ポケモンパーティ構築(シングル)

【なるべくマイナー!一般ポケモン統一】S25マスターボール級到達

2021/12/31 21:06 / 更新:2021/12/31 21:52

★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:1539  いいね:4

投稿者:ごみまさ(@GomimasaCh)

シングル / シーズン25

レンタルチーム有

初めての投稿になります。剣盾のランクバトルをほぼ全て一般ポケモン統一で戦ってきました(一度だけ配布された色違いザマゼンタを使いました)。
一般ポケモンの中でも使用率上位に君臨するいわゆるトップメタは使用せず、なるべく30位未満のポケモンを採用して、相棒のグレイシアは必ずメンバー入り、なおかつ圏外のポケモンを積極的に起用していこう!というまっりしたコンセプトでプレーしています。
こういうわけですので順位は底辺をウロウロするような感じですが、マスターボール級到達は必ず達成して、なるべく(いい加減な人間なのでなるべくが多くてすみません)勝率5割を目指しています。
「禁止伝説環境もう飽きたわ」「アルセウス出るし、あんまりモチベーションないなあ」という方がいれば、ぜひ自分なりの一般ポケモン統一を試してみて頂ければ嬉しいです。
調整の不備やより良い技構成があればコメントをお願いします。

スポンサーリンク

使用ポケモン

「キミに決めた!」枠。
ザシアンや日食ネクロズマが幅を利かせるため大逆風の現環境ですが、対サンダー一点張りで役割を担いました。サンダーのサブウェポンである熱風で弱点保険を起動し、ダイマックスでの撃ち合いに勝つことが仕事です。
1ターン目でダイアイス、仮にダイバーンでなく珠ダイジェット(暴風)を受けても次ターンのダイウォールでアイスボディにより回復でき、3ターン目で打ち勝つ。という計算をしていたのですが、実はひかえめサンダーだと回復が間に合わないので、耐久に振る必要があります。
命の珠でのダイアイス(ふぶき)であればダイマックスしたH252サンダーも霰ダメージ込みで確定がとれるのでひかえめサンダーにも対応できます。
持ち物が余っていれば珠が良いかもしれませんが、特性のアイスボディとはアンチシナジーです。
「相棒補佐」
ザシアン受けです。特性のいかくが優秀なので、ウインディがいるおかげで、後出しからザシアンに対応できる安心感がありこの構築の要でした。裏のサンダーに引かれることが予想できればバークアウトでC↓をとり負担をかけることができます。ヌオーなんかがいる時には交換読みでグレイシアに繋ぎ、あくびやフリーズドライで盤面を複雑にしていきましょう。
「襷の勇者」
6匹目が決まらず最後になんとなくメンバー入りしましたが、もともとのスペックがそれなりに高いので良い仕事をしてくれる試合も多かったです。コメットパンチの枠を剣舞にするかどうかは最後まで悩みましたが、結論は出なかったです。
「カバを睨み殺す歌姫」
パーティー単位で初手カバルドンからのステルスロック+欠伸ループが控えめに言って重い(はっきり言って致命傷)なので、選出段階で「絶対にカバルドンは出すなよ」という圧をかけるために起用しました。ウォッシュロトムを使っていたのですが、ドラゴンの一貫を切りたいということもあってアシレーヌに変更しました。ランドロスを他で見れるなら、れいとうビームやダイウォール母体の瞑想に代えてエナジーボールを採用すれば、ラグラージも対策できるのでそちらの方が良さそうです。持ち物も要検討です。
「伝説のシャチハンター」
カイオーガメタです。特性ちょすいで後出しからしおふきを無傷で受けられ、なおかつ地面タイプによりかみなりも無効にできるので、1対1を作れれば勝ちです。しかし、だいたい裏にサンダーがいるので、早い段階でこいつを刈り取りたい。ナットレイ対策にみがわりを採用しましたが、なぜか一度も出てこなかったので別の技や道具でもいいかもしれません。どちらかと言えば、一撃ウーラオスの鉢巻黒閃の一貫を作られて負けてしまうことが何度かあったので、こちらの対策を厚くした方が良さそうです。
「お笑い担当・ムードメーカー」
嘘だよ。ちゃんと仕事があります。
黒バドレックスに何もできないことに気が付き、急遽招集しました。ザ・マイナーポケモンであまり開拓が進んでいないこともあって使ってみました。
種族値H103はまだしもD61ではとても特殊受けなどできそうもないように見えますが、弱点が地面タイプ一つしかなく、バークアウトというC↓をとれる優秀な技と毒毒+守るの組み合わせが非常に強力で、スカタンクを使うならめちゃめちゃおすすめの型です。
黒バド対策要員で起用しましたが、意外にもラプラスに強いことが判明したので、パーティーとの組み合わせ次第では特殊受けかつ毒撒きで一定の役割を持つことができると思います。
しっとのほのおはネタ枠というか、「ザシアンに引くタイミングで焼いたろ」と思っていたのですが、あまり役に立たないので、相手をバインドできる炎の渦やほかの炎技にしましょう。

戦術と解説

基本選出というものがなく、本当にチーム全員がそれぞれの役割をこなしてくれなければ勝利を掴むことはできません。ザシアンやエースバーンがいればウインディが必須、というくらいです。
年末で仕事が忙しく30試合ほどしか回せませんでしたが、もっと試合数をこなせば改善点が浮き彫りになってくると思います。
マイナーポケモンというと初見殺しのトリッキーな起用を想像しがちですが、そうではなくがっぷり四つに組み合って禁止伝説をはじめとするトップメタに勝ちたいと思っいながら戦っています。
種族値の差はそう簡単に覆せるものではなく、一方的に力を押しつけられるワンサイドゲームも経験しましたが、それでも多くの試合はギリギリの展開や相打ちまで持ち込むことができ、最終的にはマスターボール級で勝利しリボンをつけてあげることができたので、非常に満足しています。

たいへん長文になってしまいましたが、共に戦ったポケモンたちを紹介したいという一心で書いたこの記事を最後まで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。

一応レンタルチームを公開したので、興味があれば試しに使ってみてください。
ID:0000 0005 P1W9 L5

投稿日時 : 2021/12/31 21:06

最終更新日時 : 2021/12/31 21:52

スポンサーリンク

コメント(8件)

1ニンフィア好きの生麦さん(@GjJuBot19Hw9tvp)
早々コメント失礼します。最後まで見ていませんが
グレイシアグレイシアの性格がようきなのはミスですか?
21/12/31 21:11
2ごみまさ
@ニンフィア好きの生麦さん
コメントありがとうございます。
ご指摘の通り完璧な誤りで、ひかえめです。
修正させて頂きます。
21/12/31 21:18
3ニンフィア好きの生麦さん(@GjJuBot19Hw9tvp)
2回目コメント失礼します。
PTをざっと見た所の心の中です。⤵
まず王道のザシアンザシアン受けはウインディウインディ
バドレックスバドレックススカタンクスカタンクかーめちゃマイナーだなあ
カイオーガカイオーガガマゲロゲガマゲロゲね···OKOK
サンダーサンダーグレイシアグレイシアで対処出来るのか···
え?強くね?
です。

特にグレイシアグレイシアが印象に残りました。
氷でサンダーの弱点をつきあくびで起点にもならない
耐久に振ることでサンダーサンダーのダイマを枯らせられるのは初めて知りました。
ルカリオルカリオ
カイオーガカイオーガ軸に選出するのは
ガマゲロゲガマゲロゲルカリオルカリオ、@
ということは分かりましたが、ナットレイナットレイはどうするのでしょうか。
グレイシアグレイシアで対処出来そうに見えますが、
H252ナットレイナットレイにフリーズドライ
32.0%~38.6%
と倒しきれず、反撃のジャイロボールで確1をとられてしまいます。
と、思いましたがルカリオルカリオのインファイトでギリギリ受けられないですね。すみません。
このPTをまだ使ってないので詳しいことは分かりませんが、いいPT構築だと思いました。
自分の嫌いな{にっしょくネクロズマ}もウインディウインディで受けられるので使ってみたいなと思いました。
長文失礼しました。( ˆoˆ )/( ˆoˆ )/
22/01/01 12:14
4ニンフィア好きの生麦さん(@GjJuBot19Hw9tvp)
{にっしょくネクロズマ}ってなんでしょうね。
普通にミスりました
22/01/01 13:30
5ごみまさ
@ニンフィア好きの生麦さん
コメントありがとうございます!
S25では初手ダイマックスが流行っていたこともあり、先発グレイシアで打ち合いの場面を作るために、サンダーの初手ダイマックスが一貫しているように見える(実際に一貫してしまっているのですが)、いわゆる選出誘導するようなPTになっていると思います。実際にサンダーやランドロスの初手ダイマックスはかなり多く、こちらとしてはハイリスク・ハイリターンを承知で思い切ってグレイシアに初手ダイマックスを切る戦術を採用しました。もちろんサンダーのボルトチェンジで透かされることもありましたが、相手が(種族値で)格上である以上は、普通のプレイングでは勝てませんので、5割決まればOKと割り切っていました。
ただグレイシアは素の特攻が高いので、弱点保険を当てにするならもっと耐久に寄せた型にしたほうが、立ち回りが安定するかもしれないと反省しています。

ご指摘のように雨降カイオーガと炎4倍弱点のナットレイは相性が非常に良く、ガマゲロゲを通していくためにはナットレイを突破することが鬼門になるだろうと考えていました。
主にナットレイは宿木の種や毒毒といった定数ダメージによる役割遂行がほぼ全てなので、それらをシャットアウトできる身代わりをガマゲロゲに採用し、ナットレイの役割を妨害することで、盤面を複雑にしてミスを誘うか、最悪はTODの展開へ持ち込む想定でした。
が、なぜかナットレイは出てこず、ウーラオスの暗黒強打で一貫をとられてしまうことが多かったので、うまく機能したとは言えなかったのが実状でしたね。

ウインディはランドロス以外の物理アタッカー全般を受けられるので非常に優秀なポケモンですね。ただし、日食ネクロズマにフォトンゲイザー(AかCでランク補正込みで高い方の値を使うという、専用の擬似的両刀技)があると、威嚇でA↓を引いたが故に特殊で殴られるという展開があり、威嚇が入らないように対面操作しつつ、できれば鬼火で焼いておきたいというハードなプレイングを求められるので、日ネク対策はやはり一撃ウーラオスがおすすめです笑
22/01/02 09:37
6ルカリオ大好きキッズ
コメント失礼します
ルカリオの技構成なんですが、ストーンエッジは採用するメリットがあまりないと思うのですがサンダー相手もグレイシアで良いしレンチ採用のほうがいいと思いますよ。
22/01/02 17:01
7ごみまさ
@ルカリオ大好きキッズさん
コメントありがとうございます!
実は当初は飛行打点で冷凍パンチを採用していたのですが、パーティーの台所事情でストーンエッジを採用せざるを得なくなってしまったのです。
というのも、初手ダイマックスの代表格であるリザードンが一貫しており(○○が一貫している、が改めて多いです…)アシレーヌ以外誰もリザードンと打ち合えないという弱みを抱えているのです。
ガマゲロゲに岩技を採用したとて、ダイソウゲンは耐えませんので、結局は初手ダイマックスを警戒してアシレーヌ先発で入り、なおかつ初手ダイマックスでない場合はリザードン後出しに備えてアシレーヌの体力を管理しながらの立ち回りを要求される、あまりにも窮屈な展開を余儀なくされます。
「きついけどプレイング次第ではなんとかできなくもない」というチャンスを1つでも多く残しておくために、ルカリオに岩技を採用していると思って頂ければと思います。
コメットパンチを切ってもいいかなと思ったのですが、そうするとミミッキュに打点がなくなるし…という感じで最後までルカリオの役割を明確にしてあげられなかったのは反省です。技範囲が広過ぎる故に、あれもこれも採用したい、と悩まされました。
22/01/02 20:14
8ごみまさ
閲覧して下さった皆様、拙い文章を読んで頂きありがとうございます。
また、コメントして下さった方々には感謝の気持ちで頭が上がりません。
まだまだ皆様のご指摘やご助言を承っておりますので、「これどうなってんのやさっぱりわからんわい」というちょっとした疑問や「そこ突かれたら終わるでこのPT」と言った論理的で建設的な批判があれば、お気軽にコメントして頂ければたいへんありがたいです。
論理的でも建設的でもなくても、思ったことや感想を送って頂いても構いませんので。
22/01/02 20:31

削除キー:

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク