dummy

ポケモンパーティ構築(シングル)

S7シングル 威嚇サイクルギャランディ

★★★ loadingいいね! 閲覧数:936  いいね:2 (★いいね!は誰でも投票できます!)

投稿者:あんころもち(@anmadayo)

シングル / シーズン7

初投稿です。

拙い文章ですが、自分の記録用とアドバイスを頂けないかと思い投稿しました。

お手柔らかによろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

使用ポケモン

威嚇サイクル要員&エース

剣盾環境にて生き残った昔からのお気に入り枠。
主にエースバーンをみてウインディと共にダイマックスをしたエースバーン威嚇をいれていく。


ウインディや裏に引き先がないときや、残りの2匹をみて通りが良ければダイマックスを切って単体でも戦えるよう、陽気珠エースバーンのダイジェットを後だしから威嚇こみで耐える耐久を確保しつつ残りをAに、調整しました。

●被ダメージ計算

〜ギャラドス非ダイマックス時〜

・陽気珠A-1エースバーン
ダイジェット 83〜99ダメージ(確定3発)
・同上 -2
ダイジェット 64〜75ダメージ(乱数3発 81,78%)

・いじっぱり珠A-1エースバーン
ダイジェット 91〜109ダメージ(乱数2発 40,62%)
・同上 -2
ダイジェット 68〜82ダメージ(確定3発)


〜ギャラドスダイマックス時〜

・陽気珠-1エースバーン
ダイジェット 83〜99ダメージ(確定3発)
・同上-2
ダイジェット
64〜75ダメージ (乱数3発 81,78%)

・いじっぱり珠-1エースバーン
ダイジェット 91〜109ダメージ(乱数4発 33,91%)
・同上-2
ダイジェット 68〜82ダメージ(乱数5発)


●与ダメージ計算
H4ふりダイマックスエースバーン(飛行タイプ想定)

・ダイロック
164〜194ダメージ(確定2発)
・ギャラドス非ダイマックス時 ストーンエッジ
126〜150ダメージ(確定3発)※命中不安

・ダイストリーム&ダイジェット
123〜145ダメージ(確定3発)
・ギャラドス非ダイマックス時 たきのぼり
114〜135ダメージ(確定3発)

・雨下ダイストリーム
184〜217ダメージ(確定2発)
・ギャラドス非ダイマックス たきのぼり
114〜135ダメージ(確定3発)

●持ち物
ゴツゴツメットやオボンも検討しましたが、鬼火や電磁波を嫌ってラムのみにしています。


●技構成
タイプ一致のたきのぼり、とびはねる
エースバーンは対面したとき上を取られないようにダイジェットから入ってくる事が多かったためストーンエッジを採用。
残りは最初に挑発を採用していましたが、出し勝った時や威嚇を嫌った相手が交換してくることもあり、りゅうのまいを採用しました。
威嚇サイクル要員その2。

エースバーンをエースとした構築や物理エース選出にはささりがすごく良かった。
ゴリランダーなどにも強く出られます。
炎からタイプ変更してきたエースバーンに鬼火を入れられればかなり楽になるのは助かりました。

特殊型にすることでアーマーガァに威嚇を跳ね返されても戦えるのは◯

●持ち物
たべのこし
サイクルを回すのでオボンと迷いましたが、たべのこしを採用。一生検討中

●技構成
タイプ一致のかえんほうしゃ
回復技のあさのひざし
物理に気合いで当てる鬼火

@1選択で、ワンウエポンを嫌い。ドラパルトなどにうてる竜のはどうに落ち着きました。

守るをいれると耐えやすくなるのと、ダイマックスが枯れたあと、とびひざげりととびはねるをフセゲマス。メタ意識をつよくするならありと検討。

最初ワイルドボルトを採用し、sに振ることでギャラドスの上から叩けるのは良かったが、性格と技構成を見直したのでHにふるほうが良いかもしれません。
ゴリランダーの上からかえんほうしゃをうてるので調整し直したいところ。
ラムじゃないギャラドスには鬼火を入れられますが命中不安でした。
隠れ?弱点保険エース

ギャラドスが呼ぶ電気タイプに投げます。
憎くて憎くてしかたなかったパッチラゴンにあと投げ出来るようにしました。
耐久に全ふりしないとダイジェット→ダイバーンでやられるのでこの調整に。
弱点保険を持たせることで返り討ち以上の仕事をしてくれたのが良かったです。
岩タイプの受けに役立ってくれるのも◯

一応、対面からいじっぱり珠エースバーンのダイバーンならダイマックスを切って耐え、弱点保険を発動したダイアースやダイロックで倒したりしてくれますが、そんなにうまくはできません。
A+1 ダイバーンは耐えませんし、ダイナックルで格闘タイプになられると弱点保険こみでも倒せませんし、2発耐えません。

ダイバーン(かえんぼーる)
307〜367ダメージ 70,7〜 84,5%
確定2発
カバルドン、ガラルサニーゴ、ドヒドイデ、他初手ステルスロック鬼火電磁波まき役などを倒すないし牽制役。

くさむすびを搭載することでカバルドンに対して強めには出られました。
HBカバルドンの地震に耐えるためにBにふってます。

●A無振りカバルドン
地震 72〜85ダメージ(確定3発)


余談ですが低順位ではシンクロ読みなのか今作から始めた人が多いのかエーフィの夢特性を知らずに欠伸やステルスロックをうってくれることも多かった。
ダイジェットエースその2。

ダイジェット1回でドラパルト抜き調整。
残りは火力と耐久に。

ドラパルト、サザンドラ、壁はり対策。

●技構成
タイプ一致の2つ

ナットレイ、ドヒドイデが憎かったため、サイコキネシスかえんほうしゃを搭載。
ギャラドスキッスをみて倒しに来たストリンダーを仕留めるのにサイコキネシスは役に立ったので好感触。ロトムなどにも打点になれました。
ゴリランダー、ねむりごな、やどりぎのたねなど草技を特性の草食で受け出せます
ロトムなど特殊型に対する引き先

●技構成
タイプ一致の竜のはどう

パワーウイップ
ヌオートリトドンガマゲロゲを倒す草技

10万ボルト
エーフィが出しにくい時にドヒドイデと戦える電気技

かえんほうしゃ
アーマーガァやナットレイなどを叩ける炎技

戦術と解説

【前語り】
以前は、自信過剰ギャラドスをエースとした対面構築よりのものを使っていましたがエースバーンの登場によりボコボコにされ4桁への復帰が難しくなりました。
しかし、ギャラドスはガラル地方に生き残った昔からのお気に入りポケモン……なんとか一緒にあのウサギをボコボコにしてやろうと思い立ち、構築全体をガラリと変えました。

【説明】
まず、台頭してきた ガラル御三家のエースバーンとゴリランダーを無力化するために特性を威嚇に変更。
耐久と火力を調整し、エースバーンにあと投げして勝てるようにしました。

相手の物理エースのダイマックスにはウインディとギャラドスの2匹を回し威嚇を入れつつ、鬼火を入れられれば良好

ただ、タイプ相性で受けられそうにない相手や倒せない相手には素直に裏のポケモンで対処しましょう(ギャラドスに対して電気が飛んで来るのでここではドリュウズかヌメルゴンに引きます、ほかドヒドイデやサニーゴなどが倒せないポケモンにあたるのでエーフィやヌメルゴンに引きます)

枯れたあとはどちらか通りがよいほうまたは裏のエースに繋ぎダイマックスで切り返していきます。

交換を多用するのと岩の通りがキツイ2匹なのでステルスロックなどが厳しいところですが、そのためのエーフィではあるのでうまく見せあいでの牽制をかけていきたいです。
相手のステルスロックが読めさえすれば弾き返して逆にサイクルが優勢になるのでうまく使っていきたいですが難点でもあります。

火力が押さえ気味なので裏にギャラドスとウインディが強く出られないポケモンに戦える子を用意しましよう。
この2匹を出して戦える相手には滅法強いですがそう上手くもいかないのでどちらか単体で選出しても上手く回せるようクッションも同時に選出します。


長々と書きましたが、読んで字のごとく、物理環境なので威嚇をいれつつ有利なポケモンを投げ続けることが出来れば強いけど、優位に働かない相手にはきっちりケアをしましょうということになります。


【後語り】
使用率1位に君臨しているエースバーンに強い2匹を選び構築をしましたが、岩の一貫やステルスロック、対処しきれないポケモンなども多く、特殊エースに対して構築の強みが薄かったりなどもありサイクルを回すのは楽しかったですが、シーズン後半から動きだしたこともあり練度や知識もまだ低く、色々と欠陥も多かったです。
鎧の孤島のポケモンの参入により威嚇もちポケモンも増えたので次のシーズンも研究を進めたいと思います。
オススメがありましたらよろしくお願い致します。

投稿日時 : 2020/07/01 07:03

最終更新日時 : 2020/07/01 19:20

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::掲示板ソードシールド(剣盾)::ポケモンパーティ構築::シングル::S7シングル 威嚇サイクルギャランディ

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy