
五分五分。
アタッカームゲンダイナムゲンダイナは全く選出されなかったためここでは、コスモパワー型であることを前提に話を進める。
裏にメタモンメタモンが控えている場合、蝶舞ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)が切り返されて負けてしまうため、数的有利をとり、蝶舞ディアルガディアルガで制圧もしくはTODで勝つ。
蝶舞ディアルガディアルガムゲンダイナムゲンダイナと対面した場合、すぐにダイマを切って削らなければ、受けきられてしまうため注意。


 ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)+@2
ファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)で暴れてスカーフランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)で〆ればほぼほぼ勝てるが、バシャーモバシャーモがいる場合必ず選出されるので、半壊させられないように立ち回る必要がある。大抵バコウをもっているので、サンダーサンダーは返り討ちに合うので注意。

 ラプラスラプラスディアルガディアルガアブリボンアブリボンorランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
概ね有利マッチ。
ラッキーラッキーと同時選出されることがほとんどなので、リボンディアルガアブリボンアブリボンディアルガディアルガのならびで崩壊する。…歌う持ちの場合は運ゲーになるが。
エースバーンエースバーン入りにはランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)から入る。


 ラプラスラプラス+@2
特殊の場合、やや不利。
いかにラプラスラプラスのダイマを温存できるかが勝敗のカギ。大抵ラッキーラッキーでダイマを枯らしにくるので、ディアルガディアルガで釣りだして起点にする。歌う持ちの場合はry。
欲張って2回目の鉄壁を打とうとするタイミングで引かれる可能性があるため、一積みに留めてボディプレス連打をする立ち回りを心掛けた。



きついポケモン

十中八九初手に来るので、ラプラスラプラスで相手のダイマに合わせてウォール→センリツ→ウォールでごまかして、ディアルガディアルガの起点にする。大抵ダイマ不要のザシアン(王)ザシアン(王)ムゲンダイナムゲンダイナと組んでいるので勝てたらラッキーぐらいに思っていた。勝率は3割ほど。

‐呪いミミッキュミミッキュ
ダイマターンを枯らしたり、鉄壁を積んだディアルガディアルガを流すことができるため、かなりきつい。構築を見てアタッカーに見えなければ、交代読みでラスターカノンを打つこともあった。

ゼルネアスゼルネアス ☆無理☆



終わりに

S24では結果が残せず、モチベが著しく下がってしまいましたが、構築を見直すことで着実に勝ちを拾えるようになりました。アブリボンアブリボンは現在使用率圏外の雑魚ですが、禁伝とタッグを組むことでその真価を発揮することができるようになりました(他力本願)。「圏外のポケモンで結果残せたらファボ数稼げるやろな〜」というやましい気持ちで組み始めた構築ですが、ギミックが決まった時の爽快感はそのような邪念を吹き飛ばしてくれました。受けループほどではないですが、攻撃の被弾回数が多く、運負けすることが比較的多いので、レンタルパーティーの使ランクマで遊ぶ程度に使っていただくのがいいと思います。
壁下B↑21蝶舞ディアルガディアルガをスカーフヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)の6連氷柱怯みで突破したTNくぼし〇りさん、覚悟の準備をしておいてください!
来シーズンもがんばるぞ〜(憔悴)。それでは〜

Special Thanks

アブリボンアブリボンの個体提供をしてくれた友人テープのり君。
僕にSwitchとソードを買ってくれた親友のMr.C。
Thank you SO much!

レンタルコード 0000 0003 RFT4 6R

投稿日時 : 2022/01/01 03:12

最終更新日時 : 2022/01/01 23:02

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク