ポケモンパーティ構築(シングル)

【S19最終】押しつけ高火力!珠エスバ&鉢巻ノラゴン&スカーフテテフ

2021/07/02 07:16 / 更新:2021/07/02 21:49

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:14203  いいね:35

投稿者:はっしー(@ampm_game)

剣盾 / シングル / シーズン19 / 最終84位

こんにちは、TNはしをです。シーズン16以来、久しぶりに最終を2桁順位で終えることができたので構築記事を書かせていただきました。特筆するところはありませんが、それゆえに使いやすいパーティだと思いますので暇つぶしにご覧ください。

スポンサーリンク

使用ポケモン

高火力アタッカーその1、お馴染み珠エースバーン。彼について語ることは特にありません。リベロによるタイプ一致の高火力を珠で押しつけられるまさにパーティのエース。止まってしまう相手が明確(カバルドンカバルドンランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)など)なので、選出の検討もしやすかったが、環境に増えつつあるナットレイナットレイを止められるポケモンが他にいなかったため、選出が縛られたのはパーティの欠陥だった。

エースバーンエースバーン受け枠。自分がやられて嫌なことは相手にもやっていくスタイル。Sに少し振った方がいい(1ダイジェットで最速エースバーンエースバーン抜き)と思いながらも、HBの耐久値が絶妙で結局変更できなかった。ミミッキュミミッキュにも役割が持てるところが強い点である。エースバーンエースバーンウオノラゴンウオノラゴンの高火力を押しつけるために、岩技を切ってとんぼ返りを入れてもよかったかもしれない。受けもエースもできる素晴らしい性能でした。

特性のがんじょうで仕事するポケモン。Sは4振りハッサムハッサム抜きだが、何故そのような調整をしたか今でも分からないため、でんじはを考慮しても、4振りエアームドエアームド抜きまでSを振ってもよいかもしれない。イバンのみは発動しないなら発動しないで割り切る。それよりエースバーンエースバーンの起点にできるようでんじはを入れる方を優先した。後攻ボルチェンで相手のタスキを潰しつつ展開できる点も強かった。

このパーティの裏エース。エースバーンエースバーンで呼ぶ、カバルドンカバルドンランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ラグラージラグラージを容赦なく粉砕する。スカーフと違い、カプ・レヒレカプ・レヒレで受からないのも強みである。H244B4振りのポリゴン2ポリゴン2なら、8割近くで倒すことができる。ドヒドイデドヒドイデナットレイナットレイに止められるのが少し難点だが、ジバコイルジバコイルエースバーンエースバーンと組ませると輝くポケモンだと思われる。

サイコフィールドを活かした高火力アタッカー。耐久調整をした方が扱いやすいかもしれないが、スカーフいじっぱりウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に遅れを取らないよう最速を採用。剣の舞を積んでいるミミッキュミミッキュ相手でも、ばけのかわがなければ対抗できるのが強い。初手マンムーマンムー相手でも、地震を耐えて、こおりのつぶてを撃たせずに勝つことができる。エスパー技は打ち分けられるよう、2種類採用、相手の耐久値に合わせて打ち分けると強い。

耐久の暴力ポケモン。サンダーサンダーウツロイドウツロイドに対抗できるようDに厚くしている。また、カプ・レヒレカプ・レヒレスイクンスイクンにめいそうをガン積みされたとしても、じこさいせいである程度粘ることはできる。物理型にも打ち勝てるようアイアンテールを採用し、ダイスチルで防御を上げることができる。アイアンテールとのシナジーを考えるとノーマル技はからげんきが優秀だが、こおりやまひを狙えるトライアタックを採用している。

戦術と解説

ラグラージラグラージ入り
 ウオノラゴンウオノラゴンを先発で一撃で吹き飛ばしましょう。このパーティを使用していると、8割強で初手にラグラージがきます。相手のパーティにドラパルトドラパルトがいるようでしたらカプ・テテフカプ・テテフに引き、ドラゴン技を空かすように。りゅうのまいがきたらごめんなさい。ただ、こちらのパーティにはポリゴン2ポリゴン2がいるため、できるだけダメージを与えたいと考えます。

ドラパルトドラパルトウオノラゴンウオノラゴン入り
 カプ・テテフカプ・テテフを選抜で、役割を全うされないよう注意しましょう。おそらく受けられるポケモンに引いてくる可能性がありますが、その後交換読み交換を決められる可能性がありますので、ウオノラゴンウオノラゴンを受けられるウオノラゴンウオノラゴンドラパルトドラパルトを受けられるポリゴン2ポリゴン2は出した方が良いです。相手のパーティ状況次第ですが、ジバコイルジバコイルを初手に出して様子を見るのもありかもしれません。

エースバーンエースバーン入り
 ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)を選出し、対抗できるようにしましょう。相手のパーティにポリゴン2ポリゴン2ウオノラゴンウオノラゴンキュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ)がいて出しづらい場合は、最低限エースバーンエースバーンを選出して対抗できるようにしましょう。

サンダーサンダー入り
 他のメンツを考えるとかなり流動的になりますが、ジバコイルジバコイルで様子見ないしエースバーンエースバーンで初手ダイマ、カプ・テテフカプ・テテフでエスパー技を撃つなどになります。カプ・テテフカプ・テテフはあまりよくなさそうに見えますが、エースバーンエースバーン入りに出てくるサンダーサンダーはHBが多いためカプ・テテフカプ・テテフで対抗できると思ってますが、最近はタラプのみサンダーサンダーが増えたため、立ち回りを考えなければなりません。クッションとしてポリゴン2ポリゴン2を入れれば問題ないですが、サンダーサンダー入りに多いウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)の後出しに注意しましょう。

●受けループ
 ウオノラゴンウオノラゴンでボコりましょう。初手からいくのもいいですが、有利対面を作って受けられないようにするのもありです。相手のパーティにもよりますが、ウオノラゴンウオノラゴンが止まるドヒドイデドヒドイデ対策にジバコイルジバコイル、サイコショック持ちのカプ・テテフカプ・テテフを選出しましょう。

●その他
 要望があれば記載いたします。

投稿日時 : 2021/07/02 07:16

最終更新日時 : 2021/07/02 21:49

スポンサーリンク

コメント(1件)

1福田ししゃも
投稿お疲れ様です!!
素晴らしい構築ですね!使ってみたいのでレンタルコードを載せて頂けないですか?
21/07/11 11:17

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク